2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【美しき海鷲】愛知 艦上攻撃機 流星・流星改

1 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:36:30 ID:???
(流星改)全長:11.49m、全幅:14.4m、重量:5700kg、
最高速度:543km/h、航続距離:1850km、出力:1825hp、
武装:20mm機関砲×2、13mm機銃×1、爆弾/魚雷800kg、乗員:2名

ほぼ同世代の アメリカ艦上爆撃機、攻撃機(カーチスSB2C ヘルダイバーや、グラマン TBF アベンジャー)
などと比べても遜色のない 流星(改)について語ろう!

このスレを荒らすヤツは250kg爆弾をくらわすゼ!?


2 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:38:10 ID:???
実戦投入されてるけど、戦果は上げれたのだろうか?

3 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:44:01 ID:???
2>
投入された「流星」は ほぼ全てが特攻機だっただろう・・・。


4 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:45:16 ID:???
>>1 グッジョブ

そういえば流星改って機体が結構デカイじゃん。
で、それに誉エンジンだったら結構機首は細くないか?

どうせなら烈風U型のエンジン(金星の18気筒のヤツ)の方を搭載した方がバランス良くないか?
と、思うのは俺だけ?

5 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:47:35 ID:???
本当に誉12型で540kmでるんですかね?

6 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:50:05 ID:???
操縦性は彗星より格段に上がってると○瀬本さんの本に書いてあった。

7 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:55:57 ID:???
主翼に20mm砲2門
無駄に重武装か?
でも操縦性が良くて、543kmなら20mm2門でも使い道あるのかな?


8 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:56:27 ID:???
同世代は恐怖のスカイレーダーでは無いだろうか・・・
>>4
海軍の生産計画では烈風が最優先とされていた訳で、
生産設備が漸く揃ったレベルのハ43は量産数に限度がある事も考えれば
作られたハ43は全て烈風に回されたと思われ

誉は各所方面からの引っ張り凧とは言え、既に量産体制が整ってる

9 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:58:37 ID:???
>>5
と言うか寧ろ本当に誉12型で540`そこいらしか出なかったのかなぁ・・・・
彗星は金星62型1500馬力で580`近く出てるぞ

10 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:00:27 ID:???
>>8
レスサンクス
そういえば「ハ43」って言うんですね。
なるほど、烈風最優先ですか。


11 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:02:12 ID:???
>>10
ちなみに紫電改のハ43換装計画も、烈風優先のために立ち消えになってる。
流星に回す余地なんて毛ほども残ってないかと

12 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:02:39 ID:???
>>8
流星は1944年4月から量産されたが、スカイレイダーは1945年3月に初飛行。
同世代とするのにはムリがあるとおもう。

13 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:03:49 ID:???
>>9
彗星は空冷といえど空力が良くね?

彗星ちなみに総重量3835kg(彗星12型の液冷のデータだけど)しかないからな。

14 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:05:23 ID:???
スカイレーダーとの比較があるが
機種統合の傾向があったんですね。

15 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:06:21 ID:???
連レス失礼
ではむしろ流星改は先進的なんですかね?

16 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:10:10 ID:???
まぁ先進的っちゃ先進的だけど
欧州では機種統合がもっと早く進んでて、
FW190の雷撃仕様まであったし・・・

17 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:14:47 ID:???
>>15
スカイレイダーは流星と同時期に米軍が出したBTD(雷爆統合機)
計画の行き詰まりが元で新たに生まれた機体だからな。

機種統合の話自体は戦術的な問題から両軍とも開戦前に出ている。

18 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:16:35 ID:???
>>5 >>9
確か流星のそれは爆装時の速度じゃなかった?

19 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:38:58 ID:9sWH8ylx
ユーチュブの本土防空戦て動画に流星改がグラマンにボコボコにされてる動画があった…

20 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:42:33 ID:???
そいや瑞雲の資料で、『日本で唯一空戦フラップをつけた爆撃機』って書かれてたけど、
流星にはついてなかったのか知らん?

21 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:44:53 ID:???
>>19
どこ?それ?
もし分かれば教えてください

22 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:47:43 ID:???
>>20
流星には、「2重スロッテドフラップ」(フラップが2段階に折れ曲がり、
大きな揚力を生む)
が装備されていた。
このフラップは5トンを超える機体に良好な着艦性能を与える為で、
紫電改のような「空戦フラップ」とは違う物ですね^^



23 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:53:23 ID:???
よーするに余りに重すぎて発着艦考えたら空戦フラップなんかつけてられなかった・・・と?

24 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:54:13 ID:???
誰か、たまにはフェアリー・バラクーダの事も思い出してあげてください・・

25 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:56:41 ID:???
ぶっちゃけまだ欧州方面の軍用機に関する情報が無かったころは、
バラクーダの急降下写真の余りのカッコ良さに惚れてました

今では消したい過去ですorz

26 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:14:30 ID:???
>>23
普通に考えて攻撃機に空戦フラップは要らないだろ

27 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:19:57 ID:???
流星の開発要綱に、零戦に匹敵する運動性って項目があったような気がするから・・・・

28 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:45:21 ID:9sWH8ylx
>>21 長さ二分チョイ位だから携帯でも見れるよ。
ナレーションで、
『新鋭機 流星改が撃墜される…』と解説が入ってる、ガル翼だから間違い無いと。
米戦はグラマンではなく、マスタングだったかも。

29 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 18:27:54 ID:MHs9ldmP
ハ−43がなければハ-42-11を搭載すればいいのよ、ほほほh

30 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 18:49:03 ID:???
せっかく細いエンジンと高い操縦席で改善したのに
また視界不良で悩まされそうですねw

31 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:14:17 ID:???

112機も作られたのか!

フィアットG‐55Sなんて1機しか作れなかったもんな…。


  ∧∧ ピコッ  ☆
 ( ^o^)っ―[] /
[ ̄ ̄ ̄] (^o^) でも戦果ゼロなんだよな!


32 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:42:28 ID:???
流星は愛知伝統の逆ガル楕円翼だったが、安定性に問題があり逆ガル直線テーパ翼の
流星改に再設計された。
当初から直線テーパ翼を採用していたら量産時期が早まり活躍の機会もあったかも。
全ては「誉」次第だが・・・

33 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:57:29 ID:???
彗星は設計が空技廠だからともかくとして瑞雲は直線だよね。
なんで楕円翼にしたんだろ。

34 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:56:26 ID:???
愛知は楕円翼の方が空力特性が優れていると考えていたようで自然な選択だったのだと思う。
逆に瑞雲で直線翼を選択した事の方が疑問。設計着手時期はほぼ同じなのだよね。
設計チームが別だったろうから、設計責任者の考えが異なっていたのかも。

35 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 23:42:00 ID:???
>>30
帝国海軍パイロットの前下方視界重視は異常なくらい。
着艦操縦の基本が高迎え角姿勢の3点同時なので当然とは言えるが。
F4Uなら帝国海軍では絶対に正式化されなかっただろうね。

36 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 00:31:20 ID:???
>>35
戦前から空母への夜間発着を想定してた海軍ですからw >前下方視界重視

まあ流星は天山や彗星と比較しても視界が良さそうに思えるが

37 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 10:46:36 ID:???
彗星は液冷故の幅の狭さとスピナーに繋がるラインが緩やかに下がっている事で
前下方視界はかなり良かったと思われます。三三型では悪化しているでしょうが
最早運用する空母も無く陸爆として使用されていたので無問題だったのでしょう。

流星改のエンジンをハ-43に換装しても同じ理由で問題視されなかったかも。
それより敵艦隊に肉薄するという意味での生残性の高さで流星改は評価されて
いたのではと思います。

ちなみにハ-43も量産化の時点で問題が多発していたようです。

38 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 10:56:12 ID:???
>>37
そもそも彗星三三型・四三型は陸上機であって艦載機じゃない。

39 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 13:42:49 ID:???
>38
着艦フック装備は試作機だけでしたね。忘れてました。thanks

40 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 23:44:54 ID:hQw0qYcV
生存牲?ユーチューブ見てみ、P-51にピタリと着かれて良いとこ無し。
ハー43もすでに時代遅れ…
700キロで飛ぶマスタングだし…

41 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 23:49:12 ID:n4qOcIN9
つ 後方機銃

42 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 23:49:28 ID:???
その定義に従えば、欧州でバタバタ落とされてる動画が残ってるB17も・・・・

43 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 08:47:14 ID:P6xG6JuG
>>40
零式艦戦の撃墜シーンと比べてみ。

44 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 10:53:44 ID:H26lDNIo
>>32
流星の初期型が楕円翼とか、採用型の呼称が流星改とかいうのは、誤報。
設計者の尾崎氏自信が明確に指摘してる。

戦争末期の分業量産化に際して全図面を改定したことが誤解されたのではと。
機体そのもののは、当初から小改良程度で,大改良/大変更はなかったと。
(たとえば@紫電改のような大変更はしていない)

45 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 12:38:57 ID:wSB/YDo+
>>43 そりゃジークと比べたら遥かにマシなのは認めるよ。
動画では命中弾を受けてバラバラと部品ばらまいても流星は火を噴かないからね。
Bー17撃墜動画も見たけど、(ドイツ機ガンカメラ物)ありゃマウザーの優秀のおかげ?、連射速度、弾道、後部機銃あっさり潰して、順番にエンジン潰してる。しかしBー17、胴体にいくら打ち込んでも火が出ないのはさすが。

46 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 13:43:22 ID:TR/iWBXU
彗星や流星改でエロ爆弾って運用可能?

47 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 13:48:06 ID:???
欠陥兵器なんか積んで何がしたいんだ

48 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 15:36:42 ID:???
B-17の燃タンは全て主翼内装備だから胴体に被弾しても引火することは無い。
しかしB-17のタフさはすご過ぎ。機首に高射砲弾の直撃くらったり、Bf109と空中衝突して
後部胴体ちぎれそう状態で帰還してるし、他では考えられない。

49 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 16:55:13 ID:???
分母が多いから特殊な例外が沢山あるように見えるだけじゃね?
衝突されて落ちた例も数多くあるように思うんだか

50 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 19:13:57 ID:???
>>49A-10サンダーボルトUの損傷記録(普通は墜落確定レベル)を見る限りだと
もしかしたらB17でもありうるような気がしてくる



51 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 19:14:15 ID:???
もちろん稀な帰還例だよ。

12AF/97BG/414BS の B-17F-5-BO S/N41-24406(1943/Feb. 北アフリカ)

ttp://www.flickr.com/photos/33187511@N00/1492709713/
ttp://www.flickr.com/photos/33187511@N00/1492709293/

52 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 19:40:08 ID:???
「零戦と同程度の空戦性能!」        (※あくまでも要求)

↑実際の運動性はどれほどの物だったんだろうな?
少なくとも敵機から逃げまくる時に空中分解はしない程度?

53 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 19:42:57 ID:???
「99艦爆と同程度の運動性」だと思っていたが・・・勘違いならスマン

54 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 20:02:08 ID:???
>>53
有難うございます。すると凄く空戦性能良いんですね

55 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 20:56:57 ID:???
>>54
あ・悪い。>53は要求性能の話。

99艦爆に対し翼面加重で148%、翼面馬力で140%だから運動性の質は違うだろうが
急降下爆撃性能に問題があったという話は聞かないので運動性は悪くなかったと思われ。
急降下爆撃ができるという事は回避機動程度で強度が不足することは無い。

ちなみに紫電改との比較は翼面加重でほぼ同じ、翼面馬力で61%だから旋回性能は同等
(空戦フラップを使用しない前提)だが機動性はかなり劣ると思ったほうが良い。

56 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 06:33:29 ID:???
>>52
爆弾無しだと宙返りも可能だったそうだ

57 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 20:32:47 ID:???
急降下爆撃ってのは対空砲火の曳光束をかわしながら目標に向かって降下し
投弾コースに入ったら、横滑りとかせずに安定する必要がある。
でないと命中しない。そんで投弾後はダイブブレーキ引っ込めて高Gに耐えながら
引き起こすから頑丈でないといけない。
だから急降下爆撃機は操縦性が良く構造的に頑丈にできてる。

58 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 21:48:17 ID:t8wfe1n6
>>56
99式は爆弾積んだまま宙返りできるぞ

59 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 23:55:51 ID:???
>>58
問題は吊り下げる爆弾が99式の二倍以上ということだ

60 :名無し三等兵:2008/09/12(金) 10:39:07 ID:ljHyJMZ7
流星の初期型が楕円翼だったという誤報を書いた輩は、
その図面ぐらいは提示すべきだ。

憶測で記事にしたおかげで、楕円翼とか、流星改とかの実在しない
逸話が勝手に広まってしまって、未だに信じている者も多いようだ。

楕円翼や流星改は誤解/誤報だと、設計者の尾崎氏が否定している事柄なのに。

61 :大戦機マニア:2008/09/12(金) 11:33:43 ID:???
>>60
Wkikipedia
>「試製流星改」(B7A2)は燃料噴射式の誉発動機装備の性能向上型であり、量産されたのはB7A1である。[要出典]

この記述も正しいということなのかな?
自分も長い事「流星改」が正式名称と思ってきたクチなのだが、尾崎主務の証言があるなら間違いないのだろう。
あれこれググってみたが、過去の流星スレの中にレスを見つけられただけでソースは分からなかった。

申し訳ないが、ご存知ならご教示頂けると非常にありがたい。



62 :名無し三等兵:2008/09/12(金) 11:38:56 ID:???
>>60俺なんて21世紀前のネット環境の無い時代は
流星が重量過多でポシャって流星改に再設計されたと思ってたぞ

63 :大戦機マニア:2008/09/12(金) 12:30:24 ID:???
>>62
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/3853/jnrs/jnrsC233b.htm

>60が正解とすれば上のブログは誤りということなのだが、仮に要目を信用すれば
生産型の方が自重、全備共増加してるから重量過多で再設計という話は根拠が無くなる。

>(B7A1)自重3,150kg 全備4,945kg >(B7A2)自重3,614kg 全備5,700kg

量産型がB7A1とすれば↑も読み替えが必要なわけだが…

64 :名無し三等兵:2008/09/12(金) 12:40:29 ID:uRe6U58K
ハミルトン式プレス製造翼リブを軽量化、生産性向上のために採用したのはいつの時点なんだ?

原書房「航空兵器の全貌」に記載されてんだが

65 :44,60:2008/09/12(金) 15:51:47 ID:rQCr9Va2
尾崎紀男氏(流星の設計主務)のコメントでは、
「流星についても試作機から通常範囲の改良や変更は実施しているが、
機体の基本形を変えるような大変更はしておらず、当初から楕円翼ではない。

『流星改』の風説が流布したことの理由を推測するならば、
戦争末期に生産拡大のため、全国の工場で分散生産することになり
(従来は部位ごとのユニット図面で生産していたのを)
個別部品ごとの図面に全面的に改める大作業を実施したことが誤解され、
機体の全面改造という勝手な解釈の記事にされてしまったのではないか」と。


66 :大戦機マニア:2008/09/12(金) 16:37:29 ID:???
>>65
尾崎主務のコメントの紹介、恐縮です。
たしか「流星改」も愛知の部内呼称ということでしたね。

するとWikipediaの記述のソースは何なのでしょうか?


67 :名無し三等兵:2008/09/12(金) 19:19:15 ID:???
流星と烈風の2機セットのプラモでも楕円翼だったのに・・・

68 :大戦機マニア:2008/09/13(土) 11:35:18 ID:???
自己解決しました。↓のコメントを見つけました。

ttp://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0004697.html

>昭和20年4月付で海軍航空本部が出した『海軍機略符号一覧表』を見ると、
>「試製流星改B7A2」は誉二三型装備の発展型につけられた名称になっています。
>誉一一型装備型はあくまで「試製流星B7A1」とするのが正しいようです。


69 :名無し三等兵:2008/09/13(土) 15:01:29 ID:???
海軍の資料だと流星、試製流星、十六試艦上攻撃機がB7A1となってるな。試作機要目の
試製流星に「生産」の付記があるし、現用機要目に流星の名が載ってる。つまり量産機は
B7A1で良しと。

70 :名無し三等兵:2008/09/13(土) 15:06:42 ID:F9JsiKUa
ボンブラのベスト曲といえば「バカンスの恋」だろうが、これもなかなかに良いんだよな

La La 口笛吹いていこう (LIVE)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=Ga0AWB9pwBc&feature=related

71 :名無し三等兵:2008/09/13(土) 17:47:04 ID:ksp+DtIA
補助翼がフラップと連動して下がるようにしていた、のは本当でしょうか?

72 :名無し三等兵:2008/09/13(土) 19:27:54 ID:???
>71
彗星が同機構(フラッペロン)を採用していたので十分に有り得るかと。
ネット上では下げ角が10°と15°の2説が見られるようですね。
確実な情報をお持ちの方、レスいただけるとありがたいです。

73 :名無し三等兵:2008/09/13(土) 20:13:44 ID:???
愛 痴漢嬢 攻撃機

74 :名無し三等兵:2008/09/14(日) 00:33:29 ID:iwrR19Vv
age

75 :名無し三等兵:2008/09/14(日) 14:07:07 ID:IDAfrNos
>>70
ボーカルの子、かわいいな

76 :名無し三等兵:2008/09/16(火) 02:07:22 ID:/rbJ7dlR
フラップといえば、99艦爆は増槽付けるとフラップが下ろせない。
故障で増槽が落ちなかった時、母艦に全速航行しもらうなど着艦は大変だったそうな。

77 :名無し三等兵:2008/09/16(火) 04:26:31 ID:???
流星の謎その3

フラップと連動して水平尾翼が角度を変える。

78 :名無し三等兵:2008/09/17(水) 19:59:18 ID:???
流星の謎その4

有名な写真は九九式二号銃装備だが、残存の何機かは一号銃装備機。
理由は想像できるが本当のところは分からない。割合も不明。

79 :名無し三等兵:2008/09/18(木) 17:57:30 ID:???
>77
動作は油圧式だったとのことですが・・・

ダイブブレーキ使用時の姿勢補正用?
フラップ使用時の揚力補助?
両方?


80 :名無し三等兵:2008/09/19(金) 01:09:37 ID:???
揚力だろう。翼面荷重は天山以上なのに着速は以下だからな。

81 :名無し三等兵:2008/09/19(金) 23:08:33 ID:???
>>78
九九式一号銃の生産はいつまでだったのでしょうか。
二号銃と平行生産になったかと思うが、終戦前に切替は完了してたのかな。

82 :名無し三等兵:2008/09/20(土) 01:26:07 ID:???
一号旋回銃は終戦まで生産してたと思うが、一号固定銃がよく判らない。ベルト給弾の一号四型は
20年2月で中止し、二号四型に切替ってるようだけど、ドラムマガジンの一号三型は…

83 :名無し三等兵:2008/09/20(土) 01:57:23 ID:???
作ってのも載せてる機体あったっけ?>1号3型

84 :名無し三等兵:2008/09/20(土) 19:49:18 ID:???
一応、新規製造の戦闘機には要らないけど結構な数がある三二型以前の零戦、二式水戦、強風等の戦力維持に
部品だけじゃなく交換用の機銃本体も必要じゃないかと思えるんだ。

85 :名無し三等兵:2008/09/21(日) 10:35:49 ID:???
陸軍飛行隊では刈谷氏率いる47戦隊の整備隊以外は予防整備という思想が無く
基本的に故障したら修理、不調なら整備するという状況だったということですが、
海軍での整備態勢はどのようなものだったのでしょうか。
機銃の故障時に予備品に換装するというような(当時の状況で)贅沢と思える方式が
採られていたのでしょうか。
海軍航空隊の整備スキルは陸軍より上だったと、どこかで読んだ記憶がありますが・・・

86 :名無し三等兵:2008/09/21(日) 20:27:01 ID:???
九九式一号銃装備の紫電改
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/back004/sidenkai/sidenkai.html
http://underzero.net/html/tz/tz_263_1.htm

87 :名無し三等兵:2008/09/21(日) 21:10:51 ID:???
誤解と勘違い。読めば分かるが執筆者はシロウト。
引き上げ写真を見れば一目瞭然。
   ↓
http://underzero.net/graph/tz260/tz_263_048.jpg
http://underzero.net/graph/tz260/tz_263_047.jpg

他にも書籍に収録された写真が複数ある。

88 :名無し三等兵:2008/09/21(日) 21:29:11 ID:???
>>86
M君も素人の時点で読む価値が無い。

89 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 00:06:45 ID:???
>>85
海軍も陸軍同様だろう。九九式の場合、3千発以上消費時に銃身の精査を行なったって話だ。つまり、不都合がなければ
それまで特別な事はしないんだろうな。

>機銃の故障時に予備品に換装するというような(当時の状況で)贅沢と思える方式が
>採られていたのでしょうか。

現在の感覚なら製造中止品も部品を切らさなきゃずっと使えそうだが、当時はなあ。故障や破損の程度にもよるだろうが
部品交換だけじゃ同じような時期に似たような故障が続発してすぐ員数を割りそうだ。確証はないし単なる印象だけどな。
航空技研がホ103仮取扱法の補足として指摘する故障対策は、少しでも不良品っぽいメタルリンクは使うな、スプリングの
微かなヘタリで即交換、とか技術と材質の不安な感じがあからさまだよ。

90 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 10:43:29 ID:Xj3FjHlU
3000発も撃てば普通即銃身交換だろ

91 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 15:09:32 ID:???
そうかも知れないし、そうじゃないかも知れない。だから磨耗等チェックするんだろうな。冷却十分で初速600m/s、
どうがんばっても60発弱しか連射出来ないっていう使用条件だからな。

92 :マリアナ、台湾沖の仇を討つ!:2008/09/23(火) 09:06:46 ID:???
☆4月6日の米艦隊の損害☆
駆逐艦ブッシュ沈没、コルホーン処分、エモンズ処分、ムラニイ大破、モリス大破、リューツ大破、ニューコム大破、
ハワーズ損傷、ヘインズワース損傷、機雷掃海艦ファシリティ大破、ロイマン大破、デバスター損傷、
リクリット損傷、デフェンス損傷、ロッドマン損傷、ランソン損傷
護衛駆逐艦ウィッター大破、フェバーリング損傷、魚雷艇311損傷、321損傷、LST447喪失
軽空母サンジャシント損傷、駆逐艦ハリソン損傷、ハイマン損傷
LCI(R)1069損傷、貨物船ローガンビクトリー沈没、ホッブスビクトリー沈没、
LST347沈没

☆4月7日の損害☆
空母ハンコック大破、戦艦メリーランド損傷、駆逐艦ロングショー損傷、
ベネット損傷、護衛駆逐艦ウィソン損傷、掃海艇81号損傷、駆逐艦チャールズDスペリイ損傷

大和菊水艦隊の犠牲に見合うものかどうかは知らないが…(ToT)ゝ



93 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 20:34:34 ID:rif+k1ns
>>19

あれは編集を見る限りはP-51に撃墜されたんだと思う。
けど流星が飛んでる動画ってほとんどないから余計にカッコ良くみえる

94 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 20:43:20 ID:???
>93
はっきり言って流星の後姿は美しいデス。貴重な映像デス。

95 :93:2008/09/23(火) 22:30:34 ID:rif+k1ns
>>94

魚雷背負って低空を飛んでる映像も見たことあるんですが知らないですか?


96 :93:2008/09/23(火) 22:47:46 ID:rif+k1ns
>>94

もう一度見てみたいのですが検索しても出てこないんです。

97 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 22:51:17 ID:???
左右にバンクしながら飛ぶ姿デス。逆ガル翼が映えマス。

追撃を必死でかわそうとしているシーンであるコトが悲しいデスが・・・


98 :93:2008/09/23(火) 23:01:26 ID:rif+k1ns
>>97

ホントそうですね。
また撃墜された後、潜水艦や水上機に救助されたなんて考えにくいですしね。

99 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 23:43:37 ID:???
>98
かなりの低空で回避行動をしてますから脱出はできなかったのではと・・・

「紅の豚」で解説されてマスが、
戦闘機に追撃された場合、超低空で回避行動をとるのが常識的戦法でした。
防漏タンク装備の流星なら逃げ切れる可能性も彗星や99艦爆よりは高かった
かも知れません。(パイロットの腕次第デスが)
旋回機動中の後方機銃は何の役にも立ちませんし。

100 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 13:09:17 ID:IZG6OBw8
>>99
旋回機動中の後方機銃は何の役にも立ちませんし。

と、書いてありますが、操縦者は敵機が後ろについたら 後方銃座をアテにするとおもいます。
後方銃座は、それ専門の訓練を受けており(大戦末期の日本軍だとムリだったが)
後方銃座での敵戦闘機撃墜記録も数多くあります。

あと、「戦闘機に追撃された場合、超低空で回避行動をとるのが常識的戦法でした。」
と、書いてありますね。間違いではありませんが、
大戦末期、F6Fの攻撃方法は急降下を利用した「一撃離脱戦法」を使っていて、
とても、日本軍攻撃機は海面上まで退避できませんでした。
これはマリアナ海戦の例ですがね。(日本軍のパイロットが未熟で米軍機が圧倒的に多い)

広域レーダーで早期警戒による米機動部隊の戦術には、いかなる日本軍機も、
それを操縦するパイロットも、歯が立たなかったです。


101 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 13:43:13 ID:???
そういう割に比島や沖縄戦でも米艦隊への攻撃(通常攻撃)が多少なりとも成功している件について。

102 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 14:26:22 ID:???
夜間の単機雷撃はしばしば奇襲になってる(米も警戒してエンプラなんか艦載夜戦専用母艦に
なってる)し、特攻などでも五月雨式に多数機が投入されると防空システムが飽和して対応で
きなくなり被害が拡大してる(沖縄のパターン)から、米機動部隊の防空が完全無欠ってのは
ある種の幻想だよね。
だからこそ、ハンブルビー計画で対空ミサイルの開発に着手するのだし、イージス艦に繋がる
防空システムの研究も進むわけで。

あと「旋回起動中の後方機銃が役に立」たないのは、横Gの影響でまともな射撃が出来ないか
らで訓練とかとは関係ないと思うが。

103 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 14:32:24 ID:???
後席員の「ヨーイ、テー!」の合図で横滑り回避とかやってるから、
機銃の有効性はともかく後席員は役に立ってるしね。

104 :95:2008/09/24(水) 21:55:36 ID:ajPpoHBz
情報が少なすぎてうまく伝わってなかったかもしれないので、もう一度…

流星が魚雷を背負って低空飛行してるところを
偶々飛んでいた米軍機のガンカメラに映ったって感じで、流星自体はほんの数秒しか映ってない動画なんですが

誰かご存じないでしょうか?


105 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 22:21:31 ID:???
すまん。動画の所在は知らない。言いたいことはわかるんだが・・・
「魚雷を背負って」じゃなくて「魚雷を抱いて」だな?
さすがに前者は見た事が無い。後者なら誰か知ってるんじゃないか。

106 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 23:35:31 ID:???
>流星の謎その3
>フラップと連動して

フラップや制動板を下げた際に尾翼連動装置により油圧で角度を変え
(前端が下がる格好)ながら、縦安定に影響が出ないようにするもの。
流星戦記より。

107 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 23:57:10 ID:???
生産機では誉一二型、もしくは誉二一型を搭載。
生産機は当初、試製流星改B7A2と呼ばれいたが、20年3月に制式採用されてからは流星改B7A2と呼称されることとなった。
流星戦記より。

108 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 00:37:01 ID:???
>>106
この記述からすると水平安定板が角度変更できたということかな?
フラップを下げた場合、大迎え角で水平尾翼の利きを良くする目的で前縁を下げるのは理解できる。
しかし急降下時に制動板を開く場合は頭上げを抑える為に前縁を上げるのではないかな。
どうだろ。

109 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 00:43:55 ID:???
『生産機は当初、試製流星改B7A2と呼ばれていたが、20年3月に制式採用されてからは流星改B7A2と呼称されることとなった』

これがつまり、昔の流星改常識なんだよな。

110 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 00:52:59 ID:???
むしろ引き起こしの時を考えてのこととか。

111 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 01:11:21 ID:???
誉一一型だからB7A1

112 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 10:40:03 ID:???
昔の常識ってモデルアートでNさんが設計を変えたって書いた所だろ。

113 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 10:47:47 ID:???
それともエンジン変更も無く、改も無し、A2も無し?

114 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 11:42:59 ID:???
当時の搭乗員の記憶って、当事者だから証言が100%事実とは限らない部分もある。
思い込みや時期等の取り違え、現場での通称を正式名称として記憶してる事も。
海軍の某エースパイロットがモデルアート誌増刊「紫電/紫電改」(S62刊)のインタビュー記事で

>零戦は機体性能に加え20mmが翼から突出した2号銃になったので三二型が個人的に最良だった

という趣旨の発言をしている。ラバウルでの乗機との事であったが現地改修機だったのだろうか?
いずれにせよ当人は三二型は2号銃装備が標準として発言している。
流星の情報の混乱もこんなところが発端なのではないだろうか。

115 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 12:34:13 ID:???
単なる誤植だったりしてな

116 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 12:41:28 ID:???
単に32型と22型を区別してなかっただけだったりしてな。
学研の零戦本にそういう記事を見たような気がする。

117 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 12:57:42 ID:???
(原文まま)
>「32型は私が鈴鹿にとりに行って領収してきました。翼端を切って直線になった主翼と、
>銃身のとびでた二号銃が21型とは違っていました。エンジンも950馬力から1,130馬力に
>アップされています。当時の機体はすべてダークグレイに塗られていました。」

>「私は零戦の中では一番32型がよかったように思います。パイロットが一番好むのは
>スピードと加速ですが、32型はそれがよかったと思います。それと前にもいいましたが
>二号銃の威力ですね。」

長文で済まないが、こんな具合です。誤植ではないようです。
あと、文章の流れから鈴鹿で受領した機体が二号銃装備だったとも取れますね。

118 :109:2008/09/25(木) 13:36:02 ID:???
>>113
生産型は「B7A1」で「流星」 エンジンがたぶん誉一二型

119 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 21:16:51 ID:???
試作機には機首に7.7mm×2の装備をした機体があったと幾つかの書籍で読んだが
この機体は実戦参加したのかな?

120 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 22:45:21 ID:vjIrs1Dj
>>117
シンガポールで終戦後に英軍に捕獲された21型が、2号銃装備だった。
写真も残っていたはず。

結構、積み替えている模様。

121 :名無し三等兵:2008/09/25(木) 23:13:48 ID:???
>120
件の方は204空所属で初撃墜がラバウル進出後の17年10月23日なんですよ。
そのときの乗機が32型で二号銃装備だったと語っています。
問題はこの方が32型は二号銃装備なのだという言い方をしている事です。

1年程の間に16機を撃墜し本土帰還後は横空に所属して紫電、紫電改を操縦し
戦法の研究や機上無線の試験等をやりながら防空任務に就いていた
という方なのですが…

122 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 00:15:33 ID:???
九九式20mm二号固定機銃の制式化が昭和17年7月
しかし軌道に乗った一号銃の生産を阻害するために
同年9月21日に二号銃の零戦への装備が当分取りやめと決定される。

18年初夏まで抽出された一部の32型、22型に2号銃が装備されているので
実験使用として2号銃を装備された機体を32型全て、と敷衍していると考えるのが妥当かと。

そういえば二式30mm装備の零戦もラバウルにはありましたね。

123 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 00:54:54 ID:???
ぼけているだけなのだろう。まともにとりあう意味無し。

124 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 01:29:05 ID:???
>>122
私もそのように考えるのが妥当と思います。
どこかで思い込みがあったのでしょう。

>>123
この一点以外は全て整合がとれているのですがねぇ。
当事者取材の一次ソースにも錯誤があり得るという一例なわけで
>114冒頭と末行になるわけです。

125 :名無し三等兵:2008/09/26(金) 08:24:25 ID:???
むしろ、逆にディティールの細かさが
戦後の(スペックと型番に細かい)プラモデル的知識の後付け、
または編集者の情報追加を思わせるような・・・

栄21の馬力を離昇で話すトコとか・・・



126 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 00:06:42 ID:???
MA誌の編集が入っているなら「ダークグレイ」とは書かないだろう。
当人の印象はダークグレイなのかもしれんが、モデラー的には32型は明灰白色で
一般的認識は「青味がかったライトグレイ」だ。
模型誌が塗装色に関していいかげんには書かないだろう。このことから他の部分も
発言通りに書いてあると推測するが。

127 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 00:13:19 ID:???
何ともいえんな。

128 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 04:12:04 ID:???
零戦の色をダークグレイなんて言うような輩の発言など信を置けぬ

129 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 06:12:20 ID:???
そのパイロットって大原亮治のこと?

130 :124:2008/09/27(土) 08:08:56 ID:???
>129 然り。

131 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 09:27:23 ID:???
ダークグレイで塗装した機体があってもいいじゃん

132 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 09:52:52 ID:???
三菱の零戦グレーは結構濃い色だよ。ライトグレーというには濃い。
ダークグレーと呼んでもいいかも。

133 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 12:45:00 ID:???
ダークグレイの機体があったっていうのも
名古屋の三菱で作られた機体を船で鈴鹿に運んで
試験飛行をしていたらしいから
その辺の関係じゃないか?

134 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 13:00:16 ID:???
>132
オリジナル状態の実物を見たわけではないから何とも言えんのよね。
モノクロだと明度が信用できない場合も多い。二式単戦の無塗装に白帯付日の丸
写真でジュラルミンの反射に負けて白が暗く写っているのは知られてるよね。
そのせいでその機は白帯部が黄(だっけかな?)という説が流布していた時期があった。

135 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 00:36:05 ID:???
>>132
学研の零戦本のカラーチップに現在の模型塗料と並べて当時の色見本が掲示されてたが
確かに濃いな

136 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 03:20:34 ID:???
オレの体毛も結構濃い。参考までに。

137 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 17:06:16 ID:???
>>135
模型塗料メーカーが当時の色見本帳を発掘したとかで新説の零戦用塗料を発売してる。
それによると色名は「灰緑色(かいりょくしょく)」で、サイトの画像を見るとかなり緑の強い色調。

ttp://www.gaianotes.com/products/gaia_color_military.html

これだとグレーという印象ではないなぁ。中島製の21型は三菱製と異なり緑がかったグレーだった
という話もあるが、ご覧になったカラーチップの色調はどんなでしたか?

138 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 21:21:07 ID:???
>>137
着色見本を見ると緑とも灰とも言いかねるな・・

139 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/09/30(火) 21:39:37 ID:???
全くの余談ながら、模型用資料としてこんなのもある↓
ttp://www.ipmsstockholm.org/colorcharts/colorcharts.asp

140 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 22:37:01 ID:???
新写真?

ttp://www.auctiva.com/hostedimages/showimage.aspx?gid=174245&ppid=1122&image=167588298&images=167588298,167588311&formats=0,0&format=0

141 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 23:05:41 ID:???
>>140
綺麗だね〜
後ろの機体はなんだろう?

142 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 23:32:06 ID:???
>>141
ミグ23じゃないか?<後ろの機体

143 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 23:37:20 ID:???
いや、陸攻だろう。

144 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 23:46:35 ID:???
後ろは一式陸攻だろうね。
左後ろの双発機はなんだろう?

145 :名無し三等兵:2008/09/30(火) 23:53:59 ID:???
>>144
銀河っぽいけども、月光かも知れん

146 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 00:14:13 ID:???
カウリングの形状みても主脚みても月光だろ。

147 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 00:27:58 ID:???
脚は月光に見えるけど、カウルの形がちょっと違うようにも
見えるね。
カウル上部にある空気取り入れ口が無いように見える。
月光のカウルはもう少し細いような気もする。

148 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 02:48:45 ID:???
米軍のマーク付けてて飛行可能で12月に追浜ってのは
米国移送に漏れたのかね?

149 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 10:12:35 ID:???
>140の写真を見てて感じたのだが、左翼が楕円翼っぽく見えない?
翼端のねじり下げのせいでそう見えるのだと思うが、案外試作1号機楕円翼の話は
この見た目の誤解から生じたのではないだろか。

150 :名無し三等兵:2008/10/02(木) 21:55:43 ID:???
翼断面をハインケルのを使ったとかあるから翼の平面と勘違いしたとか。

151 :名無し三等兵:2008/10/03(金) 10:24:06 ID:???
>141 >ミグ23
何かの冗句ですか?

>147
拡大するとカウリング開口の影が上部に膨らんで見えます。
光線の関係で段差の影はとんでいるのでしょう。その他の特徴は間違いなく月光ですね。
まぁ、二式陸偵という可能性もあるわけですが…

152 :名無し三等兵:2008/10/04(土) 20:29:56 ID:???
確かに可変翼を拡げたMiG23に見えなくもないなw

153 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 13:21:54 ID:???
左はトリュウか百偵に見えるけど、海軍基地にゃ不自然ではあるなあ


154 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 13:27:47 ID:???
>>153
だから月光だと

155 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 13:39:24 ID:???
カウルの丸っこさや、発動機の間隔の狭さ、過給器用インテークのないところ
加えて中翼形式に見えるんだよねえ
だとすると月光じゃないから

156 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 13:55:54 ID:???
キ83だろ常考

157 :名無し三等兵:2008/10/05(日) 13:59:56 ID:???
はいはい月光月光

 ttp://www.yuho-hiramatsu.com/TS3E0439.JPG

158 :名無し三等兵:2008/10/06(月) 18:08:42 ID:???
http://img231.auctions.yahoo.co.jp/users/0/8/1/3/lakulaku2000-img600x450-1209305599p4272195.jpg

159 :名無し三等兵:2008/10/06(月) 21:38:11 ID:???
初めて見る写真。車輪のカバーの所にあるのは何?

160 :名無し三等兵:2008/10/08(水) 11:36:41 ID:???
http://image.blog.livedoor.jp/irootoko_jr/imgs/3/6/367b7238.jpg

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)