2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

親父が死にます

1 :名無しさん@お大事に:2007/11/19(月) 23:29:16 ID:gVGxNDx0
長くても今月いっぱいらしいです。
16日に入院したばかりなのに・・・

もうどうしていいかわからない・・・。



2 :1:2007/11/19(月) 23:32:26 ID:gVGxNDx0
ずっと咳をしていた。

家族も本人もたばこの吸いすぎだと思っていた。

だんだん食事もとれなくなってきていたらしい。

それでも病院嫌いの親父は病院に行かなかった。



3 :1:2007/11/19(月) 23:34:46 ID:gVGxNDx0
10月まで仕事を続けた。

でもあまりの辛そうな仕草にお袋が病院に引っ張っていったらしい。

「点滴の1本でも打ってもらえば治るだろうから。」

そう騙して(とお袋は言っていた)近くの診療所に連れて行ったそうだ。


4 :1:2007/11/19(月) 23:36:19 ID:gVGxNDx0
血液検査をしてレントゲンを撮って・・・

ちょっと調べただけでも医者はすぐわかったんだろうな。

すぐ大きな病院に転院することになった。


5 :名無しさん@お大事に:2007/11/19(月) 23:37:44 ID:HiW3sZBZ
早めに火葬場の手配しとけよ。冬は死人が多いからな。

6 :1:2007/11/19(月) 23:38:10 ID:gVGxNDx0
そこでも同じような検査・・・

病院嫌いの親父はそりゃ嫌だったのだろう。

11月に入って3つ4つの病院を転々とし、下された結論は

    癌

だった。


7 :1:2007/11/19(月) 23:39:58 ID:gVGxNDx0
>>5
早速レスありがと

火葬場の手配ってどうやるんだ?
あといくらぐらいかかるんだろ?

身内が死ぬのは初めてなのでよくわからん。


8 :1:2007/11/19(月) 23:41:18 ID:gVGxNDx0
まあ、最後の病院に行ったときそのまま入院になった。

その時初めて俺の所に連絡がきたんだ。

「親父が入院したと。」


9 :1:2007/11/19(月) 23:43:34 ID:gVGxNDx0
医者嫌いを知ってた俺は

よく病院に行く気になったな、と感心し

それほどまでに悪いのかと嫌な予感もしたんだ。

きっと癌だろうと予測もしてた。

何となくなんだろうけど、あぁもう長くはないのかなと感じたりもしていた。


10 :1:2007/11/19(月) 23:47:02 ID:gVGxNDx0
病院に見舞いに行ったらいろんな管につながれた親父がいた。

呼吸も苦しいらしく鼻から酸素を吸っていた。

起きあがろうとし、チューブが引っかかってうまく起きあがれなかった。

「ワンワン、犬と同じだな繋がれちゃって」

そう言って親父は笑ったがその姿は痛々しかった。


11 :名無しさん@お大事に:2007/11/19(月) 23:48:06 ID:NfIIAG9C
病院には出入りの葬儀屋がある
看護士長さんに聞くと教えてくれるよ
役所に火葬許可証出すとかも代行してくれる

12 :1:2007/11/19(月) 23:50:13 ID:gVGxNDx0
ちょっと話をするのも苦しそうだった。

一時期あんなに痩せていたのに寝ていた親父の腹はパンパンだった。

医者が言うには水がたまっているらしい。

抜いても2日ぐらいですぐたまってしまうのだそうだ。

それほどまでに悪いと言うことなのだろうか?

俺にはわからない。


13 :1:2007/11/19(月) 23:52:49 ID:gVGxNDx0
>>11そうか、病院に言えばいいんだな。
カードとか使えるのだろうか?
まぁ、それはそのときに聞けばいいか。


14 :1:2007/11/19(月) 23:55:39 ID:gVGxNDx0
病名はなんだか忘れたが癌でいろいろ転移していると言うことらしい。

肺・胃・肝臓・大腸・・・

肺なんてレントゲンで見たら真っ白なんだぜ。

これ見たときに、

あぁ、本当に死ぬんだな

って実感したよ。


15 :1:2007/11/19(月) 23:57:24 ID:gVGxNDx0
とりあえず子供が起きそうだ。

寝かしつけてくる。

16 :名無しさん@お大事に:2007/11/20(火) 00:34:04 ID:ZnPIPyDz
たとえここに書き込んでも俺らはなにもできんし、あんたのためにもならないと思うが。


17 :名無しさん@お大事に:2007/11/20(火) 00:45:01 ID:89NApYWL
足跡を遺してやりたい気持ちは解る

管に繋がれてしまうと諦めてしまうんだろうか
そうなった時の衰弱は早い

残された時間出来るだけ顔を見せてやれ
それが短い時間で出来る最高最良の親孝行だ

18 :名無しさん@お大事に:2007/11/20(火) 01:12:21 ID:mAy77F5t
携帯から失礼します。
私も父を癌で亡くしました。
強靭な体の父が、日に日にやせ衰えて行くのを見るのは
辛く悲しく言葉になんて出来ない程苦しい事でした。
残される家族は辛いでしょうが、一番辛いのは本人です。
「俺は死ぬのは怖くないが、おまえ達と別れるのが辛い」とこぼした事があります。
残された時間、お互いに悔いのないよう過ごされて下さい。
私もそう過ごしたつもりですが、今考えると悔いばかりが残っています。
私の父が入院したのも今時期だったので、思い出してホロリとしてしまいました。


19 :名無しさん@お大事に:2007/11/20(火) 10:36:06 ID:mn9AQ+Jf
>一時期あんなに痩せていたのに寝ていた親父の腹はパンパンだった。
>医者が言うには水がたまっているらしい。
>抜いても2日ぐらいですぐたまってしまうのだそうだ。
症状が親父と似すぎててスルー出来ない。
たまるペースはもっと速かったみたいだが。
水を抜くと凄くラクになるらしいな。
水抜いた日はぐっすり寝てた。

肝臓病んで入退院繰り返してて、ある時お腹が痛むからって
お袋が救急車呼んだら、そのまま逝った。
東京で働いてて頻繁に九州には見舞いに行けなかったし、その時も東京にいた。
親父は逝く2、3日前に東京の俺に会いに行こうとお袋に話したらしい。
じーちゃんばーちゃんや親戚には言うなよ?怒られっからwwと笑ってたそうだ。
後悔しまくってる。危篤の報を受ける前に逝った。連絡は通夜と葬式の日取りだったよ。

一分一秒でも長く、一緒に過ごす時間を作ってあげて。
それと気をしっかり持て。
レス読んでる暇があったら親父さんの為に何が出来るか考えてやれ。

20 :名無しさん@お大事に:2007/11/20(火) 10:46:47 ID:NMvH16qS
1と今同じ状況です
胃潰瘍で入院して念のため調べたら、肺肝臓副腎にガンがあり
大腸、脊髄、脳への転移はこれから調べる所だよ。

本人への告知をどうしていいかわからん・・・
退院して嬉しそうに散歩してる親父を見てたら
泣きそうになってくるよ
オカンは憔悴しきってるし。


26歳毒男ですまん・・・

21 :1:2007/11/20(火) 11:22:56 ID:y7ll9071
携帯から失礼します。
昨日は食事を残したそうだ。
咳き込んであまり食べられないらしい。

本人は後3ヶ月は生きられると思っているところが辛い。



22 :名無しさん@お大事に:2007/11/20(火) 12:15:14 ID:tD7njM2d
>>1と20

俺も最近、父親をみとったよ。悔い残らないように接してくれ。
いくら悔い残さないようにしたって亡くなったときの悲しみは計り知れないかもしれないけど、自分らにできることはそれしかないような気がします。

回復祈ってます。

23 :1:2007/11/20(火) 22:23:20 ID:OGe4ZSDZ
今日もまだ生きてるみたいだ。

でもあまり食べられなくなっているみたいだ。

いつ電話が鳴るかそれが恐ろしい。

24 :名無しさん@お大事に:2007/11/21(水) 02:31:33 ID:wRCQ3w4y
俺はいまんとこ転移はないけど、厄介な悪性腫瘍なんだ。
死ぬのは辛いっていうか残念なことだって感じた
この世のゆくすえも見られないし、愛する人達ともいられなくなる
でも、死んだらそれすら解らなくなるから
遺された人達のほうがずっと辛いんだと思ったよ
だから>>1ガンガレ
いっぱい一緒にいて、これから生きていく自分に後悔を残さないようにな。

25 :名無しさん@お大事に:2007/11/21(水) 16:33:57 ID:i8S0NGdX
ウチの義父が>>1のお父さんと同じような状況です。
夫や義母は努めて普通に振る舞ってるのが痛々しい。
下手な慰めは言えないし、どう接すればいいか…。
ただ、なるべく一緒にいてあげてと言うしかできない。
悲しいね。

26 :1:2007/11/22(木) 00:13:04 ID:traiyKN+
1です。
皆さん励ましありがとう。

>>24
カンガレ、ほんとガンガレ
最後の最後まで生き抜いてくれ。

うちの親父は本当は18日まで持つかどうかだったらしい。
でもまだ持ってるみたいだ。
食事はだんだんとれなくなってきているらしいが・・・。

週末の3連休が山だろうな。

>>25
普通に振る舞うことのなんと難しいことか。
一緒にいてやりたい。
でもそれだと感づかれるからおまえは会社に行けと
お袋から言われている。



毎日携帯を気にしつつ仕事をする日々。

電話が鳴ってから急いで向かっても間に合わないのかもしれないけど。



27 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 00:33:00 ID:iXaCjyBg
経験上、まだもつよ。しかし、覚悟を決めることが大切。

先走った話で申し訳ないが、親の葬儀を滞りなく出すのも子供の勤め、
まずは、葬儀用の写真を用意しておくべき。
顔の大きさが親指の大きさがあれば、心配ないよ。


28 ::2007/11/22(木) 01:15:05 ID:A2F55aFr
私は行方不明の父を30年ぶりに棺の前で1月に対面しました。
心筋梗塞だったらしい。
すぐ近くにいたのに、知らなかったから何もできなかった。

主は、お父様のそばにいてあげてください。
いっぱい顔見せて話してあげて。
30年ぶりに会えた父は、私の大きくなった姿見たかったのか、うっすら左目が開いてました。

29 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 03:30:22 ID:i4Qd5FPG
1さん自分の親父もよく似た感じでした
つい先程、兄からなくなったと電話が来ました
始発で会って来ます。
自分は死に目にも会えなかったですが、後悔しないつもりです。
うちの親父の分も1さんの親父さんには頑張って、長生きしてもらたいです!家族があきらめたらあかんよ!
世間ではええ親父かと言えばそうじゃないかも知れませんが俺にとっては世界一の親父です
もしよかったら、手でも合わしてあげて下さい、さみしがり屋だったので喜ぶと思います。
悲しい報告ですいませんm(__)m

30 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 03:40:07 ID:54NUJne2
ベタだけどこんな本を一つ
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E3%81%AC%E7%9E%AC%E9%96%93%E2%80%95%E6%AD%BB%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E9%81%8E%E7%A8%8B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%
96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B9-%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9/dp/4122037662
キューブラー・ロスの名著
欧米圏の考え方もあるから全部納得し難いかもしれないけど、いい材料にはなると思う

あと、孫を連れていくといいかも

31 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 11:32:37 ID:DSEJg3mU
俺も十年以上前、20歳の時に親父を癌で亡くしたよ。
腹水は苦しいらしいね…それぐらい末期だと自分でも、あとどれぐらい生きれるか分かってきてるんじゃないか?
自分の体は自分が一番良くわかるからね

その時には、いっぱい泣いていっぱい御礼を言ってあげて欲しい。
親父はそれが何よりも嬉しかったらしい。
大事な人達に愛されていたという事実は、死の恐怖を打ち消してくれるから。

32 :1:2007/11/22(木) 11:39:11 ID:nzzu1zZS
危篤となったと連絡ありました。
間に合わないかもしれない。







33 :1:2007/11/22(木) 11:51:49 ID:nzzu1zZS
危篤となりました。
間に合わないかも

34 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 12:32:07 ID:W/tQQLye
>>1
ガンガレ
間に合うように祈ってるよ
道中気をつけてな

35 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 13:14:43 ID:mgMTbKCN
急げよ間に合うように
ガンガレ
最期だったとしてもしっかりな

36 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 13:28:44 ID:5C1ER+fa
心中お察しします。

これからが精神的にも肉体的にも頑張り所になることと思います。
どうか乗り越えて下さい。
自分が父を亡くした時とカブってしまい、胸が苦しくなりました。

頑張って!

37 :名無しさん@お大事に:2007/11/22(木) 16:50:36 ID:zi+7qRvL
俺もあったなあ。
思いっきり泣くといいよ。
俺はオカンが死んだとき、
延命拒否してたから、
心停止後、酸素マスクを俺がすぐ外した。
その後、オカンを抱いて、添い寝したあと、
非常階段で数時間泣き続けた。
酸素マスクとったことが良かったのかどうか考えながら。


38 :名無しさん@お大事に:2007/11/23(金) 02:11:09 ID:Ak40pf4c
うちのオヤジも今月癌で入院した
いろいろ調べまくったが長くはない。
お互いこれからがツライと思うが
いまできることは顔をすこしでもみせてあげることなんだろうな
なにもできないなんて悔しいけどな・・


39 :1:2007/11/23(金) 09:52:43 ID:iW8TZjBZ
1です。

なんとか間に合わないました。
今はちょっと持ち直したのか、昨日は少しだけ話せました。

よく怒鳴ってた親父がお袋を良く思ってたことにびっくり。
意外な一面もみれました。

死んだ後の話とかもちょっとできたし、
今朝はちょっとだけど孫の顔を見せることもできました。

昨日の夜から鼻チューブから酸素マスクに格上げしました。

ちょっとでもはずすとすぐに酸素濃度が落ちてきます。

自宅にはもう帰れないでしょう。

皆さんの中でも大変な方がいらっしゃるようですね。
お互い頑張っていきましょう。

40 :名無しさん@お大事に:2007/11/23(金) 11:22:26 ID:icgOFtuO
心中さぞ苦しいでしょう...少しでも容態が安定しますように。

41 :1:2007/11/23(金) 16:01:04 ID:iW8TZjBZ
1です。

医者の言うことは当てにならないのかなんとかまだ生きてます。
癌に優劣は無いのでしょうけど肺癌はひどいですね。

どんな痛み止めを処方されでも呼吸は楽にならないみたいです。
眠くなるぶん体に酸素が行き渡りにくく息苦しくなると先生から言われました。

体は痛い、息苦しい。
でも頭はしっかりしてるんですよね。
それが見ていてとても辛い。

脳死状態になるより心臓停止状態になるより、
肺機能が停止してしまったらものすごい辛いのではないかと心配です。

どうせ死ぬことはわかっています。
だったら、楽に逝ってほしい。




42 :名無しさん@お大事に:2007/11/24(土) 02:45:51 ID:SJXM/TU3
がんばれ…
超がんばれ…
せつねぇ

43 :1:2007/11/24(土) 03:32:09 ID:LU9NpogI
1です。

今また病院に来ました。
親父の意識はちょっと混濁してるのかいろんな事を言ってます。
きちんと聞いてあげるのも親孝行かなと思ってます。

だいぶ昔話もできました。
今更ながら親父との確執も取れた気もします。
本当、今更ですけどね。
この時間は今まで生きてきた中で一番密度の濃い時間だと思ってます。

家を出る前に妻にも
「何かをやろうとするのに遅すぎるということはないよ。
 世の中には最期の話ができない人も多いのだから何でもいいから話してきな。」
と言われてます。

親父の起きているこの時間を大切にしていきたいです。




44 :名無しさん@お大事に:2007/11/24(土) 05:48:03 ID:A0s6DZ5r
そう考えると告知は大事だな。
俺の親父は最後はボロボロだった…
自分では最後が近いのが分かっていて、お別れを言いたいのに、周りの人が聞いてくれない…

優しく、静かだった親父が怒り母さん、看護婦さんに、あたりまくっていた。

大事な家族に嘘をつかれたまま、孤独な心のままで逝ってしまった…

聞いてあげれば良かったと大後悔しています。

>>1さんが後悔しない様、お父さんとの二度と無い大切な時間を大事にして下さい。

45 :名無しさん@お大事に:2007/11/24(土) 20:04:15 ID:b5+yJw4E
私も大後悔だ。
もう1年たつのにまだ毎日涙が枯れない。

できるだけ側にいてあげたかった。もっと話を聞いてあげればよかった。
ごめんお父さん。

そうならないよう>>1ガンガレ!超ガンガレ!
別れは遅かれ早かれやってくる。
だから気づいた今、後悔ないよう暮らしてやってくれ。


46 :名無しさん@お大事に:2007/11/24(土) 21:28:16 ID:k2UT7/Ld
>>45

お父さん45に涙を流して欲しくないはずだよ。亡くなる人は亡くなる瞬間には本能で腹を決めてると思う。たとえ告知がなかったとしてもわかるはずだ。
それより残された者が元気に頑張れるか心配してるはずだよ。
だからなくな。
お父さんのためにも立ち直るんだ。そうすればお父さんも安心するはずだよ。



47 :名無しさん@お大事に:2007/11/25(日) 03:25:14 ID:F67ynuGE
>>46
ありがとう。少し救われた気がしました。

私の父は仕事中に脳出血で倒れ、命はとりとめたものの1年間植物状態だったんだ。

苦しむ姿見たくなかった。いつまでも優しくて強いお父さんでいてほしかった。
心の中で、いっそのこと、安楽死を…と考えたりしてたんだ。
苦しむ姿を見たくなかったからお見舞いも母に任せっきりで…

だから後悔してるんだ。
してもしてもしたりない、涙がとまらない。
大好きだったお父さんだったから。

一人でつっぱしってスマンかった。>>1の父の容態はどうだろうか。
こんなことにもならないよう、このレスを読んで、まだ両親が生きてる人がいれば精一杯親孝行してほしいな。
私が言えることじゃないけれど。

48 :1:2007/11/25(日) 04:47:47 ID:so4uafWv
1です。

まだ生きてます。
今病院につきました。
家族と交代です。

医者にはあまり眠れてないようなので薬を増やして欲しいと依頼しました。
お陰で寝てくれる時間が増えた気がします。

本人は医者に、
「俺はいつ死んでも構わないと思ってるんだ。
 ただ、いつ死ぬかが知りたいんだ。
 10年後なのか3年後なのか。
 はっきり言って欲しい。」

医者は、
「後3年後の話なんか誰もわからないですよ。
 肺のほうが良くなって酸素を外しても大丈夫になったら
その時考えましょうね。」
と言ってもらいました。
親父、10年後とか3年後とか、
そんな長いスパンじゃないんだよ。
明日とか、下手したら3時間後とか、そんな時間しか残ってないんだよ。
そんな時間しか・・・。




49 :1:2007/11/25(日) 05:19:57 ID:so4uafWv
「最初の検査の時に、余命が3ヶ月もあれば
本人に告知もできるのですが、
あの方(親父)はここに来られたときに
余命2、3週間って事でしたから。
ちょっと話せないですね。
もう、痛みを取ってあげるくらいしかできませんね。」
そんな話を医者としました。

まだ60歳。
先月末まで仕事をしてきた。
やり残したことがたくさんあったのかな。

もうそんなこと考えないでゆっくり休んで欲しいよ。
どうせ話すのなら楽しかった思い出を話そうよ。


50 :1:2007/11/25(日) 05:29:55 ID:so4uafWv
あんなに嫌いだったのに、あんなに会いたくなかったのに
いい思い出しか浮かんでこないのはなんでだろう?

そして、元気なうちに分かり合えなかったのはなんでだろう?


うちら親子はこういう運命だったんだろうな。






51 :名無しさん@お大事に:2007/11/25(日) 08:28:50 ID:As+Zuggw
私は母親が大嫌いで死んだって悲しくないと思ってたけど、ここ読んで考えさせられた。
その時が来た時に冷たくして「仕返し」したとしても後で後悔するのかな。

52 :名無しさん@お大事に:2007/11/25(日) 08:33:31 ID:xFMBam/n
>>51
ひとつ言っとく


母ちゃん、父ちゃんは大事にしろ


53 :名無しさん@お大事に:2007/11/25(日) 12:50:17 ID:+A8dzYSn
俺はまだじっちゃんもばっちゃんも誰も死んでいない。
誰も死んでいないといっても祖母は年々弱っていくのが目に見えるようになった。
大好きな祖母が死んでしまうのを考えたら怖くなってしまった。
だけどこのスレをみて家族の事について考えることが出来たよ。



>>1よガンガレ!
後悔しないように親父さんとたくさん話せよ。
応援してるぜ

54 :名無しさん@お大事に:2007/11/25(日) 17:39:53 ID:KWkEDk4k
俺も昨日じいちゃんが亡くなったよ。
医師から宣告された日と1日違いだった。

まだ気持ちが落ち着かないから、いいこと言えないけど。
親父さんの前では絶対泣くなよ。
辛いかもしれないけど、泣いてる>>1を見てる
親父さんの気持ちも考えてやれ。

55 :名無しさん@お大事に:2007/11/25(日) 21:45:33 ID:tw5EV3ba
親父の友達が

4名半年いない…

誰か知らないか?

56 :1:2007/11/26(月) 11:12:30 ID:/6vtLLBu
1です。

親父は治るつもりでいるのに付きっきりの看病はまずいと
今日は出社しています。
別れの挨拶は、
「またね、また来るね」
にしました。

また逢えるのかなぁ。



お袋とは葬式の場所など決めてきました。
誰かも書いていたけどキチンとした葬式をだしてあげるのも
生きている人の重要な役目だと。

立派な葬式はあげられないけど立派にやり遂げてみせよう。




57 :名無しさん@お大事に:2007/11/26(月) 14:37:38 ID:yoBHuXON
>>52
家庭環境によるだろう
虐待や親が自分を捨てて一家離散みたいな状況ならそうといえない

58 :名無しさん@お大事に:2007/11/26(月) 14:42:58 ID:4blrm2lF
俺、仕事で底辺の多いK県K市に来てるんだけど、こっちひどいぜ。

道で母親が2〜3歳の子供に自分の死ねとかウザイ消えろとか罵倒してたりするし
中には足を(手じゃない)振り上げて蹴り倒すマネをする母親も。
他人=俺が見てるからマネで済ませただけで家では蹴り倒してるんじゃないだろうか。
そうでもなければ普通、あんなアクション出てこないだろう。

それでも子供は泣きながら母親の後を追いかけていくんだよ。
消えろって言っただろ馬鹿死ねとか怒鳴られても、他に頼る相手もいないからな。。。

そういう光景を見るとつくづく思う、この子は将来どう育つんだろうって。
ああいう育て方をされた子が親に愛情を感じなくても、それは親の自業自得だろうが
愛情を知らない人間が社会に送り出されるのは本人にも社会にも不幸だよな。


59 :名無しさん@お大事に:2007/11/26(月) 14:43:46 ID:/ISDqB5C
>>57
ひとつ言っとく




母ちゃん、父ちゃんは大事にしろ

60 :名無しさん@お大事に:2007/11/26(月) 20:36:29 ID:NdFs1uiI
無償にして無限の愛を与えてくれる故なれば、か。
人によっては重すぎる命題だろうな。

いま俺が入院している立場だが、見舞いにきては回復ぶりに子供のように喜んでいる親の姿が、悲しいくらいに嬉しい。

61 :1:2007/11/26(月) 21:17:53 ID:/6vtLLBu
1です。

本日、親父が亡くなりました。
享年60歳でした。

俺たち子供が帰ったらすぐに逝くのだろうなと予想していた通り、
本日午後1:11にあっちに旅立ってしまいました。

パチンコはやらないけどゾロメのすきだった親父らしい逝き方でした。

俺が病院に着いた時はまだ体に温もりがありました。
お袋が最期を見届けられたようだったので何よりでした。

「やっと楽になれたんだね。お帰り。」
家についてからそう声をかけました。

62 :名無しさん@お大事に:2007/11/26(月) 21:21:11 ID:NFiF47ID
>>61
ご愁傷様です。

今までの親父さんとの付き合いに後悔があったとしても引きずらず、
今後の>>1氏の生き様に活かすようにしてください。

それこそ、子に道を作る親父さんの本望でもあるはずですし
それを心がける限り親父さんの心も>>1氏の中で生き続けるでしょうから。



63 :1:2007/11/26(月) 21:22:15 ID:/6vtLLBu
休む間もないですね。
悲しむ間もないですね。

葬儀屋がやってきていろいろ決めることがあって忙しいです。
久しぶりに親戚が集まって騒々しいです。

落ち着いたらまた顔を出します。




64 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 00:24:49 ID:Y+96Ao7W
「やっと楽になれたんだね。お帰り。」
私も父に全く同じ事を言いました。

数日は悲しむ暇はなく忙しい日々が続きます。
葬儀が終わり、親戚が去った後に一気に寂しさ悲しさが押し寄せます。
>>1さんは施主になられるのでしょうか?
滞りなくつとめられますよう願っております。


お父様のご冥福をお祈り致します。


65 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 00:29:12 ID:K2QsR/iP
今日 親 痔が無くなった…
良かったな 親父
痛かったろうに…

もう苦しまなくていいぞ
明日から椅子に座れるがな
でかいイボだったのにな
どうして無くなったんやろか

66 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 01:39:51 ID:2+GuzaU4
御愁傷様です。

とりあえず数日はガンガレ!

そして気持ちが落ちついた頃、またここで話そう。
帰ってきた親父さんと夜を一緒に過ごしてやってね。



67 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 03:08:01 ID:uv2vOt8H
>>1
ご愁傷さまです

慌ただしいだろうけど立派に送り出してやれ




>>65みたいな社会不適合者なら何人死んでも喜ばしいんだがな

68 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 03:35:01 ID:kpjjqFjU
>>1 ご愁傷様です。

俺んとこも、身内がこの3連休で亡くなった。
今日通夜で明日葬儀だ。

人が亡くなるって寂しいよな。。

でも、遅かれ早かれ俺たちも向こうに行くと思えばちっとは気も紛れるかな。

69 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 06:34:35 ID:C+nKp51C
>>65
つまんねぇんだよ!ちょっとはKY!
そして氏ね!


70 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 21:44:05 ID:K2QsR/iP
うちの親 痔が沁みます って…
痛いんだろうな…

苦しそうだよ
かなり大きい イボ痔で 風呂入ると 沁みるんだと
きゃわいそうだぉ

71 :名無しさん@お大事に:2007/11/29(木) 01:41:15 ID:0UE0POO5
私の母親も胃がんで死んだ。

自宅療養に限界を感じ、母親自ら入院を希望してから
わずか八日後の死だった。

共に「癌」で肉親を失った者として
お父様のご冥福をお祈りいたます。

72 :名無しさん@お大事に:2007/11/29(木) 02:09:20 ID:BXCTJtvW
仲間バイクで死んだのさ
とってもいい奴だったのに
ガードレールに花添えて
青春あばよと泣いたのさ

73 :名無しさん@お大事に:2007/11/29(木) 02:13:40 ID:BXCTJtvW
生きる事が辛いとか
苦しいだとか言う前に
野に育つ花ならば
力のかぎりいきてやれ

74 :名無しさん@お大事に:2007/11/29(木) 10:30:52 ID:G6tplJbE
>>61お疲れさま。
私もハタチの時に58才の父を胃癌で亡くしました。やっと楽になれて良かったねって私も思いました。
今は気持ちの整理ついてないと思います。みんなに愛されてお父さん幸せだったと思うよ。
本当にお疲れさまでした。

75 :名無しさん@お大事に:2007/11/29(木) 18:15:48 ID:MXs5y4oi
みんな おちかれやんな

俺の親 痔がしみます って昨夜泣いてたけど
今日手術してさ
何とか痛みから解放されたみたいだ

応援してくれた椰子ありがとうな

76 :名無しさん@お大事に:2007/11/29(木) 18:22:32 ID:HDX1IeI5
空気嫁基地害(-"-;)…

          (ミミ、     ドガッ!!
         ,r‐'''ミ、tミ、           /#`)>>75
    ブンッ! 〃   キミlキ、_,ノし/   彡 / ∪∨
   ∧V∧ {:.    }i|!}i}!    (´   彡( ( 〈
  (  ・∀)'`ミ   j}lji}j}    そ 彡  しヽ ,,)
  と    _,.j|!   ,jifjifj'    (,_   彡
  /  /'⌒) "  ,ノメfメノ⌒ヽ(⌒\
 ./  /(_,)  ,イ彳メ"
 ゝ-'   __,ィ彡彳'"
      "´´

77 :1:2007/11/29(木) 23:39:04 ID:GFSz1MhH
1です。
昨日通夜、今日葬儀でした。

荼毘に付す前に親父の顔をよく見たんですけど安らかでした。
あの苦しみが嘘のようでした。
ただ寝ているようでしたが触れると冷たいんですよね。
人としてではなく「モノ」になってしまったように感じてまた悲しみがあふれました。



78 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 07:07:31 ID:EFohAs91
>>77 お疲れ様でした。私も母を膵臓癌で亡くしました。
身体はなくとも 77さんの中にお父様はいらっしゃると思いますよ。 かけがえのない配偶者を亡くされたお母様もお力を落とされていると思います。いたわってあげて下さいね。

79 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 08:42:06 ID:uQ0v9QvF
皆いいなぁ!w親が死んでwwwで、いくら遺産入った?羨ましい!!!

80 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 09:27:07 ID:+Wc78bO4
>>79
死ねよ

81 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 10:20:39 ID:FKXZlI0a
遺産なんかいらないから父を返してほしい。


82 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 10:43:50 ID:JEkU8rWB
>>79
お前が死ねば良かったのに

83 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 12:03:30 ID:F7yIWUHf
ぬるぽ

84 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 12:36:23 ID:OwQeoEWi
>>79にバチが当たって、一生就職出来ませんヨウニ (´・ω・`)

85 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 16:34:21 ID:Om0RwFXz
せめて親より早く死なないように頑張って生きようと思う

86 :名無しさん@お大事に:2007/11/30(金) 22:13:22 ID:+opXqMy5
僕もだいぶ前になりますが父親を亡くしました
心筋梗塞であっと言う間に。死に目にも会えませんでした。

素直な感情ですから、不謹慎を承知でいいます。
父が亡くなった当時、イラクが空爆され沢山の人が亡くなっていました。
ブラウン管の向こう側は大惨事で、世間は大きな悲しみに包まれていると報道されました
けど戦争で何千人と亡くなろうとも、1人を、たった1人の父親を亡くした事の方が僕にとって大惨事であり、大きな悲しみでした。

このスレを読んで昔のことを何となく思い出しました。
>>1さんのお父様のご冥福をお祈り申上げます。

87 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 05:07:36 ID:UuQ6wu2h
          (ミミ、     ドガッ!!
         ,r‐'''ミ、tミ、           /#`)>>79マジ死ね
    ブンッ! 〃   キミlキ、_,ノし/   彡 / ∪∨
   ∧V∧ {:.    }i|!}i}!    (´   彡( ( 〈
  (  ・∀)'`ミ   j}lji}j}    そ 彡  しヽ ,,)
  と    _,.j|!   ,jifjifj'    (,_   彡
  /  /'⌒) "  ,ノメfメノ⌒ヽ(⌒\
 ./  /(_,)  ,イ彳メ"
 ゝ-'   __,ィ彡彳'"
      "´´

88 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 07:10:51 ID:GKnogYPw
私も母を心筋梗塞で亡くして2年。
透析が長かったので色んな合併症出て入院生活が長かったから
亡くなって半年くらいはまだどこかの病院にいる様な気がして、現実を受け入れられなかった。

半年過ぎた頃からホントにいないんだな〜って、思ったらまた泣いた…。
最後まで苦しませちゃって、最後話も出来なくて後悔してる。
今は毎月、月命日には墓参りしてる。

どんな親であれ、親は一人しかいない。
大事にして下さい。

89 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 09:04:35 ID:NFslMXUd
昨夜 見舞いに行ったら父が遺産の事を ドクターに相談してた…
身内でも聞いた事がないのに…
部屋を出たドクターに 文句を言いに家族で押しかけたよ
兄がドクターの胸ぐらを掴み 興奮してた

ドクターは 逆ギレして一喝
『胃酸』の事を相談されてたんぢゃ! ボケ!
兄は 土下座しました

90 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 09:23:22 ID:Ue8/+90s
(´・ω・`)モウ イイヨ…その手のネタは ウンザリ ダヨ。

91 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 15:49:48 ID:iouXpCY6
>>89寝ないで考えたネタがそれか?

三年出直せ


成長汁

92 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 20:59:50 ID:mWP1/KPK
一番の親不孝は「親より先に死ぬ」だからな。やっぱ、立場になってみないとわかんないもんだからな。

93 :名無しの浮浪者:2007/12/01(土) 22:14:20 ID:OqJ6aqSt
生き物、
生まれ老い死んで往くもの。

生き物全てに言える事。
死なない、生き物なんて、現在なら、居ない。

未来なら分からないが。

94 :名無しさん@お大事に:2007/12/01(土) 23:05:33 ID:Ue8/+90s
>>93 それは誰でもわかってるって…
アナタ大切な人亡くした事ありますか?普通の神経してたら、そんな簡単に割りきる事出来ないもんだよ。

95 :名無しさん@お大事に:2007/12/02(日) 10:31:17 ID:u4z84lhi
>>94
あなたの方が現在『普通の神経』という状態にない風に僕には見えますね

ネット上ですから、個々の事情を判り得ない状況です
あなたにも抱え切れない事情が沢山あるのでしょう
それを踏まえてた上でも、あなたの書き込みは余りにも短絡的です

>>93の方の他スレでの書き込みです

16:名無しの浮浪者 12/01(土) 21:56 OqJ6aqSt
入院生活、辛し。

意識不明で、入院。

言語障害、右半身麻痺、下半身不随で、退院。
自宅リハビリ?

今は、両手、不自由なし。
下半身不随。


96 :名無しさん@お大事に:2007/12/02(日) 11:37:47 ID:imSHmgpl
今朝の親父 餓死にます…
って…大事に飼っていた餓が死にますって 泣いてたよ

どうやって慰めたらいいんだよ
そんな健気な親父が可哀想だ

97 :名無しさん@お大事に:2007/12/02(日) 12:51:13 ID:WalGoXNy
>>96
あなたが生まれた時、あなたは泣いていたでしょう。
そして周りは笑っていたでしょう。
だからあなたが死ぬ時は、周りが泣いて、
あなたが笑っているような人生をおくりなさい(´・ω・`)凸

98 :名無しさん@お大事に:2007/12/02(日) 14:10:55 ID:X+eMdiCE
>>95 意味不明w 馬鹿丸出しw 厨房が書いたのか?

99 :名無しさん@お大事に:2007/12/02(日) 15:16:05 ID:278ojmiR
>>95
アンタが一番アホ!他人云々よりアンタは病気じゃないだろ。知った口きかないほうがいいよ。辛さもわかんないくせに。

100 :名無しさん@お大事に:2007/12/11(火) 13:25:53 ID:eaNdMGJf
>>92
親より先に…
そうなりかけた時に初めて実感しますた
『生きててよかった!』


101 :名無しさん@お大事に:2007/12/12(水) 02:36:22 ID:33zZuvoG
あぁ・・・・・

102 :1:2007/12/13(木) 21:19:02 ID:VUN9UlOV
久しぶりにきました。

痔のネタ書いてくれた人、ありがとう。
ちょっとクスッときました。
親父さんを大切にね。

遺産が入ってうらやましいと言ってた人、
うちには何も遺産はありませんでしたよ。
貯蓄も少しはありましたが、葬式代と墓代、入院費に消えそうです。
まぁ、母が生きて行くにはどうにかなるぐらいはあるみたいです。

幸い負債もなさそうなので何とかやって行けそうです。

ちょうど60になったばかりだったので保険も減額されたり
満期解約になったばかりとかで本当に何にも残りませんでした。


103 :1:2007/12/13(木) 21:31:28 ID:VUN9UlOV
もうちょっと長生きして欲しかったというのが本音ですが、
これ以上入院生活が続いても辛かっただけかなと思ってみたりと
複雑です。

皆さんも家族は大切にしてくださいね。
そして、お見舞いに行ったときには優しくしてあげてください。

俺が親父から最後にもらった言葉は
「二度と来るな」
でした。

俺がかけた言葉は
「また来るね」
でした。

2度と生きては会えませんでしたが。

最後の挨拶ぐらいいい言葉が聞きたかったなぁ。
それだけが悔やまれるし、涙が出そうになる。

あとでお袋から、
「あんな事言って悪かったなぁ」
と悔やんでいたことを聞き、
言わせた俺が悪かったなぁと泣いたことを今でも思い出す。


104 :1:2007/12/13(木) 21:40:57 ID:VUN9UlOV
俺が死ぬときは家族や友人にはいい言葉を残したいと思う。

ありがとう

そう言いたい。




105 :名無しさん@お大事に:2007/12/14(金) 02:50:01 ID:TfyWpob3
お疲れ

家族なんてなまじ距離が近いから言葉が雑になっちゃったりするし、
ましてや病気の時なんて普通の精神状態じゃないんだから尚更だよな

自分がいざそういう場面になった時、周りに優しい言葉をかけて逝くことが出来るかなぁ…

106 :名無しさん@お大事に:2007/12/15(土) 11:08:58 ID:f75JlemV
親 痔が沁みます

痛そうだったぉ

107 :名無しさん@お大事に:2007/12/15(土) 14:26:36 ID:xtrxaxFH
自称 悲劇のヒロインばっかw
プププッ

108 :名無しさん@お大事に:2007/12/16(日) 03:39:09 ID:cVVubnIL
          (ミミ、     死ねドガッ!!
         ,r‐'''ミ、tミ、           /#`)>>106-107
    ブンッ! 〃   キミlキ、_,ノし/   彡 / ∪∨
   ∧V∧ {:.    }i|!}i}!    (´   彡( ( 〈
  (  ・∀)'`ミ   j}lji}j}    そ 彡  しヽ ,,)
  と    _,.j|!   ,jifjifj'    (,_   彡
  /  /'⌒) "  ,ノメfメノ⌒ヽ(⌒\
 ./  /(_,)  ,イ彳メ"
 ゝ-'   __,ィ彡彳'"
      "´´

109 :名無しさん@お大事に:2007/12/17(月) 06:40:42 ID:ZOke8mFy
>>79
ちょっと亀レスだけど不謹慎すぎる。
まず遺産なんて普通の一般家庭なら問題にすらなら無い(ぐらい少ないかまったくない)のが普通。
そんなことより身内が死ぬっていう事実の方がよほど(比較対象にならぬほど)問題。

ここのスレ読んでいて、他人事とは思えず思わず書き込みしたくなった。
自分も丁度去年の今頃母親が入院して、3ヵ月後になくなったんだよネエ。

元々それより4年ぐらい前に脳出血になって左が聞かない生活が続いていたんだけど、
それでも最初は懸命のリハビリをやって(まだ発症年齢が比較的若かった(60歳のとき発症)
から身の周りのこととか最低限の家事ができるぐらいまでに回復して、退院してからの2年間は
普通に(といっても不自由は多いんだけどね)元気に生活できていた。

ところが2年後の夏前ぐらいから腰の尋常じゃない痛みを訴えだして、診断の結果「脊椎カリエス」と
判明し、遠い遠い結核治療専門の病棟に長期入院。確か8ヶ月か9ヶ月入院していた。
この時に1度実は生死の境をさまよった。食したものを全て嘔吐して血圧が急降下。
それで最初駆けつけた時はもしかすると最悪の場合が普通にありえるといったことを主治医に告げられ呆然。
でも、この時は何とか一命はとりとめ、その後は喪失してしまった体の機能を回復させるために再度近くのリハビリ病棟に入院。

そして、去年の夏場にようやく家に帰ってきてさあ、これから、というときに、食欲の減退が顕著になってきた。
時折物凄い勢いで吐く姿を見るようになっていて、食事をさせた後「今日は吐かないかなあ・・・」とちょっと不安があった。

それで、12月の定期の通院のときに、突然最初にかかった脳外科の主治医に目に血が通ってない、すぐに入院しろ、
といわれ、そのまま入院。

そして検査の結果、末期の癌と診断。仕事前とかに見舞いを毎日のペースで兄と交替で続けた。
会話してる分には普通だった(そのときは)けど、起き上がったときにお腹をみると、しわがものすごくあって(これは医者に聞くと腹水によるものであるそうだ)、
ショックを受けた。
うちの母親はとかくおしゃべりが好きな人間だった。入院後も(本人がそう振舞っていただけなのかもしれないけど)
その前と変わらない口ぶりで俺らとか他の入院患者の人とも会話をしていたり、励まそうとしてたりしてるのをみて、
凄くつらかった・・・・(あの時の様子を思い出すと未だに目が潤んできてしまう・・・)。
仕事に行った後もどれだけ泣きながら仕事を続けたか分からない。

3週間後、「一応の処置として」胃の全摘手術を受け、一応様態も安定し年内はまだ普通に話しもできた。

だが、年明けになってから、血小板の数値が下がりICUに入ることになり、その辺りから衰弱が顕著になる。
そして、2月の中頃に肺炎を発症し、そのまま意識不明に陥り亡くなってしまった。

110 :名無しさん@お大事に:2007/12/17(月) 06:41:23 ID:ZOke8mFy
>>109の続きです。

最後に普通に会話らしい会話を家族の中でしたのも実はこの俺だったりする。
そのとき「ヤクルトを買ってきて欲しい」と前に兄貴から電話で連絡があって、それでヤクルトと飴を買った。
既にそのときには声も掠れ掠れで、かなりやせ細ってしまっていた。でも最後にヤクルトを2本飲んでくれた。

俺は普段からそれほど家族と会話するほうじゃないことを母親は知っていたけど、やっぱり最後が近いことを
気づいていて、とにかく短い時間、言い残したことを言いたかったのか、とかく帰ろうとすると「帰っちゃうの?」とか聞いていて
そのたびに仕事に戻ったり、家に帰る事に後ろめたさが残った。看護婦さんにも「つらいよぉ、つらいよぉ」と泣きついていたしなあ・・・。

最後棺に入れた時の母親の姿は、数ヶ月前までの母親の姿に戻っていた。
その姿を見て、「もっと優しく接してやったらよかったなあ」という思い(昔、母親とちょっとしたイザゴザがあったために、
脳出血発症後も何かと話すにしても距離を作ってしまっていた)とまるで今からでもしゃべってきそうなほどの「いい顔」で寝ていたのを見て、
凄くつらくなった。もう「おっ母」の声、聞けないんだよなあ・・・と涙が止まらなくなってしまった。

大好きだった缶コーヒーを仏前に置いてやることぐらいしか俺にはできないが、それでも、供養になっていればと思っている。
ここ暫くは2番目の上の兄貴夫婦が埼玉から出戻っていて家を探すまでの間住まわせているので、なかなか仏壇の前に行くことが出来ない(兄貴夫婦が寝ているところが母親の仏壇のある部屋だったりするもんで入りづらい)んで
、「おッ母、悪いなー・・・」とはかなり思ってる。ただうちの母親は2番目の上の兄貴と一番ウマが合ったんで、帰ってきて、自分の近くにまた戻ってきてくれたことを今頃素直に喜んでくれてるとは思う。そう願いたい。

今考えると、いろいろあったけど人間くささもあり、社交性も豊かで、若い奴の話も充分分かってくれる「味のある」母親だったな、と思う。
こういう母親の元に生れてつくつく良かったなあ・・・と感じる。母親に感謝、それしか今はない。

111 :名無しさん@お大事に:2007/12/17(月) 06:56:12 ID:ZOke8mFy
>>109の続き。

ここのスレの方のお父さんも亡くなられたようだけど、
自分が母親を亡くして暫く経ち今冷静になって思うのは、
末期で死期が近いことが本人から分かり始めて、不安になっているときには、できるだけ、
変にやさしくしたりせず、普段どおりに接してやることが一番なんじゃないかな?と思う。
賛否両論はあるかもしれないけど、自分的には家の母親はかなりかんが鋭いところがあったもんで、
変に優しくすることで何か気づかれてしまうんじゃないのか?ということを意識していたところがあって、
普段どおり、なるべく普通にしようと努めていた。
内心じゃあ、物凄くつらかったんだけどね。でも、うわべだけでも普段どおりに接してやることで、
「まだ私は今日明日にでも逝くような人間じゃないんだな、まだ安心だな」と思う人もいるんじゃないかな?と思うんだよね。

まあ、死期が近づいた親族に対する接し方でこれがいいというのはまったくないし、皆遣り残したことは絶対あるし、心残りもあるはず。
でも、それをくよくよ考えていても、なくなった本人のためにはまったくならないし、向こうの世界にいる本人もそれを願っていないと思う。

自分自身はとにかく亡くなった後は早く吹っ切れようと思って1日か2日で仕事に復帰するようにした。
そういう風に決断させてくれたのも、母親がどこかから後押ししてくれていたからなのかも・・・・とは思う。

絶対に自分がこうするべきだと思うように接してやれば、
天国の親はちゃんと自分らのためになるような形でどこかから後押しをしてくれると思うよ。



112 :名無しさん@お大事に:2007/12/17(月) 18:45:55 ID:BK5OIZ5C
みんないい親持って幸せだな・・・。
俺の父親はアル中だったから、毎日魂をヤスリで削られるようだったよ。
だから、死んでくれたときの開放感はこの上ないものだった。
葬式が終わった日は太陽の光まで違って見えたもんな〜。

113 :名無しさん@お大事に:2007/12/27(木) 18:53:22 ID:Zf0zxIO5
横からスマン

今日母親があと半年って聞いた。
もうなにをどうしたらいいのか解らない

とりあえず専念出来るようにゲーム類は全部売ってきた

114 :名無しさん@お大事に:2007/12/27(木) 19:07:03 ID:Zf0zxIO5
ああ、ごめん、俺の書き込みはスルーしてくれ。

115 :名無しさん@お大事に:2008/01/05(土) 20:49:49 ID:5Xo8dcw1
どなたか医療関連に詳しい方いたら助けてください…
今日親父が鼻と口から血を吐いてしまいました
量はコップ半分くらいのようです
色はどす黒くなく結構赤かったです
病院嫌いでいきたがらないんですが考えられる症状はどんなものがあるのでしょう?
どこかこういう事を聞けるスレは無いものでしょうか?


116 :名無しさん@お大事に:2008/01/06(日) 15:10:10 ID:u8MyCEYX
父が亡くなって15日経ちました。65歳でした。
12月初旬から胃癌再発の為入院。

美味しい物を食べるのが生きがいで、最後まで「あれが食べたい。これが食べたい。」と言いつつ、体は食事を受け付けなくて、病院では料理番組ばかりを見てました。

「年は越せないかもしれない」と先生に言われても本人は気づいてない様子で
「帰ったら年末までに物置を片付けて・・灯油は俺が車で買いに行くから
買い置きはしなくていい」と言ってました。

しかし精神力とは反対に体調は悪化するばかり。
毎日買っていた新聞は買わなくなり、TVも全く見なくなりました。
私と母が朝から晩までいても寝てばかり。

「何か食べれそうな物ある?買ってくるけど?」と聞くと
「氷。。カキ氷なら食べれそうな気がする・・」と言いました。
12月の真っ只中に病院の周りでカキ氷なんて手に入るはずもありません。。
やっと同一市内の大判焼き屋でやってる事を探し出し、
タクシーで乗りつけ「カキ氷やってます!?買えますか?」と聞くと
お店のオバチャンが「あるけど・・この時期に・・?」とサムーとパフォーマンスを
してノロノロしてるので「病院に持っていくんです!かき氷を食べたいと言ってるので!急いでください」言いました。
慌てて持って行きましたが「後で食べる...」と背を向けてて食べようとしません。
母が「今ちょっと前にまた吐いてるから・・」と言いました。
結局暖かい病室であっという間に溶けていきました。

私は12月から実家に付きっ切りだったので、父も「いつまでいるんだよ」と訝しげに思ってるようでした。
年末だし「旦那の分だけでも年賀状の準備をしないと」と、
父に「一旦戻るね!旦那は年末まで仕事仕事だから、ヒマだし、またすぐ来るー」と言い戻りました。

戻った次の日の夕方に震えた声の母で「今朝から意識が朦朧としてて・・
先生が今夜か明日がヤマかもしれない。と言われたの」と連絡がありました。


117 :名無しさん@お大事に:2008/01/06(日) 15:11:19 ID:u8MyCEYX
>>116 続き
印刷途中の年賀状を放り投げ、洗濯物も投げ入れ、慌てて帰宅しました。
と言っても、片道4時間かかるので、電車の中では「まさか・・まさか・・死ぬはずがない。。」と騒いでる人達を見ながら、人事のように思ってました。

駆けつけた時には、今まで見た事もない形相で白目をむき喘いでる父の姿。
一昨日まで「氷が食べたい。買ってきて。リンゴジュースなら飲めそうかも」と
アレコレ私に頼んでいたのに・・

一人娘で私が嫌がるくらい、バカ親丸出しで可愛がってきてくれた父が、
私の呼びかけには全く答えない・・・
母が「今朝からずっとこの調子なのよ・・」と言っていました。

私が「パパ!パパ!どうしたの?何で?」何度も何度も呼びかけてたら
目の焦点が合ってきたのです。

そして、私が泣きながら「ごめんね!ごめんね!何も出来ないでごめんね!」と言うと、首を振ったのです。

看護婦さんに「苦しそうなんですけど・・痛そうなんですけど・・痛いんですかね??痛み止め打ってもらえないですか?・・」と点滴の痛み止めを打ってもらいました。

「強いのでね。。すぐに効くはずです・・」と言われましたが、2時間経っても効き目がないようで、ずっと苦しそうでした。
ずっと手を握り締めながら、病気の父の兄弟に父の様子を送ろうと、携帯のビデオをまわしまし「私が来てからずっとこんな調子です」とメールを送りました。

私が到着して5時間後。。
痛み止めが効いてきたのか「喘いでいた声が静かになった・・」と思ったら、今まで胸が激しく上下に動いていたのに全く動いてないのです。

「エ!!?」と思うと、また大きく息をして「ハァーーーーー」と息をしたのですが、その後また止まりました。

母と顔を見合わせて、慌ててナースを呼びに行こうと立ち上がった瞬間に、ナースと当直医がバタバタと心電図を運び込んできました。

心電図を始めて見たので、どこを見たらいいのか分かりませんでしたが、ハートマークが0になっていました。
それを見ても「まだ繋げてないのよね?これから取り付けるんだよね?」と思っていましたが、先生が「最後まで頑張りましたが・・」と時間を告げました。

日付が替わった12時45分でした。
携帯のムービーを撮ったのが12時30分くらいでした。

未だにその携帯ムービーを見る事が出来ませんが、毎日毎日病院へ通い、
何度も吐いたりして落胆してる父の顔を見たり、年末年始の話をする父や、
毎晩毎晩「今夜病院から電話がなるんじゃないか」とか思ってた頃よりは
苦しみから解放されたんだよね。。と、気持ちがホッとしてます。

後悔するのは孫を見せてあげられなかった事でした。



118 :116:2008/01/06(日) 15:36:32 ID:u8MyCEYX
祖母(父の母親)が93歳で健在ですが、
身内と相談して父の死は内緒にして葬儀を行いました。

父は4人兄弟で、一番下の弟が死んだ時、祖母は75歳でした。
「自分が死ねばよかった」と大変な悲しみようでした。
今回、長男の父の死を伝えたら、半狂乱になるでしょう・・・
なので「知らない方が幸せ」と言いませんでした。
幸い、老人性の軽い痴呆になってるので、遠く離れた長男の事は言いません。
二番目の弟が側に居て「兄貴は元気だよ」と言ってれば信じてるのです。

私も数年ぶりに、父の変わりに元旦に主人と行きましたが
「パパは釣りに行ってるの。ママは犬とお留守番だよ」と言うと
「そうかい。そうかい。」と目を細めて笑っていました。
元旦だと言うのに「今日は1月8日だ。お前の旦那はいい旦那だねぇ」と
言ったり、私が持っていったどら焼きを握り締めてご機嫌で元気でした。
帰りは私と主人を玄関まで送ってくれたのです。

叔父が「いやー口も強いし元気だし、ボケて死ぬのを忘れちゃってんだよ」なんて
笑いながら憎まれ口を言っていました。

しかし、昨日祖母が血を吐いて倒れ救急車で運び込まれた。と連絡がありました。
結果、胃癌だそうです。
詳しい検査をするには体力が居るのですが、超高齢との事で、
検査の途中や終わってから死んでしまう事もあるかもしれません。と言われました。
その後も、93歳なので、このまま治療はしないそうです。

ずっと元気だったのに、父が死んで2週間後にこんな事になるなんて・・
父は祖母の事をいつも思っていましたので、もしかしたら自分が責任を持って
連れて行こうとしてるのかもしれません。。


119 :名無しさん@お大事に:2008/01/06(日) 17:17:43 ID:EoAZCcad
>>117お父さんも家族の方もお疲れさまでした。私の父も胃癌で、私が20才の時に亡くなりました。
苦しんでる様子見てるから、亡くなったときは私も「これで楽になれたね」って思ったよ。
しばらくは、悲しいと思うけど時間がたてば楽になっていくと思いますよ。
あなたが元気に幸せになることが親孝行になると思います。私も頑張ります。
あなたも元気だしてくださいね。

120 :たまゆら ◆ZnBI2EKkq. :2008/01/06(日) 20:00:13 ID:YZNVDUT/
>>115
吐血ってだけじゃ、考えられる症状なんていくらでもあるんじゃないか?
医療関係って言っても答える限界があるだろ。
まぁドス黒くなかった分マシか…。
てゆーか病院嫌いとかじゃなくて引っ張ってでも病院連れて行けよ。
お前がするべきなのは、カキコじゃなくて無理矢理でも病院に連れていくことじゃないか?
早く連れて行ったほうがいい。

121 :名無しさん@お大事に:2008/01/06(日) 22:59:29 ID:JYaVJ8pH

生き物は必ず死ぬ

万能細胞は人間には使うことはできない、と国連もしくはWHOは発表するだろう
100−0で負けてる9回ウラ2アウトランナーなしからサヨナラ勝ちすることができる
それが万能細胞の持つチカラ

万能細胞を使えば誰も病気で死ななくなる
衣食住の問題がさらに大きくなる
社会の混乱も避けられまい
200歳300歳の若者で町中溢れる

恐らく絶滅品種の動物や植物に利用する、と発表した上で少数民族や死刑囚を実験台にし
データをとった後、重要人物と一部のカネ持ちに使われる事になるだろう

しかしながら人間は辛いけど自然の流れに逆らわず死ぬべきだと思う

122 :名無しさん@お大事に:2008/01/07(月) 14:38:14 ID:kiPxHvwL
>>112
おつかれさま。
本当に、おつかれさま。

123 :名無しさん@お大事に:2008/01/12(土) 00:40:46 ID:3lkazlO4
明日お世話になった叔母の所へ見舞いに行ってきます。
もう長くはないらしいので、後悔のないようにします。

124 :名無しさん@お大事に:2008/01/12(土) 01:29:43 ID:p6XbVQzz
>>123
冬は死人が多いから、焼き場の確保が第一だ。

125 :名無しさん@お大事に:2008/01/22(火) 16:25:46 ID:hYQmAA3q
つらかったな…

126 :名無しさん@お大事に:2008/01/28(月) 13:33:32 ID:x6inieUO
今朝 父親75才が癌で死んだ。夕方に東京から名古屋に向かう。入院の報せを聞いた後も 俺は 風俗遊びをしていた。どんな面さげて 親戚や近所の人と会えばいいのだろう。

127 :名無しさん@お大事に:2008/01/28(月) 14:00:51 ID:kG4bgRZB
私の夫も死にます。
まだ25才なのに…癌が頭に出来ていて、いずれ呼吸の中枢(コントロールしてるとこ)圧迫するそうです。もうあまり意識もはっきりしてないから苦しくないのかな…わからないです。

毎日毎日、辛いです。彼が死んだら私も後を追います。



128 :名無しさん@お大事に:2008/01/28(月) 21:51:11 ID:vE8PQpNb
だめだよ 
辛いだろうけど
彼の分も生きなきゃ

129 :名無しさん@お大事に:2008/01/28(月) 22:35:01 ID:q1nw2fnW
>>18にしょこたんが殺されう(・ω・;)(;・ω・)
http://same.u.la/test/r.so/tv11.2ch.net/geino/1201442239/

130 :名無しさん@お大事に:2008/01/31(木) 21:56:33 ID:5fKUpknb
散る桜 残る桜も散る桜 〜良寛
父親は脳梗塞で救急車で運ばれて3日で亡くなりました。
死に目には間に合ったのですが、何も話せず気持ちの整理もつかないまま二年が経ちました。
癌とちがってあまりにも急に逝ってしまったので、むしろ父親の看病が出来て皆さん幸せだな
と思ってしまいました。ただ最近 上記の良寛の句のような心境にやっとなれそうです。 

131 :名無しさん@お大事に:2008/02/01(金) 00:07:00 ID:AsCVWB/I
あと100年後の世界にはここで書き込んでる人間は誰も生きていないんだよな   
不思議な気分だ

132 :名無しさん@お大事に:2008/02/01(金) 07:37:46 ID:LbISlzHC



親 痔がシミます


って 痛そうに泣いてたぉ



133 :名無しさん@お大事に:2008/02/01(金) 19:06:06 ID:1jEvvMKF
つまんねー

134 :名無しさん@お大事に:2008/03/13(木) 01:49:45 ID:KUjA3ZUd
>>126

  線香のかわりにチンコ勃てとったとでも言っておけば?w

135 :名無しさん@お大事に:2008/03/20(木) 13:15:24 ID:8N2DHz9k
親 痔が沁みますって

泣いてたよwww

136 :名無しさん@お大事に:2008/03/20(木) 18:20:50 ID:h+VsQcWY
俺の親父は救急車の中で逝ったよ

137 :2月10日 ◆avLmrq./H. :2008/03/25(火) 01:09:35 ID:fvSmzKEH
  母の余命もあとわずかになってきました。

 2月10日まで、元気だったのですが、心筋梗塞の手術の
あと、別人になりました。
  心臓の血管のわずかなつまりで、数時間後には、植物
人間に近い状態です、人生って短いものですね。

138 :名無しさん@お大事に:2008/04/01(火) 01:13:23 ID:558CUeEw
しょーくぶーつにんげん、あらわるあらわる〜♪☆

139 :名無しさん@お大事に:2008/04/02(水) 08:39:33 ID:CY7MmbhC
荒らし本当に最低だな。

140 :名無しさん@お大事に:2008/04/02(水) 16:52:53 ID:frUxdZIj
肉親が亡くなるって耐え難い悲しみがある。あの時、強かった五目並べ…悔しがっているとわざと負けてくれたよね。俺には解ったよ。

141 :名無しさん@お大事に:2008/04/04(金) 00:37:21 ID:9LOFeiDg
でも遺産の取り分はちょっとでも多いほうがいいね。

142 :名無しさん@お大事に:2008/04/07(月) 21:42:59 ID:QMENrKIV
9年前、親父が死んだ。
一年前、母親が死んだ。

ふたりとも最低な親だったけど、俺には唯一の親だから。
もし時間が戻せるなら、孝行したいと思う。

143 :名無しさん@お大事に:2008/04/09(水) 00:12:44 ID:z2LRhvxc
時間が戻っても最低な親って思うだけだよきっと。心配しなくていい。

144 :名無しさん@お大事に:2008/04/09(水) 18:56:56 ID:QH3uIjbZ
先週金曜に入院した親父だが、
今日の検査結果であと持って一週間らしい。
何かNK細胞リンパ腫とやらで最早手遅れ状態だとさ。
正直まだ実感湧かないけど明日顔見せるとき俺は普通にいられるのだろうか・・

145 :名無しさん@お大事に:2008/04/10(木) 01:09:55 ID:1HuudtC8
今日、おふくろがあと一ヶ月も持たないって言われた・・・。
もう、顔を見に病室へも戻れなかったよ。

146 :名無しさん@お大事に:2008/04/10(木) 05:45:32 ID:RdlmWedp
毎日、会っておいた方が良いと思う。

147 :名無しさん@お大事に:2008/04/10(木) 06:27:28 ID:dwe2tEi5
>>144
>>145
難しいかもしれないけど、なるべく普通に接してあげて。


148 :144:2008/04/10(木) 21:19:57 ID:59cc137U
今日見舞ってきたよ。
何か母ちゃんと医者の話がちょっと違ってた。
医者がいうには、今日から始める科学療法が上手く行けば
2ヶ月程生きられると、但しいきなり急変もありとの事。
何もしなければ一週間もたないでしょうだと。
母ちゃんどうすんだよ・・・上司に余命一週間て言っちまったよ。

親父に会ってどうなるか不安だったけど案外普通にしゃべれた・・けど
母ちゃんが席を外して親父を2人っきりになった時に親父が
「俺の役目は終わった。これからお前が○○家を継いでくれ頼んだ。」
とか言い出すもんだから、もういきなり涙腺崩壊。
後はトイレの大に引きこもって30分位泣いていた。
いきなりこれでは正直これからの見舞いがキツイ・・・
けど最後の孝行で終わりの時まで頑張るよ。

149 :名無しさん@お大事に:2008/04/11(金) 22:09:53 ID:XFKEffA3
オヤ 痔が沁みますって泣いてたぉ

150 :名無しさん@お大事に:2008/04/12(土) 09:23:22 ID:8rOc3ffl
          (ミミ、     死ねドガッ!!
         ,r‐'''ミ、tミ、           /#`)>>149
    ブンッ! 〃   キミlキ、_,ノし/   彡 / ∪∨
   ∧V∧ {:.    }i|!}i}!    (´   彡( ( 〈
  (  ・∀)'`ミ   j}lji}j}    そ 彡  しヽ ,,)
  と    _,.j|!   ,jifjifj'    (,_   彡
  /  /'⌒) "  ,ノメfメノ⌒ヽ(⌒\
 ./  /(_,)  ,イ彳メ"
 ゝ-'   __,ィ彡彳'"
      "´´


151 :名無しさん@お大事に:2008/04/12(土) 17:15:18 ID:M+Hd01iQ
親が死ぬ事。
誰もが通る道だと思います。
そんな悲しい日が何時来ても後悔しないように日々接しています。

152 :名無しさん@お大事に:2008/04/12(土) 19:36:06 ID:c9vl++jC
父が死んで2年が経ちます。80才でした。

実は私の場合も 1>>と同じで 最後まで解りあえなかった者です。
話し合う機会などいくらでもあったはずなのに、突っ込んだ話を避けた
まま最期まで来てしまった。今となっては謎だらけです。
 
自分は高校入学のころから徐々に親子の会話が少なくなっていった。(この
辺は誰にでもあることだと思う)大学卒業の頃には老人となった父親を哀れ
と思いつつも老後のこと、引退後の仕事の始末など、何一つ真面目に話す
ことはありませんでした。というより、お互いがこの辺の話題に触れること
から逃げていたようにも思えます。

親子関係が断絶状態だったわけでもないのに、盆正月は顔を合わせず。
たまに帰郷しても飯喰って一晩泊まって帰るだけだった。
・・・・・・

 自分の場合はポックリ逝く前に親子のコミュニケーションをしっかり済
ませておくつもりだ。


153 :名無しさん@お大事に:2008/04/16(水) 11:28:47 ID:eLX3qfL9
>>145、148
がんがれ!超がんがれ!!
自分は母親が脳梗塞で入院しているが手と腹に拘束具をつけられていた時期に、
友達に会いたいとその人に来てもらった時
それまで大して泣き言みたいな事は言った事無かったのに
「こんな事になるなら死ねば良かった」
と泣きながら話していたのを見て、ベタだけど
「何言ってんの。でも生きてるじゃん^^」
笑いながら泣くのを必死で堪えたよ。
50歳と割と若い方だし、夜に救急車で運んだ日の日中も調子が悪いからと
病院嫌いのくせに休日にもかかわらず病院に行っていた。
予兆も後から調べると判りやすいくらいにあった。
入院した方が良いかもしれないと医者から進められたらしいが
その2週間くらい前まで極度の貧血と心筋梗塞の疑いで入院していて、
せっかく退院したのにまた!?と帰ってきてしまった。
救急車を呼んだのも自分で今思うと、日中より調子が悪化しているにも関わらず
「明日になるまで我慢する」
と言い張るのをさっさと無視して
もっと早くに呼べば良かったと後遺症の残っている母親を見てとても後悔している。

親の最期が垣間見えると、急な分だけ辛かった。
自分の母親は最初はどうあれ今は命の別状は無いし、
大した事無いのは解っているけど、自分みたいに後悔しないようにして欲しい。


154 :名無しさん@お大事に:2008/04/20(日) 22:53:36 ID:ikrumao5
親父が大腸がんになった。進行度はStage4。
医師からの死の宣告は無い。
が、70歳を超えた体だ。余命はそう長くないだろう。

実は、俺は幼少の頃から親父と満足に生活を共にしていない。
色々有ったが、今では多少は話くらいはする様になった。

会えば親父は説教だ。自分の事を棚に上げて偉そうに説教をする。
「そう言う自分は、親父らしい事を俺にしたのか?」
「説教するほどあんたは立派な人間か?」
「子供の頃、おれのしつけを放棄してたのはあんたじゃねーか」
・・いつもそう思っていた。思うだけで、年老いた親父に面と向かって反論する気もなくなっていた。

そんな親父が次第に疎く思え、俺からはあえてコミニケーションを取ろうとはしなくなった。

そんな親父が癌になった。既に俺も家庭を持ち、子供もいる。
だからこそ、親父の考え方や生き方には納得は出来ない。

親父が死ぬ時、俺は涙を流すのだろうか?。
俺は親父の死を悲しむ事が出来るのだろうか?
こんな気持ちの俺も、親父の死後に後悔する日がくるのだろうか?

そんな俺と末期がんの親父。今後、どうやって付き合っていけば良いのだろうか?



155 :名無しさん@お大事に:2008/04/22(火) 05:40:18 ID:WEkzWE1R
>>154
自分にとって父方の祖父はエゴイストで腹の立つような人だった。
最期に会ったのは亡くなる1年以上前だった。
使いを頼まれて渋々だった。
体調を崩したと聞いても感慨もなく、病院と老人ホームを行き来して
最期は亡くなった。
子育てに理解なく、父は中学生から家業と町内会の仕事等をさせられて、
そのせいで学校は毎日遅刻で成績が下がれば、お前は頭の出来が悪いと一蹴され、
話を聞けば聞く程、祖父のせいで父の人生狂わされた感は強い。
私の物心がついてからも偏屈な性格は変わらず酒には呑まれ祖父が元気だった頃、
盆にみんなが集まって酒を交わしても最後はいつも祖父が自らの言葉で窮地に陥り、
その度に
「みんなで俺を苦しめる」
「俺はお前らの世話にはならない」
「俺が建てた家で逆らうなら今すぐ出ていけ」
と罵声を浴びせるのがお約束だった。
当時、未成年だったから離れたところでそれを白けた目で見ていた。
だから亡くなったと聞いた時「あ、そう…」と答えながら、頭の中では
「なんだ、死んだのか」と冷めた感想しか思い浮かばなかった。
涙なんかもっての外。
しかし、老いた遺体を見て取り返しのつかない事に気付いた。
急に祖父は死んだのだという実感が湧いた。
祖父の良いところは思い浮かばなかった。
けれど、笑って機嫌良さそうにしている時だって確かにあった。
何か自分に出来ることがあったんじゃないかと思った。
もう出来はしないけど。

しかし、それらを差し引いても父は兄弟の中で一番の被害者だったと思う。
なのに、一番面倒を見ていたのも長男とは言え父だった。
どうしてかと訊いた時
「自分の親だし、どちらかでも親が欠けていれば自分はここに居ない。お前達もいない。
だから、先祖は大事にするものだ」
みたいな事を言っていた。

長々と書いたけど、つまりそういう事だと思う。
お父さんがいなければ>>154は存在する事は無かった。お子さんも存在する訳がない。
それに、まだ>>154のお父さんは生きているから分かろうとする事は出来る。

自分は祖父の後もいくつか知り合いの死を経験したけど、
いつも思うのはもう本人からは知り様がないんだなっていうこと。


理解しあえなくても良いから、子供をダシに使ったりして(笑)
今のうちに存分に話をした方がいい。
涙を流したり、後悔とかはそういったものの後からついてくる。
そして無理に泣くものでも悲しむものでもない。
知り合いで長期間の介護疲れで親が亡くなった時、安心したと
初七日終わらないうちに呑みに出てた人もいるし。


親の死の受け止め方も人それぞれだとおもってる。


156 :名無しさん@お大事に:2008/04/23(水) 04:14:33 ID:e0Lt5fK0
「彼女の花弁はしとどに濡れていた」まで読んだ。

157 :名無しさん@お大事に:2008/04/23(水) 13:11:44 ID:gtksfE5I
祖父母 → 父母 → 自分達夫婦 → 子供...

生あれば必ず終わりは来る。 これが順繰りに流れてるだけでもありがたい事だと思わなきゃいけない・・・。

158 :名無しさん@お大事に:2008/06/13(金) 01:25:13 ID:q0xdBM34
父の死から2ヶ月半。つらいです。さびしいです。会いたいです。
たまに涙が止まらなくなるのです。
ふとした瞬間に父を思い出し、ぼろぼろ涙が出ます。
おそらく一生こんなふうに悲しみを背負って生きていくのかな。
でも、それが、今の私が父に出来る唯一のことなんだよね。
私には父の死を悲しむこと、父を思い出して泣くことしか出来ない。

159 :名無しさん@お大事に:2008/06/13(金) 11:42:29 ID:R6GvW7Gq
>>158
そんな事ない。
お父様はあなたの更なる成長、幸せな生活を送ってくれることを望まれてます。

あなたがいつまでも悲しみだけを背負っていくのはちょっと違う。

ほら、虹の橋からあなたの明るく優しい表情を見たがってますよ・・・。

160 :名無しさん@お大事に:2008/06/14(土) 11:00:58 ID:cIDsYWmV
密閉したとこで練炭を焚けばすぐにあえるよ!

161 :名無しさん@お大事に:2008/06/14(土) 11:21:50 ID:ORO4CP8M
先立つ人の最も嫌がる事は
残された者がいつまでもクヨクヨしてる事

162 :名無しさん@お大事に:2008/06/14(土) 13:23:59 ID:M8TDyver
>>161
うちの母親に聞かせてやってほしい
9か月経ったんだが、抜け殻の母親のフォローで、私も悲しいのに悲しんでいる余裕がない
しかも育児もあるのでくたくた・・・


でも母親の『夫を喪った悲しみ』に比べたら、なんてことないんだろうな
がんばって母親のフォロー続けます

163 :名無しさん@お大事に:2008/06/14(土) 14:08:13 ID:ORO4CP8M
>>162
普通は数週間も経てば女性の方がケロっとするんだけど・・。
よっぽど素敵な旦那さんだったんでしょうね
当たり前の日常にポッカリ穴が開いてしまったのと
これから自分の体が動かなくなってくる中で
伴侶がいないのはとても心細いのではないでしょうか?
他人の私が言うのもおこがましいですが
時間が気持ちを和らげるまで変に干渉せず
何かあったらすぐに傍にいるよという態度で
温かくお母さんを見守ってあげるのもいいかと思います

あなたも辛いでしょうけど肩の力抜いて下さい
大丈夫!

164 :名無しさん@お大事に:2008/06/14(土) 14:36:04 ID:5qgaRrT4
>>1さんへ
去年の同じ時期に原因不明で入院して、症状から医者に可能性の一番高い癌だと
「来年の桜をみることはできないかもしれません」と言われた者として・・
そう言われた時、一番気にかかったのは、そのあと妻の生きていく道と息子のことでした。
自分の死は比較的短時間で受け入れることができ、自分のことで悲しむことはありませんでした。
今こうして生きているのは、最悪の癌ではなく抗がん剤の効果の高い癌だったせいで、完治の
可能性も見えて来ました。
人の死で悲しい思いをするのは、本人より残された周りの家族だと感じました。
同時に普段は判らなかった家族や親戚の愛を感じる事もできました。
あなたのお父さんも、きっと愛に包まれてこの世を去られたことと思います。
忘れる必要はありませんが、自分たちの幸せを感じて生きて欲しいと思います。
もlし、私が桜を見ることなくこの世を去っていたら、きっと残していった家族の幸せが最後の
そして唯一の願いになったと思います。

165 :名無しさん@お大事に:2008/06/16(月) 14:54:18 ID:eb9hWw9q
>>161
墓場から乙

166 :162:2008/06/16(月) 20:10:42 ID:PG5Vhore
>>163
ありがとうございます、元気が出ました。
今まで2人で暮らしていた家でひとり暮らしになったので、
特に何をするでもなく、父が生きていた頃と同じように遊びに行って
くだらない話なんかをするようにしています。
あとは母は免許を持っていないので、買い物や通院の足ですね。
(バスも通っていない田舎なので)
小さい娘の笑顔に、母もだいぶ笑顔が出るようになったのですが、
来年から幼稚園なのでちょこちょこ遊びに行くこともままならなくなりそう・・・
でも私なりにできることをしていこうと思っています。

167 :名無しさん@お大事に:2008/07/14(月) 14:29:01 ID:ynwdNJb/
荒らしもいるようだけど、みんながんばれ。
いろいろあるだろうけど、マジでそう思うよ。
世知辛い世の中で嫌なことも多いけどね。
それはみんな同じだしね。
がんばろうぜ!

168 :名無しさん@お大事に:2008/07/15(火) 01:37:06 ID:YX8g0rb2
親は子の悲しい顔は見たくない、笑顔がみたい。
逆も・・・

がんばろう!!

169 :名無しさん@お大事に:2008/07/15(火) 15:46:39 ID:cmxcTKFL
>>164
そんなギリギリの状況で「愛」を実感するくらいなら、普段からそう思って生きていくべき。

てれーっとして生きてるから、そーいう罰が下る。





って誰かが言ってた。

170 :名無しさん@お大事に:2008/07/28(月) 20:39:02 ID:6X9Z+kZq
今、親父が緊急手術中です。助からないかもと手術前に言われました。何かしてないと落ち着かなくて…携帯でこのスレ見つけたので、思わず書き込んでしまいました。
涙が止まらない。助かってくれ!もう2時間たつ

171 :名無しさん@お大事に:2008/07/29(火) 09:32:06 ID:aSH1nwHW
とりあえず、3時間半で手術は終わりました。今は落ち着いてますが、進行性のガンらしくこの先はわからないとの事です。いつ呼び出しがあってもおかしくない状況です。
とりあえず、仕事に行きます。

172 :名無しさん@お大事に:2008/07/29(火) 14:11:11 ID:FhwzoxVO
>>171

なんと言ったらいいのかわからないけど、まずは仕事をしっかりね。
会いに行けるなら、できるだけ会いに行ってね。

うちの父は昨年、ガン宣告から一月もたずに逝ってしまったよ。
もうすぐ新盆。久しぶりに会えるかな。

173 :名無しさん@お大事に:2008/07/29(火) 16:59:56 ID:aSH1nwHW
ありがとうございます。
まだ安定はしないけど、一般病棟には移れるって連絡が来ました。
ただ、かなり進行してるので、転移の可能性が高いらしいです…

174 :名無しさん@お大事に:2008/07/29(火) 20:58:22 ID:3rsDyEr0
>>173
これからが大変だね。
でもいずれは誰もが通る道。(あなたも私もね)
自分だったらどうして欲しいか考えて接してあげて。

私の父は脳出血で2時間持たずに死んだから、話せる時間があるってのはうらやましい…。

175 :名無しさん@お大事に:2008/07/30(水) 10:18:41 ID:aknarjiA
>>174
亡くなるのをその時まで知らずにいるのと、知ってからその時まで過ごすのと…どっちが辛いんだろうって考えてしまいました。
一人でいると、涙が出てくる…

176 :170:2008/08/01(金) 17:58:22 ID:0ErgKEkg
とりあえず今は落ち着いてはいるようです。
ただ、まだまだ急変するかもしれないとのことで不安です。
携帯が鳴るとどきっとします(>_<)

177 :170:2008/08/15(金) 16:53:53 ID:epRVA5Jn
報告です。
少し状況はよくなりました(^o^)
とにかく歩けとの事で、院内を歩かされてます(^_^;)
ただ、飲み食いが出来ないので口の中が乾いてうまく喋れず、何を言ってるのか聞き取れない…(._.)


178 :名無しさん@お大事に:2008/08/16(土) 23:36:26 ID:/kYLT8Ab
3月に父を亡くし、この夏は新盆でした。
13日のお昼に迎えに行き、15日の夜11時半過ぎに送りに行きました。
たっぷり3日間、久々に会えたのかな。久々に帰ってきてくれたのかな。
迎えに行った時は父と久々に会えたのだと、本当に嬉しくて涙が出ました。
今度会えるのは来年か。
1年に1回3日間だけ会えるという「お盆」という習慣、改めて良いなと思いました。

179 :名無しさん@お大事に:2008/08/20(水) 01:31:13 ID:Oa6fqRZ/
17日に母が62才でなくなりました、食道がんで1年7か月闘病生活の終わりでした。
ただ最後の日の午前中に見舞に行ったのですが吐き気がひどく自分ではどうすることもできず
ただただ辛くてすぐ帰ってしまいました。今思えば辛くてももっと長くそばにいてやればよかった悔やんでます。
そして日にちが変わり夜中2時30分頃なくなったと病院から連絡がありました。
その日は23時頃に寝どこに入ったのですが実は亡くなるその一時間ほど前に寝ていたのにふと目をさましたのです、
きっと母が最後の挨拶にために起こしてくれたようなきがします。
ただ死に目に会えなかったのが残念です。
今はあまり寂しさを感じないのですが、ときどきふともう母はいないんだなと
思うと切ないです。
いまはちゃんと供養して成仏してもらいたいと願っています。

僕を生んでくれてありがとう、育ててくれてありがとうお母さん。




180 :名無しさん@お大事に:2008/08/24(日) 19:49:21 ID:KgYrz7I7
まざこん?w

181 :名無しさん@お大事に:2008/08/24(日) 20:21:44 ID:8SRVFgU3
>>180
最低だな
人間として

182 :名無しさん@お大事に:2008/08/26(火) 20:21:28 ID:YFBS/4lz
>>180
人間じゃないからかまう必要無し

183 :名無しさん@お大事に:2008/08/27(水) 00:51:10 ID:jtZmLan1
今日、医者嫌いの親父を連れて病院へ行った。

体重はもう38キロ。親父も観念しているようだ。

案の定、癌。 「下咽喉癌」と医者は言ったような気がしたけどよく覚えてない。

「なんでもっと早く来なかったの、手術は時期的に難しいよ?」と医者は言う。

・・・・先生、そんなことは百も承知です。手遅れも覚悟のうちです。本人も死期がそう遠くないのは分かっています。

どうせ死ぬなら楽に逝かせてやってほしいんです。

無駄に寿命を延ばす治療はしないでほしいんです、自然に任せて苦痛だけ取り除いて欲しいんです・・・・。

と、俺は言ったような気がする。


「うちでは、あくまで治療を前提に診察や入院をしているので、ホスピスとか養療での治療や入院は出来ないですよ。」と先生。


・・・・・で、血液検査と栄養剤を出されてとんぼ返り。



もうどうすりゃいいんだ? いく所ないよ。

184 :名無しさん@お大事に:2008/08/27(水) 22:52:58 ID:8u56ijZ3
本当はあなたのお父さんは薬殺されていたかも

【口封じ】創価学会員の不審死【保険金殺人】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1216533326/l50

185 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 11:00:15 ID:2Wikiy77
ホスピス行けばいいじゃん

186 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 15:04:15 ID:upP3fOO/
なんというか…せつなくもあり、大切な何かを思い出させてくれるような、
いいスレと言ったら不謹慎な気もするけど、
このスレはいいね。
6年前に胃ガンで亡くなった母を思い出した…。
結婚して幸せにやってる姿を生きてる内に一度でもいいから見せてあげたかったな。

187 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 18:19:13 ID:nD1rCYvP
>>180
かわいそうな方ですね
母親の愛情を十分に与えられず育った方なのでしょうね
せめてご自分が親になられる際は十分な愛情を注げる人間であれるよう頑張って下さい

188 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 22:05:56 ID:d4Slx1Io
>>183
そう。お父様が一番わかってらっしゃるんですよね、ご自分の体のこと。
一番怖くてつらいのもお父様。
がんばって支えてあげてください。
あなたが出来ること、全部してください。後悔しないように。

今はしんどいでしょうが、お父様が生きてるだけでも
うらやましいです。

189 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 02:48:07 ID:QSGi2EH/
物心つく前から再婚して出来た若くてきれいな義母
かつ自分は末っ子でアマえっ子でぶっちゃけマザコン
年も16しか離れてなく母親的にも女性的にも大好きだった母さん

うはw癌すかwww
余命一年とかww
はぁorz











はぁ・・

190 :183:2008/08/29(金) 06:03:32 ID:XeOKh8T/
>183です。

ホスピス型の病院ってすごく少ないですね。我が県にも全部で40床位しかないようです。

昨日は、血尿と鼻血が多く出たようです、内臓もいたるところから出血が始まって来ているようです。

のどの癌が声帯を圧迫して声は出ないのですが、時折顔をしかめているので痛みも強くなってきているようです。



>>188 ありがとうございます。最期は悔いの無いように、送ってやるつもりです。

191 :183:2008/08/30(土) 17:42:11 ID:FhBDffZl
褥瘡が出来たみたいです、教えてくれればいいのに出来たのを知ってて本人は黙っていたみたいです。

トイレが間に合わなくなってきました、オムツを履くのなら死んだ方がマシと言っていたので、履けと言うか言うまいか・・。

192 :183:2008/08/31(日) 13:24:49 ID:osaDoEqq
親父の寝顔を見て思う。

もうこののまま永遠に目が覚めない方が楽だよ、もう起きあがらなくていいよ、  と。

しかし数時間でゲホゲホと咳き込んで血まじりの痰を吐き出して、目が覚める。

昨夜はほとんどの親戚知人に電話して、親父もうだめですと知らせた。

明日、親父の姉さんがはるばる田舎からやってくる。「なんでもっと早く知らせなかったんだい!?」と電話で言われた。

「親父誰にも連絡するな。」と言っていたし・・。





193 :名無しさん@お大事に:2008/09/03(水) 22:37:36 ID:8sjHd5tO
今年の春、母を亡くしました。

どうか最後の最後のときまで、横についていて
手をにぎっていてあげてくださいね。

あなたもお体にきをつけて。



194 :193:2008/09/03(水) 22:38:40 ID:8sjHd5tO
失礼しました。193は>192=183 です。

195 :名無しさん@お大事に:2008/09/05(金) 17:48:04 ID:k8mKVq77
>>1同じだ。
俺の親父も2007年の12月12日に亡くなった。
がん宣告されて10ヶ月後、実にあっけなく逝った。
親が死ぬほど喪失感覚えることは無いね。

196 :名無しさん@お大事に:2008/09/09(火) 08:31:32 ID:0te7HJyU
>>192
そうですよ。お父さんだって自分のつらい姿なんて誰にも見せたくないもの。
私の父もそうでした。
だからこそ最後まで死んでからも父の威厳は保たれてる気がします。
叔母にはどうしてもっと早く言ってくれなかったのと怒られましたけどね。
でも、父はそれを望んでいたのでね。いいんです。

197 :名無しさん@お大事に:2008/09/10(水) 12:31:41 ID:aP6QMASn
8年前母を亡くし、今年父を亡くした。泣かないようにとつとめているが、、。
先日、テレビの歌番組で岸壁の母という歌を初めて聞いた。何故か涙が止まらなかった。兄弟は多いが……やっぱり親に変わるものはない。41才にしてすでに親無し。寂しすぎる。
頑張れ。。

198 :名無しさん@お大事に:2008/09/10(水) 23:56:10 ID:CHn38Iyi
別に泣かないようにつとめる必要なんてないと思う。
40くらいで両親がいないというのもあえて言うほど珍しいことではない。
10代、20代なら「岸壁の母」を聴いたことがなくても不思議ないが・・。
感覚が若い人なんだろうな

199 :名無しさん@お大事に:2008/10/06(月) 12:50:44 ID:QXXW3jLC
疲れた。ごめん愚痴って

200 :名無しさん@お大事に:2008/10/06(月) 23:29:34 ID:N8MannZe
短ぱん

201 :名無しさん@お大事に:2008/10/12(日) 16:41:16 ID:ckeKRByq
今月頭に親父が死んだんだけど
膵臓癌で最期はほんとにあっけなかった

亡くなる一週間位前までは一応自力で歩いたり
極僅かにだけど食事も出来てたのに
その後まさに坂を転げ落ちるように
一気に状態が悪くなってあっという間だった

まぁ看病したり話す時間があっただけでも
良かったと思わなきゃだけど

それにしても親が死んだ時の脱力感とか虚無感って
物凄いのな…

今やっと事務的処理が終わったばかりで
今までは多忙を極めて深く考え込まずにいられたが
何かこれからが精神的にやばい感じだ…

202 :名無しさん@お大事に:2008/10/12(日) 19:36:03 ID:XQP/x4co
親の死って誰もが通る道だけど、いろんな思いがあって辛いよね・・。

203 :名無しさん@お大事に:2008/10/17(金) 00:08:53 ID:NbpLLVNY
65歳の親父にガンが見つかった
まだ元気だがこれからどうすれば良いのかわからない
このスレを初めから読んでみたけど みんな強いんだな

俺はみんなの文章読んだだけで涙がボロボロ流れたよ
こんなんじゃ元気な親父ともまともに会話ができそうにない

どうすればいいんだ


204 :名無しさん@お大事に:2008/10/17(金) 07:58:12 ID:ZaNQlHwF
癌だから必ず死ぬとは限らないし、癌じゃないから明日死なないとも限らない
人間は、生まれてきていつかは死ぬ定めにあるんだから
俺も去年は癌で、一旦は死を覚悟したけど今は寛解して仕事にも復帰できた。

205 :201:2008/10/17(金) 16:43:34 ID:8C3ItYXQ
>>203
その気持ちよく分かる
癌といっても予後の良い種類もあるし病期にもよるよ

うちの場合は予後の悪い癌で
見付かった時には既に手遅れ状態だったから
悩んでる暇が無かったというか、とにかく親父の看病に徹したし
親父が望んでる事をほぼ叶えてあげれたと自負しているよ

とにかく後悔を残さないように接してあげて欲しいと切に思う

206 :あやなみ:2008/10/17(金) 18:51:25 ID:mlhZjGGJ

わたしの母は再婚して1年半。ですが去年義父に癌が見つかりました。先月始めに東京の病院でもって1年と宣告されました。

痩せてしまいましたが先々週までは元気でいたのに今週お見舞いに行ったらもう直視出来ない姿になっていました。
いつも味方してくれてた優しい義父だったのでどう対応すればいいかわからないです。



207 :名無しさん@お大事に:2008/10/18(土) 00:11:18 ID:pxjhl9mF
>>206

真正面から向き合うしかないよ。
たとえどんな姿になっても。

私は後悔してます。

向き合えなかったから。



208 :名無しさん@お大事に:2008/10/19(日) 08:32:31 ID:aO8bkb9T
あなたの親族や知人におかしな死に方をした人はいませんか?
病死、自殺、事故死は実は保険金殺人だった。
【口封じ】創価学会員の不審死【保険金殺人】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1216533326/l50

209 :名無しさん@お大事に:2008/10/20(月) 04:12:56 ID:toHHtA7d
癌で入院中の父
今日見舞い行ったら「家に帰りたい」と泣いた
余後も短く、予定外の入院延期から始まった父の今回の入院生活
何とかしてはやりたいが、神経症の母と、半寝たきりの祖父がいる家で、
半身不随で毎食インスリン注射が必要な父を1泊でも世話できるだろうか
あぁもう誰か背中押してくれ

210 :名無しさん@お大事に:2008/10/20(月) 23:28:26 ID:4c7isIo8
>>203 俺は18の時にカーチャン亡くしてるんだが
末期癌で入院中、カーチャンの顔を見るのが辛くてロクにお見舞いに行ってなかった
死んじゃった後めちゃくちゃ後悔した


211 :名無しさん@お大事に:2008/10/21(火) 15:14:54 ID:W1nMNN2E
昨日退院した末期の父。
リビングを病室みたくベッドを置いてテレビも置いて。
でも昼から熱が上がってまた病院に。

もっとゆっくりして欲しかったよ。

また帰って来れると良いんだけど
何せ血球が凄く少ない。

着替えを見てたら体も凄く細くなってて涙が出た。

これ以上何もしてあげられないのかな。良くなりますように。


212 :みかん:2008/10/24(金) 21:15:38 ID:nxtfb0O6
携帯から失礼します。父が肺癌(小細胞癌)で、もう長くないようです。同じ癌で身内を亡くされた方いますか?

213 :名無しさん@お大事に:2008/10/25(土) 00:53:57 ID:rwsm6Nc0
みんな大変っすね。
うちも父親を今年の4月に亡くしたけど、
(小腸辺りの癌から周囲に転移)
ずっと前からわかってて、ステージ4って言われてから数年元気だったよ。
最後の二週間まで元気だった。
年齢も70を超えていたので、なんか「乙!」って感じだった。
子供も全員自立していたし。金銭的な点でもなんとか心配なかった。
最後はせん妄でかなり認識がおぼつかなくなっていたから、
あまり苦しまなかった感じだよ。

緩和ケア病棟って、僕にとってはすごくいい場所だったなぁ。
みんな、すげー親のこと心配しているね。
なんか心配していること自体がきっと、何より相手に伝わると思うよ。
替わってあげることも助けてあげることも出来ない症状の場合、
もう、「自分がちゃんと生きる」(=親に心配ごとを残さずに、
闘病? に専念してもらう)ということが唯一のアクションである気がするよ。



214 :名無しさん@お大事に:2008/10/25(土) 23:46:38 ID:9IuXHvML
俺の親父も癌だ
余命4ヶ月と診断されているが、いつ様態が急変するかわからない
55歳という若さで亡くなるのはあまりにも早い
悔いを残したくないので毎日電話して週末には実家に帰っているが
それでも夜寝る前に親父の顔を思い出すと毎日涙がとまらないよ
ほんと辛いな・・・

215 :名無しさん@お大事に:2008/10/31(金) 09:35:53 ID:WZ46wepg
>>209

うちはやっと入院させた肝臓癌末期の父が「病院は嫌だ!」と治療拒否して自主退院しちゃったから
慌てて介護保険申請して「前倒し」で色んなもんレンタルして(車いすとか介護ベッド、手すりとか)
ヘルパーさんもお願いして、主治医に「指示書」書いて貰って「訪問看護師」に定期的に来て貰うことにしたよ。
癌だと訪問看護師は毎日来て貰うことが出来るよ。

>神経症の母と、半寝たきりの祖父  ←このお二方は介護保険申請してないの?
神経症のお母様がどのような状態か分からないけど「要支援」とかが認定されれば
お母様を助けるためにヘルパーさんをお願いすることが出来るよ。

最初は何をどうしたら良いか分からないと思うけど多分今お父様が入院されてる病院に
「ソーシャルワーカー」が居ると思うので相談してみるといいよ。
介護保険申請も病院のソーシャルワーカーが代行してくれるし
地域の「包括センター」も紹介してくれると思う。

お金のことも気がかりだと思うけどヘルパー、レンタルは1割負担
訪問看護は収入によるけど(病人の)1割から3割負担だと思う。
分からないことはケアマネに相談するといいよ。

こんなんで背中を押してあげられるのか分からないけど・・・
何かのお役に立ちますように・・・

216 :名無しさん@お大事に:2008/11/03(月) 15:08:41 ID:x7gzagYf
親が亡くなるのは本当に辛い。
自分は2月に父親が肺炎で亡くなった。
糖尿、脳梗塞、高血圧の全麻痺の寝たきりで、殆ど喋れなかった。
辛かったと思うが全く怒らず、話しかけるとよくニコニコと笑ってくれた。
家で介護してたが、苦にならなかった。

たまに行ってた施設から誤飲したと連絡受け、入院したけど
苦しそうに息をしてる姿を見るのが辛くて、病室行っても顔を見れず、そばにも行けなかった。
帰るときに父に言った「また来るね」が最後だった。

病院からすぐ来て下さいと連絡きて、行ったらもう亡くなっていた時のあの気持ち。
看取ってあげる事ができなかった、もっとそばにいてあげればよかったと、
いまだに悔しさと後悔ばっかり。


217 :名無しさん@お大事に:2008/11/10(月) 00:04:51 ID:pXWumsoB
どうしよう。。。今日、母の癌再発を医者から聞かされた。。。初めての癌から16年、
何度か再発を繰り返したが、尽く打ち勝ってきたのに、その運も潰えてしまった
病名リンパ癌、首と大動脈付近にも転移、手術も放射線治療も無理との事、
残るは抗がん剤治療のみ、それも期待薄だそうだ。。
明日、姉に連絡しなければ、姉も病気で入院中、なんと報告すれば良いのか。。苦しすぎる。。。



218 :名無しさん@お大事に:2008/11/28(金) 22:17:31 ID:3p7w2/oR
今連絡きた。親父死にそうだって。覚悟はしてたんだけどね。
やっぱつらいな。

219 :名無しさん@お大事に:2008/11/29(土) 07:13:22 ID:zdSAX0jZ
>>217
子どもが親を見送るのは、順としては真っ当なものだ。

俺は父の死以後、生きることにすごく前向きになった。
こんなことしたら、親父が悲しむ、
親父だったら、こういう時「行け」と言ってくれるだろう…など。
辛い、辛い、辛い、本当に辛かった。
辛いだろうけど、さすがは親だ。

心行くまで見送ってこいよ。

220 :名無しさん@お大事に:2008/12/11(木) 23:10:35 ID:Z0QJj2qK
今日私の父は胃がんの手術を行いました。
実は25年まえの41歳の時に胃がんになり2/3切除し十二指腸に繋げていました。
11月末に食べ物を戻すなど違和感を感じ本人自ら診察を受け再発と分かりました。
父は私たちに心配かけまいと伝えず行うつもりだったのですが母から分かり昨日帰省して
今日立ち会いました。

221 :名無しさん@お大事に:2008/12/12(金) 00:13:56 ID:8LDKPbed
手術が始まって1時間半経ち、長男である私が手術室に呼ばれ父の開腹された
状態で、先生が言うには大腸の壁内に悪性らしき腫瘍があり結果、腹膜播種と聞き
治癒切除不能と言われ胃と癒着している膵臓も硬く癌である可能性が高い、
癌性腹水になり合併症だの切除中に亡くなる可能性も視野に入れて下さいと言われ
呆然となりました。家族で話し合い、分からないけど少しでも生きてやらなければならないことがあるはずだ
こんなリスクの高い手術(執刀医が言うにはアナウンサーだった逸見さんと同じ手術とのこと)にメリットがないと行き着き
そのままお腹を閉じTS−1等の化学治療で少しでも胃の癌を小さくして少しずつでも食べ物が取れて、生活が少しでも出来る
病気と共に生きる形をとりました。どうなるかわかりません・・・
明日父に伝えなければいけません。
治る事のない癌に向き合い、余命も神のみぞ知る領域に父が受け入れて気力を持ってくれるかが、今気にかかるところです。
こんな展開になるとは思ってもいなくつらいですね。
父が一番つらいのに・・・
しっかりしないと!!



222 :名無しさん@お大事に:2008/12/18(木) 21:13:08 ID:vMVn3JvM
オレの親父も癌で亡くなった。生前、親父とは仲が修正出来ないくらい悪く結局、和解出来ないままに、お別れになったけどいざ、親父が死ぬとショックだったな、あれほど憎んだ親父だったのに……

223 :名無しさん@お大事に:2008/12/22(月) 01:28:33 ID:SZB3Flxr
俺の親父も癌でなくなったよ
仲もたいして良くない、家族には苦労かける親父だった
呆然としたよ、火葬した時はショックだったな…


224 :名無しさん@お大事に:2008/12/22(月) 22:10:42 ID:jYYKtLtG
>>1からずーっと見てしまった

俺の親父はまだ生きてるけど 見つかった時は末期の直腸癌
他臓器(前立腺・精嚢・膀胱)にまで浸潤し手術するなら
骨盤内臓器全摘術しか無いと言われた しなければ余命半年

手術後は人工肛門・人工膀胱の2つの袋をつけるダブルストーマという状態
手術後も日常生活を送るのは難しい寝たきりに近い状態になるとハッキリ言われた

家族と話したが、結局親父は生きる方を選択
寝たきりの状態で家に帰ってきたが・・・
とにかく面白くないんだろうな 朝から酒を飲み家族に暴言を吐く
あれだけ毎日病院で寝泊りした母すらあまりの荒れように涙を流す

あれだけ身内に心配されて、自分で生きる選択肢を選んでふざけんなよ!!って
俺もキレた 言いたくなかったけど言ってやった
俺は冷たいようだけど、あの時死んでてもよかったと思ってるよ
人間死ぬ時は大事だと思う どうなっても生きていたいのは間違いだなと思う

225 :名無しさん@お大事に:2009/01/01(木) 07:19:31 ID:lEUE7byq
.

226 :名無しさん@お大事に:2009/01/10(土) 23:28:13 ID:+fZfTL/D
>>212
肺癌(小細胞癌)で父を亡くしました。2005年12月25日に・・・。62歳でした。癌が見つかり半年で亡くなりました。

227 :名無しさん@お大事に:2009/01/11(日) 04:11:39 ID:eoIwx9/I
俺も大学のとき親父を肺癌で亡くしたよ。
5つ下に妹がいるんだけど、親父の癌が見つかったとき妹は中学生で反抗期入ってて相当荒れてた。
でも親父が死んで3回目の冬、墓の前で立ち尽くす妹の姿を見たとき、
一番悲しんでたのは母親や俺なんかじゃなくて妹なんだってわかった。
もっと甘えたかっただろうにな・・・。でもそんな妹が選んだ道は介護士になるという夢だった。
生前親父は介護士の方に随分世話になっていてそれを見ていて選んだんだろう。
俺は結局親父から譲り受けたものはなんもなくて、あれだけ母親にやめろって言われてた煙草を吸ってるくらいだ。
もし生きてたら一緒に酒を飲めたのかなって思うとさみしい気持ちになるな

228 :名無しさん@お大事に:2009/01/11(日) 12:19:37 ID:/akF5qta
>>227
介護士は止めてやれよ。
看護師とか、療法士とかならともかく、介護士はやばいだろ。

229 :名無しさん@お大事に:2009/01/11(日) 22:17:11 ID:+wKEqDbm
>>227

おまえ、俺の知り合いの大阪人とぴったりだなあ。

まさかね

230 :名無しさん@お大事に:2009/01/18(日) 23:48:07 ID:XWyKLZhe

>>226
うちも去年、肺ガンで父を亡くしました。ガンがみつかって半年でなくなりました。73歳でした。
最後の1ヶ月でガクッと調子が落ちて、あっというまでしたね。
夜通し付き添って、最期の最後も看取ることができて一応悔いはないはずなのですが、
未だに夢にでてきて、目が覚めると泣いている自分がいます。


231 :名無しさん@お大事に:2009/01/19(月) 01:58:59 ID:4o363uX9
俺の父親も去年の10月に死んだらしい。
10年前から人工透析を受けていたらしいけど、俺は東京に居て
親父は鹿児島にいたから、帰る事もあまり出来なかったんだ。
親父のせいで俺が借金を背負い、そのせいで縁遠くもなっていた。
こないだ親戚に4年ぶりに電話をして、それで判明した。
…最後を見取れなかった俺だけど、今更ながら悲しみが襲ってきたよ。
みんなは親を大切にしてな。したくても出来なかった俺が言う台詞じゃあないけどな。

232 :名無しさん@お大事に:2009/02/04(水) 17:56:51 ID:nwPMAIsC
ちょうど一年前の今日、父が肺炎で73才で亡くなった。
寝たきりで介護してたので、いつも一緒にいたから、
いつかはみんな死ぬってわかってても、信じられず
半年たっても、ぽっかり穴があいたような気持ちだった。
よく、去年の今頃はまだいたんだよな〜とか思ったりしたけど。
一年って早いな。でも今だに、最後を見とれなかった事が辛くてしょうがない。

233 :名無しさん@お大事に:2009/02/17(火) 12:44:16 ID:y2mce2lD
医者やってると 誰が死のうがなんも感じんは 

234 :名無しさん@お大事に:2009/02/18(水) 00:59:09 ID:rhqfW5Ky


235 :松山 赤○○ 病員 清 掃 商 事:2009/04/02(木) 15:11:59 ID:jK0lxcKQ

   愛媛県松山市です パワハラ鬱が原因で死にたいです

236 :名無しさん@お大事に:2009/04/02(木) 19:27:53 ID:HSlFzX/I
スレ違いです

237 :名無しさん@お大事に:2009/04/07(火) 20:31:44 ID:J4tTAb+c
>224 自分の親父も直腸ガン。しかし、肺炎で肺に水がたまって、流動食と血
便の貧血で栄養状態も悪いので、手術も受けられない。見舞いも毎日行けるのに
見るのがつらいのと話すことがないので、週に2回母と行くだけ。毎日が不安と
憂鬱。何かいい見舞いの方法はないものか。

238 :名無しさん@お大事に:2009/04/10(金) 03:26:02 ID:sqWM8pxA
>>237いいお見舞いなんて関係ないと思います。
お見舞いができるだけでも感謝しなきゃ。
人の命はいつ尽きるのかわからないのだから。


239 :名無しさん@お大事に:2009/04/17(金) 16:16:30 ID:e+1Asoty
>>1 さんは元気にしているのだろうか?
私の母と同じ時期に他界したので気になっています

240 :名無しさん@お大事に:2009/04/18(土) 15:34:04 ID:SEDUl38L
俺親父が死んだとき嬉しかったけどな。 金も入ったし、みんな少々潤ったよ。
どんな親父かは最初の一行を読めばわかると思う。 人のことを見下し、自分より
馬鹿な人間をゴミクズカス呼ばわりするような人間だった。 ただ妹のことは溺愛して
たな。 そのせいか妹も親父の生き写しみたいになってきて見てるだけで殺意を感じるように
なった。 ガキの頃からよく理不尽なことで殴られたりした。 そんな奴が死んだんだ。
嬉しくてたまらなかったよ当時からね。 親戚の人もなんか慰めてきたりしたけど正直笑いを
こらえるのが大変でしょうがなかったよwww でも何より俺以上に解放されたのが
母さんだろうな。 顔色あんま良くなかったけど糞親父死んでからなんか人が変ったように
明るくなったしなwww なんか世の中人が死ぬのは悲しいことだと思ってるやつ多いけど
そんなことばかりじゃない。 一人の人間が死ねば悲しむ者と同時に喜ぶ者もいるということだ。
俺はあの糞野郎と同じ墓に入るのは絶対に嫌だから別の墓をすでに予約しといた。
業者にも理由をはっきり言ったしな。 まあこの話は過保護に育てられたお坊ちゃんお譲ちゃんには
理解できんだろう。 親を憎むものにしか理解できない。 俺の文章に怒りを感じるという
ことは幸せな奴ということだ。 

241 :名無しさん@お大事に:2009/04/18(土) 18:20:01 ID:L4yKFkXE
>>240

俺の親父、アル中で、しかも酒酔い運転常習だったから、死んだときガッツポーズしたよ。
これで、いつ警察から呼び出しが来るかもしれないかとビクビクする生活から開放されると思ったら、
死んでくれてありがとうだった。俺自身、親父の家での飲酒状況を調べるために調書を何度も取られたし、
警察からの連絡で、道端で酔いつぶれてる親父を回収に行ったのは数知れず・・・。
交通事故も2回。でもトラックと衝突して軽症ですむ悪運の強さ。
もう、俺が自殺でもしようかと思ったけど、親父あっさり脳卒中で死んじまった。
あの時の開放感と言ったら、人生で一番だった。金はぜんぜん入らなかったけどな。

普通の親を持ってて、素直に死を悲しめるってことは、幸せだよな。

242 :名無しさん@お大事に:2009/04/18(土) 19:07:45 ID:SEDUl38L
>>241
そっちもさぞ辛かったろう。 今の人生楽しんでるか? でも死んで感謝される
人間にだけはなりたくないな。 普通がいかに幸せかは俺達のような人間にしか
わかるまい。

243 :名無しさん@お大事に:2009/04/18(土) 22:28:33 ID:fL7qpPZY
>>240
>>241
二人とも羨ましいぜ。

妹も他界し、母も他界し、父と俺だけが生き残っちまった。
今は父とは他人同然の暮らしをしてる。
最初の頃はなんとか家族らしくと思ったけど、やっぱ無理だわ。
一緒にいると憎しみ合うだけだと確信したから、距離を置くようにしてる。
人の話聞かないし、何か話すと人を見下すことしかしないし、
外面はいいんだけど身内に対しては畜生みたいな親父だからな。

父が生きている限り結婚とか考えられねぇ。


244 :名無しさん@お大事に:2009/04/21(火) 10:24:54 ID:IjCH9OAo
>>243
うちんとこも似てる。
中学まではどうにか気づかせようとしてたんだが
親に口答えするなんて=こいつを躾けなきゃならない
みたいな思考に入るから暴力を助長するだけだった

高校ぐらいから諦めて放置してたんだが、
飯を一緒に食えだの家族で一緒に居ろだの・・・
しまいにゃ『こんなものがあるから』とスーファミぶち壊したよ
いや、理不尽に傷つける人がいてそれを考えるとストレスになるから
たぶん、だからゲームに没頭するのだがね

日に日に屑になっていくな
もう誰も、彼には口答えはしないからね

こんな風に親を言うのは嫌だけど
諦めたことで憎まずに済むようになったんだ
社会人になった今は幸せだよ
親に頼らずに生きていけるから

いろんな本を読んだりしながら性格を直して
たぶん人の話は聞けるようになったし
暴力に訴えようという発想もほぼゼロになったし
短気を起こしてるときに行動を起こすこともなくなった
それでも人並みの行動ができている自信がない
傍から見れば親と50歩100歩じゃないかとか

今のところ、付き合ってる彼女の前では
悲しませることはしていないつもりだけど
どこまでそれを維持できるだろう
いつか爆弾を落ちてダメになってしまうんじゃないかとか
そういう不安感がぬぐえない

出来れば幸せな家族ってのを作ってみたいが
それってどんなものなんだろう?


245 :名無しさん@お大事に:2009/07/13(月) 23:49:53 ID:+Vm6UsJ8
>244
冷やかに自分を見つめられるならば問題はないと思うが・・・・・
>付き合ってる彼女の前では
ここに少し引っかかりを覚えるけど・・・ね?

まあともあれ、死んで惜しまれる人間にはなりたいものだ。

246 :名無しさん@お大事に:2009/08/27(木) 01:09:06 ID:yGLRzG0w
早く逝け

247 :名無しさん@お大事に:2009/09/17(木) 18:14:38 ID:Mylzghee
俺は親父を誰よりも尊敬している。
2年前、胃癌で全摘の手術をした。リンパやあちこちに転移していると
いうことで手術は成功したが持って一年くらいと言われました。

去年は全快とまではいかないと思うが、かなり元気だった。何度か検査
入院といって入退院を繰り返していた。外出も自由だったので殆ど見舞
いもいかなかった。俺に心配かけまいと入院保険がおりるから金になる
と嬉しそうだった。自分で運転どんどんしてるし一緒に出かけたりする
ことも少なかった。今からおもうと年末位から元気が少しなくなってき
てました。今年に入り、正月が終わったころ再度入院。また稼いで来る
からとつらいのに元気な姿で。退院後、

ここまでずっと楽観的に考えていた。
今年に入って痛みとの闘いが始まった。親父もゆとりが消えていたのか
去年のような笑顔がだんだんと少なくなっていた。兄弟と治療費等のも
めごとなんか起こしてる場合じゃないのに。普段泣かない親父が3度程
俺に涙を見せた。でも楽観視していた。

今年半分を生き、七夕の翌日他界へと旅立っていきました。
俺は何度も泣いた。今でも泣いた。親父ゴメン。何もしてやれなかった。
病気が親父の楽しみを全て奪っていった。親父が書き遺した3か月の日記
俺は涙を今でもあふれてきます。

248 :名無しさん@お大事に:2009/09/18(金) 00:07:50 ID:5rkEODMq
高校生以上で親父を憎みながらも同居している奴って何? 1人で生活も出来ない癖に口だけは一人前なのは感心します。

249 :名無しさん@お大事に:2009/10/07(水) 23:56:37 ID:cGf15TSq
>248 同意


250 :名無しさん@お大事に:2009/10/08(木) 20:26:34 ID:+fprTtE9
短パンまん

251 :名無しさん@お大事に:2009/10/24(土) 08:12:14 ID:FdNsveT4
たんぱ ん

252 :名無しさん@お大事に:2009/10/25(日) 08:34:36 ID:vx1X/Sk/
孫まにあわなくて
申し訳ない

253 :名無しさん@お大事に:2009/10/25(日) 15:10:11 ID:6soJ1c7U
たん ぱん

254 :名無しさん@お大事に:2009/10/26(月) 00:01:58 ID:3zwJ8c8S
親 痔がしみますって…泣き叫んでるよ… 


255 :注目:2009/10/28(水) 10:54:23 ID:bQwh4upG
224395751953124



中学生が 自主制作ハメ撮りAV 売り捌いてたらしい ★12
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1256682280/


まとめwiki
http://www31.atwiki.jp/shotakon_pachinkas/




305084228515624

256 :名無しさん@お大事に:2009/11/01(日) 19:55:51 ID:5ju5vNo6

ヘラヘラ病

http://uproda11.2ch-library.com/208239FIq/11208239.jpg

257 :名無しさん@お大事に:2009/11/03(火) 23:16:55 ID:G2fix7gu
親 痔が凍みますって… 


うなってたぉ

258 :名無しさん@お大事に:2009/11/04(水) 20:31:32 ID:mpqsMvHn
ユキオ

259 :名無しさん@お大事に:2009/11/06(金) 13:40:34 ID:Ssb1IIRI
父が去年他界した。
私が中学生の時に親が離婚してからまともに連絡とってなくて、
いきなり父方の親戚から連絡きたら入院してる、と。
正直はじめは軽く考えててきっと病室はいったら笑顔で
「よく来たなぁ」って言われるんだろうって。
漠然とそんな想像していた。
でもいざ病院についてみると危篤で
ろくに会話も出来ない出来ないくらいだった。
呆然としていると医者に呼ばれて、
「考える猶予がありません、今が決断のときです」
と言われた。
もう手術しても治る見込みはなくて、
万が一成功しても植物状態になる、と。
親戚も長女の私に任せる、と。
父の顔を見に行くと、
「また泣いてるのか、お前は昔から泣き虫だったな」
と言われて余計に涙が止まらなかった。
私が医者に「もうこれ以上苦しめないで」とお願いして、
痛み止め以外の薬の投与をやめてもらった。
泣きながら父に話しかけると、
父は朦朧とした意識のなかで
「早く家に帰ろうか」と。
もう離れて住んで3年にもなるのに。
ろくに連絡も取ってなかったのに。
最後に私にそう告げて、父はゆっくりを目を閉じた。

ただただ悲しくて寂しくて
親戚のひとが手続きをしているのを
遠くのほうで見ていると、
親しいおばさんに
「あんたが来るまでまともに会話も出来なかったのよ。
でもあんたとちゃんと会話できていたでしょ?
朦朧としてたけど分かったのね」と言われた。
うれしかったけど、余計に寂しくなった。
ちゃんと連絡とればよかった。
バイトなんか休んでもっと会えばよかった。
もっと甘えておけばよかった。


だから両親が健康のうちに
言いたいこともやりたいことも、
ちゃんとすべきだと思う。
二十歳の女がちょっと語ってみました。
長文スマソ

260 :名無しさん@お大事に:2009/11/06(金) 16:05:28 ID:TBrCBeWd
俺も父が死んだ。
リストラされた後だった。
仕事を探しても無くて、絶望していた。
なんで死んだのか記憶にない。
俺を叱ってばかりだった父。
俺は泣かなかった。
因果応報、ざまあみろと思った。

最近思う。俺は鬼畜だったのかな、と。

261 :名無しさん@お大事に:2009/11/07(土) 05:33:36 ID:onLhxQXa
小学生の時に、父親が亡くなったクラスメイトがいた。
癌だったらしく治療費がかかるから自殺をしたという
うわさを聞いた。
子供ながらにショックを受けた記憶が残っている。


262 :名無しさん@お大事に:2009/11/27(金) 20:34:22 ID:+c8TGYjF
>>260
鬼畜ではない。
それが普通や。

263 :名無しさん@お大事に:2009/12/06(日) 22:09:53 ID:yZx8O+NF
親父が亡くなって三週間経つ。
いまだに夕方になると病院に行かなきゃ、と気があせる。
直ぐに「あぁ…もう、いいんだ」って気付く。
毎晩病院に通う事が、日々の日課になってて、夜寝る時も
そして朝も、目覚めた瞬間から病院にいる親父の事を考えてた。
亡くなる前夜、俺の夢枕に立って「身体に気を付けろよ」って言ってった。
お袋の時もそうだったけど、最後に姉と一緒に立ち会えた俺達家族は幸せ者でした。

264 :名無しさん@お大事に:2009/12/12(土) 02:35:53 ID:8Y/BlXK9
わたしも立ち会えたことだけでも幸せだったと思っています。
2年経ちます。
最愛のひとを、最後に見送ってあげられたのですから。
ひとりで逝かずに済んだのですから。
感謝の気持ちを伝えることができたのですから。
最愛の家族が見守ってあげられたのですから。
そうではないひとがたくさんいます。
あなたは最後の親孝行がちゃんとできたのですよ。


265 :名無しさん@お大事に:2009/12/16(水) 21:41:28 ID:6EZ+Jiam
↑264
遅レスだが遺族に看取られてとか死ぬ側にとっちゃ関係ないと思う。 逆にみなと別れてあの世に行きたくないという思いで、さらに絶望するのでは。 俺は絶対そう。 生きてるうちがすべて。 死んだら葬式なんていらない。 海に放り投げてもらっていい。死んだら感情もないんだし

266 :名無しさん@お大事に:2009/12/16(水) 22:02:21 ID:L/TAu0zH
うん、君がそう望むのは別にいいんじゃない
んで、肉親を亡くしたことは?

267 :名無しさん@お大事に:2009/12/16(水) 22:11:06 ID:6EZ+Jiam
>>266
父親を数年前になくしたよ。 何かホッとした気持ちになった。 同じようなレスが溢れてるけど気持ちが分かる

268 :名無しさん@お大事に:2009/12/17(木) 04:35:00 ID:vvI1LBgT
父は定年になって、これから羽根を伸ばそうと思ってたし、
俺もやっと外に出られるようになって、孫もできて
父のしてた仕事を共通の話題にして、父と同じ趣味にも触れてみて
これからいっぱい親孝行できるかなと思ってたのに。

今年に入って、ゴールデンウィークから、みんなで旅行ばっかりしてて
あそこに行きたいここに行きたい、
いつかもう一度昔住んでた所に行ってみようって。

この半年が、これだけ楽しかったんだから
健康ならあと10年、病気したから5年、短くても3年、
1年、半年でも良かった。一緒にやりたいこといっぱいあったのに。
なんで急に、いつ死ぬか分からないとかそういう話になるんだ。
そんなんじゃ何もしてやれないじゃん

269 :名無しさん@お大事に:2009/12/17(木) 09:41:33 ID:YZF+Miqr
↑これまでのレスでも見てとれるように男はえてして父親の死には心動かず、母親の死には絶望するもの。 お前は幸せなやつだ

270 :名無しさん@お大事に:2009/12/18(金) 16:18:13 ID:bMm3UQ6R
>>268
良かったじゃん。
一週間だか三日だか知らないけど時間があるなんて。
旅行は無理でも伝いたい想いがあるなら伝えることだって出来るしさ。

事故で即死とか、何年も闘病生活を続けるのに比べれば、はるかに良いと思うよ。

271 :名無しさん@お大事に:2009/12/18(金) 23:02:53 ID:kJbyEzhc
五年以上会っていない父親が危篤で年内もつかどうかと言われた
どうしたらいいんだ
家族を捨てたあいつが大嫌いだったはずなのに涙が止まらない

272 :名無しさん@お大事に:2009/12/20(日) 08:09:10 ID:aiY2/TcK
本当に捨てられ嫌なことばかりなら涙なんて出ないはずだ。どっか連れてってもらたり遊んだ思いでがあるんだろ

273 :名無しさん@お大事に:2009/12/26(土) 20:38:22 ID:0MpFxXZx
268です。父が先日他界しました。
なんだかワケが分からないままバタバタと葬儀も終わり、
これからさみしくなるなぁと思っております。

274 :名無しさん@お大事に:2010/01/08(金) 15:43:57 ID:CR16htfh
>>260 俺も父が死んだ。 リストラされた後だった。


● ↓ 仕事が原因で後遺症や死亡の場合は、


http://www.631931.com/

275 :名無しさん@お大事に:2010/01/14(木) 19:15:12 ID:bAh4/vtM
>>274
マルチで宣伝とか・・・

276 :名無しさん@お大事に:2010/01/14(木) 21:04:30 ID:aKAf3aiG
死んだ人の事を一日中考えてるなんて耐えられないから、
忘れるとは言わないまでも、考えないようにして、
日々の生活を懸命に、今まで通りの生活をできるだけ取り戻そう
って思って、それなりに調子も戻ってきた所だったのに

毎日毎日お悔やみの電話、線香、香典、香典返し、花、お菓子・・・
手続きで毎日区役所に行ったり、仏壇買いに行ったり、
忙しいこと忙しいこと、忘れられるかぁ!!

277 :名無しさん@お大事に:2010/01/15(金) 00:12:24 ID:nB9d2Ccc
親父が昨日死んだ。
いきなり血を吐いて、みるみる血圧下がって、眠るように死んでいった。

あんなに寒い夜だったのに、今朝床から棺に移す時、寝かせてた場所の畳があったかかった。



278 :名無しさん@お大事に:2010/01/16(土) 10:14:38 ID:hLSqCB4p
いつか来ると分かっていても、
家族との別れだけは忍びがたいですね

279 :名無しさん@お大事に:2010/02/02(火) 13:09:31 ID:7AJMq4ZH
>>274
むさい臭い.com ?

280 :名無しさん@お大事に:2010/02/02(火) 14:49:41 ID:jwaP/ME8
俺の親父は大動脈瘤の手術の後1週間で死んだ、まだ49歳だった
手術自体は成功したが、血栓が肝臓の毛細血管に詰まって
壊死し、多臓器不全?になってどうにもならなかったらしい
俺は親父が死んだあとに医者から知らされた

手術の後、麻酔がなかなか切れず5日間眠り続けて心配したが
目が覚めて、これで親父は助かったいつでもこれから会えるなと思って
30分ほど話をしただけで仕事に帰ったが
2日後に容態が急変してそのまま帰らぬ人になってしまった

もしかしたら俺が仕事に行かなくて付きっきりで居たら助かったかも
しれないって今でも後悔してる

俺が喪主だったんで葬式の手配は目が回る位の忙しさだったけど
準備の最中、一段落ついたので隣のおばちゃんがおにぎりとお茶を
淹れてくれて有難く頂いたが一口食べた瞬間涙が止まらなくなった
死んだことを認めたくなかった

親に孫の顔を見せるのが最大の親孝行だと個人的に思うのだが
俺は結婚相手も見つけられない毒男だ

親孝行も出来ずに逝かれると、自分の情けなさに死にたくなる

長文すまん



281 :名無しさん@お大事に:2010/02/04(木) 08:54:30 ID:bFfEQumf
どの人生も正解

282 :名無しさん@お大事に:2010/02/04(木) 12:37:10 ID:7D7jhBwJ
>>280
これからは同じ思いをしないように生きていけばいいんじゃないかなと、思った。

283 :名無しさん@お大事に:2010/02/04(木) 21:49:10 ID:3tbwV9ol
俺の親父は46歳で死んだ。
急性骨髄性白血病だったけれど発見から4年半生きてくれた。
親父が死んだ時、おふくろもまだ若かったから1人で姉貴と俺を育ててくれた。
やがて俺も姉貴も結婚して子供が生まれて、おふくろもおばあちゃんになり
これからは孫と楽しく暮らせるねって言っていた矢先、姉貴が入院した。
病名はリンパ芽球性リンパ腫。
一時は寛解って言われて退院できたんだ。
だけどガン細胞が生き残っていたらしい。
退院から3ヶ月で病院に逆戻り。
危篤だって電話もらって慌てて飛行機を予約して飛んで行った。
手をにぎって耳元でずーっと「子供がまだ小さいんだから死ぬな」って話しかけた。
医者からはあと3日って言われていたのにな。
だけどその3日目、奇跡的に姉貴の意識が戻った。
それから数日して姉貴の状態を確認して家に戻った。
戻った翌日、おふくろから電話が来て「あと3ヶ月」って言われたって。
その年の夏、姉貴は病院のベッドで1人ひっそりと逝った。
1:00のラウンドの時は心電図も動いていて眠っていたって。
3:00のラウンドの時には心電図の波形は無かったって。
姉貴、看護師だったからね。
深夜勤の看護師の手をわずらわせたくなかったんだろうか…。

そして今、たった1人残ったおふくろが癌で入院している。
そうそう実家にも行っていられないんで、俺の住んでいる街の病院に転院させようと思った。
でも末期だからそれも出来ないかもしれない。
嫁が子供連れて俺の実家に行っておふくろの世話してくれている。
嫁、ありがとう。

284 :名無しさん@お大事に:2010/02/07(日) 07:45:33 ID:dl68oSOj
病気は色んなものを奪っていくけど、色んな事を教えてくれるね

285 :名無しさん@お大事に:2010/03/11(木) 16:00:15 ID:q4jktLHz
>>280

>親に孫の顔を見せるのが最大の親孝行だと個人的に思うのだが
>俺は結婚相手も見つけられない毒男だ

>親孝行も出来ずに逝かれると、自分の情けなさに死にたくなる

同じ境遇です。親父が癌再発で亡くなって半年以上経とうとして
るが、涙は今でも時々でる。楽観的に考えてた自分が情けない。
亡くなる半年前、病院の看護師に一生懸命俺を紹介していた。き
っといい嫁さんが来るのを楽しみにしてたんだろう。
去年1月から痛みがでて自分だけでは行動できなくなったとき、
仕事辞めてでも最後の半年は楽しみを与えてあげたかった。いっ
しょにいてやりたかった。お金の心配していた直前まで心配させ
てゴメンナサイ。
嫁さえも見せることができなかった。恋人さえも自慢して見せら
れる人がいなかった。本当の意味での親孝行してやれなかった。
でも親父はおれにずっと「ありがとう」と言っていた。
今でも夢にでてきます。お袋は1歳の時になくなり、家族のさ
さえのないことを実感したとき、親父への後悔がよみがえる。

痛みとたたかっていた去年を思い出すと、申し訳ない気分でい
っぱいです。ごめんな、親父。



286 :名無しさん@お大事に:2010/03/13(土) 03:45:31 ID:UfkJkwkJ
ふとこのスレに来たんだけど

読んだら
涙止まらないな



287 :名無しさん@お大事に:2010/03/18(木) 09:54:42 ID:LuXmEMOn
大切なものは、失って初めて分かるものだね

288 :名無しさん@お大事に:2010/03/18(木) 22:16:17 ID:2YyualWF
父は突然死んでしまった。たった52歳で。原因はくも膜下出血。
朝、元気に出かけて行ったと思ったら現地で倒れてそのまま近くの病院に運ばれ、
その後意識は戻らずに逝ってしまった。
病床では生命維持装置に繋がれてて、担当医の方もベストを尽くしてくれたのだけれども
最後にはもう完全に助かる見込みがなく、装置の力で延命しているだけになってしまった。
倒れてから二週間後、あと数日間は延命が効くが、もう後は体の端の方から死んでいって父はひどく醜い
姿になり、心臓だけが生きている状態になってそして死ぬと担当医の方に告げられた。
大好きな父がそんな風になってほしくなかったから、そこで装置を取り外すことにした。
どうせ先は長くないのだから、とか考えたくなかったけれど、そうしたのは正解だったと思っている。
自分の中の父のイメージが、健常な、綺麗なままで心の中に残るというのは大切だと思っているから。
もし、父が死んでしまうかそれとも基地外になって生還するかの二択を迫られたら、答えられなかった、
あるいは誤解を恐れずに言えば前者を選択したかもしれない。

でも、このスレを読んでたら同じような年で父を亡くした人がたくさん居て、悲しみを味わったのは
自分だけではないと思うとただ鬱々としているわけにはいかないと思った。

289 :名無しさん@お大事に:2010/03/21(日) 07:05:13 ID:uSxfxTCw
>>286
>>287
親父死んだ♪
おめでとう!

・・・な会話ばかりだった気がするが、何に感動したんだ?

290 :名無しさん@お大事に:2010/03/31(水) 18:29:52 ID:UVr9/z1p
入院生活に関する板で親父の病気死亡に関するお涙ちょうだい話の板じゃない
出ていけ白痴ども

291 :名無しさん@お大事に:2010/06/05(土) 15:55:38 ID:azH/bTB1
心筋梗塞で倒れて入院。
持病や年齢やいろいろなことから意識が戻ることも
状況の回復も100%と言っていいほどないそうだ。
いつ死んでもおかしくないという状態で1週間たった。
死を待つばかり。それしかできない。
父本人は意識不明だからどうかわからんが、私たち親族の心身がキツイ。


292 :名無しさん@お大事に:2010/06/05(土) 23:08:45 ID:171VU7TC
裏山

293 :名無しさん@お大事に:2010/06/09(水) 06:12:04 ID:2O1eL5v/
お涙ちょうだい

294 :名無しさん@お大事に:2010/06/09(水) 21:01:08 ID:au1QKvj4
やるからもう来るな

295 :名無しさん@お大事に:2010/06/13(日) 18:41:01 ID:eZ1m8gT3
親父が癌で入院中、弱々しい声で「苦しい・・・」ばっか言ってる。
苦しんでる姿見ると言葉が出なくなる。
こんな状態で内定祝い買ってやるとか言われても何買えってんだよ。

296 :名無しさん@お大事に:2010/06/14(月) 09:33:47 ID:WEuAYPhg
>>295
親父さんとしては何かしてやりたいという思いが強いのではないのかな?
何かもらったら?

297 :名無しさん@お大事に:2010/06/17(木) 00:25:19 ID:Q6hZSRw2
☆*★ 臨死体験について語ろう ★*☆ (オカルト板)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1276525184/l50



116 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)