2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

憲兵・特高警察をかたるスレ

1 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 21:06:15 ID:???
映画では、大体悪役の彼らにスポットライトをあてよう!

2 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 21:38:09 ID:Equ9qrKJ
2か?


3 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:01:22 ID:jDvCNS79
3ゲッツ

4 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 02:20:37 ID:???
ドイツ第三帝国では国会議事堂に放火したファン・デ・ルッペ
は普通に裁判で死刑を宣告されて処刑されたが
大日本帝国では恐ろしい事に226事件の件で小林多喜二を面白半分に拷問死させた
特高警察は罪を認めなければ無実の人間でもゲラゲラ笑いながら拷問の限りを尽くしたらしく
どう考えても拷問で無理矢理認めさせた電波妄想が殆どだったもんで
治安維持法の案件は裁判所が異常な勢いで裁判を却下して書類送検にしまくっていた

5 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 05:33:44 ID:???
軍事裁判所とか、革命裁判所じゃなきゃ無茶な死刑はできないよな。
死の部隊を結成するとかは頭に無かっただろうし。

6 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 09:43:54 ID:???
>>5死刑以前に法務省は特高警察や治安維持法の存在自体を嫌悪してた。
何の罪なのか意味不明だしそんなモノで死刑すらありうるのも気に食わないし
裁判の前に拷問の限りを尽くしてたのに不満炸裂

その結果、逮捕者の8割が無罪で不起訴と言う異常事態に

てか拷問で捏造天国の起訴状なんぞ裁判所が受理するワケ無いじゃん

7 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 10:00:41 ID:60/TFqf0
意外と知られていないし マスコミなんかもシカトしてるが
アメリカ軍の地位協定とかいい加減なもんだ
アメリカ兵が 犯罪犯しても日本の刑罰で処分できない
アメリカ兵の犯罪とか どこの国でもヒドイが 結構保護されていて
事実上の治外法権状態 なにかと外交官と同じような特権利用
刑法もヒドイが 民法とかでも結婚したとしてもサッサと帰国したりとか
全然 制裁も加えられずに 軍隊で軍法会議でもいい加減
せいぜい 不名誉除隊とかで 民事裁判とかも全く被害者の泣き寝入り
日本の外務省なんか 体裁ばっかり気にして 全然やる気ないし


8 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 11:43:32 ID:???
治安維持法、特高警察が甘すぎたのが昭和の反省点だね。

治安維持法は共産主義取締り法案であったけど
社会主義は放置されたのが痛すぎた・・・

226起こした連中も国家社会主義、近衛文麿も国家社会主義
軍人、政治家、官僚は社会主義者ばかりw

これらが、資本主義、複数政党政治の否定、反英米帝国主義と
暴走していく・・・

戦後の左翼はそれを天皇制・右翼の責任とか言って
「資本論」読んでる社会主義者は特高に苛められた善良な書生みたいな
プロパガンダやり続けたな・・・

9 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 11:53:29 ID:???
>>8お前が社会主義者のファシストそのものだな

自分でダブスタ口走ってる自覚が無いのに恐れ入る。
あとアンタの主張はナチス党でゲッペルスがシャウトしてた文言と全く同じだぞ

10 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 12:15:37 ID:???
>>9
吉田茂みたいな帝国主義者の強力なリーダーが
国内の共産主義、社会主義を弾圧しつつ
英米帝国主義と仲良くやっていけば良かったってことだろ?

もし、「治安維持法すら」なかったらワイマール共和国と同じ運命。
共産党かナチスに国家をハイジャックされて終わり。


11 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 12:56:36 ID:???
共産主義者にしろ、社会主義者にしろ自由主義者にしろ、
反体制派を潰すのに法律作って取り締まるなんざあまり効果ないんだよ。
ボリシェヴィキみたいに堂々と処刑するか、死の部隊みたいにひっそりと殺しまくるかしないと。
生かしておくこと自体がダメ。 必ず始末しなくてはダメ。
特高警察なんざ全然反体制派殺してないじゃん。
そんなんだから戦後左翼が大手振って復活したんだよ。

12 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 13:10:11 ID:???
マルクス・エンゲルス・レーニンの著作が売れまくったのが
戦前の日本だからな・・・

著作から発禁にして社会主義を弾圧すりゃ良かった。


13 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 13:56:27 ID:???
>>10共存共栄が基本なのに思い込みで弾圧肯定な時点でナチス党以下棚
>>11それは何処の今のグルジアですか
>>12その主張こそ国家社会主義なんだが
自分で何抜かしてるのか理解も出来んのか?

14 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 16:00:58 ID:???
>>13
国家社会主義弾圧なんて今のドイツでもやってるぞw

一党独裁で他政党の政治活動を禁止、非合法化するのが、
ファシズム、共産主義

一党独裁と治安維持法とかの思想弾圧はレベルが違うのだがw


15 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 20:38:38 ID:???
>>14お前の言い分はファシズムそのものだな
国家社会主義でナチズム賛美してるお前はアホ過ぎる
てかどこをどう判断すればそれで民主主義になるんだ池沼

16 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 22:14:45 ID:???
>>15
国家社会主義を弾圧してる現在のドイツは
ナチズム賛美のファシズムなのかw

ついていけませんw


17 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 01:45:26 ID:???
>>16そうだよ。特定思想を弾圧する事がファシズムの定義だからな
アンタのボンクラ脳タリン加減から判断すれば太平洋戦争が不可避だった事がよく分かる

地主天国で日本全国で小作人が弾圧されてた件に抗議した奴は
全て社会主義者か共産主義者にされた恐怖時代にそもそも何言ってんの?


18 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 12:16:14 ID:???
レッテル貼りぐらいどんな体制でもやるだろ。
しかも社会主義者共産主義者呼ばわりされたぐらいで命失う訳で無いのに
恐怖時代とは大げさな。
それ言ったら、社会主義の本場のソ連で農作物徴発や農業集団化に抵抗した農民も、
自分の最低限の食料や来年の種苗を守ろうとしただけでクラーク、メンシェヴィキ呼ばわりされて
死刑、収容所行きにされただろ。
あげくに抵抗の強かったウクライナ、南ロシアで計画的飢餓を起こして何百万人餓死させて
抵抗を排除してるし。
日本は弾圧に関しては幼稚園児並みの事しか出来てないよ。

19 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 12:22:03 ID:???
>>17
>特定思想を弾圧する事がファシズムの定義だからな

ファシズムの定義が間違ってるね。
破防法も治安維持法もファシズムではないよw


20 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 16:13:55 ID:???
『悪』の集団、以上。

21 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 16:57:17 ID:???
憲兵は自分の階級以上の人も取り締まれるんですか?

22 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 17:32:48 ID:???
>>19それが国家社会主義そのものなんだが
特定思想を意味も無く適当な理由で弾圧するのはファシズムそのもの

社会主義者や共産主義者を弾圧する者こそがファシストだ

23 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 00:29:43 ID:???
>>22
国家社会主義も共産主義も同じだろ。
一党独裁の全体主義。



24 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 03:55:33 ID:???
共産主義は巧妙な理論展開によって一党独裁を正当化している。
あたかも、弾圧されていた者達が、権力を握り、集団で階級として独裁をしているようにみせかけてはいるが、
実際は党指導者による少数者による独裁体制であるわけで。

25 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 08:57:01 ID:???
>>23特定思想の弾圧こそがファシズムなんだが
オレオレ定義で勝手に規定すんな

26 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 09:53:37 ID:???
ファシズム万歳!

27 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 12:05:37 ID:???
>>26別に社会主義でも民主主義でも共産主義でも
キリスト教(ドイツ第三帝国では宗教関係者も思想犯だった)
でも構わんが特定思想の弾圧は国家社会主義

特に一党独裁とかそうゆうのはあまり関係ない。
思想弾圧繰り返してたら自ずと全体主義に変質するから

28 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 12:12:23 ID:???
>>27
>特定思想の弾圧は国家社会主義

間違いです。

>思想弾圧繰り返してたら自ずと全体主義に変質するから

一党独裁体制でもないのに全体主義とは言わないよ。
絶対王政のフランスも帝政ロシアも徳川幕府も全体主義とは言わんw
もちろん、戦前の日本も全体主義ではない。


29 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 12:57:07 ID:???
>>28お前ファイズムの定義を誤認してるだろ
特定思想の弾圧による国家社会主義化こそが本質なのだから

一党独裁云々は何にも関係ない。
大日本帝国のように政党政治だったのに全体主義化してしまった事例は無視ですか

30 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 12:59:02 ID:???
ファイズムではなくファシズムだった。


本当に団塊だかバブルの愚か者は共産主義もファシズムも何にも分かってねぇな
ゆとりだってウィキを見れば理解できる程度の事象で馬鹿ですか

31 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 13:50:13 ID:???
全体主義の定義では一党独裁が必要条件。

だから、帝政ロシアも絶対王政も戦前の日本も全体主義とは言わない。


32 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 14:01:00 ID:???
黒 ファシスト
茶 国家社会主義 ナチス
赤 共産
白 自由主義、保守・反革命・反社会主義


33 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 14:01:59 ID:???
赤 - 茶 - 黒 - 白


34 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 14:10:00 ID:???
>>31フツーに特定思想の弾圧だけでそうなる訳だが

アンタの全体主義のオレ定義の論拠は何だ?

そもそも表現や言論の自由の保証こそがファシズムではない論拠であって
今のロシアの様に多政党政治をしていても全体主義化する例はザラにあるんですが

プーチン政権下でどれほどのジャーナリストが消されたとでも?

35 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 14:12:34 ID:???
>>32俺の主観では保守も反社会主義も白だとは到底思えんが

あいつ等は愛国的だと言う理由で平然と弾圧を始めるし
治安維持法は保守勢力によって誕生したプチ全権委任法

36 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 01:25:08 ID:???
>>29
敗戦までの日本はファシズムじゃないだろ。
戦時非常体制だっただけ。
戦時中のイギリスもそんなに違わなかった。
イギリス・ファシスト党のオズワルド・モズレー拘禁したり。

それよりレッテル貼りが酷過ぎ。
全体主義とファッショは概念の次元がそもそも違う。
ファッショは全体主義の一種であって同義ではないんだよ。

37 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 01:30:34 ID:???
チェーカーって無茶苦茶すぎて好きだ。


38 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 04:15:03 ID:???
>>36治安維持法体制が確立された時点でファシズム化してたぞ

戦時非常体制も何もシナ事変が始まる前から反戦平和や男女同権運動や
民主活動家なんぞの反体制分子は全て根絶されていた。


ファシズム体制が一党独裁に限定されるというのは貴様の幻想だ
特定思想を弾圧して異論反論を封殺した時点でそれは全体主義



39 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 04:16:55 ID:???
>>37息を吸うように凄まじい勢いで殺しまくってたもんな。
スターリン時代が更に凄いから霞んでるけど

40 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 05:18:18 ID:???
>>38
ファシスタ党に相当する勢力が日本にあったか?
ああいう「下からの反動」がファシズムの特色なんだよ。


>戦時非常体制も何もシナ事変が始まる前から反戦平和や男女同権運動や
>民主活動家なんぞの反体制分子は全て根絶されていた。

既に根絶されてたのなら戦時中には特高警察はさぞ暇を持て余してたんだろうなw

あと、まだ「ファシズム体制」と「全体主義」をごっちゃにしてるのな。
全体主義には色々な特色を持ったものがあって、ファッショはその一種に過ぎないんだよ。

大体あんたの(そっちの流儀で「貴様の」って言ってもいいが)ファシズムの定義はおかしい。
政治学の入門書を一冊でも読んだら?
勝手な定義して他人の意見を罵倒しまくるのってすげえイタイぞ。
見えない敵と喧嘩してると笑われるぞ。


41 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 09:40:05 ID:???
>>40ファシズムは一党独裁の全体主義だと抜かしたのは貴様だぞ。
そもそも国家社会主義が一党独裁でなければならないなどとは規定されていない。


プーチン政権なんぞファシズムそのものだっただろうに。
ロシア共和国が素晴らしい自由主義国家だってのは暴論過ぎるぞ

昔の大日本帝国と同じで全体主義が蔓延しとるんだが

42 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 15:15:21 ID:???
>>41
ファシズムと国家社会主義と全体主義をごっちゃにされても・・・


43 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 17:10:27 ID:???
>>42ならどう違うのか答えてみろ。

プーチン政権がどう見てもファシズム政権そのものだったのに
アンタは素晴らしい民主主義国家だと抜かしてるが頭は大丈夫か?

そもそも論拠も示さずに違う違う違うと連呼する時点でアンタ何

44 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 17:20:38 ID:???
1932年版のイタリアの百科事典(著者ジョヴァンニ・ジェンティーレ)には以下のように記述されている。

「ファシズムでは、国家が自らの原理や価値観でもって個々人の意思や思想を律し、
型にはめるための権威であるだけでなく、積極的に個々人の意思や思想を広く説き伏せていく強制力をもった機構となる。
(中略)ファシストはすべての個人及びあらゆる集団を絶対的な存在である国家のもとに統合する。」

1925年10月28日のムッソリーニの演説に登場する以下の言葉はファシストの行動原理を端的に示している。
"Tutto nello Stato, niente al di fuori dello Stato, nulla contro lo Stato"
(すべてを国家のもとに。国家の外にいるもの・国家に反するものがいてはならない)


イタリア定義では一党独裁がファシズムなどとは一言も記載されていないな
思想弾圧で国家統制を行う事による全体主義がファシズムと創始者自らネタバレしている

45 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 17:49:34 ID:6DMJ+u4L
>>32
ファシズムは紫じゃない?

46 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 18:17:31 ID:???
>>21
日本の場合、国内では陸軍大臣の、国外ではその地域最大の組織に直属してるから、補助憲兵以外なら全ての軍人に対して捜査・逮捕権がある

47 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 20:28:02 ID:???
>>41
ほら、見えない敵と戦ってる。
俺は>>36>>40の書き込みはしたが>>28>>31は違う。
>「ファシズムは一党独裁の全体主義だ」とは当然俺は書いてない。
あと>>42も俺じゃない。
別々の人間が「間違ってる」て指摘してるのに反対してるのが特定の人物だと思って吠えてんだろw
だから論旨が滅茶苦茶。

全体主義って括りの中にファッショ、国家社会主義、国際共産主義などがあるんだよ。
それぞれの体制にはそれぞれの特性があるから定義じゃなく実態を見てどういう体制か理解する必要がある。
何て呼ぶかでギャアギャア騒いだって何にも得られないのに。


>>44
当事者が何を主張したかだけでなく客観的にどうなのかも問題になるだろ。


そもそも「ファシズムの定義」とかスレ違いだから、別なところで暴れてくれないかな。

そうそう。
>戦時非常体制も何もシナ事変が始まる前から反戦平和や男女同権運動や
>民主活動家なんぞの反体制分子は全て根絶されていた。
っていう愉快な主張はどうすんの?
特高は戦時中楽しくお茶でも飲んで暮らしてたのかなあ〜www

48 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 07:19:12 ID:???
>>47だから解説しろよ。俺は政治学には疎いんだよ

そもそもムッソリーニ定義では今のロシアや大日本帝国はファシズム国家そのものだ

49 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 16:51:35 ID:???
>>48
政治学に疎いなら他人に噛み付くもんじゃない。

ここは「ファシズムスレ」じゃないので別のところで訊くべし。
こんなこと最初から説明させる気かよ。

一応、「全体主義って括りの中にファッショ、国家社会主義、国際共産主義などがあるんだよ」って書いただろ。
ムッソリーニ時代と現代とでは同じ事実でも評価が違うんだからムッソリーニの定義など持ち出しても解決にならない。

繰り返すが、スレ違いだから該当スレに行くか新スレ立てて親切な人間に訊くように。
ここではその話題終わり。

50 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 23:48:04 ID:???
>>49該当スレなんて社会学板にもねェよ

説明もしないくせに違う違うと連呼するが
イタリア定義によれば大日本帝国はファシズム体制そのものだろ

51 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 00:08:53 ID:???
>>50
共産党もナチスもファシストもいないのにファシズム体制www


52 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 00:27:34 ID:???
>>51思想弾圧による国家統制としか規定されてないのに何言ってんの。

そもそもソビエト共産党とナチス党が同じと抜かす時点でお前の脳味噌は大丈夫か?

53 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 01:41:04 ID:???
だから、歴史板にスレ立てればいいだろ。

スレ違いの話題をいつまでも引っ張るなよ。

大日本帝国の政体は狂った立憲君主制だろ。
君主に何の実権も無くて臣下が勝手に戦争して勝手に思想統制やってた。
大政翼賛会が出来てからでも参加しない議員がいたんだよ。

イタリアでは国王によってムッソリーニが首相に任命され、国王によって罷免された。
そしてムッソリーニ個人がファシズムの体現者。

実態が違うんだから「まずファシズム認定ありき」はおかしい。
何度も書くが「全体主義の中にファッショやその他の独裁政体がある」んだよ。
極論すれば「イタリアでムッソリーニが指導した政治運動及び樹立した政体」がファシズムで、他国にファシズムはないという主張だって出来るんだぜ。

もうこの話題は打ち切ろうよ、いい加減。

54 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 11:59:37 ID:???
>>53日本も天皇が任命してるんだから同じ。
お前は馬鹿なのか。

55 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 12:27:38 ID:???
徳川幕府のキリスト教弾圧と大日本帝国の共産主義弾圧は
歴史的に正しかったということだ。

社会主義弾圧が手ぬるかったのが反省点だな。
社会主義を徹底的に弾圧しとけば、226事件はなかったし
国家総動員法、大政翼賛会、三国同盟もなかった。



56 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 12:33:49 ID:???
226事件起こした連中も国家社会主義、近衛文麿も国家社会主義
軍人、政治家、官僚は社会主義者ばかりw

これらが、資本主義、複数政党政治の否定、反英米帝国主義と
暴走していく・・・
もちろん、政府中核までコミュニストのスパイに侵食されてるし・・・

東亜新秩序とか大東亜共栄圏も反英米帝国主義だね。

独ソ戦開始後にソ連をサポートするようか対英米開戦辞せずで南進とか
異常な行動もこれが原因。

57 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 13:23:14 ID:???
>>55-56それをやったらナチス党と何も変わらんのだが
そもそも保守愛国主義が民主主義である保証など何処にある?

結局愛国主義が高まって軍国主義で開戦だ。
保守主義者と社会主義者なんぞ所詮は近親憎悪で紙一重

どちらにしろ自由民権運動は潰されて保守愛国政治に変わるだけ

58 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 19:56:55 ID:???
>>54
だから「実権が無い」んだよ。
天皇に首相を選ぶ権限も罷免する権限もなかった。
元老、特に昭和に入ってからは西園寺と木戸が推す人間を総理に任命してただけ。
その点、現代の天皇と特に変わらない。

実態に違いがあるのに何故無理矢理一緒くたにしたがる?
他人に馬鹿とか言う前に自分の書こうとしてることを整理しろ。
それとも人格障害でも持ってるのか?

もう何度目かも忘れたが、この話題は他所でやれって。


大体あんたが何を言いたいのか何をしたいのかさっぱり分からん。
狂犬病の予防接種はちゃんと毎年受けてるか?


59 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 06:25:35 ID:???
>>58統帥権などイタリア国王だって同じだろうに。お前は馬鹿か
昭和天皇はイタリア国王のようなアウトドア派ではなくインドア派だっただけ

お前統帥権の意味分かってないだろ

60 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 12:06:35 ID:???
特高と憲兵は仲悪かったらしいな。

61 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 14:11:29 ID:???
>>60だって些細なトラブルで陸軍兵と警官が喧嘩騒ぎ起こして
天皇陛下の仲裁でようやく終結した事件とかがあるもの。

仲が悪いどころか双方が憎しみ合ってたようだ

62 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 17:15:12 ID:???
>>59
分かってないのはお前だ。
帝国憲法下の天皇は「統帥権を保持する」ことになってたが、実際には殆ど行使しなかった。
唯一の例外は2・26事件の時に昭和天皇が自ら近衛師団を率いて叛徒を鎮圧すると言明した時。
これも結局実現はしなかったし、重臣が多数殺され政府も軍政の中枢陸軍省も麻痺した非常事態だったから。
普段は天皇自身陸相や参謀総長の人事にも関与しなかった。
酷い例では酒浸りの金谷範三が参謀総長になった時に推薦した宇垣一成から「陛下に拝謁する時には一杯引っ掛けてたりすることのないように」って注意されてたりなんてこともあった。
日本の統帥権なんてこんなもん。
天皇は政治では政府の、軍事では統帥部の輔弼を受けることになっていて、政治責任を負うことのないように何かを決定する過程からは排除されてた。

何処がイタリア国王と同じだって?

他人に一々「馬鹿」って言いたがる低脳さんは入門書から読み直せよ。
リアル厨房なのか?
ちゃんと勉強終わるまでROMってろ。

何度も言うが、ここはファシズム板じゃないからもうやめろよ。


>>61
「ゴー・ストップ事件」のこと?
大阪府警の警官が「陛下の軍隊と言うなら自分たちも陛下の警察だ」ってキレたんだよね。

63 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 00:38:03 ID:CPcJJwge
>>61
兵士が信号無視した?

64 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 00:50:30 ID:???
>>62大日本帝国時代の統帥権は首相を任命するだけで発揮されてた訳だが
現行憲法では統帥権が影も形も無く消え失せたから違うけどなwwwwwww
あんたマジで脳味噌大丈夫?


>>63そうれだよ

65 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 03:19:17 ID:???
>>64
あ?
俺の書いた文章一行でも読んだか?
首相は統帥に口出し出来なかったんだぞ。
実際の行使者は陸軍なら参謀総長、海軍なら軍令部長。
だから在外駐留軍が勝手に戦端開いても政府の外交ルートでは停戦交渉もまともに出来なかった。

無知をわざわざ曝け出すのもいい加減にしろよ。
具体的な例証は悉く間違ってて、都合の悪いことは無視じゃんか。
大日本帝国の国制についての初歩的な理解すらないし。
テスト受けたら落第確実だぞ。

「統帥権の独立」についてちょっとでも調べてみろ。
妄想を公の掲示板に書き込むな。

それに脳味噌無いのはそっちだろ。
笑われてるのに気付いてないんだね。
他人の揚げ足取ろうと必死になって更なる妄説を垂れ流すって墓穴を掘り続けてるし。

一個でもいいから説得力のあること書き込んで見せろよ。

つーかもう既知外相手にするの疲れたんでお引取り願いたいんだが。

66 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 03:34:54 ID:???
>>65首相の任命権は天皇にあった以上は統帥権は存在する。
実際の行使者も何も国家指導者を任命したのは天皇だ。


アンタは憲法も読めない池沼なのか。

67 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 04:01:24 ID:???
>>66
本当に日本語読めないだろ。

政府と軍部は別個の権力装置だから「首相は統帥権に関与出来ない」んだ。
天皇が首相や参謀総長を任命するのは「儀式」に過ぎない。
何度も書かせるな。

「統帥権の独立」や「統帥権干犯問題」について少しでも勉強しろよ。
本当に無知だな。

低脳相手にするのは本当に疲れるんだってば。
揚げ足取ってたって何の役にも立たないぜ。
他人の意見には正面から向き合わないし。
あんたは文面だけ読めても意味が分かってないんだろ。

偏執狂だったら早く病院行け。
知的障害ならちゃんとした施設行け。

どっちにしてもあんたまともじゃないから。

68 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 04:06:42 ID:???
>>66
あらかじめ書いとくわ。

中身の無い因縁にはこの先レスしない。
それはそうする価値がないから。
既知外に常識教えるために貴重な時間浪費するような無駄はやめる。

勝利宣言じゃなくて縁切りな。
そっちが勝手に勝利宣言しても既知外の戯言に過ぎないと今から釘刺しておくよ。

馬鹿に馬鹿と言われても痛くも痒くもないからね。
精々妄想に浸ってな。

69 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 10:03:03 ID:???
>>67別個だからなんだと言うんだ。
首相に最高権限は委任されている。
シビリアンコントロールが破綻して陸海軍の操り人形にされた件で八つ当たりすんジャネーよ脳タリン

70 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:47:08 ID:???
ここ憲兵のスレじゃないの?
別にファシストとか統帥権語る必要無いと思うんだけど

71 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 23:47:20 ID:???
赤シャツ隊だか黒シャツ隊とやってる事は変わらんな

あと第一次大戦後のドイツで反体制分子をブッ殺しまくってた治安維持部隊とかも
何故か重武装してた所為でやってる事がガンダムのティターンズそのまんま

72 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 02:40:51 ID:???
考えてみると内務省警保局や特高憲兵に関する一般向けの資料って凄く少ないよな。
「語ろう」って言っても材料がこんだけ少ないとねえ。

73 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 13:55:00 ID:???
>>72ドイツだって似たようなもんだと思うぞ。
ヒトラーばかりが独裁批判されてるがその前から実は真っ黒

そして資料は全然無い

74 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 21:37:17 ID:???
全然ってこたーない。

SSの機構や人事の多くは世界中に知られてる。
日本でさえ「SSの歴史」や「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」や「イェルサレムのアイヒマン」が出版されてるじゃないか。

75 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 00:25:59 ID:???
国防軍の関与とかのこと?

76 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 20:52:19 ID:???
所謂「黒国防軍」はこのスレ的に扱っていい分野なのかな。
あれ非合法軍事組織だったんだけど。

そこまで話広げると「コンスル団」とか「エアハルト旅団」とかも入って来ちゃう。

77 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 03:05:35 ID:???
>>74国防軍傘下のティターンズの悪行度合いは綺麗サッパリ忘れ去られちゃってるね
>>76あいつ等アレでも憲兵だったんだけど。治安維持部隊だったからね
生きてりゃヒトラーと熾烈な罵り合いをしてたと思われるローザ・ルクセンブルグもあっさりブチ殺された

78 :名無し三等兵:2008/09/12(金) 02:27:55 ID:???
「人殺しノスケ」が命令下したんだったか。
あの頃はベルリン警視総監が赤かったり大変だったよな。

でもスパルタクス団も情勢認識誤って蜂起したからなあ…。
レーニン方式に反対だったがドイツでは最極左だったという。

79 :名無し三等兵:2008/09/12(金) 04:38:25 ID:???
>>78「幾らなんでも虐殺までは無いだろう。」と思い込んでたのが運のツキだったな
天安門事件でもそう思って蜂起したら数百人射殺されたようだし

80 :名無し三等兵:2008/09/16(火) 20:47:56 ID:???
当時の日本の国家憲兵と公安警察について語るスレですか?

81 :名無し三等兵:2008/09/17(水) 01:45:43 ID:???
>>80
本来そうなるはずだったスレの残骸。

82 :名無し三等兵:2008/09/20(土) 21:54:11 ID:lyzx0z8q
今やってるドラマにも憲兵登場
やはり悪役でございます

83 :名無し三等兵:2008/09/21(日) 22:45:50 ID:???
最近の日本の戦争ドラマや映画は辛気臭いのばっかだから全然観てない。
負け戦を扱ってるんだから仕方ないのかも知れんが、だったら大枚はたいて作るなよって。

84 :名無し三等兵:2008/09/21(日) 23:26:58 ID:???
だから興行成績悪いんだろ
金ばっか掛けても説教臭くなるし

85 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 10:26:32 ID:???
超爽快もの作っても嵐のような批判受けるの目に見えてるしな。
まぁ憲兵は軍には必要不可欠だし、特高も共産狩りには役立ったんだろうけど、
戦後の文脈の中では悪役にしかならないよな。

86 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 11:36:30 ID:???
>>85
勝ち戦やっても良いのにね。
「マレーの虎・山下泰文」とかw

特高が悪の共産主義者とか売国奴をやっつける
刑事ドラマとか・・・



87 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 12:53:14 ID:???
でも特高の手柄ってまだ生々しいからな。
「スパイM」とか「共産党リンチ査問事件」とか関係者が最近まで存命だったし、問題の党が今でも現役だし。

88 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 14:09:31 ID:???
ジャック・バウアー並に大活躍だな。
アクション、拷問、天皇陛下からの恩赦状w

89 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 14:25:16 ID:???
>>85特高のせいでナチスドイツ政権下のような言論弾圧されたのに何を世迷言を・・・・・・・・

憲兵で思い出したがイタリアには軍警察なるモノがあったな。


90 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 21:14:24 ID:???
ナチのゲシュタポなんて甘い方だろ。
1944・7・20の爆弾事件がピークだった体制内反ナチ派の活動を炙り出せなかったんだから。

GPUだのNKVDはそういう陰謀すら存在させなかった。

日本の特高は殆ど共産主義者・アナキスト対策のためにいたようなもんじゃないか。
言論弾圧は基本的には特高の守備範囲から外れてないか?

91 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 07:02:11 ID:???
>>90自由民権活動家を嬉しそうに片っ端から逮捕してた件は無視か
捕まえるネタが尽きたら本屋にそれらしい本買った奴を密告させてテキトーに逮捕し始めたし

どう考えても治安維持法と特高の存在自体が有害極まりない。

憲兵は特高と同レベルの屑のように思われてるが実は何もしていない

92 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 09:26:30 ID:???
まぁ、戦時中の報道の自由とかあったとしても
8/15終戦ってのは変わらなかっただろうけどね・・・

いったん始まった戦争は現代だって反戦運動なんて
ほとんど役にたってないしね・・・

93 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 12:33:02 ID:???
NKVDとか最後は今まで取り締まってたヤツを粛清するからな。
憲兵とか政治警察好きにはチェーカーの系譜は魅力的。

94 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 16:19:22 ID:???
特高ってやっぱり、ゲシュタポとかGPUに比べると
予算も人数もおもちゃみたいなもんだったの?

95 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 17:28:34 ID:???
>>91
だから、「活動家」を取り締まったんであって「言論」を直接問題にしたわけじゃないだろ。
ごっちゃにしてるんじゃないか?

96 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 20:57:45 ID:???
>>95古本屋で蟹工船や資本論買ったら活動家かよ。
あと検閲しまくって言論弾圧されてたのに何じゃそら

小林多喜二の人民裁判なんて実に素晴らしいね
活動家だと思ったから公式裁判無しで処刑wwwwwww


>>94毒米の農水省レベルの無能に加えて池沼レベルのアホ組織が特高警察
ノルマ至上主義に取り憑かれていたようで冤罪率9割の快挙を達成してます。

特高の捏造調書を裁判所は片っ端から却下しまくり不起訴続発

とりあえず大日本帝国でも司法は真っ当に機能してた
警察が言論弾圧と不当逮捕に明け暮れてただけで

97 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 21:37:32 ID:???
>>96
冤罪率9割のソースplz
人民裁判と言えば、査問リンチ事件についてはどう思う?

98 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 23:23:08 ID:???
なんで変なのが湧くんだ?


99 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 23:26:13 ID:???
>>96
当時、蟹工船や資本論買ったら活動家といっていいんじゃないか?
ソ連でトロツキー本買うようなもんだぞ。


100 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 23:50:39 ID:???
>>99
そりゃドラマの見すぎw

マルクス/レーニン関連書籍は実は日本では大ベストセラーw
文系の学生なら誰でも読んでたとか・・・

101 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 00:56:14 ID:???
>>96
だから、検閲は特高の仕事じゃないだろ。

どうして理解出来ないかな。

それこそ「蟹工船」とかがどうして出版可能だったのか考えてみろよ。
ソ連ならこの手の書籍は出版してくれるところもないし、著者はあっという間にシベリアか冥界行きだぞ。
地下出版って危険な手段もあったが。

102 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 12:12:43 ID:???
>>97日本共産党が基地外じみた執念で調べ上げたところ
だいたい55万人逮捕されて有罪認定されたのは5万人

>>101毒米農水省ばりの特高を擁護できる神経が信じられん
無能でノルマ至上主義のアホしか居なかったのに

103 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 17:01:55 ID:???
>>102
それはチェーカーとかも一緒だろ。
ノルマ無しで馬車馬みたいに働くバカがどこにいるんだよ。

104 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 18:46:06 ID:???
>>102
日共の大本営発表を鵜呑みにするのはどうかと思うが


105 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 21:38:36 ID:???
>>102
擁護じゃねーよ。
事実誤認があるんじゃないかって言ってるだけ。

現代に特高並みの権限持った治安機関創設するって言われたら俺だって反対するわ。

106 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 22:06:17 ID:???
当時の日本には、日本のジェルジンスキーと
日本のチェーカーが必要だろ?
ソ連と敵対するってんだから、蛇の道は蛇だよ。

107 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 22:14:33 ID:???
>>105無能と馬鹿しか特高に居なかったのは冤罪率9割で証明されてるぞ

>>103そんな弾圧組織に意味はあるのか・・・・・
>>104普通に話半分としても冤罪率が常軌を逸してる
これじゃ取り締まる意味が無い

>>106いや冤罪率9割は幾らなんでもマズいだろ
組織存続どころか解体した方がまだマシな状態だし

108 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 22:17:14 ID:???

・ 兵士5百人の特別機動隊をナポリへ派遣 伊南部のマフィア対策

イタリア国防省は23日、マフィア犯罪の最近の増加を踏まえ、軍兵士500人
から成る特別機動隊を発足させ、南部ナポリなどに暴力阻止のために派遣する
と発表した。任務期間は約3カ月間で要所で犯罪発生に目を光らせる。

地元のANSA通信によると、イタリア南部の犯罪対策で軍兵士が派遣されるのは
1992年に次いで2度目。同年にはシチリア島で、マフィア犯罪捜査を進める
判事2人が殺害されていた。

ナポリでは今年9月中旬、犯罪組織シチリア・マフィアのナポリ版「カモッラ」構成員
によるとみられるアフリカ系移民の大量殺人事件が発生した。また、娯楽センターの
経営者が射殺される事件もあった。カモッラは麻薬取引、売春などに関与している。

イタリア政府は今夏、治安改善を図るため軍兵士約3千人を全国の主要都市に配備
している。

>>>http://www.cnn.co.jp/world/CNN200809240034.html
イタリアの憲兵は凄いな。

109 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 22:29:05 ID:???
これはカラビニエリへ陸軍から増援という形なのか?

110 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 06:47:40 ID:???
>>107
特高警察は治安維持の最前線にいたのに無能と馬鹿ばっかり配置するのか?
単に司法省と内務省の有罪の基準が違ってただけじゃねーのか?

十字砲火喰らっても頑張るんだな。
立派な主義者になれるぜ。

111 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 09:17:37 ID:???
>>110普通に無能と馬鹿の巣窟だろ。

冤罪でノルマ上げて悦に浸ってたんだから
司法省の基準に合致しない奴は無罪そのもんだ

112 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 16:06:36 ID:???
>>110
ソースの信憑性はさておくとしても
彼の主張は、逮捕者のうち不起訴とか処分保留、簡易処分者とかも一律冤罪被害数に勘定して
数字が独り歩きしてる感じだな
有罪判決が5万件と言っても、50万件の無罪判決が出たわけじゃない

無能の集まりに壊滅させられた戦前共産党は、輪をかけて間抜け揃いということか?

113 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 16:18:03 ID:???
そもそも無罪事件連発してたら、
いつまで経っても検挙実績のノルマ達成できないわけだがw

114 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 21:57:14 ID:???
>>112有罪が証明できなきゃ刑事司法上は無罪だぞ
治安維持法の構成要件満たした被告人が殆ど存在しないんだから

>>113交通違反と同じで逮捕するのがノルマだったんだろ。
ネズミ捕りの感覚で逮捕しまくってたとしか思えない

本土防空戦の頃に女性管制員が密告されて特高に逮捕された件だと
憲兵が女性隊員を引き取りに来た。

115 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 00:21:00 ID:???
日本では臣民を「陛下の赤子」とか呼んでたんだから「主義者」があんまり多数検挙されたら逆に拙くないか?
そもそも特高に数値化されたノルマがあったって根拠があるなら提示すべきだ。

まさか思い込みだけで悪口雑言飛ばしてないよな?

116 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 19:03:22 ID:???
>>115冤罪率9割になった原因が裏付け捜査を殆ど行ってない事なのは
戦後の日本警察がやらかした無数の冤罪事件で明らかです。

治安維持法違反は今の痴漢冤罪とおんなじ
逮捕有罪で吊るし上げられないから特高が有能なんてありえない

そもそも地方裁判所も納得させられないような
捏造冤罪調書のオンパレードだったとしか思えん。

田舎警察が地裁に出した調書があまりにも捏造臭くて不起訴処分になった事例
が今も腐るほど大量にある時点で特高など存在自体が有害

117 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 19:53:09 ID:???
>>116
で、ノルマが存在したって証拠は?

118 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 21:05:56 ID:???
>>117今の日本警察。
慢性的なノルマ主義に汚染されてるから誰でも彼でも逮捕しまくる

基本的にネタは駐車違反でも痴漢でもナイフ所持でも何でも良いらしい。
逮捕して地裁に持ち込んだだけ戦果となる。

119 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 22:55:02 ID:???
>>118
警察憎しの気持ちはよく判った
それ以上は警察板でどうぞ

120 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 01:34:16 ID:???
>>118
それ証拠じゃないし。
「証拠」の意味が理解出来てるか?
月に何人検挙しろとかの内部通達文書とか提示しろっての。
或いは実名での証言とか。

それがなければ只の妄想。

121 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 01:47:31 ID:???
>>120特高擁護乙。あんな無能組織の何がすばらしいんだか
タダの脳タリン極まりない腐敗組織じゃねえか

>>119普通に地裁への送検数を減らさない事に執着してるのが日本警察の基本
逮捕数が減る事はノルマ不達成と見なされる。微罪だろうが不起訴になろうが書類送検さえすりゃメシの種

別に治安維持法に限った事ではなく昔から広範に適用されてる

特高警察が捏造冤罪の権化になったのはもう運命とか必然

122 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 03:54:18 ID:???
・ 政府発表による治安維持法の犠牲者は、送検者75,681人、起訴5,162人。
一連の治安法規も含めた逮捕者は数十万人、拷問・虐待による多数の死者。

・ 1976年『文化評論』臨時増刊記事では、

■明らかな虐殺:65人

■拷問・虐待が原因で獄死:114人

■病気、その他の理由による獄死:1,503人

■逮捕後の送検者数:75,681人

■未送検者を含む逮捕者:数十万人

ここまで無能極まりない組織が共産主義取締りとか何の冗談だろうね。
冤罪率9割で逮捕率1000lで優秀とか言われたってな


123 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 19:40:14 ID:???
>>121
だから、何処に擁護の言葉が書いてある?
証拠を具体的に示せって言ってるだけなのに。
「すばらしい」とか全く書いてないだろうに、お前の腐ったイワシのような眼には見えるのか?

まともな返答が出来ないからって相手にレッテル貼りして議論を有耶無耶にするような行動は特高と較べてましなんですかぁ?


>>122
それNKVDと比較してみろ。
あっちのが遥かに酷いぞ。

124 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 19:48:36 ID:???
>>123
北朝鮮よりマシだから韓国の軍事独裁や金大中拉致も問題ないというのですね
よくわかりました。

125 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 20:14:06 ID:???
>>124
証拠も示さんと話題逸らしに懸命だなw

レッテル貼りと揚げ足取りしてる暇があったら「ノルマが存在した証拠」を明示せよ。

126 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 20:36:54 ID:???
>>124
旧西ドイツは拷問などで裁判なしで殺されたり障害者になった人には
戦死した人や傷痍軍人と同額の補償をしている。日本は加害者には法外な恩給や援護を出しているのに
被害者には一切補償しない野蛮国。彼らに補償されなないなら戦死者や傷痍軍人も援護や補償は不要。
合法的に徴兵されて死んだ人より違法の殺されたりした人の方が優先されるべき。






127 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 01:19:05 ID:???
>>124
そうそう。
「北朝鮮よりマシ」ってことと「韓国の軍事独裁や金大中拉致も問題ない」ってことに論理的な関連はないぞ。
勝手に命題設定して勝手に結論導き出して勝手に相手の意見であるかのように決め付けるのっておかしいだろ。

128 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 08:12:25 ID:???
あくまで裁判に持ち込まなきゃいけないなら秘密警察としては権限弱いほうじゃね?
ソ連みたいに、中央から地方のチェーカー責任者、検察官、党責任者のトロイカに、
実質の死刑権限あたえて数的ノルマ与えるとかしないと
政治弾圧なんか無理だろ。
特高なんて公然とした組織だし、本気で共産主義の撲滅目指すなら、
中南米式の死の部隊でも作るしかないだろ。

129 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 11:02:31 ID:???
>>128
裁判に持ち込まないで拷問したり、社会的地位失墜させたりしてましたが。
憲兵の特高も。当時でも戒厳令敷かれていたわけでもない国内では
すべて違法行為やりまくりの極悪集団。明治憲法と当時の法律すら無視したのだから。


130 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 11:05:24 ID:???
戦後一定期間一般人は憲兵と特高警官は自由に殺したり家に火をつけたり
できるような状態になるべきだった。イラクではそうなっている。戦後の日本も
イラクのような形になるべきだった。天皇と東条は実況中継つきの処刑
最後まで投降も脱走もしなかった軍人や警官は一般人からリンチかアブグレイブ刑務所の刑。
イラクがうらやましい。

131 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 14:15:09 ID:???
>>130
アナキスト乙

132 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 15:13:57 ID:???
>>131
それならイラク人はアナキストなのか?
イラクの場合、フセイン処刑や旧軍人や警官への報復は
米軍はむしろ抑えようとしていたのにイラク人(やイラク政府)
が実行してたんだが。

133 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 19:54:52 ID:???
>>130
こんな内容を公言出来るなんて頭おかしいわ。

同国人同士が殺し合える国が羨ましい?
一般人がそうやって暴徒化出来るほど治安機構が崩壊したから現在のイラクの苦境があるんだろが。
あんたが言うような事態にならなかったことこそがマッカーサー統治の成功と言われるのに。

あんた何様だよ。
「俺様」とかいうオチはなしな。

134 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 20:04:57 ID:???
そうだ。
誰かさんに確認。
「検挙数の数字的なノルマが存在した証拠」は提出出来ない、でいいわけね?

135 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 20:18:53 ID:???
>>129
それってまるで「合法なら拷問なども可」って言ってるように聞こえるんだけど、そういう意味なのか?

136 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 20:52:31 ID:???
>>135
刑務所の看守や軍の銃殺隊が死刑執行命令書によって処刑したのなら
冤罪であっても執行人には罪はない。しかし、そうでなければ、たとえ
麻原でも、ゲリラでも一般人を大量虐殺した者であっても、単なる殺人犯。
憲兵や特高の拷問などは単なる殺人犯や傷害犯。戦前の法律でも拷問は禁止。


137 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 20:53:00 ID:???
>>130
「天皇と東条」を処刑する根拠は何だ?
罪刑法定主義の枠内で説明しろよ。

どんな罪を問われるわけ?

>>132
イラク人はともかく、あんたの書いてる内容は「アナキズム」(しかも本来のそれじゃなく「無秩序主義」)だろ。
屁理屈捏ねて楽しいか。

138 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 21:16:48 ID:???
当時の日本と今のプーチンロシアじゃ、どっちのほうが抑圧的かな?
同じぐらいか?

139 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 21:22:51 ID:???
>>130
 イラクのフセイン処刑と同じで国内での憲兵政治の指示(東条)
とそれを黙認したということ。
 イラクでフセイン死刑にするのと同じレベルのことだが。


140 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 23:05:57 ID:???
>>139
具体的な罪名プリーズ。

あと天皇は無問責の原則があったんだが。
スエズ紛争で英国女王が処罰の要求されたか?

それとアンカーの付け方おかしくないか、もしかして。

141 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:32:07 ID:???
>>140
乱暴な言葉使いたくないが、字読めないのか?
あくまで国内に対する犯罪行為。
それと無答責など退位すれば消える。
逆に言うと無答責がなくなるから退位させなかったんだろ?
(アメリカ、GHQはそういう面が大きい、米国や連合国の世論から
攻撃された場合のだが)

142 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:35:31 ID:???
追加
退位や退任すれば無答責も神聖不可侵も消滅するというのは日本も含めて
万国共通だからね。あくまで法的にだが(実際にそうではないのは「政治的」
つまり戦後の日本が戦中の憲兵や特高の拷問等当時でも違法な行為をした実行犯を横浜事件
関係以外は逮捕も起訴もしなかったのと同じね。)
 

143 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:37:05 ID:???
>>141
だから、具体的な罪名挙げろって。
国内問題なら尚更それが必要だろ。

>それと無答責など退位すれば消える。
退位しないだろ。
必要ないもの。

「罪刑法定主義」の意味分かってるか?
自分の意見に合わせて現実を解釈するなよ。

144 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:48:19 ID:???
>>143
殺人か傷害致死、傷害罪。
東条の憲兵政治についてね。
フセインだってそのような罪で有罪→処刑。
当時の東京の憲兵が全員自殺でのしなければ容易なこと。
少なくとも当時の有罪基準ならね。

145 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:50:32 ID:???
それと昭和天皇を有罪にしたくなければ内大臣と侍従の全員自殺も必要になるね。
東条が自殺すればすんだかもしれないが。
当時の一般国民に対する有罪の基準で有罪にするのならだが。
天皇や総理や軍人は特権的に有利に判断するというのなら別ですがね。

146 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 01:05:44 ID:???
>>144
憲兵の職権の範囲についての精査が必要だろ。
関東軍時代から東條は憲兵を手足のように使ってたんだから違法行為があったらその時点で軍法会議に掛けられてないとおかしい。
それに軍人である東條の職務に関わる行為については軍法会議で裁くしかないが、誰が判事や検事をやるんだ?
手の汚れてない軍人がどれだけいた?

>>145
天皇は政府及び統帥部の輔弼により国事を遂行するのであって、自己の意向は国政にも統帥にも直接反映されない。
それが「責任を問われない」ことの根拠なんだぜ。
憲法に「神聖にして侵すべからず」と記されてるのはあらゆる責任を問わないってことじゃないか?
そしてそのための制度を伊藤博文以下が作り上げて来た。
天皇を国内法で裁くのは「不可能」なんだよ。
欽定憲法だから全ての法規の基礎は天皇に責任を負わせないように出来てる。
そして皇室典範では天皇は生前に退位する権利を認められていない。
だからこそ大正天皇不例の際に皇太子が摂政宮として職務を代行したんじゃないか。

歴史の知識と法律についての常識的な感覚が欠けてる。

本当はあんたの相手なんかしたくないんだけど、他に誰もやってくれないから仕方なく付き合ってるんだ。
も少しまともな意見を吐いてくれよ。
精神衛生上良くないわ。

147 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 01:19:28 ID:???
>>146
名無し三等兵:2008/09/29(月) 01:05:44 ID:???
>>144
憲兵の職権の範囲についての精査が必要だろ。
関東軍時代から東條は憲兵を手足のように使ってたんだから違法行為があったらその時点で軍法会議に掛けられてないとおかしい。
それに軍人である東條の職務に関わる行為については軍法会議で裁くしかないが、誰が判事や検事をやるんだ?
手の汚れてない軍人がどれだけいた?

毒食わば皿までという論法ですね。関東軍の暴走すら裁けない軍法会議が裁ける
わけがないでしょう?それができるのなら軍の暴走なんてなかったでしょう。
 軍人であっても軍法会議廃止後は通常の裁判で裁けます、つまり通常の裁判所に引き継がれた
というのが政府や最高裁の立場です(そうしないと軍法会議の判決等はすべて無効にせざるを得なくなるので)。
 手が汚れていない軍人がいなくくてもそれを理由に罪を問わない理由にはまったくなりません。
それなら軽犯罪法や道路交通法違反(駐車違反や10キロ程度のスピード違反)
の摘発はすべて不当というようなものです。


148 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 01:28:44 ID:???
>>146
天皇裁くのは不可能でも退位後なら法的には可能というのは
理解できないんですか?
退位後について不可侵までは明治憲法も想定外で保障してないし、
無答責というのも明文化して保障していたわけではない。
政府と御用学者が「戦後に:つけたへ理屈。
戦前戦中の考えでは「天皇に全権があり、そにて天皇は神聖不可侵」
という論法。それなら退位すれば神聖不可侵消滅。
  
何度書いても理解できないようなのでくどいがもう一度書くが
「法的に」可能と「政治的に」可能は別だからね。
アメリカがニクソンを結局恩赦で不起訴にしたようにね。
また英国で首相が在任中に汚職しても退任後逮捕された例
が一例もないようにね。
その区別を理解してね。
「政治的に不可能」なのをこじつけて法的にも不可能と言い張るのは。

149 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 01:31:58 ID:???
田中角栄逮捕が非難されたのも「政権担当者が政権下りてから在任中の行為の
罪で逮捕するのは野蛮国のすること、政治的にけしからん」という理由。

150 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 01:51:04 ID:???
>>147
「軍人が職務として行ったこと」について話してるのに、軽犯罪法とか道交法とか無関係なものを持ち出して意味があると思ってるの?

>>148
だから、「法的に不可能」なんだってのに。
当時の法体系は(今でも同様だが)天皇を裁くことが不可能なように出来てたんだよ。
そして天皇は生前退位を認められなかった。
退位しないものを「退位すれば」って想定することが無意味。
政治的要因なんてどこに存在するの?

そもそも法体系として裁くことが出来ないものを無理矢理法廷に引き出そうとするから無茶な議論になるんだ。
こっちが書いてることを検討さえせずに反論してるだろ。

反論の種は過去レスに既に書いてあるので、虚心坦懐に検討すべし。
それさえ出来ないなら妄言撒き散らすのだけでも自粛したら?
とにかく思考が粗雑だ。

151 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 03:14:20 ID:???
>>150
右翼は低脳ということがよくわかる。
>「軍人が職務として行ったこと」について話してるのに、軽犯罪法とか道交法とか無関係なものを持ち出して意味があると思ってるの?
意味がある、意味がわからないような低脳ならDQN以下の低脳。
「みんながやっているのに逮捕は不当」というようようなものだから。
「職務としてやっている」というても違法行為なら将校以上なら違法(
上官の命令でもね) そして軍法会議廃止後は通常の裁判所の業務になる。


152 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 03:14:54 ID:???
>> だから、「法的に不可能」なんだってのに。
当時の法体系は(今でも同様だが)天皇を裁くことが不可能なように出来てたんだよ。
そして天皇は生前退位を認められなかった。
退位しないものを「退位すれば」って想定することが無意味。
政治的要因なんてどこに存在するの?
  
 知的傷害レベルかマインドコントロールが解けていないかのどちらか。
退位が法的に認められていないから? そんなの理由になると思うの?
 明治憲法のままで皇室典範改正すればいいだけ?天皇は政府の言うこと聞くだけなら
抵抗しないはずだよね? 
英国のエドワード8世(ウィンザー公)の退位も実は当時は退位規定なかったのを
退位できるように改正してやった。
 「英国と日本は違う」なんて悪あがきはいけないよ。
 
 天皇は当時の法体系では裁けない、退位も法的にできない
んて言う昭和天皇保身するための自作自演を信じてるんだから。

 とにかく昭和天皇は裁かせないために、当時の政府がやろうとすれば可能なことを
しないで不可能にしただけでないか? 
低脳右翼はまた「軽犯罪法や道路交通法違反と〜」という子と言い出すようなことかもしれないが
  検察が時効間際に逮捕された被疑者を起訴をせずに「時効だから起訴できません」
といったり、悪徳企業を取り締まる法律を作れるのに作らないで「法的には取り締まれません」
というようなもの。
 少なくとも退位できないというのはまったく理由にならない。
それは政治的に退位できるようなしくみにしなかっただけ。


153 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 03:21:51 ID:???
「政治的」と「法的」の区別くらい理解しろよ。
法的には可能だったのに、政治的に「法的には訴追可能にできたが」「法的に不可能な状態」に昭和天皇を置き続けた
くらいにね。
明治憲法と日本古来の法慣習と王室のある万国の法慣習からはそうなる。
1、退位後の(在位中の行為の)神聖不可侵までは保障せず。
2、退位はあとから法的に可能にしても別におかしくはない(事後法とかではない)。
日本でも古来より退位後までは神聖不可侵は保障していなかった。


154 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 03:24:46 ID:???
 少なくとも153には反論できるのはキチガイ右翼か洗脳された人間くらいだろう。


155 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 19:54:38 ID:???
何か…反論するのも馬鹿らしいような低レベルの詭弁が罷り通ってるな。

そもそも前提として「天皇と東條が裁かれなければならない」って命題が恣意的に設定されたものじゃないか。
真面目に検討する価値もない。

敗戦の時に天皇をどうこうしようと騒いだのは中堅幕僚であって、国民は騒擾を起こしたりしなかった。
そういう国民が「天皇を裁判に掛ける」とかするのか?

無意味な命題を振り回して悦に入る人間て気持ち悪いぞ。

156 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 21:09:25 ID:???
>>129裁判所が冷凍チキンだったから招いた悲劇だわな。
不起訴にしまくってれば特高も是正するだろうと思ったが甘かった。

9割不起訴にしてもまだ不当逮捕を是正するどころか拷問していた

157 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 01:54:57 ID:???
とにかく、法律の大原則。

「公務に携わる者はその職務に発する行為について、職務を逸脱しない限りに於いて法的責任を問われることはない」

これが理解出来ん奴はもう口を噤んでな。

158 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 15:34:43 ID:???
普通に特高警察は職務逸脱の拷問に励んでました。

これで特高擁護ができる脳タリンは普通居ないと思うが

159 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 20:19:25 ID:???
>>157
明治〜戦中の陸海軍の下士官と兵以外は職務であっても違法行為については刑事責任がある
というのは有史以来の日本の法的な伝統。戦前、戦中といえども法的には同じ。
じっさいに無視しまくっていただけで(戦後も当時の行為についてはね。)
命令に逆らえば自分が懲戒免職になったり拷問されたり前線に送られる場合でも同じ。
あくまで法的にはね。どこの国の軍隊でも公式にはそういうもの。そうでなかったのなら
明治憲法の時代の日本は北朝鮮なみのDQN国家か国家という名にも値しない
犯罪者集団。ベトナム戦争のソンニ村殺害事件では米軍は二等兵まで起訴して有罪にしただろ?
すぐ恩赦にしたけど。

160 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 20:25:50 ID:???
>>155
天皇無謬第一主義者。それを口実に当時の罪を(道義的にも)にも逃れた
連中擁護するのも容認して。
戦争中の違法行為を追及すれば法的責任までいかなくても天皇もそれを黙認した
悪人ということになってしまう。逆に天皇の責任を追及しようとすれば、二等兵クラスも含めて
多くの違法行為や残虐行為の実行犯や命令犯たちの行為も明るみにしないといけなくなる。
(トップ責任を追及するときには末端から順に逮捕か逮捕しなくても取り調べをするだろ?)
そうされると自分の身に危険(命という意味ではない)連中が天皇責任追及に及び腰になって
いたんだっろう。左翼(共産党も含む)含めて、余談だがそれが旧左翼と新左翼の違い。
実行犯(二等兵も)も軍国主義の加害者と見るか、そうでなく被害者で彼らの責任追及には
反対するかが。


161 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 20:29:35 ID:???
フランスがフランス兵殺したり爆弾テロやった者まで含めてアルジェリア独立戦争時での
行為をすべて恩赦にしたのはそのため。フランス軍や情報部はアルジェリアで違法残虐行為
やりまくっていたから、その実行犯が明るみになると彼らを犯罪者とせざるをえなくなるのを
未然に防ぐため。

162 :名無し三等兵:2008/10/02(木) 13:52:39 ID:???
近所で元特高で戦後に警察署の副署長務めた90ぐらい?の爺さんが住んでるんだが
(普段は普通だが怒った時えぐいことする。最近は息子に死なれて怒ってばかり)
戦後公職追放されてるはずだがそこまでなれるものなのか?
しかも20年ぐらい前に話聞いた時に本人いわく小卒の貧乏人出身で
上京してその地位について帰郷したら幼少時に人間扱いしてくれなかった
役場のお偉いさんたちがぺこぺこしてきて爽快かつ不愉快なきぶんになったとかほざいてるんだが
どこまで本当なんだか・・・

163 :名無し三等兵:2008/10/02(木) 18:58:08 ID:???
>>162
マジレス。
追放基準日に特高に在職している人(それまで特高にほとんど在職してなかった人も)は追放。
そうでなければ(その日に他の部署に異動していれば)それまで特高一筋の人
でも追放されない。

164 :名無し三等兵:2008/10/03(金) 02:21:28 ID:???
ああそうか終戦時には出征してたらしいからだから追放されてないのか・・・

165 :名無し三等兵:2008/10/03(金) 04:46:20 ID:???
いくら戦前戦後の時代でも小卒が副署長までなれるわきゃないのでそりゃふかしだろ
大学出てない人間が幹部って・・・
もう少しましなうそつけよじーさんw

166 :名無し三等兵:2008/10/03(金) 17:24:00 ID:???
>>158
拷問って、拷問されても転向しない。
真性Mの人だけだろ。


167 :名無し三等兵:2008/10/04(土) 16:30:19 ID:???
>>165
当時なら小卒や高等小学校でも専検とかを受けて専門卒扱いとか
になる道もあったから珍しくない、。そうやって高文受かって高級官僚
になって例もあるくらい。副署長なら小卒でも十分ありうること。
>>164
追放基準日ね。昭和22年始めくらいだったはず。少なくとも
戦犯逮捕はMPと特高が協力してやってるから、敗戦後1年以上たってからのはず。
(「私は貝になりたい」でMPといっしょに清水を逮捕に来たのは特高刑事)



168 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 13:19:15 ID:???
憲兵って戦闘とかに巻き込まれたら一般兵と一緒に戦うの?

169 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 21:15:43 ID:???
>>168
戦うよ。

170 :名無し三等兵:2008/10/06(月) 20:34:27 ID:???
憲兵の装備はどのようなものがあるんでしょうか?

拳銃 刀だけですか?

171 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 11:24:50 ID:ngilmgGu
ちなみに特高のエースみたいな凄い実績をあげたひとっているの?
共産党を壊滅させた功労者とか。

172 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 11:38:34 ID:???
>>171そんな奴は居ない。
ナチスドイツがドイツ共産党を根絶したように日本共産党を根絶なんて
出来なかったのは戦後の普通選挙で明らかですね。

そこら中に特高警察に不信感を持つ共産党シンパ(共産主義者ではない)
が数え切れないほど居て学士様になればなるほど割合が増えてくんだから


満鉄調査部なんて特高を恐れて日本から逃げ出した共産主義者の巣窟だったし

173 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 12:23:48 ID:???
特高の活躍で戦中には共産党はほぼ壊滅したんじゃないの?
復活したのは戦後でしょ

174 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 12:25:41 ID:ngilmgGu
ドイツでは戦後に共産党が復活してテロや暗殺がたびたびおきています。
イタリアも同様。

175 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 12:32:58 ID:???
>>170
普通に占領地とかを巡回するだけならそうだが、野戦憲兵として行軍についてく場合とか、ゲリラ掃討とかをする場合は普通のライフルも持っていく。

176 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 13:59:32 ID:???
>>173してないですね。それならアメリカ共産党のようにメタメタになってる筈なんで
組織基盤が治安維持法から18年経っても残存してたのに何を抜かしてるんだか

>>174戦後はテロや暗殺なんかしてませんが・・・・・・・・・・・・
貴方の見解ではいきなり普通選挙で議席獲得を果たした日本共産党とテロ屋が同じとは

177 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 14:14:07 ID:???
え、ドイツ赤軍とか赤い旅団って共産党系組織でしょ

178 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 14:18:40 ID:ngilmgGu
特高をことさら擁護するわけではないが、共産党なんて戦後ある時期までは暴力革命を志向していたでしょ
そういう体質なら特高に取り締まりされてもしょうがないのでは

179 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 14:27:13 ID:???
>>177
ドイツ赤軍は旧東ドイツの指示を受けて動いていたれっきとした共産党系統。

180 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 16:04:24 ID:???
>>173
組織立っての活動が出来ないところ(組織壊滅)までは追い込めたが
全てを摘発(根絶)までは出来なかったといったところかと。

181 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 16:27:25 ID:???
>>178国会に議員送り込んだ時点でそれは120l無い
口先だけのスローガンを暴力革命に刷り返るな

>>180つまり存在価値ゼロ。
無能極まりないアホ組織

182 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 17:44:51 ID:ngilmgGu
>>181 は共産党員?
なんか偏っているな。
それとも釣り?

183 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 17:55:19 ID:???
>>182特高が拷問したのは愛国的とか抜かしてる奴が沢山居るからさ。

どう考えても信じ難いほどの無能
憲兵はSSと同程度の仕事は嫌悪されながらこなしてたが

特高は司法を完全無視して拷問に励んだ時点でカス極まりない

184 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 20:08:39 ID:rSle+SkX
>>170
シナではシカゴタイプのトンプソンとかも使ってた

185 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 20:35:00 ID:???
>>178

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A#.E7.8F.BE.E7.8A.B6.E8.AA.8D.E8.AD.98.E3.81.A8.E6.94.BF.E6.B2.BB.E7.9A.84.E7.9B.AE.E6.A8.99

上記サイトによると1955年まで日本共産党は武力闘争を志向していたとあるのだが?
全国各地で火焔瓶闘争や騒擾事件などを引き起こし、治安を乱したともあるが?

186 :185:2008/10/07(火) 20:35:50 ID:IN2WuzbG
>>181のまちがいでした

187 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 20:44:01 ID:???
>>185国会に議員送り込んでもまだ夢見てたのか。本当にしょうもない連中だ。
まぁ典型的な役人腐敗組織の特高よりは筋が通ってるが

188 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 20:48:17 ID:IN2WuzbG
>>176

>>185の言うとおりなら、日本共産党はドイツ赤軍や赤い旅団、センデロ・ルミノソ、ネパール共産党毛沢東主義派とかと同じ狢となる。
特高を笑えないじゃないか。
特高を批判できるのは、暴力を用いない方法で意見を主張してきた人だけだなw

189 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 21:57:04 ID:???
朝鮮戦争前の韓国でのアカの酷さを聞くと擁護する気になれない俺

190 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:12:15 ID:DTigm22T
共産主義者は人の皮を被った鬼畜だからな。

191 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:24:48 ID:???
特高としては、暗黙の了解として、共産主義組織が必要だった。
だって、共産主義組織が無くなったら
取り締まる相手が居なくて失業するジャン。
悪代官と越後屋が居ないと時代劇が成り立たないのと、
同じような理屈。
その割には、軍や官僚に浸透したスパイは全然取り締まれてなくて、
日本を本気で勝たせる気があったのかどうかさえ疑わしい。
その程度の組織。


192 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:32:58 ID:???
>>191
特高は米国のFBIのような独立した組織ではなくて、あくまで警察の一部署。
だから仕事がなくなっても失業するわけではない。ほかの部署に異動するのみ。
だいたい特高は主義者ばかりを取り締まっていたんではなくて、労働運動もとりしまっていたから。

193 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:33:23 ID:???
本気で取り締まるべき相手は全然取り締まれず、
なんか弱っちそうな奴ばかり取り締まって
仕事してる振りしてた組織。


194 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:35:27 ID:???
>>191
あと、ゾルゲ事件って知ってる?
ソ連のスパイ、ゾルゲと協力者尾崎は政財界やドイツ大使館に深く浸透していた。
それを摘発したのも特高。
だから、軍や政府のスパイを取り締まる気がなかったというのは、明白な誤り。

195 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:36:19 ID:???
だいたい、手法はともかくとして、どんな時代でも公安警察は絶対必要だろう。

196 :名無し三等兵:2008/10/07(火) 23:44:44 ID:???
>>194
そうだったのか。
知らんかった。アリガトウ。


197 :名無し三等兵:2008/10/08(水) 00:01:05 ID:???
>>191
べつに対象を共産主義に限ってない。
神道系の宗教団体を弾圧したりもしてる。
まぁ本当に必要な仕事のみをしていたのか怪しい部分でも有るが、

198 :名無し三等兵:2008/10/08(水) 00:11:12 ID:???
大本教の事かいな?
何であそこまで徹底的に弾圧する必要があったのか、
確かに疑問ではあるな。


199 :名無し三等兵:2008/10/08(水) 01:29:27 ID:???
>>180
根絶出来なかったというか、GHQが政治犯釈放したから再建されただけでしょ
宮顕なんかも小畑殺しで投獄されてたのに、GHQの特赦で公民権回復したんだし

200 :名無し三等兵:2008/10/08(水) 01:51:29 ID:???
>>191禿同。警察の利権だったんだろうな

>>192>>194また憲兵のミジンコ未満の特高擁護か

>>197そんな事は治安維持法の趣旨には記載されていない
そもそも21世紀に至っても国体の変革の証拠すら無いんだが

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)