2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【燃える】東京混声合唱団【闘魂】

1 :名無し讃頌:2006/01/14(土) 12:37:19 ID:MWluzH7+
日本で唯一のプロ合唱団。
語りましょう。

http://homepage3.nifty.com/TOUKON/


2 :名無し讃頌:2006/01/14(土) 15:56:42 ID:+R2S17g7
2ゲt

3 :名無し讃頌:2006/01/14(土) 16:02:09 ID:hpPkZm24
           /  (___  ___) ヽ
    __    ./    //  ヽ ヽ    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /    (__)  (_)    ヽ/  ○  \
/      \,,,--―――''''''''''''''''''''――-/        ヽ
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー―――-、,,__,,,,-―――:||  _,,;-‐''"⌒~~~
     .ヽ/::||::::::::::   (●)    (●)   ||/ヽ
      く ::||:::::::::::::::::   \___/    ||:::::::::ヽ
       ヽヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ_/
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です  



4 :名無し讃頌:2006/01/14(土) 16:15:40 ID:O2LFZ+PF
今まで何でスレが無かったんだろう

5 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 03:15:03 ID:BpwaoAFL
>>4
あってもなくてもよかったから

6 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 11:11:05 ID:434QhgCx
>>1
一応書くと、唯一ではない。

7 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 11:54:42 ID:al0JTTT1
>>6
他にどこがある?

8 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 13:13:45 ID:434QhgCx
>>7
知ってる限り(アイウエオ順)

ヴォーカルアンサンブル津山
クロスロード・シンガーズ
神戸市混声合唱団
ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団
ザ・タローシンガーズ
東京オペラシンガーズ
東京合唱協会
東京レディース・シンガーズ
二期会合唱団
日本合唱協会
バッハ・コレギウム・ジャパン
びわ湖ホール声楽アンサンブル
藤原歌劇団合唱部
Vox humana

東混が唯一なのは「フルタイム」であることらしい。

9 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 14:55:26 ID:D2xHOY3D
>>7
自分が知ってるの追加します。

コンツェントゥス・ムジクス東京
テレマン室内合唱団
東京トロイカ合唱団
モーツァルト・アカデミ−・トウキョウ

10 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 15:17:48 ID:VxVsDjjv
勉強不足だな>>1

11 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 16:22:22 ID:SubpPyYS
1が勉強不足というより闘魂のHPに問題が。

12 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 20:07:08 ID:urmo9qaq
>>11
確かにそうだなw
でも、唯一のプロとかいっちゃう>>1も痛いとオモ

13 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 20:15:57 ID:al0JTTT1
>>8-9はやっぱり上手い?

14 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 22:39:26 ID:XCk7JRG3
>>12
闘魂のHPに「日本で唯一のプロ合唱団」てまんま書いてあるからじゃない?

15 :名無し讃頌:2006/01/15(日) 23:45:45 ID:I5/ZTXhH
自分は東混のホムペの「日本で唯一のプロ合唱団」を鵜呑みにしてたよ。

>>8-9を見て、そうじゃないことを始めて知った。
ありがとう。

16 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 00:06:55 ID:uTp2kivH
唯一のプロとは言うけれど、バッハ・コレギウム・ジャパン なんかは一応2005年の
世界合唱シンポジウムの招待合唱団で、話題には出てるけどなぁ。
で、知らないのもどうかと思うけど、よく東京混声は「日本で唯一の合唱団」とは確かに言うよな。

海外のように明確にプロってわからないし。
アマチュアが興隆してるのも日本の特徴だしね。

17 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 00:15:54 ID:NLUgoshy
合唱におけるプロの定義って何だろ。
団員全員がその合唱団から金もらって生活してるってことかな?

18 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 00:43:50 ID:a3ipxdPL
>>9
ほんとにみんなプロか?

19 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 02:00:56 ID:cTliAU0z
他に職業を持つ人(たとえば声楽家)が副業として
合唱をやっているのが、東混以外のプロ合唱団。
>>8-9には載っていないけど、レコード会社の合唱団も
ここに属する。

東混は「本業:合唱団員」の集まり。
給料が毎月支払われてる。

20 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 02:01:26 ID:3GEX5Pt0
>>17
プロ = 聴衆からお金をもらっている合唱人
と定義すると俺たちもプロですな

21 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 02:47:02 ID:O9uuTYK1
乞食も通行人からお金をもらっているな

22 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 02:47:27 ID:L8NT3IU3
>>20
>>17
「合唱団」からお金をもらって、そのお金で「生活」をしている
と書いているから、
>プロ = 聴衆からお金をもらっている合唱人
はちょっと意味合いが違うと思う。

23 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 03:33:41 ID:n1yWMTlv
>>19
ってことは、毎月給料もらってるのが闘魂だけなら
>>8-9はプロではなくセミプロになるんじゃまいか。
となると結局日本のプロって闘魂だけ?

24 :名無し讃頌:2006/01/16(月) 08:31:41 ID:pMQ8+aO0
深刻の合唱団も給料だよ 

25 :名無し讃頌:2006/01/24(火) 21:12:23 ID:sWeT2AG4
誰も演奏云々について語ってないw

そんな俺も生では一度も聴いたことがないわけだが。

26 :名無し讃頌:2006/01/31(火) 22:39:39 ID:7fGLPsc6
タケミツやるね。手づくり諺を除いた全曲かな?

27 :名無し讃頌:2006/02/04(土) 09:17:42 ID:ucW6npqc
バリトン、混声合唱、ピアノのための「マイ・ウェイ・オブ・ライフ」とか。

28 :名無し讃頌:2006/02/04(土) 10:00:20 ID:7eWrpTGp
東京混声は,当時「日本で唯一の合唱団であった。

29 :名無し讃頌:2006/02/16(木) 01:19:28 ID:mLlRc7Xr
今日定演きいてきた。
やっぱりミヨシアキラはよかったな。
けっこう入りがよかったけど、あれは指揮者の山田氏の
お客さんが多かったのかなー

30 :名無し讃頌:2006/02/16(木) 07:14:34 ID:SkJaVPu+
ヴィラロボスは意外な発見だった
新作もおもしろかった

31 :名無し讃頌:2006/02/16(木) 14:14:49 ID:ZPOswavM
闘魂の定演ってどれぐらい人来るの?

32 :犬わん:2006/02/28(火) 02:48:52 ID:RR8kRVI0
 合唱経験少々の素人です。私法の研究会で「プロとは何か、プロ野球と合唱団を含めて論ぜよ」という議題を提案したらとりあげられました。
座長の教授がまとめたことは、「団体が日本においてプロを表示する場合、その構成員(社団における社員又はこれ以外を問わず)が期間の
定めのない雇用契約(いわゆる正社員)に基づく雇用がなされていること、が要件となる。例えば、プロ野球は統一契約書よりも優先して労働基
準法等の労働法体系が原則であり、法律上は正社員等と同様に看做されている。このことはプロ野球選手に労働組合を認めるかどうかの根拠の一
つにもなっているし、統一契約は労働契約の一部について雇用主である球団が対価(契約金等)を支払うという格別の代償をもって条件を変更し
ていると理論付けられている(判例同旨)」でした。
書き写すのに疲れました。

33 :名無し讃頌:2006/03/04(土) 02:01:16 ID:F3jPJVZd
>>32

続きはなんなんだろう…。
東混団員の雇用形態ってどうなってるんだろう。

34 :名無し讃頌:2006/03/17(金) 03:55:50 ID:28J/rDVF
谷川俊太郎、最後までいた?

35 :名無し讃頌:2006/03/17(金) 04:32:35 ID:bbly1scg
>>34
んあ?

50周年記念演奏会はありがたいけど、
関西でやる曲目がなぁ・・・。
会場もいずみホールと福知山市だけか・・・。

たぶん他のとは扱いが違ってるんだろうけど、
5/27紀尾井ホールの演奏会が破格的に良い。

36 :名無し讃頌:2006/03/17(金) 23:32:27 ID:yMs1jmcg
後半の、湯浅と三善の作品の詩が、谷川の詩で、
湯浅の曲のあとでは挨拶していたけど、
三善の曲のあとではしていなかった。
客席にいたかは、わからない。

37 :名無し讃頌:2006/04/21(金) 21:59:08 ID:XGbHaZsP
田中信昭先生、第15回朝日現代音楽賞受賞おめでとうございます☆

38 :名無し讃頌:2006/04/21(金) 23:01:00 ID:f5dsYmv/
タケミツ演奏会行ってきました。岩城氏は車椅子に座っての指揮。
「風の馬」「芝生」はかなり音程が怪しかったけど「うた」は概ね素晴らしかったです。
それにしてもなんて美しい指揮だろう。あれだけで4000円の価値はあった。

39 :名無し讃頌:2006/05/24(水) 23:13:27 ID:njr2mQmn
いつのまにかおちちゃったね


40 :名無し讃頌:2006/05/24(水) 23:19:01 ID:qqBgOX07
50周年記念公演今日だったんだ・・・。
放送っつってもほとんどやらんだろうな。

41 :名無し讃頌:2006/05/25(木) 03:49:23 ID:1RU9ppag
50周年演奏会行って初めて闘魂を生で聴いた。
ま、安定していて上手いんだけど、
いま一つ好みの発声じゃないんだよね。
芸大卒業生なら、もうチョイだけ
深みと滑らかさがほしいというか・・・

42 :名無し讃頌:2006/05/25(木) 08:10:00 ID:lHcWC2Fy
今芸大卒は片手で数えられる人数しかいないよ。

43 :名無し讃頌:2006/05/26(金) 12:43:29 ID:5JG1kisj
ふつうの芸大生は、きちんと闘魂モードを叩き込まないと、
イタリア歌曲みたいに歌っちまって、
聴けたもんじゃなくなると思われ。

44 :41:2006/05/27(土) 04:21:42 ID:oIFrutqQ
でも、もうね、喜色満面、感激の嵐って感じの人達もいっぱいいた。
なんか、一歩間違えると宗教っぽいかもと思ってしまった。何となく・・・
ま、自分が大学グリー出身だから、特にベースなんかは
深めな声じゃないと納得いかないだけなのかもしれないけど。

45 :名無し讃頌:2006/05/27(土) 09:16:54 ID:sYsysriq
芸大生も、もう少し合唱の発声を学んだほうがいい
大学グリーとレベル変わんないな

46 :名無し讃頌:2006/05/27(土) 14:43:40 ID:lUuIjSM4
合唱の発声?大学?声があって音楽的素養がある人材が最も必要。アンサンブル能力や声を揃えることは仮採用期間に伸ばせば充分!東混は可能性のある人材を入れてほしい。自分達の未来を支えてくれる人材を!

47 :名無し讃頌:2006/05/28(日) 09:25:18 ID:D7shfWQI
コンクールに出てこないから、本当の実力の違いが解らない

48 :名無し讃頌:2006/05/28(日) 23:37:03 ID:g+gNqj7t
またコンクールでしか実力を測れないコン厨か。

49 :名無し讃頌:2006/05/29(月) 00:04:29 ID:xNKAY0SF
ぎゃはは!っていうかアマチュアのコンクールと天秤かけられる闘魂ってなに?
オペラシンガーズや新国合唱団じゃあり得ないことだね。
どうよ、関係者、出てこいよ!

50 :41:2006/05/29(月) 00:38:57 ID:yabR1mf8
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005I7JQ/503-2687239-1383925
闘魂、ここでちょっとだけ比較対象にされてます。
でも、ここで書かれているような「独唱的」という程でもないと思った。

ラスステ、雅楽的な曲で、ホールの左右と後ろ側から
男声が歌って歩いてくる。女声はステージ上で歌ってる。
色々書いたけど、こういう合唱をしかもこれだけのメンバーで
演奏するのを聴く機会は無かったから、これはこれで凄いと思った。

田中信昭氏は指揮を振らず、漢字一文字ずつ書かれたプラカード
みたいなものをステージ上の机の上で時々入れ替えていて、
終曲の時に何かの単語を作ったけど、何だったか忘れたw
この方面初心者の私にはあれはよく分からなかった・・・・・・

51 :41:2006/05/29(月) 00:40:14 ID:yabR1mf8
付け足し。ラスステ、尺八奏者も吹きながら客席の通路歩いてた。

52 :名無し讃頌:2006/05/29(月) 00:59:00 ID:XiWl5nvo
>>50-51
「追分節考」という曲だな。柴田南雄作曲。民謡が元ネタ。
日本の合唱界でシアターピースと呼ばれるジャンルを確立した作品。

シアターピース系の合唱曲は、何度か実演に触れればわかるようになる。

53 :名無し讃頌:2006/05/29(月) 01:12:52 ID:6LibGzQX
>>50
独唱的というのは、CDを聞いた評価じゃないでしょうかね。
実演で聴けば印象は変わるかな、とは思います。
最近の演奏は、一昔前とかなり違う印象を受けますしね。

追分節考はそれなりに事前知識を要する曲で、
分かりづらいかとは思います。
民俗的な音楽の、アカデミックな廃絶主義に対する一つの反抗、
とでも言えばいいのですかね。

54 :名無し讃頌:2006/05/29(月) 02:12:18 ID:YqCjziXQ
シアターピースは良いねぇ。その場一回限りで。

55 :名無し讃頌:2006/05/31(水) 02:19:03 ID:wQv1/HgB
闘魂はどんな曲やっても誰が指揮しても殆ど同じ。モノトーンコーラスになってしまった。なぜ?

56 :名無し讃頌:2006/06/01(木) 03:31:11 ID:4bOXxt1l
>>55
アニバーサリーコンサート聴いて、それ、思った。
どうしてでしょうね。

しょっちゅう演奏会開いてる⇒指揮者との合わせ練習が少ない
⇒指揮者独自の解釈の入る余地が無い

という事なのかな?

57 :名無し讃頌:2006/06/01(木) 10:09:02 ID:+MFMW0HN
↑一理あり。でも岩城以外の指揮者に、音楽を解釈してる人いる?最近の定期のラインナップ何?あれ指揮者か?闘魂の指揮者陣って誰が決めてんだ?音楽監督?事務局?団員?

58 :56:2006/06/01(木) 23:55:26 ID:zY+v4nMp
確かに、田中信昭以外は
他の合唱団を振ってるのをあまり見た事が無い人達ばかりだった。

逆に言えば、そんな指揮者達に指揮させても
闘魂だから何とかなるのか・・・・・・

59 :名無し讃頌:2006/06/02(金) 00:50:55 ID:D5paJpbu
>>58
おいおい。岩城さんはオーケストラの仕事がメインの人だけど、
大谷さんと松原さんはあちこちで振ってるぞ。
この二人が客演指揮する機会は信昭さんより多いはず。

>>57
松原さんについてはよくわからんが、大谷さんについては音楽に独自のキャラが滲み出てる。

60 :名無し讃頌:2006/06/02(金) 00:56:26 ID:WRannlQV
>>59
先に言われてもうた…。

松原さんは関西圏だと、神戸中央合唱団とか振ってますね。
昨年だかに、ラトヴィアで講習会(みたいなもん)に出たり、
結構忙しく働いておられるんだが…。

61 :名無し讃頌:2006/06/02(金) 01:54:18 ID:ievKzGnc
それにしても大谷氏の写真が怖い。
いつも思うんだけど何とかならんのか。

62 :名無し讃頌:2006/06/02(金) 23:48:31 ID:kfCl9OhV
今日の朝日新聞に50周年記念演奏会のことがでてましたね。


63 :名無し讃頌:2006/06/03(土) 00:25:35 ID:4WDh1xJa
「ハーモニー」でも特集記事出てる。


64 :名無し讃頌:2006/06/07(水) 02:41:09 ID:iJqrPuvx
そだね。
でも評論家は合唱の耳あんの?
“闘魂はうまいんだから云々…”“うまいんだからレパートリー開拓しろ”って、
( ゚д゚)まじでか?なんだそりゃ?上手が前提?うまいの?漏れは全くそう思わんぞ!

65 :名無し讃頌:2006/06/07(水) 04:37:55 ID:kYwNhXMb
当今は十分に上手いと思うよ。
崩れは少ないし、安定してると思う。

と、いずみホール公演しか行けない人間が言ってみる。

66 :名無し讃頌:2006/06/07(水) 10:51:38 ID:JYzszvzI
その辺の尼や学生合唱よりは上手いじゃん。
粗がなくて安定してるし、少なくとも下手ではないでしょ。
とりあえず何でも無難に歌うって感じ。
無駄に個性を求める人には物足りないだろうね。

67 :名無し讃頌:2006/06/07(水) 20:34:39 ID:l/wWT9Nb
本番の回数がとにかく多いから1曲1曲の練習は当然アマより少ない。
無難な演奏になるのも当然だよね。でもプロが

>その辺の尼や学生合唱よりは上手いじゃん。

という程度にしか評価されないのはやはり寂しい。欧米のプロなら間違ってもそんな風には言われないはず。
まだまだ日本の合唱が発展途上ということだよね。
「さすがプロだ、ちがうなあ」とため息をつかせる合唱団がいつか日本も登場するのを期待したい。

68 :名無し讃頌:2006/06/07(水) 22:47:35 ID:kYwNhXMb
そもそもその安定性を凄さがわからん時点で、
聴き手としては二流、とも言えるが。
毎回、コンスタントに結果を出すなんて、
どの業界のプロでも中々出来んことですぜ。

69 :名無し讃頌:2006/06/07(水) 23:35:21 ID:JYzszvzI
>>68
はげど

70 :名無し讃頌:2006/06/08(木) 00:21:51 ID:Y3WlKdFv
全然安定してねーよw
この間の「風の馬」とか「芝生」の音程ひどかった。

71 :名無し讃頌:2006/06/08(木) 01:26:52 ID:jIYq8zkY
スウェーデン放送合唱団の方が
音楽的にも共感するし感動する

72 :名無し讃頌:2006/06/08(木) 17:43:46 ID:K8zwDDGH
安定性の凄さなど聴き手は求めてない。プロが一定ラインの音楽を提供するのは当たり前だ。安定性に誇りを感じるようになったらプロじゃない。違う?

73 :名無し讃頌:2006/06/09(金) 00:02:40 ID:ZIezsTn1
闘魂って1曲2回ぐらいしか練習してないんじゃない?
いつだかの演奏会で、確か権代さん?がステージで委嘱初演に際するコメントしたときに
「私の曲をなんと4回も練習してくれたんです!」
と感嘆してたのがかなり印象的だったwww

74 :名無し讃頌:2006/06/09(金) 00:22:59 ID:xTlPNRJl
あれだけのスケジュールだからねー。

75 :名無し讃頌:2006/06/09(金) 01:24:09 ID:7wZtZmJf
練習少なくてスケジュールきついんじゃレベル維持するので精一杯だね。助けてー!

76 :68:2006/06/10(土) 00:48:12 ID:ZhN6DEz4
>>72
そりゃ視点の違いだ。
合唱団が安定性に誇りを持てばバカだが、
聴衆が安定性に慣れればそれもバカ。

プロが一定ラインの音楽を提供するのは当たり前でも、
聴衆がそう思ってたら、結局要求が過剰化していくだけで。
近年のバカみたいに多いクレーム事情の話みたいだけども。
聞き手としては、その安定性に一定の敬意は払うべきだろう。私見だが。

>>71
比べるんじゃないやい。

>>70
何時の録音だっけか。手元にないんでワカンネ。
最近の演奏でド下手なら救いようがないが、
旧録音で下手なら、旧世代の責任で、今の団員には関係茄子。

77 :名無し讃頌:2006/06/10(土) 08:32:59 ID:K5DO8R+M
スウェーデン放送は週3回で1回につき3時間練習してるからねぇ。環境が違い過ぎるよ。

>>76
この間岩城さんが振った時のやつ。金返せと思った。

78 :名無し讃頌:2006/06/11(日) 03:49:04 ID:BXmn+Oyj
>>77
ありゃりゃ・・・
過密スケジュールがレベルを落としてるのか?

79 :名無し讃頌:2006/06/11(日) 08:16:26 ID:fDfCnasI
過密スケジュールの上にペイされない。過密スケジュールだからソロ活動も出来ない。おまけに変な指揮者ばかりでやってられない。出来る人は辞めてくか、はなからオーディション受けない。レベル上がるわけない。

80 :名無し讃頌:2006/06/11(日) 09:08:57 ID:83fLonbB
闘魂終わったな。

81 :名無し讃頌:2006/06/13(火) 00:34:54 ID:LJzpk2ei
はい

82 :名無し讃頌:2006/06/13(火) 18:53:44 ID:knN5tKSA
岩城宏之さんが死去 世界的な指揮者

NHK交響楽団正指揮者を務め、
世界的に活躍した指揮者で日本芸術院会員の岩城宏之(いわき・ひろゆき)さんが、
13日午前零時20分心不全のため東京都内で死去した。
73歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060613-00000130-kyodo-ent

訃報総合スレ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1142364292/36-

83 :名無し讃頌:2006/06/14(水) 01:02:50 ID:x0fxmtis
>スウェーデン放送は週3回で1回につき3時間練習してるからねぇ。

どこの情報ですか? はじめて聞いた話です。

84 :名無し讃頌:2006/06/14(水) 01:29:56 ID:2j6Epfs4
>>82
5月24日の紀尾井ホールでの指揮が最後の指揮だったと
ニュースで言ってたから、闘魂のアニヴァーサリーが
最後だったというわけだね。

85 :名無し讃頌:2006/06/14(水) 19:29:42 ID:AucD2FQx
>>83
「ハーモニー」99年冬号掲載のトヌ・カリユステインタビューから。
しかも今読み直したら週4回の間違いだった。給料は放送局から出るんだと。

86 :名無し讃頌:2006/06/16(金) 08:26:30 ID:e3bJ7Yyg
>>84
最後の指揮姿 
http://homepage3.nifty.com/TOUKON/fufo.htm

87 :名無し讃頌:2006/06/30(金) 00:26:28 ID:3OF3jgWf
岩城さんおなくなりになられた…これではれて闘魂はアマチュア合唱団になれました!おめでとう!

88 :名無し讃頌:2006/07/01(土) 00:46:07 ID:nbamyKwD
そして誰もいない…

89 :名無し讃頌:2006/07/01(土) 20:36:34 ID:Bm2dXPHb
2006年7月26日発売

合唱音楽の領域―その新しい地平―

東京混声合唱団
VZCC-74(CD) 14,000円(税抜13,333円)

1976年、東京混声合唱団創立20周年を記念してビクターより発売された7枚組LPレコード[SJX-1067〜73監修 武田明倫 佐野光司 船山 隆]の復刻CD(7枚組化粧箱仕様)です。
「合唱音楽の領域―その新しい地平―」は、その年度のレコード・アカデミー賞を受賞しました。まさに「東混」にしか成しえなかった偉業でした。

創立50周年を迎える今年、名盤として語り継がれてきた「合唱音楽の領域」をCDアルバムとして、再発売いたします。1950年代から70年代にかけて、作曲家たちは合唱音楽にどのような可能性を見出したのか…。
14名の作曲家による18の作品の中に私たちは、言葉という素材の扱い方、人の声の可能性、新しい音響としての合唱音楽の構築、また日本の伝統音楽との対峙など、作曲家、そして「東混」が合唱音楽の新しい地平を求め、辿った軌跡を伺い知ることが出来ます。

http://japan.japo-net.or.jp/release/2006/07/vzcc-74.shtml

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1130241532/114-


90 :名無し讃頌:2006/07/02(日) 02:56:21 ID:5XYjB2tR
>>89
何が闘魂にしかなしえなかった偉業だ!何年前の話してんだ!いつまで過去の栄光にすがってんだよ!いいかげん気づけよ馬鹿ジムキヨク!

91 :名無し讃頌:2006/07/02(日) 07:50:58 ID:SK+ZtXvI
バカ↑

92 :名無し讃頌:2006/07/02(日) 14:11:06 ID:010oW92i
あれから30年か。CD化は遅すぎたぐらいだ。
初演当時アマチュアには絶対にできないと言われていた作品が
今では中高生に歌われることもある。

最近の委嘱曲で、プロにしかできないと指摘されるような作品は
寡聞にして知らない。「新しい時代」も「阿知女作法」も「合唱のための
コンポジション16」も出版の前後にアマがとりあげたしね。
今後、「プロにしか手が出ない作品」を東混に求めるのは無理だろうか。

93 :名無し讃頌:2006/07/02(日) 16:55:10 ID:72V0Epjo
今日の下田公演楽しかったです。
東京から3時間長旅でした。

94 :名無し讃頌:2006/07/03(月) 00:48:31 ID:UtYbXVQu
東混が初演して以降それきり演奏されない曲はこれからも山ほど出るでしょう。

95 :名無し讃頌:2006/07/03(月) 03:33:45 ID:3shoIaDs
>>94
田中信昭・大谷研二のお二方を中心に、よその合唱団で再演してくれるさ。

96 :名無し讃頌:2006/07/17(月) 18:19:32 ID:gadTqyoz
8月9日にトウコンの演奏聴いてくる〜

97 :名無し讃頌:2006/07/19(水) 23:57:50 ID:/PFPMpKT
私はレス8のいくつかに参加してる唄うたいですが、東混うまいと思う。
ただ、駆使してるテクニックが違うからオペラは無理だと思うけど。

あと、笑っちゃうような遅レスですが…レス24の合唱団は給料制じゃないですよ?嘘を書いてはだめです。

98 :名無し讃頌:2006/09/02(土) 15:39:43 ID:6FPGhXpk
大阪公演
これから逝ってきま

99 :名無し讃頌:2006/09/06(水) 23:06:43 ID:6ZOItEut
チラシの写真が中島らもに見えて仕方ない>O谷

100 :100:2006/12/10(日) 20:56:54 ID:+UCSjwTL
保守

101 :名無し讃頌:2006/12/18(月) 21:42:04 ID:W9GqvOmI
2006年12月27日発売
http://classics.japo-net.or.jp/catalog/chorus/vzcc-81.shtml
メモリアル・コーラス・アルバム
岩城宏之指揮 東京混声合唱団

VZCC-81〜2(CD)3,800円(税抜3,619円)

102 :名無し讃頌:2006/12/21(木) 21:30:51 ID:EWbfeJnz
萬歳流し、最高です。

103 :名無し讃頌:2006/12/21(木) 22:17:00 ID:I28fnb/e
地方公演手抜き過ぎじゃないの?

東京での定演と違いすぎる。

104 :名無し讃頌:2006/12/21(木) 22:42:19 ID:JWy6N3mb
闘魂って方向性間違ってるよね。
仮にも日本で唯一のプロ合唱団を名乗るなら、
今の一般の合唱界に即したうたを取り上げて欲しい。

105 :名無し讃頌:2006/12/22(金) 01:01:31 ID:MPct4Cza
>>104
地方公演(主に、大谷氏や山田氏が振るステージ)では「今の一般の合唱界に即したうた」も積極的にやってるよ。

106 :名無し讃頌:2006/12/23(土) 00:20:53 ID:OKQ7OZGm
>>105
でも正直その程度しかやらないでしょ?
現音の声楽作品みたいなのが中心の姿勢には辟易。

107 :名無し讃頌:2006/12/23(土) 01:00:19 ID:6iNX/Ie/
若い作曲家の曲を委嘱しては世に送り出す、初演だけで
終わるのもあれば中には何十年も残る名曲がある。そういう役割を闘魂は
ずっと続けてきたんだよ。何も知らないガキは黙ってろ。

108 :名無し讃頌:2006/12/23(土) 22:46:41 ID:OKQ7OZGm
なんだ、昔からそういう腐った方針の団だったのねw
そういや闘魂委嘱で残ってる作品なんて少ない罠w

109 :名無し讃頌:2006/12/23(土) 23:36:34 ID:aen0k8X+
>>108
「原爆小景」「合唱のためのコンポジション第1・5・11・13・16番」「優しき歌・第二」「風の馬」「追分節考」
「五つの日本民謡(三善)」「日本抒情歌曲集(林光)」「子供の十字軍(一柳)」「東洋民謡集I・II・III」「阿知女作法」

これだけ委嘱作品が残ってりゃ上等だろ。

110 :108:2006/12/24(日) 00:18:10 ID:vOvdPn0a
まぁ腐ったっつー表現は言い過ぎたけどさ。

>>109
“179曲(公式HPより)”もある中から、
あなたが取り出したのでもそれだけなわけよ。

その中で一般の合唱団がおいそれと手を出せる作品なんてほぼないのよ。

合唱界で唯一のプロだと名乗るなら、
松下耕でも信長貴富でも一般で流行ってるのを取り上げて、
それを世間一般に音源をなんなりと回したりするのが仕事じゃないかと思うのよ。

でもまぁ、闘魂が最初からそういう姿勢の団なんだから。
しょうがないよね。もういいや。

111 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/12/24(日) 01:36:15 ID:+fxDpBIJ
芸術祭時代を知らない人も増えたか。

112 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 02:05:43 ID:M9uW1CDc
>>110
それは合唱団ではなく、VICTORやジョバンニレコードみたいなレーベルが企画してイニシアチブを取ること。
東混もVICTORの市販CDとか小学校〜高校向けのセット物CD集とかで、一般で流行ってる合唱曲を演奏してるぞ。

108が気にくわないと言ってるのは東混というより田中信昭のスタンスなんだけど
(田中氏が常任で振ってるローレルエコーや法政大学アリオンコールみたいな団体を見れば分かる)
あれは流行を追いかけるのでなく、流行の種まきをしようという意図と思われ。

>>109で列挙されてる曲は、ちょっと腕に覚えのある団体によって、たびたび取り上げられている。

113 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 03:54:41 ID:Zu7jMKvq
>>109
武満の「うた」も東混の委嘱じゃないの?

114 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 04:40:17 ID:vOvdPn0a
>>112
そうなるんかねー…>レーベル
まーこういうとこの貧困さが合唱界の問題だわなー。

でもさプロ合唱団ならさ、
団オリジナルレーベルとかでも創設して欲しいっちゅーことですわ。
現実的に考えて、合唱人口の少なさが困難にしてるんだろうけど。
それがダメならもっと積極的に業者に売り込んでいけよ。>闘魂


シンショーさんねぇ。。。
種蒔いてても、発芽した曲がいくつあるやら…

たとえば法政アリオンで過去に取り上げたので、
全国の男声合唱団に受け入れられた曲なんてそんなに数あるかいさ?
>>109も『歌い継がれて残っている』作品という意味では違うと思う。

委嘱した曲数の分母が多い割に、受け入れられた分子の数があまりにも少ない。
それだったら、ふっつーの合唱団で委嘱した曲の方がよっぽど受け入れられてるぞ。
例を探してみたが、適当な団が見つからなかったんでアレなんだけど。


ちょっと腕に覚えがある団体っつーと、
一握りのコンクール金賞常連団体とかになるわけですな。
これは一般の合唱団になるわけですかねぇ?

反例を挙げるのも良いけどさ、ごく少数な例を持って来られても困る。


あと別に、闘魂の実力に関して懐疑的なわけじゃないよ。
あれだけの曲をあそこまで歌いこなせるのは凄い。
そこは素直に評価してるよ。

でもやっぱり今も昔も現代音楽の声楽作品しか取り扱ってないよ。
絶対今委嘱してる曲も10年20年経っても普及しないだろう。
そういう姿勢の合唱団ならそれでいいさ。もう。別に。
所詮芸大・音大卒にゃー純合唱はわかるめぇよ。
俺が創設してやんよ。そういう団。
遠い将来でも。絶対。
俺が変える。



スマン、ちょっと自棄酒してるからあまり気にしないでくれ。

115 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 10:31:25 ID:mYXx8MvG
>>114
東混と田中信昭は、流行歌みたいなものには興味を持っていない。
百年先に残っているかどうかを考えている。

>>109の挙げた曲は、ただ単に歌い継がれているのではない。古典として日本の音楽史に
繰り入れられた曲なのだ。そのテの曲が、そんなにバカスカ量産される筈もない。
現在、東混の委嘱曲で淘汰されて残った曲には、重要文化財並みの価値がある。

素人には演奏不可能な難曲をこなせる、高度な演奏技術を持つ東混には、誠実で
注意深い聴衆として接することが求められている。なんでもかんでも、自分たちの
演奏の役に立つことしか考えていない、合唱厨には理解できないことだろうが。

116 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 11:23:20 ID:M9uW1CDc
>>113
あれは大半が東混の委嘱ではあるが、違う団が委嘱・初演した曲も含まれている。
「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」とか。


>>115
> 古典として日本の音楽史に繰り入れられた曲

もしくは、のちに生まれる作品に影響を及ぼした曲。どっちにしろ、目指すところはエポックメイキングな存在ってことだな。

>>114
でも実は「水のいのち」「新しい歌」みたいな大ヒット作品だって、数百作のうち1〜2作(十数年に一度)生まれたら御の字なんだよね。
そこに含まれる「土の歌(終曲『大地讃頌』)」「季節へのまなざし」「嫁ぐ娘に」「五つの童画」などは、委嘱は放送局とかだけど、初演は東混。

> ちょっと腕に覚えがある団体っつーと、
> 一握りのコンクール金賞常連団体とかになるわけですな。

そんなもんじゃない。国内合唱団の2〜3割があてはまる。

あと、東混はルネサンス・バロック・ロマン派の合唱曲も積極的に取り上げてる。
特にルネバロものは新作委嘱に次ぐステージ数の多さだったりもする。

117 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 12:56:06 ID:NOcTUJkt
演目に関してはプロだからこそ、他がやれないものをやる、ってことで
いいんじゃないでしょうか。
基本方針には間違いはないと思いますよ。

ただ>>108氏の望むような活動は地方演奏会では、やっていると思います。
追分節考などはうけますしね。
問題は地方での演奏の質。ちょっといただけないな、と感じたことがあります。
定演で見せるプロの技とはほど遠いこなれていない演奏を聴きました。
そういう手抜きが私はプロとして失格だと思います。

118 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 13:37:04 ID:Tl0mu/k9
アリオンが委嘱した曲、結構演奏されてない?
「王孫」「コン6」「びんじょう」「まんざい」「路標」*合同委嘱だけど」
まだまだありそう。

119 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 15:37:32 ID:uKNhZMFF
東混がなければ、「日本合唱曲全集」のような、高クオリティ(完璧ではないが)な音源資料だって出来なかっただろう。

120 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 16:12:15 ID:WGXYW599
CDのクオリティーが曲によって
違いすぎる。
北極星の子守歌なんかすごく荒いと思う。

反対にたぶん歌い慣れているアンコールの
トトロとかの方がいい。
ズレもあるけど

121 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 16:26:09 ID:SgRyszOG
>国内合唱団の2〜3割があてはまる。
 そ れ は な い 。

原爆小景や追分節考を取り上げてみようと、
一度でも考えた事がある団体がそれほどあるのだろうか。


日本音楽(合唱)史に残る作品というのには同意。
淘汰されて残った作品は確かに価値があるものばかりだ。


ぶっちゃけvictorの日本合唱曲全集なんて、
内容は全く時代遅れでしょ。
これこそ時代に即してないよね。

122 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 17:01:10 ID:Tl0mu/k9
>原爆小景や追分節考を取り上げてみようと、
一度でも考えた事がある団体がそれほどあるのだろうか。

かなりあるのでは?原爆〜は一度はやってみたいと思ってる人多数。
ただし、難しい。追分なんて学生もやってる。




123 :名無し讃頌:2006/12/24(日) 17:03:25 ID:uHnHmDpw
横レスだが、まあ2、3割は無い罠。
うちの地元(市内)には50団体ほど合唱団があるけど、
この中に例えば、阿知女作法を歌ってくれそうな団体はほぼ無い。
(ほとんどがシルバーコーラスである点も付け加えておくけど)

朝日の全国レベルの合唱団、
もしくは現代曲を志向する団体は、
国内には三桁台で居るだろうけども、
国内団体の2〜3割にはとてもじゃないがおっつかん。

124 :名無し讃頌:2006/12/27(水) 00:18:04 ID:O6U6Owg2
田中信昭の功績。

・多くの合唱曲を委嘱し世に送り出した。
・何人もの素晴らしい合唱指導者を生み出した(全日本コンクールでの東北勢黄金時代の指揮者の多くは田中の弟子)
・高校時代にひとつ下の後輩だったタダタケを合唱部に誘った。

125 :名無し讃頌:2006/12/27(水) 23:57:33 ID:Y/8uPi0E
>>124
何気に3番目が一番凄い気がする

126 :名無し讃頌:2007/01/04(木) 03:14:11 ID:6bAQ+4yN
>>124
スウェーデン放送合唱団並に時間を取って練習すればいいのだが、
練習回数が少なすぎだ。

127 :名無し讃頌:2007/01/14(日) 22:57:12 ID:UpUSZUyO
2007年最初の2回の定期演奏会が、豪華プログラム目白押しで、神すぎる件。
http://homepage3.nifty.com/TOUKON/teiki.htm

第208回(1月26日)
新実&西村プログラム

第209回(2月26日)
リゲティ「Lux aeterna」+三善「レクイエム」+若手2人の新作

128 :名無し讃頌:2007/01/15(月) 00:27:25 ID:Kwumx265
久々に来たらわいてますね。殆ど関係者のスレに見受けられますが、NHKニューイヤーはいかがでした?

129 :名無し讃頌:2007/02/14(水) 21:15:27 ID:IGNYQbNb
age

130 :名無し讃頌:2007/02/26(月) 11:15:20 ID:K9IKAxOG
今日は定演

131 :名無し讃頌:2007/02/26(月) 15:48:59 ID:hs2ZXUAx
逝って来ます

132 :名無し讃頌:2007/02/26(月) 19:52:52 ID:hs2ZXUAx
中間報告。「夢の意味」良かった。

133 :名無し讃頌:2007/02/26(月) 23:03:23 ID:AZ3aFpCD
>>132
禿胴。広く一般に歌われてもおかしくない、ってかそうあってもらいたいと
オモタ。

134 :名無し讃頌:2007/02/26(月) 23:23:42 ID:hs2ZXUAx
自分の所属してる合唱団に持って行きたいような曲だったな。CDや楽譜が早く出ますように。

135 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 02:04:08 ID:eFIhmhw3
マジかよ。・・・少なくとも東混らしからぬ作品とは言える。
もちろん現代曲でなくでもいいが、
三善や林、間宮、柴田、武満(の調性のある作品)と同列における作品であってほしい。
実験的なのもやる東混では、「はずれ」のこともあるが、こんな「ふつう」の曲で「はずれ」はお断り。
詩もつまんかったし。

レクイエム、原曲にぜんぜん似ていない。愕然!
合唱の演奏はそうとうよかったように思えたが、
あまりに変わり果てた曲の姿に呆然として、
演奏のよさは全く味わえなかった。


136 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 02:55:57 ID:6NdooJz7
《夢の意味》(上田真樹作曲)
確かにきれいな曲ではあるが、あまり新鮮味を感じなかった。
新実さんとかの曲にありそうw
アマチュア合唱団が演奏するのなら、十分楽しめるのではと思った。

《ブルレスカ》(鷹羽弘晃作曲)
全3曲だが、各曲の時間が長め。
「わかりやすく書いた」とプログラムには書かれているが、実験的でかなり凝っていた。
終曲の、テナーソロで執拗に繰り返される「油ぎった」など(見に行った人にはわかるw)
ピアノパートも音が多く、無機的なパッセージが頻出。
個人的にこっちの方が面白いと感じた。

137 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 09:02:13 ID:7/lU5lIh
上田さんのも鷹羽さんのも確か全音から出版予定じゃなかったかな。

138 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 13:43:12 ID:17EGL4zW
『ブルレスカ』の「油ぎった」テナーソロはすごかった。
あと男声の「お一、二、お一、二。」とあわせて未だに耳を離れんwww
コンクールで聴きそうな曲かと。

『夢の意味』は東混の委嘱初演に何を求めるかで感想が変わってくると思う。
単純に判り易く、綺麗な曲としてアイデンティティーが足りないかな、
とは思うけど。こういう曲も嫌いじゃない。

139 :名無し讃頌:2007/02/28(水) 15:23:28 ID:BedZRg9E
>>137
一応チラシにはそう書いてあったね。

140 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 12:24:18 ID:Un7Op2Iv
「ラスト50」のトップで>>90 が見えちゃったので、
そこにレス。

「過去の栄光」は栄光として認識しておくことは悪いことではないのではないかと。
それに「過去の・・・」になっちゃうとしたら、
三善や間宮、武満に匹敵する作曲家があとにほとんどいないことが原因で、
東混のせいではないと思うんだな。

しかし、労作だとは思ったけど、
あのレクイエムの編曲では、栄光の自己否定になっちゃわないかな。


141 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 18:09:48 ID:QaLG4gXq
匹敵する作曲家が出てこないんじゃなく、
そういう作曲家ばかりが持て囃される時代じゃなくなったのでは?

現に合唱界で今人気ある信長とかに委嘱しない。
しかし委嘱活動自体は次世代の三善やらを見出すために継続してる。

それこそが「近年の栄光」と呼べるものの少なさの遠因ではないか?

142 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 21:09:16 ID:OiLQTlkQ
>>140
新垣レクイエムは東混の委嘱ではないだろ?

>>141
千原英喜には委嘱してるけど。

143 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 23:29:32 ID:p9ludRto
東混の信長委嘱なんてまっぴら聴きたくないねぇ。現代音楽の先鋭を求め続けて欲しいね。

確かに三善間宮以来不作続きではあるけど、東混のスタイルは基本的に変わってないんじゃない。ポップスを広めてアマチュアの目標的存在たるなら他にもっと適した団体あるでしょ。

とは言ってみたけど一回くらい信長委嘱あっても面白いかもね。一度信長氏には歌い手に容赦しない曲を書いてみて欲しい。アマチュアからも見る目変わりそう。

144 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 23:48:37 ID:QaLG4gXq
やはりそこでしょうね。
それが昨日の「夢の意味」の評価が分かれたのに繋がったのではないかと

145 :名無し讃頌:2007/03/04(日) 01:14:05 ID:wxMWn/3P
>>143
> 一度信長氏には歌い手に容赦しない曲を書いてみて欲しい。

「斑雪・真夏の衝迫」という2曲セットの女声合唱作品が『歌い手に容赦しない曲』っぽいかも。
未出版(「斑雪」のほうは季刊Harmonyに楽譜が載ったが)ということもあってか、初演されたきりみたいだけど。

146 :名無し讃頌:2007/03/04(日) 10:09:47 ID:aee2opBx
いや、すでに「もて囃す」という言葉を使ってしまうところに象徴されている。
実際は、三善の世代は「もてはやされた」のではなく、
音楽のクオリティが高かったということ。結局
今はクオリティなんか重視されない「時代」だって言ってるのと同じわけだな。
たしかに現代は、そういうことになっているかもしらん。
ならなおのこと、東混には時代に合わないでいてもらいたいもんだね。

だいたい「栄光」って言葉が好きじゃないが、それを前向きにとらえるとしても、
「もてはやされる」なんて意味じゃ「栄光」なんて言葉は使わないだろが。


147 :名無し讃頌:2007/03/04(日) 10:11:14 ID:aee2opBx
ただ、信長を悪く言っているわけじゃないからね。彼なりの立ち位置があると思うし。
たしかに一度委嘱してみるのも、反対はしない。いろんな意味で冒険だが。

「アマ向け」は、東混には全く期待していないが、それでも最高の音楽なら
その曲に対して何も文句はない(というか、絶賛する)。
しかし、「夢の意味」が、最上の音楽だっただろうか。
そもそも、最上の音楽をめざしていただろうか。
「これでいい」って感じの作曲ではなかっただろうか。

(最高とか最上って言葉がいささか紋きりだが、意をくんでいただきたい。)


148 :名無し讃頌:2007/03/05(月) 11:57:12 ID:DCJ30SqZ
某サイトにも書いてあったようにアマが闘魂から見習うべき点は
「ドミソをきちんとハモらせること」じゃないかな。


149 :名無し讃頌:2007/03/05(月) 18:43:34 ID:Vrr1NnDd
闘魂はハモっているのか・・・

150 :名無し讃頌:2007/03/07(水) 00:55:33 ID:7wcWCg2T
>>148
闘魂がアマから見習うべき点、だろ? 


151 :名無し讃頌:2007/03/07(水) 07:17:49 ID:n7Sd3Sxq
音楽のクオリティが高いって、
どういうことかな?かな?

作曲技巧が?要求される難易度が?
全体的な曲の完成度が?
何を持ってそれを高いとしてるの?
それが必ずしも評価される時代でないのは既出の通り。
30年後に評価される音楽以前に、
現在合唱をやってる人がやりたい!
と思えるような音楽じゃダメなの?

時代遅れ、若しくは先取りし過ぎとしか思えない。
普通の合唱人からはとうに見放されて、
ゲソオソヲタばかりの闘魂関係者の必死の反論w↓

152 :名無し讃頌:2007/03/07(水) 07:38:22 ID:+lIKtFJh
>>150
皮肉を言うのは自由だけども、
個人的には、時々、大阪公演を聴いていて、
闘魂には(アマが)見習うべき点は多いと思うよ。

例えば武満演奏なんかでは、
演奏会でさくっと演奏すると言う面において、
闘魂に匹敵できる演奏が出来る合唱団ってのは、
そこまで多くは無いと思うのだけれど。
まあ、現実に演奏する団体が少ない以上、類推に過ぎんけどね。
(武満で現代オタと言われちゃたまらんけど、そうなるかなあ)

基本的にア・カペラを演奏する段において、
団全体としての音楽のクォリティは軽視されるレベルではない。
この板の傾向だろうけど、どの団でも適当に叩くから困ったもんだ。

153 :名無し讃頌:2007/03/07(水) 19:54:18 ID:rH7+14Mr
>>普通の合唱人
って、この文脈だと、単に政治的な圧力団体と同じだ罠。(あくまで「この場合」。)
だいたい、ここで言ってる「普通」ってなんだい? 多数派が「普通」かい?
自分を「普通」と見極められる神経って、なんだい?
多数派なら、よい音楽になんのかい?

蛇足だが、オレはただの聴き手。
合唱をやってもいなければ、まして東混の関係者でもなんでもない。
プロにしては、むしろ素朴なまでに「民衆の合唱団」みたいな合唱団の関係者が、
自分を「普通の合唱人」wと思っているかもしれないお客様を
悪し様には言わないだろさw。


154 :名無し讃頌:2007/03/07(水) 19:56:14 ID:rH7+14Mr
多数の威を借りて、正統を主張するのも醜悪の限りだが、
しょせん「クラシック」だの「合唱」だの、
みんな数量的には、弱者。

かと思えば、
弱いくせに権力にすがろうとするクラヲタや「普通の合唱人」とやらに
まっとうに対抗もせずに、
別の権威で自分を正統化しようとする(音楽史を進めた、とか)
ゲソヲタもつきあいきれない。

とりあえず、自分寄りの方向性を臆面もなく「普通の・・・」と言える人は、
まず、自分の権威主義的な側面を静かにみつめなおすのが先決だね。


155 :名無し讃頌:2007/03/10(土) 21:12:15 ID:ABIBe6sN
一昨日の夕方、18時からのBS「シング・シング・シング」に出ていたわけだが

156 :名無し讃頌:2007/03/11(日) 02:06:09 ID:/tksbNrs
指揮者によってなんだけどさあ
スクールで呼んだとき
いいときもあったよ。

そういう活動ってなかなかアマじゃできないかならね

157 :通販さん@賛成です:2007/03/15(木) 22:39:13 ID:YHvDw2mE
闘魂に、全盛期の興奮なし。

昔は闘魂に夢中だったのにな。

もう一度、夢を見させてほしいな。

158 :名無し讃頌:2007/03/15(木) 23:17:03 ID:OVBXiPSP
日本の作曲家に元気がなくなってきているのも問題かと。
武満、三善、間宮、柴田、湯浅などと肩を並べられる
人材がなかなか出てこない。

一度、外国の作曲家ばかりに委嘱してみるのもいいかもね。
ファーニホウ、シャリーノ、ホリガーとか(ベテランばかりでスマソ)。

159 :名無し讃頌:2007/03/17(土) 02:32:25 ID:FT4qrRgf
http://www.asahi.com/culture/update/0316/012.html

おめ!

160 :名無し讃頌:2007/03/19(月) 08:55:39 ID:vr+QN5B3
NHKhでもうそろそろ東混がでるのでage

161 :名無し讃頌:2007/03/27(火) 20:41:18 ID:+DPpjPJT
闘魂ブログ
http://news.ameba.jp/2007/03/3607.php

162 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 01:02:59 ID:O0KuPS3O
先日会ったある声楽家が、東京混声合唱団の男声の発声方法は
「ベルカント」だと言っていたが、そうなの? 具体的に他の団とどう違うの?
ベルカントって聞くと、なんとなくオペラを連想するんだけど。


163 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 01:11:30 ID:Va0g0E8s
オペラというか、
声楽を専門に勉強して、
ソロでも歌えるような人ばかりだからね。

164 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 23:35:43 ID:wsq34h9e
>>162
ベルカント=オペラなんて短絡的な図式は前世紀の遺物

165 :名無し讃頌:2007/05/07(月) 00:53:42 ID:gXVa2n4f
>>164
やれやれ「なんとなく」って言ってるのに・・・。
そんな突っ込みはどうでもいいから、質問に答えよ。
答えられないつまらないヤシに限って揚げ足採るからな。


166 :名無し讃頌:2007/05/08(火) 03:16:44 ID:uZA6SMvN
>>165
今はほとんどどこの国のクラシック声楽家でもベルカントの発声法でやる
ただしみんながみんなベルカントを正しく理解しているとは限らない
これでいいか

167 :名無し讃頌:2007/05/08(火) 16:46:58 ID:qhHNoWUW
なんか、説明にも言い訳にもなってない希ガス。

168 :名無し讃頌:2007/05/13(日) 09:08:05 ID:0El0Eerb
合唱はベルカントでないのがほとんどでしょ?

169 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 03:19:19 ID:ISoZdujz
>>168
認識不足。素人だな

170 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 10:58:09 ID:3lFBhgaA
ベルカントを殺さないと合唱じゃ目立ち過ぎる。

171 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 12:19:31 ID:ISoZdujz
>>170
ベルカントがオペラのような大声張り上げるだけとでも思っているのか?

172 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 12:56:05 ID:6WX+W0rY
>>168
> 合唱はベルカントでないのがほとんどでしょ?
>>169
> 認識不足。素人だな

そうとも言えるが、ちょっと微妙かな。日本の多くの合唱団はベルカント唱法でないのは
事実だし。ベルカント唱法でちゃんときれいな合唱が出来るのは、かなり実力のある団に
限られるね。



173 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 13:18:23 ID:3lFBhgaA
ですよね。
ベルカントで綺麗に歌うと、逆に目立ってしまう団が殆んど。
喉を平べったくして小さい声でノンヴィヴで歌うと歓迎される。
東混は日本でも数少ないベルカントで歌える合唱団ってこと?
しかし邦人の合唱曲はベルカントで歌うのが全ていいわけじゃないですよね。
二期会合唱団は当然ベルカントですね。

174 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 14:13:10 ID:ISoZdujz
> 喉を平べったくして小さい声でノンヴィヴで歌うと歓迎される。

日本の合唱も未来がないな


> 東混は日本でも数少ないベルカントで歌える合唱団ってこと?

それはちょっと違うw
あそこもかなりダメダメ


> しかし邦人の合唱曲はベルカントで歌うのが全ていいわけじゃないですよね。

だからそれも認識不足
ベルカントの定義はそんなに狭くない

175 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 15:42:59 ID:MiRz5os7
否定するだけなら誰でもできる。

176 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 16:10:58 ID:Vs7ubKzC
ベルカントの定義付けは不可能。はい終了。

177 :名無し讃頌:2007/05/14(月) 16:37:57 ID:3lFBhgaA
まーね、「美しく歌う」だからね。

合唱の発声は、団ごとそれぞれ違うってことで終了ですか。

178 :名無し讃頌:2007/05/15(火) 00:12:30 ID:iVt7Zun5
>>174
> あそこもかなりダメダメ

東混がダメならどこがいいわけ?


179 :名無し讃頌:2007/05/16(水) 00:51:43 ID:+KzgK59A
クラシックオタとか合唱オタってメジャーなものには大抵ケチつけるよな。
でマイナーな名前挙げて俺はこんなところ知ってるんだぜ、お前知らないのーw見たいな。

闘魂って日本の合唱界では最高峰だろ。


180 :名無し讃頌:2007/05/16(水) 01:06:44 ID:DkBMmok/
大谷先生ステキ〜! (^0^)/~~
徳永さん、しぶい〜!
田中先生、イケテル〜!


181 :名無し讃頌:2007/05/16(水) 03:59:00 ID:q27/dde1
>>179
スウェーデン放送合唱団やリアス室内合唱団と比べたら
東混なんてお子様レベルだ
せいぜい日本国内でしか通用しないレベルで満足してろ

182 :名無し讃頌:2007/05/16(水) 08:14:53 ID:TtfZg4VR
>>181
スウェーデン、去年来たから聴きに行ったけど、なんだこの程度?って感じだったョ


183 :名無し讃頌:2007/05/16(水) 19:48:20 ID:k6Vpdgez
ま、多くの合唱団を聴くのはいいことだ。


184 :名無し讃頌:2007/05/16(水) 20:05:51 ID:+KzgK59A
>181
お前みたいに合唱のファンがお子様レベルだから合唱団が育たないんじゃね?

あと外国の合唱団に日本語曲は歌えるんか?


185 :名無し讃頌:2007/05/18(金) 21:38:12 ID:5Klz2C5C
以前、テレビにウィーン少年合唱団が出ていて、「赤とんぼ」を歌っていたが、
全然上手くなかった。みのもんたが司会のヤツ。




186 :名無し讃頌:2007/05/19(土) 02:18:27 ID:SeEH8PVd
>>185
最近のウィーン少に何が期待できるってんだ
ここ数年グダグダじゃねーか

187 :名無し讃頌:2007/05/22(火) 03:05:10 ID:IkQ040d2
>>181
そのレスを見て、あなたが合唱の何を聴いているか良く分かる。

188 :名無し讃頌:2007/05/29(火) 03:23:53 ID:6zTMRU1r
とりあえずプロなんだからもっと商業的に成功することを考えていって欲しい

合唱を中高部活や大学サークルでちょっとやっただけとか
そんな人でも大半がコンサート行ったりCD買ったり
合唱を聴くことに金を出したいと思えるようにならなきゃ

さらに、合唱やったこと無い人でも
合唱を聴くことに金を出したいと思えるようになったら
将来に残っていく曲だって今の比じゃないくらい多くなるだろうに

どんなに上手かろうが、時代を先取りしていようが、音楽にマジメだろうが
よりたくさんの聴衆に、よりたくさん金出したいと思わせて
それだけで団員が家族養っていけて
スターになりゃ年収数千万くらい
そんくらいになる意識を持って活動していかないとプロとしてどうかと思う



…合唱に夢を見すぎか?

189 :名無し讃頌:2007/05/29(火) 16:33:23 ID:OJsNfpsN
見すぎ。
芸能人並にメディアに露出しない限り無理。
通常のクラシック音楽界はそんなに甘くない。

190 :名無し讃頌:2007/05/29(火) 17:22:58 ID:6vmwWyvh
日本じゃ無理みたいだね。ヨーロッパ各国では、たとえばオペラの世界とか、
それに近い状況を実現しているらしいけど。
文化の違いかな?

191 :名無し讃頌:2007/05/29(火) 18:38:49 ID:vfE9TLAs
ヨーロッパも苦労してるみたいよ。
「なぜ若者に合唱文化が根付かないのか?」とかずっと前から議論されてるし。

192 :名無し讃頌:2007/05/29(火) 21:49:08 ID:i1iCAQgX
それでも日本よりはかなりマシなほうだな。


193 :名無し讃頌:2007/06/13(水) 23:49:11 ID:u0DqO7yo
掲示板の樋本氏辞任抗議の投稿、消されたな・・・

194 :名無し讃頌:2007/06/16(土) 04:36:43 ID:eVFfOHWB
合唱が大好き!!団員の皆さまの歌っている姿が好き!!


195 :名無し讃頌:2007/06/22(金) 20:37:28 ID:k5dOhUAa
東混、だいすき。

うまいといわれるグループ国内外含めたくさん聞いてきたけど、ここだけは唯一数十年の間まだ聞きたいって思わせてくれる合唱団。

とはいえ、年間たまにしか聴きに行けない。

すっごくお客様少ないときもあって、そういうときに限って(?)すごく素晴らしい演奏だったりする。




196 :名無し讃頌:2007/06/22(金) 23:29:46 ID:BJZjcoby
しょっちゅう定期演奏会しているから、会場が2割も埋まらないことがあるとか……。
本当なの? 

197 :名無し讃頌:2007/06/23(土) 01:06:11 ID:gbkKY535
本当だよ。ヤマカズには期待してるんだが。

198 :名無し讃頌:2007/07/11(水) 02:08:36 ID:xUVXZP8j
>会場が2割も埋まらないことがあるとか……。

ここ数回は、そんなことないよ。
前回のしらかわはかなり埋まってた。

199 :名無し讃頌:2007/07/11(水) 16:16:14 ID:lMSmKXEA
学生以外で合唱する人でおばちゃんが多いよね・・・

200 :名無し讃頌:2007/07/13(金) 23:23:06 ID:o3yNwTpm
>199

確かに・・。
でも、学生の合唱オタで埋まるよりはいいのかも。
やつらは、演奏中にメモ取ってたりしてちょっと・・。

201 :名無し讃頌:2007/07/29(日) 14:05:38 ID:o5q9mcGI
林光・東混 八月のまつりage。

202 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 17:12:34 ID:oXOr6wpa
東混はビブラートをかけすぎるのが難点

まぁオペラやってる人が多いから仕方ないのだが…

203 :名無し讃頌:2007/08/08(水) 19:36:23 ID:gAwjqnU0
今の東混はビブラートをかけちゃうの?
それじゃダメじゃん。

かけないで美しいのが東混の良さ、日本語の合唱の良さ・・・というか、
それが日本語の合唱の条件のようものだということを提示し続けてきたのに。

204 :名無し讃頌:2007/08/09(木) 12:37:21 ID:6uEYx+Cv
>>203

特にソプラノのビブラートは聴いていてキツイ

205 :名無し讃頌:2007/08/10(金) 00:37:59 ID:hcuFaeH0
今日第一生命ホールで聴いてきた。
原爆の日に合わせての選曲で重かったけど、そこそこ良いコンサートだったと思う。
しかし男声の朗読の人、背が低めなのに二列目で喋ってるから言葉が聞き取り辛かったなぁ。

206 :名無し讃頌:2007/08/10(金) 01:14:21 ID:Y3cBHWBZ
原爆小景やったの?

207 :名無し讃頌:2007/08/10(金) 01:52:38 ID:FriRpsP0
ぶらあぼに団員募集の広告が載ってたね。
こんなとこで公募しなきゃならんくらいなり手がいないのだろうか。

208 :名無し讃頌:2007/08/10(金) 02:22:12 ID:xnOd30qu
ぶらあぼにはプロオケの団員募集とかも普通に掲載されてるよ。

209 :名無し讃頌:2007/08/10(金) 06:27:53 ID:HQ7//VeB
>206
やったよ。
毎年必ず原爆小景とアンコールに星めぐりの歌があるのが八月のまつりだと思ってた。
原爆小景やらなかった年ってあったの?

210 :名無し讃頌:2007/08/14(火) 14:38:27 ID:TcYvZefC
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b80330209

211 :名無し讃頌:2007/08/21(火) 07:02:18 ID:/q/N5vX6
ヤマカズによる最近の録音を集めた新譜が出る予定。

ttp://www.cdjournal.com/main/cd/disc.php?dno=4107072754
ttp://www.panamusica.co.jp/cd/shinpu/EFCD4121.html

『夢の意味/東京混声合唱団』
■北爪道夫「ことばあそびうた・また」混声合唱とピアノのために
■野平一郎「ある科学者の言葉」女声合唱とピアノのために
■鷹羽弘晃「プルレスカ」混声合唱とピアノのための
■上田真樹「夢の意味」混声合唱とピアノのための組曲

東京混声合唱団
山田和樹 指揮
ピアノ=中嶋香、新垣隆

2007年9月21日発売

212 :名無し讃頌:2007/08/21(火) 07:03:35 ID:/q/N5vX6
EFCD-4121
2,520円

213 :名無し讃頌:2007/08/23(木) 02:07:21 ID:XuvSMw/z
ヤマカズktkr

214 :名無し讃頌:2007/08/23(木) 10:14:22 ID:NgZ4FT8W
ヤマカズというと、山田一雄というイメージが離れない。
この人の存命時代の日唱は前衛的な音楽にも取り組んでいたな。

215 :名無し讃頌:2007/08/24(金) 14:31:11 ID:bMdKt997
そういえば「夢の意味」と「ブルレスカ」は全音から出版される予定とあったけど、マダ〜?

216 :名無し讃頌:2007/09/08(土) 03:01:42 ID:UUbSqlI2
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。 驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を 貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。 たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。 先を読むと、願い事が叶わなくなります。
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。
まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?


217 :名無し讃頌:2007/09/10(月) 10:58:15 ID:JTtPx73K
ウテナ(J.Aシーザー)のお陰で
合唱に多少は目が向けられ始めたよな。

218 :名無し讃頌:2007/09/17(月) 19:30:57 ID:j80sdsuU
団員募集やめてしまったんでしょうか!?

219 :名無し讃頌:2007/09/26(水) 14:10:42 ID:UkHquYH+
>>211のCD聴いた人おる?

220 :名無し讃頌:2007/09/27(木) 18:18:08 ID:H0UZLF7Q
和泉氏のHPに感想載ってた

221 :名無し讃頌:2007/10/20(土) 18:50:39 ID:QTERnmvN
出版キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


上田真樹:夢の意味 混声合唱とピアノのための組曲
http://www.zen-on.co.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=22047
2007年2月26日、東京混声合唱団委嘱初演。東京混声合唱団が新進気鋭の作曲家に「22世紀への贈り物」というテーマで委嘱。テキストは作曲者が敬愛する林望の書き下ろしで、5篇の詩から構成されている。
嬰ヘ長調から始まり、イ長調、ニ短調等を旋って最後は嬰ヘ長調に回帰します。第一篇中の「ゆめのような/うつつのような」のくだりは全5篇の詩に一貫しているテーマであり、音楽面でも、この旋律は3曲目と終曲に歌われます。
色々な夢を見るように、各曲の曲想も様々ですが、柔らかい旋律が膨らんだり縮んだりと、夢が呼吸しているような自然な響きは歌い手も聴き手も夢をみているような心地よさを感じます。
【曲目】1.朝あけに、2.川沿いの道にて、3.歩いて、4.夢の意味、5.夢の名残、全5曲。演奏所用時間:約19分30秒。

全音判/64頁
定価:1,680円(本体1,600円)(税込)
JAN:
ISBN:ISBN978-4-11-719203-2



鷹羽弘晃:ブルレスカ 混声合唱とピアノのための
http://www.zen-on.co.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=22048
2007年2月26日、東京混声合唱団委嘱初演。東京混声合唱団が新進気鋭の作曲家に「22世紀への贈り物」というテーマで委嘱。テキストは作曲者自らが独立した3つの詩を選びました。詩の奥に潜められた言葉の力を音楽によって追求し、それぞれの詩の世界観を表現した力作です。
「我らの世代が、3つの詩の世界に向かい合うことを、現在この時代が要求しているように思えてならなかった。アンセムとして、カプリスとして、そして警鐘として。」 ──鷹羽弘晃。
【曲目】1.紙、2.言葉、3.軍隊、全3曲。演奏所用時間:約24分。

全音判/64頁
定価:1,680円(本体1,600円)(税込)
JAN:
ISBN:ISBN978-4-11-719204-9

222 :名無し讃頌:2007/12/05(水) 16:03:21 ID:o9Sysc/m ?2BP(2255)
最近の50周年記念のシリーズ買ってる奴いる?
1.懐かしいアメリカの歌
2.三善晃2台ピアノ作品集
3.若手作曲家への委嘱集



シリーズ4番目の発売予定ハケーン。
ベテランへの委嘱作品集めた奴かな?
コンポジと永訣だけでも価値があるわ

間宮芳生:合唱のためのコンポジション第16番
西村 朗:永訣の朝
高橋悠治:遠い島の友へ…
野平一郎:幻想編曲集 日本のうた

https://www.fontec.co.jp/bin/cdd3.cgi?numb=EFCD4128&action=search&list=on&pass=

223 :名無し讃頌:2007/12/25(火) 02:17:44 ID:+/xDt3mP
今回の定期は、作品がどれも良かった。
上田真樹の女声ソロと鶴見幸代の男声ソロも
結構うまかった。

ほかに聴いた人はいるかな。

224 :名無し讃頌:2008/01/12(土) 00:17:33 ID:nQXRrV+6
ネタが無いね

225 :名無し讃頌:2008/01/28(月) 21:06:46 ID:mLJd/uWE
コソーリ保守

226 :名無し讃頌:2008/01/31(木) 16:43:27 ID:L3fuee6U
 指揮者の大谷研二さんが原付きバイクで衝突事故
31日午前8時ごろ、埼玉県富士見市水谷東の市道交差点で、同県志木市上宗岡、
音楽家、大谷研二さん(51)の原付きバイクと軽乗用車が出合い頭に衝突。大谷
さんが頭を強く打つ重傷を負った。東入間署は同日、自動車運転過失傷害の現行犯
で、軽乗用車を運転していた同県越谷市七左町、会社員、古郡一幸容疑者(37)
を逮捕した。同署によると、現場は信号機や標識のない交差点。同署が事故原因を
調べている。
 大谷さんはNHK東京合唱団や東京混声合唱団の指揮者を務めている。


227 :名無し讃頌:2008/01/31(木) 17:36:07 ID:NaFuTgVR
をいをい、大丈夫かよ・・・

http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_01/g2008013118_all.html

228 :名無し讃頌:2008/01/31(木) 18:56:02 ID:H9OvDOjc
大事に至らないことを祈ります。

229 :名無し讃頌:2008/01/31(木) 21:22:10 ID:Dnen9lV9
ニ月ですよ、間もなく

230 :名無し讃頌:2008/02/01(金) 14:31:11 ID:sbbvr/ic
mjd!

231 :名無し讃頌:2008/02/01(金) 21:29:01 ID:D+KCvev9
>>228
意識も回復して安定しつつある、とのこと

232 :名無し讃頌:2008/02/02(土) 01:00:58 ID:hiO9Jq9l
このあいだ指揮してもらったばかりです。マジ心配です。


233 :名無し讃頌:2008/02/03(日) 22:59:05 ID:ndFCZG7Z
大谷先生は今どういう状況なんでしょう

234 :名無し讃頌:2008/02/04(月) 00:27:55 ID:kmph8yiI
結構深刻な状況らしい。
まだ会話とかそんなレベルではないと聞く。

235 :名無し讃頌:2008/02/14(木) 21:46:45 ID:0JLSo1Q9
順調に回復されている模様。よかった・・・

236 :名無し讃頌:2008/02/21(木) 18:47:02 ID:5SAGF9Fe
明日定期演奏会・・・
行く人はどこら辺の席で聴く?

237 :名無し讃頌:2008/02/21(木) 22:32:21 ID:527OcdPQ
>>236
人のことは気にしないで自分の好きなところで聴けばいい。
東混の定演はいつもガラガラだから席は選び放題。
お勧めは、やはり中央で、かぶりつきすぎない程度に前のほう。
前から10〜20列くらいが良いと思うよ。



238 :名無し讃頌:2008/02/21(木) 22:49:54 ID:bBtfq+nY
なるほ°
参考に。
ガラガラなんて以外だ。
明日この目で
しかと見てこよう。

239 :名無し讃頌:2008/02/22(金) 18:30:04 ID:rgMS2B6t
いま開場。

240 :名無し讃頌:2008/02/22(金) 21:43:59 ID:rgMS2B6t
最後の「木とともに 人とともに」がよかった。アンコールで山田先生も
合唱団に混じって歌ってたとき、ご本人すごく楽しそうだったのが印象的。


241 :名無し讃頌:2008/02/22(金) 22:20:28 ID:aEIoTK9d
で?集客具合は?やはりガラガラ?

242 :名無し讃頌:2008/02/22(金) 22:38:28 ID:ETVfMbEH
>>241
いつもに比べたら入ってたほうだった。
9割以上は埋まってたんじゃないかな?
特に今回は若い人たち(おそらくは自分たちも合唱をたしなんでいるであろうと推測される)が多く目立った。

243 :名無し讃頌:2008/02/22(金) 23:24:03 ID:ynvux/Qf
いやぁよかったよかった。
オリジナルアカペラの木とともに・・・は
速すぎか!?
とおもったが、
アンコールのピアノ付きをきいて本当の木とともに・・・
をしった。

244 :名無し讃頌:2008/02/23(土) 01:53:32 ID:h92EN+Yc
第214回定期演奏会
2人の若手による委嘱初演を真ん中に据え、三善作品が最初と最後に2曲ずつ演奏されるプログラムでした。
今回の第一印象は、委嘱作品がとにかく長い!ということ。どちらも30分前後はあったはず。

《五つの願い》
三善作品に共通した「いのち」「愛」といったテーマが明確に、言葉によって表される曲。
絶望的な詩を優しく歌い上げるハーモニーが、まさに祈りそのものとなるすばらしい時間だった。ここぞという所で和音がうまく響かなかったのが少し残念。

《その日-August 6-》
三善氏の最新作。全体的に音が少なく、ピアノも断片的にパッセージを奏する。最後のアカペラ部分も大変シンプルな作り。演奏は始終落ち着いていて特に傷もなし。

《これが俺達の音楽だ》(森山智宏)
全3曲、無伴奏。
テンポの速いアカペラの三善作品にあるような、ノリのいい出だしで始まり、これは面白いなと思ったのだが、聴きすすめていくうちにだんだん長いなと感じてきてしまった。
語りや動物の鳴き声を模した声も時折挿入されるのだが、そのバックにある合唱の音響が均一すぎるのか、やはり飽きてくる。
あと歌詞のイントネーションと旋律の高低が合っていないのはわざとなのだろうか? ものすごく違和感があった。
演奏もソロ部分の言葉が聴き取りづらかったり、アンサンブルが乱れたと思われる箇所があり、曲を消化し切れていない感じがした。
ただキャッチーな側面は評価されるはずなので、曲が長いことさえ我慢すれば「広く全国で愛唱される作品」(プログラムより、委嘱条件のこと)とまではいかなくても、
レベルの高い合唱団にならちょくちょく取り上げられるとは思う。

《「Opus」による5つの断章》(篠田昌伸)
ピアノ伴奏つき。ほとんどの部分において調性がない。
先ほどの曲とはちょうど逆で、1曲目を聴いた時点で「こんな調子があと4曲も続くのかよ('A`)・・・」だったのが、曲が進むにつれて「あれ、けっこう面白いじゃん(・∀・)」になっていった。
特に終わりの2曲は詩の内容をなぞるようにして、なかなか玄妙な世界を醸し出していた。特にピアノは重要な役割を果たしていて、すばらしかった。
全体的にまとまりに欠けるのと、やっぱり長いのがネックかな。

《やわらかいいのち三章》
合唱が、ピアノが不安定な心の動きをつづる。
この曲についてはまだ自分がまだ理解していない部分が多いのであまり書けない。

曲集《木とともに 人とともに》
第1曲「木とともに 人とともに」はアカペラで。3曲とも速めのテンポで、さくさくと進めていく演奏。
「生きる」は最近はうんと遅く演奏するのが流行っている気がするが、楽譜の指示通り(四分音符≒58)演奏するとこんなにも速いのかと実感した。

三善氏も聴きに来られていて、立ち上がた瞬間から拍手が大きくなった。
アンコールに曲集の第1曲「木とともに 人とともに」をピアノ伴奏つきで演奏。

245 :名無し讃頌:2008/02/23(土) 07:44:14 ID:WIasmlWV
昨日のは、四分音符≒70くらいはあったように思うけど。

246 :名無し讃頌:2008/02/23(土) 19:14:55 ID:zCgbNSLw
70ってことはないと思うね。60〜63くらいじゃないかな。

247 :名無し讃頌:2008/02/23(土) 20:32:45 ID:zQknWlRO
委嘱曲たしかに長杉ww
正直、いい曲だとも思わなかった。

248 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 00:55:11 ID:twS6iY+/
三善作品は、たくさんありすぎて過ぎて飽き飽きしたが、
ご本人登場で無理矢理に納得させられた。

篠田作品は面白かった。
また聴いてみたい。

森山作品は、鍵であっただろう、テノールのソロが最低最悪。
言葉が聴き取れずにイライラした。残念。

249 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 01:37:05 ID:aTjQmhID
篠田作品は「憤怒」に噴いた。
男声の「憤怒」(特にベース)はやけくそ感漂い、
女声Soli?の「あなたのフンヌ」は、
アニメのキャラクター声のようで妙にニュアンスがあり、怖かった。

森山作品は>>244さんも述べているように、
イントネーションがなんだかちぐはぐ。
あの手の曲で、
言葉と音の高低があってないのは、ちょっと厳しい。
けれど、曲はでかくて、密度が濃いなと思った。

250 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 02:01:34 ID:qxT06ogq
委嘱曲ってのは、当たり外れがあるよね。東混はしょっちゅう委嘱するから、
その数も多いが、本当に生き残ってるのは、1割もあるかな・・・・・。


251 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 12:23:04 ID:95vBOdi9
1割あれば十分だと思うが。。。

252 :名無し讃頌:2008/02/25(月) 17:33:43 ID:quPQESSt
>>248
別に作曲者が登場したからではなく、曲がよかったからでしょ。
他の作曲家とは格段の差。
もっとも、三善の最良の曲とはずいぶん違うな。「生きる」はあのテンポでも冗長だし。

森山作品のテノールの問題は、書き方のせいもあるんでは?
あと>>249さんの言うとおり、イントネーション気持ち悪かった。
全体は、そこそこにセンスのある曲とは思った。実力派かも。
でも、やっぱ長すぎると思わせちゃうね。


253 :名無し讃頌:2008/02/28(木) 01:07:08 ID:i8J0cIel
こんどの入団者に、国立音大アンジェリカOGがいるそうな。
ttp://blog.komatsushita.com/?eid=508441

254 :名無し讃頌:2008/02/28(木) 03:04:01 ID:pzJuwzKF
東混 給料安いからな



255 :名無し讃頌:2008/02/28(木) 22:33:24 ID:jM+20PaB
>>244、247他

篠田・・・最初、超つまらないと思い、やがて、いや案外おもしろいかも、と思ったものの、
しまいには、やっぱダメな曲って感じになった。
それぞれの曲の後半に、ちょっと調性感のある和音や、「歌えるところ」が出てくるのが、
最初は魅力にも思えるんだけど、それが単なる「ちょっといい手」みたいな安直な感じがしてきて、
「それでかっこついたと思うの大間違い」ってな感じになった。あと長すぎ。

プログラムで「自分の作風は」なんて言ってたけど、あの年齢とあの曲で言うのは恥ずかしい。
っていうか、三善や武満や間宮が、「自分の作風は・・」なんて素直には言わないでしょ。
今までの自分とは違うものを目指す心意気の表明のつもりなんだろうけど、恥ずかしい。


256 :名無し讃頌:2008/02/29(金) 23:16:54 ID:sN1cF+II
森山作品は、テキストが疑問。
オリジナルではなく、日本語訳を使っている割には
言葉の意味をまるで感じない音作りだった。わざとにしても。
そして私も、テノールのソロには辟易。とにかく、気持ち悪い声だった。
皆さんが言っているように、長過ぎるのもつらかった。

篠田作品は、まさに『方法マシン』の手法。
合唱を中心に現代曲を聴く人には、なかなか受け入れられないかもしれないが、
あれはあれで存在価値があると思った。

257 :名無し讃頌:2008/03/01(土) 12:17:44 ID:9EZf8BoR
今回の委嘱作品も出版されるのかね?前回の2作品よりは
再演頻度が落ちそうだが…

258 :名無し讃頌:2008/03/01(土) 15:52:08 ID:mE9yDAU4
>『方法マシン』の手法
だから「「ちょっといい手」みたいな安直な感じ」になるのか。


259 :名無し讃頌:2008/03/23(日) 06:52:17 ID:kF4JKqZb
21日の定演行ったよ。
間宮さんのコンポ17番よかった。

260 :名無し讃頌:2008/03/24(月) 18:39:32 ID:WZ+w9OwH
ほんとうによかった。

アンコールは、コンポジション1番の3曲目だっけ。
これもすごくよかった。
 

261 :名無し讃頌:2008/03/24(月) 19:08:00 ID:crUNUBrq
間宮をやらせたら闘魂は今でも最高。


262 :名無し讃頌:2008/03/24(月) 20:38:05 ID:JFql+WoG
************************

突然の書き込み、失礼いたします。

東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユと申します。
間近に迫った我々の定期演奏会のご案内をさせていただきます。

もし書き込みが不適切でありましたら、お手数ですが削除をお願いいたします。


《東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユ第33回定期演奏会》
日時:12月21日(金) 18時30分開場/19時00分開演
会場:武蔵野市民文化会館・大ホール(JR三鷹駅から徒歩約15分。JR吉祥寺・
三鷹駅からバスでアクセス出来ます)
入場料:\1000(高校生以下無料/当日券あり)




はもう終わってますか

263 :名無し讃頌:2008/03/25(火) 01:40:34 ID:QmKBARKW
>>262
終わってるよ

264 :名無し讃頌:2008/03/27(木) 19:00:34 ID:Jo4vgDz7
21日の定演。
小鍛冶作品、ほぼ調性あり。無機的な感じだけど、それが意味ある感じ。
全編タンゴ風な音楽。「希薄だが、痛切な詩」・・・なるほど。
不協和っぽいところが、ほどよいアクセントに。

悠治の曲、慣れないと何これ?だったかもしれなかったけど、
田中信昭に「教育」されてきたせいか、いい曲に思えてしまう。

というふうに、そこまでもいい曲があったが、間宮は圧倒的な充実。
前の2曲それぞれも方向が違って、単純に比較はできないし、
さらに間宮とも比較できないとは思うんだけど、
説得力が凄い。(でも「作曲者が説得してる」っていう
押し付けがましい感じはゼロ。)


265 :名無し讃頌:2008/03/29(土) 17:15:55 ID:yNXf1tlE
「夜、雨、寒さ」の譜面が本人サイトにあるが、一つの音にいくつものシラブルを
入れてあって、そこを普通に演奏したら音楽的に単調になってしまうのが欠点。
http://www.suigyu.com/yuji/score-pdf/NocheLluviaFrio%28J%29.pdf
自発性が必要な曲といえるだろう。

伊藤弘之の新曲の感想も聞いてみたい。

266 :名無し讃頌:2008/03/29(土) 18:58:44 ID:Wmyif+sv
>>265
高橋作品、プログラムに「演奏者の自発性と協同作業によってつくりあげるプロセスとしての音楽。(作曲者)」と書かれている。
先日の定演では、指揮者を用いず、合唱は男女バラバラな配置で、全員椅子に座って歌うという形態で、なかなか面白かった。
聴いた印象は、100行を超える長いテクストを、語りを交えながら淡々と歌っていくといった感じ。
音楽的に、1990年の「冬のスケッチ」に似ているなと思った。


伊藤弘之「静かに、深く、そして強く」は、ほとんどがヴォカリーズで歌われる、ピアノを伴う約15分の曲。
“オイオイ”“ダドゥダドゥ”などのスキャットや無声の摩擦音、終わり近くではタイトルの「静かに、深く」も歌われる。
ピアノはトレモロなどがちょこちょこ入る程度。
心地よい音色が鳴り響く箇所もあるにはあったが、総合的にとりとめない印象を受けた。

小鍛冶邦隆「銀色夏生の詩による《マドリガルV》」作曲者はパリ音楽院でメシアンに師事したことがあるそう。(プログラムより)
ピアノ伴奏つき。全5曲だが、10分ほどで終わる。
作品のスタイルは一応「タンゴ集」ということだが、都会的な詩と相まって、初めて聴くジャンルのようなセンスのいい音楽だった。
だが凝縮されすぎていつの間にか終わってしまうような物足りなさがあったので、もう少しゆったりと聴かせる部分があっても良かったのでは?
それと速いテンポのところで合唱の言葉がはっきり聴こえなかったのが残念。

最後の間宮作品はさすがといったところ。
間宮スレにも書いたけど、彼がコンポジションの第1番を書いてからの50年という時の積み重ねがあってこそ成しえることではないだろうか。

定演には作曲者全員が来ていたけど、高橋氏も間宮氏も、そして田中先生も皆お元気そうで良かった。

267 :名無し讃頌:2008/03/29(土) 19:29:02 ID:0QoxQ1SH
今までの感想にほぼ同感。だいたいそんなとこだよね。
伊藤作品は、正直言えば、印象がない感じ。
ある意味、現代ものを聞き慣れると、こういうのあるよねって思うけど、
「慣れたはず」の間宮トーンの方が数段新鮮に聞こえる。
これが才能の差というものか。
 

268 :名無し讃頌:2008/04/02(水) 12:05:41 ID:3A+l1COq
合唱の新作初演を聴きに行って、無声音でHaaaa――とかやられると「ああ、またこの手法か」となってそれ以上聴く気が失せるんだよなw


柴田、間宮、三善らの時代はもちろんのこと、それ以降に活躍している中堅と比べても、最近の作曲家は明らかにレベルが落ちてる。
あんなお粗末な現代合唱曲もどきを聴かされるくらいなら、調性のある作品やポップス風の作品を書いてくれたほうがまだいい。

それでも、例えば三善晃が初期に書いた2分半ほどの小品「麦藁帽子」の足元にさえ及ばないだろうが。

269 :名無し讃頌:2008/04/02(水) 19:11:47 ID:AeGX6Q3W
>無声音でHaaaa――とかやられると
超 言えてる。あの「過去の文献を調べました」「私は現代音楽に精通してます」みたいなの、
ほんとうにしらける。もう勘弁してほしい。こないだの曲も。

でも、無声音を使ったからいけないとはいえないな。やっぱり曲によりけり。
野田の(悪いけど愛聴はしてないが)「死者の書」とかは、音楽的にいいよ。
それに脳内に情景が広がる感じがある。湯浅作品とかもいいし。
第一、間宮だって、無声音は使ってる。無声音の部分も含め、曲を繰り返し聴きたくなる。

>「麦藁帽子」
あまりに違いすぎて、即座には同意できなかったが・・・100%正論だと思うよ。


270 :名無し讃頌:2008/04/02(水) 19:16:28 ID:AeGX6Q3W
あ、足元にさえ及ばないのは、「無声音使えば現代音楽の作曲家」みたいなのではなく
上田真樹みたいな作曲家のことかな。


271 :名無し讃頌:2008/04/02(水) 20:10:31 ID:9ZJQ0+fN
>>268
そもそも「麦藁帽子」に匹敵する小品が日本の合唱曲にどれだけあるのかと。

>>269
野田・湯浅・間宮は「無声音でHaaaa――」に手垢が付く前の作曲家だからね。
あの技法で聴かせるのは新実・荻久保ぐらいまでじゃないかな。

>>270
上田真樹は鈴木憲夫あたりの後継者になりそうな気がする。

272 :名無し讃頌:2008/04/08(火) 13:49:22 ID:SkUiExig
間宮作品の評価が高いのが意外だ。
50年間、持続はしているが進歩は感じない。

やはり、合唱の聴衆は聴きなれた作風が受け入れられやすいのだな。

自分は、高橋作品が圧倒的だった。
 


273 :名無し讃頌:2008/04/08(火) 20:33:08 ID:TsUEeQAN
「進歩」は、少しも評価には通じないでしょう。
(現代音楽の学者がいうような「評価」は、誰も頼んでいない。)

「慣れたはずなのに新鮮」には、かなわない。
それが「評価」というもの。

高橋作品がよかった、というのは、同意。
 


274 :名無し讃頌:2008/04/08(火) 23:00:58 ID:wo70L8gB
高橋悠治の作品で、ちょうど1年前の東混定期に田中先生の指揮で演奏された「遠い島の友へ・・・」というピアノ付の合唱曲があって、
CDも発売されてるんだが、これは正直どこを評価していいのかわからない。

それに比べると、今回の「夜、雨、寒さ」は、面白い作品でかなり楽しめた。

275 :名無し讃頌:2008/04/09(水) 09:28:20 ID:wGteK74x
「遠い島の友へ…」「夜、雨、寒さ」とも、作曲者の公式サイトで楽譜(PDFファイル)がダウンロードできる。

276 :名無し讃頌:2008/04/22(火) 12:42:01 ID:ViypaJLs
昨年の委嘱曲「夢の意味」と「ブルレスカ」が東京カンタートでそろって再演されるよ。演奏は東混じゃないけど。

http://www.ongakuju.com/t-cantat/concert2008.html

コンサートU
作曲家シリーズvo1.7 若手作曲家の作品による
5月3日(土・祝) 7:00PM開演 すみだトリフォニーホール大ホール

合唱音楽の新たな視座。
次世代を担う作曲家たちとの出会い。
未来の巨匠たちの今をお届けする。

●[第1回 若い指揮者のための合唱指揮コンクール 演奏曲]
 Ensemble PVD、合唱団ゆうか(指揮 コンクール1位受賞者)
●上田真樹「夢の意味」 日立コールシステムプラザ (指揮 辻 志朗)
●大野 愛「眠りの誘い」Tokyo Cantat 2008 混声合唱団
 (指揮 栗山文昭/ピアノ 浅井道子)
●久田典子「聊斎志異」より Tokyo male choir KuuKai (指揮 横山琢哉)
●鷹羽弘晃「ブルレスカ」 Ensemble PVD (指揮 藤井宏樹)


277 :名無し讃頌:2008/04/30(水) 20:36:13 ID:nzKa1hqA
大谷先生、その後どうなった?


278 :名無し讃頌:2008/05/01(木) 01:16:13 ID:4kd8UAQw
>>277
夏ごろに復帰目指して調整、とは聞いてるが・・・

279 :名無し讃頌:2008/05/01(木) 02:40:25 ID:bt6pOI/S
4月30日未明 お亡くなりになりました。































リンリンが。


280 :名無し讃頌:2008/05/01(木) 02:55:18 ID:sG/CmnlH
>>279
ふざけるな、馬鹿野郎。

281 :名無し讃頌:2008/05/12(月) 22:15:43 ID:w+DDIPh/
黒人霊歌、ミュージカル・ハイライト/小澤征爾、東京混声合唱団
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1809469&GOODS_SORT_CD=102

小澤征爾&東京混声合唱団の共演!小澤征爾、最初期の録音が初CD化!!
1959年ブザンソン指揮者コンクール第1位、1960年タングルウッド音楽祭でクーセヴィツキー賞受賞、1961年NYPの副指揮者に就任し、来日公演に同行した小澤征爾は、NHK交響楽団と初共演し放送録音が行われました。
翌62年にN響客演指揮者に就任するも、社会的騒動となったいわゆる小澤事件(N響の演奏会ボイコット)が起こり、活動を日本から海外へと移していきます。
その後、トロント響、サンフランシスコ響、ボストン響、ウィーン国立歌劇場等の監督就任など、その活躍はよく知られています。
このアルバムは日本での最初期の指揮活動中に収録されたもので、「黒人霊歌」&「ミュージカル・ハイライト」を取り上げています。東京混声合唱団を指揮しての「黒人霊歌」演奏は、小澤征爾の最初期の演奏記録としても貴重です。
また「ミュージカル・ハイライト」には、名ビックバンドとして、また歌謡曲の伴奏など幅広い活動・活躍を行っていた“原信夫とシャープ&フラット”を迎えて共演、小澤征爾異色の注目アルバムです。

【曲目】
1. 「黒人霊歌」
 誰も知らない私の悩み/海を渡れ/ドライ・ボーンズ/ゆれるよ幌馬車/
 少年ダビデよ竪琴ならせ/主はダニエルを救い給う/イエスのもとにのがれよう/
 人皆祈りぬ/時には母のない子のように/ゆけ、モーゼ
2. 「ミュージカル・ハイライト」
 おお美しき朝〜オクラホマより/サマータイム〜ポーギーとベスより/
 セプテンバー・ソング〜ニッカポッカ・ホリディより/
 君はわがすべて〜ベリー・ウォーム・フォー・メイより/バリ・ハイ〜南太平洋より/
 トゥナイト〜ウェストサイド物語より/人生はひとりじゃない〜回転木馬より
【演奏】
小澤征爾(指揮)、東京混声合唱団
ビクター・アンサンブル(1)
原信夫とシャープ&フラッツ(2)
【録音】
1)1961年9月8日 ビクター第1スタジオ
2)1961年 文京公会堂 (ライヴ)

282 :名無し讃頌:2008/05/27(火) 07:02:23 ID:Lbod4Hl2
信長に委嘱しないのはなぜ?

283 :名無し讃頌:2008/05/27(火) 08:22:21 ID:MpJIe2LZ
しなくても他の団体が委嘱してくれるから

284 :名無し讃頌:2008/05/27(火) 08:34:11 ID:myjx6vBm
木下牧子や高嶋みどりや鈴木憲夫や松下耕も、東混から委嘱されたことはないわけで。

285 :名無し讃頌:2008/05/27(火) 14:50:24 ID:cj8j4zIt
前にも書いてあったけど、
手加減なしの曲きいてみたい。
信長や牧子、みどり

286 :名無し讃頌:2008/05/31(土) 18:58:15 ID:ZjTY/LgU
下田公演よかった!

287 :名無し讃頌:2008/06/01(日) 02:15:27 ID:fSMEC2Nk
下田公演まあまあだった!

288 :名無し讃頌:2008/06/01(日) 03:47:12 ID:1X8zvJKM
あなたの傍に、危険な【成りすまし】はいませんか?
【成りすまし】とは、偽名を名乗る在日朝鮮人の事です。

日本に60万人も居る朝鮮人は、日本の社会を破壊する事に快感を覚える民族です。
その犯罪志向性から本名を名乗らず、偽名を使って日本人に成りすまして犯罪を犯しているのです。
朝鮮人は戦後、駅前の一等地に住まう人々を襲い、強姦し、殺し、土地を占領してパチンコ屋、サラ金屋を立てました。
駅前があのような惨状を呈しているのはこういった経緯の為です。警察は敗戦で壊滅していました。

戦後、朝鮮人は余りに大々的に犯罪を犯しまくったが為に、
朝鮮人である事が暴露されると、犯罪者であると告白しているも同然と言う状況になってしまっており、
此れが為に朝鮮人は、偽名を使い出し日本人に成りすましました。

社会を害する違法賭博のパチンコ、サラ金、派遣業(奴隷商)で富豪となって日本経済を支配しています。
又、外国人でありながら「国民の為」と定める生活保護を、日本人よりも優先して受け取り、
小平市では年金を払っていなかった在日に対して年金の支給を決議しました。
しかし、これらを隠そうとするマスコミによって、これらは殆ど知られされていません。
在日が、戦略的にマスコミに縁故主義で多数の同胞を送り込んで、
スポンサー(パチサラCM)、記者、社員として内外から放送を支配して彼らの悪事を隠しているからです。
テレビや新聞の自虐的報道は成りすましウィルスによる症状なのです。

【成りすましの巣窟】
パチンコ サラ金 派遣業 TBS 暴力団 朝日新聞 読売新聞 産経新聞 宗教団体(カルトだけではありません) 芸能プロダクション
自民、公明、社民党、民主党

李慶子容疑者  →朝日新聞が真実を曲げるとこうなる→  山縣慶容疑者

李初枝容疑者  →朝鮮工作員が記事を書くとこうなる→  清水初枝容疑者

朴哲浩容疑者  →朝日新聞が日本人差別するとこうなる→  新井哲浩容疑

289 :名無し讃頌:2008/06/01(日) 12:13:18 ID:Qq5gr9Vr
今日18時からNHK-FM

現代の音楽 −新しい日本の合唱作品〜東京混声合唱団定期演奏会から−(1)
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-06-01&ch=07&eid=1058

290 :名無し讃頌:2008/06/07(土) 01:38:11 ID:vWKPvNAM
今週も>>289の続き。コンポ17番など
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-06-08&ch=07&eid=1059

291 :名無し讃頌:2008/06/09(月) 18:19:14 ID:l9qyyNIm
ラジオ聴いた。

サントリーの方がよかった。
定期はソロ陣がダメ。

292 :名無し讃頌:2008/06/16(月) 20:18:33 ID:ciMVx4ME
夢の意味のCDに屁入ってない?

293 :名無し讃頌:2008/06/16(月) 23:06:31 ID:whzPp/4B
>>292
屁? どのへん?

294 :名無し讃頌:2008/06/18(水) 22:29:47 ID:ZUvk2Rtr
>>293
1曲目
1:20付近。
そっと思い出すことがある
の後


295 :名無し讃頌:2008/06/23(月) 22:51:05 ID:tzaGLBWf
確かにそれっぽい音入ってるなw


296 :名無し讃頌:2008/06/24(火) 00:28:06 ID:toconZ76
IDが東混ww

297 :名無し讃頌:2008/06/24(火) 01:06:19 ID:Cfykj+uW
>>296
神が降りてきたな!!

298 :名無し讃頌:2008/06/24(火) 22:56:41 ID:pFC0/+aD
SUGEEEEEEEEEEEE

299 :名無し讃頌:2008/06/24(火) 23:56:09 ID:aNz+A/Yp
>>296
奇跡すぐるwwwww

300 :名無し讃頌:2008/07/10(木) 17:31:49 ID:0WGbf/ao
田中先生ってどのくらいの数の合唱団を指揮してんのかな?

301 :名無し讃頌:2008/07/10(木) 21:34:38 ID:KthjemYx
継続して指導・指揮されているのは、東混を除いて6つかそれくらいでは?

302 :名無し讃頌:2008/07/10(木) 22:26:50 ID:V5Jj6RYu


303 :名無し讃頌:2008/07/16(水) 19:18:50 ID:XYdfM42K
(株)フォンテックより最新録音による東混CD
「これが俺達の音楽だ」 8月21日発売!
上田真樹「鎮魂の賦」、森山智宏「これが俺達の音楽だ」
篠田昌伸「Opus」による五つの断章
指揮 山田和樹 ピアノ 前田勝則 (2008年2月、5月録音)

304 :名無し讃頌:2008/07/16(水) 22:19:27 ID:o7zL0UEH
上田真樹以外興味がわかない

305 :名無し讃頌:2008/07/26(土) 01:33:28 ID:VyeyiuWz
現代音楽じゃない演奏聞きたいナー

306 :名無し讃頌:2008/07/26(土) 04:21:52 ID:YDwAoska
東混って、みんながあんなに固い音しか出せないくせに、まとまると、
けっこうまろやかに聞こえるんだよな。コツを教えてほすい。

307 :名無し讃頌:2008/07/26(土) 14:19:22 ID:TguoC3RL
>>306
ピッチが正確でちゃんとハモってるからじゃ?

308 :名無し讃頌:2008/07/26(土) 23:29:33 ID:7dAfNydl
ピッチが正確だからかな。
松下耕の「鳥のために」なんかは最終的に半音下がってたがw

309 :名無し讃頌:2008/07/27(日) 02:10:40 ID:3UipFKOI
各人ピッチが正確でも硬い音は硬い音だと思うけどなあ
声の方向をきちんとそろえているからなんじゃないのかな

310 :名無し讃頌:2008/07/28(月) 01:01:38 ID:sFjS1NYS
東混の人ってそんなに声かたいか?


311 :名無し讃頌:2008/07/30(水) 09:30:57 ID:ew0NUWVl
声ってより発声がしっかりし過ぎて堅く聞こえるんじゃないの?
今のアマチュアはなんか軽い声多いし

312 :名無し讃頌:2008/07/30(水) 18:04:27 ID:hjvkbn+a
もともと音大でオペラを中心にした声楽を学んだような人が多いから、
どうしてもかたいというか、がっしりした声になるんじゃないですか。
正しい発声をしている人が多数集まって、響きの良いホールで演奏すると、
比較的まろやかに聞こえるものらしいですよ。
オペラのソロみたいな個性を出さないようにすればですが。

>>311
> 今のアマチュアはなんか軽い声多いし
最初から合唱をやってる連中はそうですよね。そしてそれが一番良い歌い方だと思っている。
合唱という狭い世界の中ではそれで良いと思います。
でも、軽い明るい声を出すことを第一にという考え方のために、しっかりした発声ができて
いないままの人もかなり多いと私は思います。


313 :名無し讃頌:2008/08/15(金) 02:12:54 ID:B9YZyvef
http://www.city.bando.lg.jp/facilities/culture/belleforet/hall/jishujigyou/jishujigyou.html#tsurumi
http://www.city.bando.lg.jp/facilities/culture/belleforet/hall/jishujigyou/tsurumi.pdf
若手音楽家支援コンサートシリーズ3
「作曲家 鶴見幸代の世界」

2008年8月31日(日)14:00開演 茨城県坂東市民音楽ホール

【出演者】
東京混声合唱団、ふるさと坂東合唱団、ゴーヤ・パラダイス☆
いわいリコーダーアンサンブル、いとたけ和奏

【曲目】
縞縞(しましま)、合唱組曲「ふるさと坂東市」(世界初演、詩公募作品)、ピンクの人、
カミがない、豆ドライブ、ぐりころ人生op.40(新曲)  ほか


314 :名無し讃頌:2008/08/15(金) 07:51:05 ID:0mNFhDFf
この若手音楽家シリーズって過去に誰を取り上げた?

315 :名無し讃頌:2008/08/16(土) 00:21:40 ID:4XbD5kX4
>>314
前回はハーモニカ奏者の高橋早都子。

316 :名無し讃頌:2008/08/30(土) 00:25:06 ID:BbGszLRs
>>277-278
数日前、MIWOの練習で活動再開したそうな。
ttp://activenomade.seesaa.net/article/105296807.html

317 :名無し讃頌:2008/09/11(木) 22:50:50 ID:MveJlg5Z
これが俺達の音楽だ
http://www.fontec.co.jp/bin/cdd3.cgi?numb=EFCD4138&action=&list=on&pass=
混声合唱とピアノのための≪鎮魂の賦≫
上田真樹:作曲
林望:作詩
1. 1「時の逝く」
2. 2「家居に」
3. 3「鎮魂の呪」
4. 4「死は安らかである」
5. 5「春の日」

混声合唱組曲「これが俺達の音楽だ」
森山 智弘:作曲
6.Tこれが俺達の音楽だ/ジョージ・レオン:詩
7.Uラブ・ポエム/ユリ・カゲヤマ:詩
8.V空っぽの空間/アブラハム・ヴァーゲーズ:詩

「opus」による5つの断章
篠田 昌伸:作曲
朝吹 亮二:作詩
9. 15(くちうつしで・・)
10. 04(たいけいと・・)
11. 34(ふれることの・・)
12. 46(ココは不思議な・・)
13. 58(ああ、みどりの・・)

山田和樹 指揮
東京混声合唱団
前田勝則 ピアノ


318 :名無し讃頌:2008/09/12(金) 21:20:12 ID:ucYx7Grk
高谷・花岡の両名が登壇する機会も増えてきてるけど、
このまま(ヤマカズ以外の)コンダクター・イン・レジデンス入れ替えもあるのかね?

319 :名無し讃頌:2008/09/23(火) 21:42:14 ID:s9o6QYlh
  _______
  |●●|      |⊇
  |●●|〈`ー´ 〉  |⊇
    ̄⊂二二 )  ̄
       Y  人
    (( (_」 J  ))

320 :名無し讃頌:2008/09/27(土) 23:58:08 ID:ncvRNNQT
団員は指揮しないレジデンスには辞めてもらいたがってるんだよね 本当は

321 :名無し讃頌:2008/10/04(土) 23:04:38 ID:u2R+2Ohj
いろんな指揮者で演奏を聴きたいけどなあ。

322 :名無し讃頌:2008/10/04(土) 23:14:55 ID:S7zM4jYj
1年ぐらい、コンポーザー・イン・レジデンス制を取り入れてほしいとは思う。

323 :名無し讃頌:2008/10/09(木) 02:58:16 ID:7K0bzESN
やめたらええやん!振らん指揮者。なんで?

324 :名無し讃頌:2008/10/09(木) 03:41:31 ID:xXWi16FZ
日本に帰ってきてせっかく東京いることだし、ぜひ佐藤賢太郎に・・・。

325 :名無し讃頌:2008/10/12(日) 14:54:28 ID:yn7AdYJH
Nコン中学、大谷さんに配慮して舞台裏から中継か?
ずっと右腕が動いてないんですが…

326 :名無し讃頌:2008/12/18(木) 04:59:11 ID:O2XDqNMg
今日は定演age
http://homepage3.nifty.com/TOUKON/teiki.htm

東京混声合唱団
第217回
定期演奏会

作曲家 間宮芳生が
自作を振る

2008年12月18日(木)
19:00開演(18:30開場)

■ブラームス:作曲
Johannes Brahms(1833-1897)
マリアの歌 作品22
Marienlieder, op.22 (1859)
1. 天使のあいさつ Der englische Grus
2. マリアの教会もうで Marias Kirchgang
3. マリアの巡礼 Maris Wallfahrt
4. 狩人 Der Jager
5. マリアへの呼びかけ Rufzur Maria
6. マグダラのマリア Magdalena
7. マリア讃 Maris Lob

■間宮芳生:作曲
MAMIYA Michio(1929-)
女声合唱曲
三色草子−田植草紙より(1980)
1. うぐいす
2. 向かいの大寺
3. かかし

■ベルイマン:作曲
Erik Bergman(1911-2006)
3人の語り手と混声合唱のための
4つの絞首台の歌
Vier Galgenlieder,Op51b (1960)
1. 偉大なラルラ Das Grosse Lalula
2. 壁紙の花 Tapetenblume
3. イーゲル(ハリネズミ)とアーゲル Igel und Agel
4. 時制の中に Unte Zeiten

■間宮芳生:作曲
MAMIYA Michio(1929-)
2群の混声合唱と2人の指揮者のための
合唱のためのコンポジション第8番
Composition for Chorus No.8
(1971年日本プロ合唱団連合委嘱作品)−改訂版初演−

合唱のための
12のインヴェンション−日本民謡による(1969)より

327 :名無し讃頌:2008/12/18(木) 21:05:55 ID:RVX7t46H
>>324

KEN-P乙

328 :名無し讃頌:2009/01/26(月) 12:20:27 ID:Ig9WIB9i
BS-hiの第1634回N響定期演奏会を途中から見た。曲は半分以上を過ぎていた。
デュトワ指揮による、ストラヴィンスキーのオペラ・オラトリオ《エディプス王》。
小澤盤LDばっか見てるんで、「やっぱコンサートはインパクト少ないな」と思ってた。
もうじき曲が終わる盛り上がりの箇所で、とつぜん私の目は画面に釘付けとなった。
映ってたのは東京混声合唱団の面々。前から二列目、右から五番目の人が素晴らしい。
異様な目つきと額の青筋に私は魅了された。素顔なのに、小澤盤の映像と互角なのだ。
あれでムリヤリ曲に引きずり込まれたものの、時すでに遅し。間もなく曲は終わった。
途中から偶然見ただけとはいえ、もっと真面目に聴いときゃよかったと後悔した。

329 :名無し讃頌:2009/01/28(水) 16:30:46 ID:f8ferSqt
私もあの人の表情に引きずり込まれました。
オペラみたいな表情に感動。

330 :名無し讃頌:2009/01/28(水) 23:09:44 ID:/ahdQTUU
エキストラの人も入っていたのかな。

331 :名無し讃頌:2009/01/30(金) 09:02:49 ID:cZf5ttzK
合唱に夢中になっている間に世の中が大変なことになってますよ

The Independent 2009年1月11日 記事紹介
フランス政府
子どもへの携帯電話広告を禁止
携帯電話使用によるがんリスク増大の恐れが高まる中で放射レベルも制限か
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1224893426/360

携帯の使用は'子供の脳腫瘍の危険を五倍に コードレスは4倍に”という研究
欧州議会が電磁波規制の厳格化へ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1224893426/

【調査】携帯電話の脳腫瘍リスクを調べる史上最大の調査、中間報告は最悪[01/10]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1231587090/

332 :名無し讃頌:2009/01/30(金) 16:37:55 ID:fNRLwYwT
田中信昭よりヤマカズのが好きな件

333 :名無し讃頌:2009/01/30(金) 22:06:09 ID:CfM2eEC9
今の東京混声は、指揮者によって振る作曲家が完全に分けられてるような気が。

334 :名無し讃頌:2009/02/01(日) 03:34:49 ID:PMlTxDmR
先日やっと生を初めて聴きましたが良かった!

どうでもいいけど団員さんは変わった顔の人が多い?
ドス黒く臓器の悪そうな人がいた。

335 :名無し讃頌:2009/02/24(火) 16:28:21 ID:5kWGiDrl
しかし、最近また評判いいですね!

336 :名無し讃頌:2009/03/22(日) 20:03:58 ID:gimKtcLr
19日の定演行った方いますか?


337 :名無し讃頌:2009/03/31(火) 22:58:47 ID:kNMIQBJA
事務局員を募集していますね。
http://homepage3.nifty.com/TOUKON/toukon-jimubosyu.htm

338 :名無し讃頌:2009/04/15(水) 17:45:56 ID:SmV6GnAr
HPによると、例の2人が降板したみたい。
闘魂は、これからどうなってくのかなぁ…

339 :名無し讃頌:2009/05/15(金) 18:30:59 ID:Ki/Kp5dO
宮本昭嘉系が一人欲しいな。

340 :名無し讃頌:2009/07/04(土) 11:32:43 ID:GVExjvNh
昨秋、沢田研二氏の還暦コンサートでバックコーラスをやった事実が触れられて
いない…。

341 :名無し讃頌:2009/07/04(土) 11:47:37 ID:8Wsldb8W
闘魂も日唱も今から40年前はそういう仕事でスケジュールがいっぱいだったみたいね。

342 :名無し讃頌:2009/07/04(土) 15:23:23 ID:jz+H5kbm
この合唱団、どうしてこんなにもハモらないんだろ…。不思議でしょうがない。

343 :名無し讃頌:2009/09/11(金) 14:30:39 ID:hk3NAGHN
2ヶ月過ぎてage

344 :名無し讃頌:2009/09/14(月) 00:44:04 ID:+yefLvrl
今度のいずみホール定演で信長作品やるんだね。
ちょっとびっくり。

345 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 17:11:51 ID:/FVfhlxc
いずみホール行ってきます。

346 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 18:23:18 ID:TqCaWGAl
>>345
先越されたwww
漏れも逝ってきまつ?

347 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 20:08:10 ID:TqCaWGAl
只今、休憩。松原さんのシェーファーも良かったが、研二さん復帰後の「レモン哀歌」、素晴らしかった(研二さんの杖の姿が痛々しい)。

348 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 20:41:48 ID:0f1p2TAw
いずみホールはよく響くよね。いい演奏になるな。
でもホールの人の態度が横柄。

349 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 21:18:15 ID:EAgnoyoC
新しい歌がものすごよかったでー!

350 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 21:35:23 ID:JYCqCuSC
新しい歌CDで出してくれないかな。
公式録音が岡山大学のだけっていうのはあんまりだと思う。

351 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 21:54:46 ID:cR2od6fz
139 名前: 名無し讃頌 Mail: 投稿日: 2009/06/19(金) 22:29:20 ID: Qpl52r1Q
某劇場のオペラ合唱団になれることを目指していますが、
年収はいくらくらいになるのでしょうか?
前スレで、みなさん兼業しているとのことだったのですが、
情報宜しくお願いします。

140 名前: 名無し讃頌 Mail: 投稿日: 2009/07/10(金) 23:16:06 ID: XkGkeyqu
春と秋の公演、地方巡業合わせても100もいかん。

141 名前: 名無し讃頌 Mail: sage 投稿日: 2009/07/11(土) 20:55:01 ID: VwuqEVtX
闘魂の月給が14万だっけか。

ほとんど再演される可能性のない新曲を年に何曲も短期間で譜読みしなくちゃならないし、
定演じゃないシーズンは、地方の学校公演で超過密スケジュールだし、割に合わないと思う。

352 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 22:08:58 ID:xhaH+1wA
東混、うまいけどつまんないんだよなぁ

>>348
ホールの人?レセプショニストのこと?スタッフも箱もあんなしっかりしたホール、関西で稀有だと思うけど…

353 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 23:19:38 ID:B/XbjUPN
東混の信長貴富、、、聴いてみたかったな。

354 :名無し讃頌:2009/09/18(金) 23:40:17 ID:0f1p2TAw
>>352
ああ、すまん。表に見える人じゃなくて裏方がだな・・
もちろんいずみホール自体はすごく良いホールだ。
歌い手等にとっては最高なのは間違いない。
箱も1000未満くらいで丁度いいし。

355 :名無し讃頌:2009/09/19(土) 00:10:18 ID:qxSYEfSZ
>>353
声が立派すぎたけど、やはり上手かった。

356 :名無し讃頌:2009/09/19(土) 00:12:09 ID:uqAu+jIb
>>354
あぁ、演奏者としてか。そうなんかー。
でもいずみで歌えるなんてうらやましす。気持ちいいだろうなぁ。
弱音も不協和音もほんときれいに響く。

357 :名無し讃頌:2009/09/20(日) 18:01:08 ID:EFlybjr8
ヤマカズさんおめ!

358 :名無し讃頌:2009/09/20(日) 18:08:55 ID:ahqTPKWx
>>357
今ケータイのニュースで見てビビった
おめでとうございます!来月発売される三善晃のCDは買ってみようと思う


359 :名無し讃頌:2009/09/20(日) 18:57:59 ID:9+rM+vh0
国際指揮者コンクール、山田和樹さん優勝 若手の登竜門


フランス東部のブザンソンで19日に開催された第51回国際指揮者コンクール決勝で、
神奈川県出身の山田和樹(かずき)さん(30)が優勝した。
山田さんは東京芸大指揮科卒業。指揮者の松尾葉子さん、小林研一郎さんに師事。
ブルガリアVARNAフィル、名古屋フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、
広島交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団など数多くのプロ団体を指揮した。
05年から、東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンス。
芸大在学中に、有志とオーケストラ「TOMATOフィル(現・横浜シンフォニエッタ)」を結成。
22歳でベートーベン交響曲の全曲演奏を達成したことで知られる。
同コンクールは若手指揮者の登竜門で、賞金1万2千ユーロ(約160万円)。
小沢征爾さんや松尾さんのほか、89年には佐渡裕さん、91年には下野竜也さんらが優勝している。
山田さんは今後、欧米とアジアのオーケストラに招かれて指揮する予定。

(朝日新聞 2009年9月20日15時17分)
http://www.asahi.com/culture/update/0920/TKY200909200100.html

360 :名無し讃頌:2009/09/28(月) 10:40:59 ID:S6VBkL63
闘魂はめちゃくちゃ上手いのに、アマチュア(笑)はコンクールとか重視しすぎて「つまらない」「ハモらない」とぬかし、大切にしない。もっと闘魂を聞くべきだ!
ってえらーい声楽家の先生が言ってた。

361 :名無し讃頌:2009/09/28(月) 12:35:43 ID:FNiS/TMG
>>360
「つまらない」≒感情面で不十分と思われている
「ハモらない」≒技術面で不十分と思われている
何を持ってめちゃくちゃ上手いって言ってるんだろうね?その人は。

コンクールを重視すると闘魂が軽視されるというのも繋がらない気がするし。

362 :名無し讃頌:2009/10/05(月) 19:35:11 ID:HJjuB9Vk
今更ながらで恐縮なんだが、東混桂冠指揮者の信昭先生とよく一緒にピアノを弾いてる中嶋香さんって・・・何者(←失礼)なんですか?父と娘・・・的な何かですか?

363 :名無し讃頌:2009/10/05(月) 19:43:09 ID:1shrqmzU
>>362

> 今更ながらで恐縮なんだが、東混桂冠指揮者の信昭先生とよく一緒にピアノを弾いてる中嶋香さんって・・・何者(←失礼)なんですか?父と娘・・・的な何かですか?


ご夫婦でいらっしゃいます。

364 :名無し讃頌:2009/10/05(月) 20:10:53 ID:9BOQJztm
>>363に補足。
中嶋は旧姓。
ピアニストでない形で合唱にかかわる場合、今の本名「田中香」を名乗ることがある。
(たとえば、「新しい合唱団」の団員とか、ローレルエコーの指導とか)

ちなみに信昭先生はバツイチ。前妻は、同じくピアニストの田中瑤子氏。

365 :名無し讃頌:2009/10/06(火) 18:52:46 ID:jPMfR8LA
>>363-364
有り難うございます。

366 :名無し讃頌:2009/10/07(水) 02:59:49 ID:FO1OvGBu
>>4
> 今まで何でスレが無かったんだろう

超遅レスだが、以前にもあったよ。落ちただけだろうな。


367 :名無し讃頌:2009/10/28(水) 20:34:21 ID:IKO0xbQb
明後日は、シェーファーの委嘱・初演♪

368 :名無し讃頌:2009/10/31(土) 18:41:08 ID:YeOvoxTE
来年東混受けてみようと思います。

369 :名無し讃頌:2009/12/20(日) 19:24:54 ID:nnTs4oyx
今FMでシェーファーの委嘱作品やってた。
他にはゲストのバンクーバー室内合唱団のガムランや、東混と合同で間宮のインヴェンション他。

浪々としたバリトンにシェーファーの魅力全開の装飾音。
演奏も安定感抜群で一度聴いただけで曲の全体像がくっきりと浮かび上がってきた。
バンクーバーのモヤッとした音色が幻想的過ぎ、耳につく位東混の出来が良かった。

370 :名無し讃頌:2009/12/22(火) 10:14:56 ID:eJ270tA8
最近の東混はなかなか。こないだの定演もよかった。

371 :名無し讃頌:2009/12/22(火) 13:23:15 ID:VA/OuAli
東混に入りたいんだけど、それだけで食っていけるかな?
試験に通るだけの自信はほぼある。けれど、
ピアノ講師するほどピアノ上手くないし・・・・。

372 :名無し讃頌:2009/12/22(火) 23:11:00 ID:EfuwlHz6
>>371
無理。人並みの生活をしたいなら副業として
アマチュア合唱団のボイトレや指揮とかもやらないと
サラリーマンの半分も稼げないと思う。

373 :名無し讃頌:2009/12/23(水) 01:05:03 ID:Yq/rNqvL
かなりの薄給みたいだな。
でも、家賃さえなんとかなれば、少なくとも大人1人は食っていける。

こんな物件はどうだ?

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1057996&media_id=49

あ、これは大阪か。


374 :名無し讃頌:2009/12/24(木) 18:25:09 ID:H/M5koka
>>326
この演奏会のCD出るね。最近のFontecの仕事ぶりはいいねぇ。

375 :名無し讃頌:2009/12/24(木) 18:50:06 ID:ELaFtR2y
>>372
そういう副業をしながら本職の合唱をやるって大変だろうな。
定演の直前でも練習時間はほとんどとれないだろうな。
初見でほぼ歌えて数回の練習で最高のパフォーマンスを
披露する、それだけの技量が必要なんだろうな。

技術はもちろん、好きでないとやってられないわな。
内部での色恋沙汰や痴話喧嘩もけっこう多いようだし。

376 :名無し讃頌:2010/02/06(土) 14:24:14 ID:+H6C8r7I
最近の闘魂のでお勧めのCDって教えてくんない?
木とともにとか、創立50周年の辺りとか聴いてるんだけど、もうちっと買いたいんだ。

377 :名無し讃頌:2010/03/04(木) 21:55:04 ID:avRSAuMN
昨日聴きに行った方、いますか?東混の筑後川や土の歌、聴いてみたかったなあ。

378 :名無し讃頌:2010/03/04(木) 22:40:41 ID:sPm9Ohaw
>>377
牧子氏のブログに感想がかいてある。

379 :名無し讃頌:2010/03/21(日) 23:40:42 ID:jThKpyIV
定演行った人、感想きかして〜

380 :名無し讃頌:2010/03/23(火) 18:21:45 ID:CAPwnchY
篠田、若い人には共感できそう・・・といっても
学校の中で仲良くしようみたいなのとは無縁。

野田、派手じゃないが、力のある佳作。
まあ曲はよかったが、作曲家はしゃべらない方がいいという典型。
インタビューなんかない方がいい。
悠治みたいに、ひとことしか言わないとか・・・。


381 :名無し讃頌:2010/03/25(木) 02:28:58 ID:iInO4IeA
インタヴューあったんだ。

382 :名無し讃頌:2010/03/26(金) 18:54:52 ID:Cdc1utgc
インタビュー、「こんな手前勝手に書いた難曲をこんなに素晴らしい演奏できるなんて、
もう東混しかありません!」みたいな感じだったかな。
「手前勝手」のところが、印象がいいとは言えなかったかな。 自分自身が納得するまでって
意味なんだろうけど。実際、曲は、丁寧に考えて書いたって感じ。

30年前に頓挫したものを完成させて、それを好演してもらって
うれしかったんだと思う。 「死者の書」みたいな特殊唱法はないけど、
今回の新作の方がいい。


383 :名無し讃頌:2010/03/31(水) 18:57:38 ID:C5q5+P5I
同列にはできないとは思うが、武満は豊かだった。
この年代の作曲家ですぐれている人たちは、すぐれ方が違う。


384 :名無し讃頌:2010/04/15(木) 12:25:22 ID:PyYzHSJK
ヤマカズの特別演奏会、チケット完売か。

闘魂でこんなに売れたのって何年ぶりなんだろう?

385 :名無し讃頌:2010/04/15(木) 19:49:15 ID:LoTiPIti
岩城氏が武満を振った時以来かな。

386 :名無し讃頌:2010/04/17(土) 12:38:36 ID:BMZEPwaG
昨日の演奏会、最高だったな。

387 :名無し讃頌:2010/04/17(土) 15:12:41 ID:RWeAMPhw
行きたかったー

CDは出るだろうけど、行けなかったのがすごく残念
誰か感想ください

388 :名無し讃頌:2010/04/18(日) 00:31:54 ID:tqik5i2G
>>387
和泉範之氏のブログとか。
ttp://ameblo.jp/choralmusic/entry-10510367956.html

389 :名無し讃頌:2010/04/19(月) 23:43:15 ID:JJudDw9T
全曲暗譜で振ってたよ<ヤマカズ

390 :名無し讃頌:2010/04/21(水) 11:15:27 ID:l6Z0+l/I
信昭さんみたいな年配組から比べると、
なんか軽々しい感じに思えることもあったんだが、
しかし期待もしている。

行きたかったんだよなあ。
・・・388は参考になりました。サンクス。
(あ、私は387じゃありませんが。)

賛同、反論、お持ちの方はいらっしゃいませんか?


391 :名無し讃頌:2010/04/21(水) 22:16:42 ID:TETE0Zfk
>>390
基本的には同意。
ただ・・・信昭さんのレベルをヤマカズに要求するのも、少し無理があるかも・・・?
でも今後の東混、ひいては日本の合唱にとっても大事な人だと思うから、長い目で見てあげるのがいいかもね。

392 :名無し讃頌:2010/05/13(木) 12:20:05 ID:nLPq4c50
彼が振ることになった経緯はわからないけれど、
三善のレクイエム(室内版)を取り上げたのは、軽々しくない方向も感じられて、そこは好印象だ。
もっともあの編曲は問題ありで、もうやってほしくないけど。

いつか、オケで三善のレクイエムを彼が振るのを聴いてみたい。
少なくとも、若手であの曲を振れる指揮者の最右翼に名乗り出たのは間違いない。
 

393 :名無し讃頌:2010/07/22(木) 16:40:12 ID:FCW29Zp/
ほしゅ。

107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)