2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

50歳代の医者と弁護士の格差

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 18:04:49 ID:08WcB1ER
29年生まれだが、俺の中学の同級生で東大法からキャリアに
なった奴がいる。
中学時代はほぼ学年トップ独走。旧帝大から医者になった奴
もいたが、理数系科目含め、追随を許さないほどの独走であった。
地元のトップ高から文一に現役で進学した。
そんな彼も東大3年時と4年時の二年間、司法試験を目指した
らしいが、駄目だった。だが国Tには難無く合格し官僚となった。
試験でパスできなかったのは後にも先にも司法試験だけだった
そうだ。

もう一人、同級生で親の後を継ぎ開業医をやっている奴がいる。
そいつは、中学時代はクラスで中の上であった。
地元の中堅の公立に進学し、地元の私立医大に進学し、医者に
なった。医大ではそれなりに勉強したらしく医師国試は一回で
パスしたそうだ。ただ、彼の進学した医大は当時偏差値45
くらいであった。

医者と弁護士は一般に社会的地位は高いとされる。
今の医大や司法試験のレベルは知る由もないが、少なくとも
自分の中では弁護士はとてつもなく難関で、天賦の才と運が
なければなれない仕事だが、医者そうではない。
馬鹿でも成れるとは言わないが並の能力があればいい。
そう感じている。
しかし、社会的地位は医者と弁護士は最難関有資格者として
昔から同列に扱われてきた。
いまでも腑に落ちない。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 21:35:56 ID:+Q7d7Wbv
47歳が喰い付きましたよ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 09:11:29 ID:jrR5FFIz
自分自身のことを他人に成りすまして言ってるん?
医者は人格者も多いが、弁護士に情を感じることは殆ど無い。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 01:58:43 ID:RnoyOXhw
弁護士の司法試験、誰でも受けることが出来た。別に大學出ないでも。
六法全書に人生のすべてが詰まっていると思うことはそこに大きなロマンが
あった。最難関ではあるけれど、さすればこそ挑戦のやりがいがあった。
何者にも頼らずひたすら六法全書のみ、これこそ独立の精神ではないか。
その独立の精神は法の独立でもあり、時の権力に対して勇敢に物を言えた。
しかるに今、大学院の資格を有するとなって、学歴に対して従属的になり
独立の精神は萎えた。そして医者と同じメンタルいや実はそれ以下に成り
下がった。体制依存的ではあるが収入は医者に比べて多分はるかに少ない。




3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)