2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文学】ノーベル文学賞、10/9午後1時(日本時間同8時)に発表!村上春樹氏の受賞なるか?

1 :どあらφ ★:2008/10/03(金) 21:37:40 ID:???0
ノーベル文学賞は9日発表

スウェーデン王立アカデミーは3日、今年のノーベル文学賞を9日午後1時
(日本時間同8時)に発表することを明らかにした。

日本の作家村上春樹氏のほか、イタリア人作家クラウディオ・マグリス氏らが
有力候補として取りざたされている。

引用元
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008100300813

ノーベル賞:文学賞は9日に発表

スウェーデン・アカデミーは3日、ノーベル文学賞は9日午後1時(日本時間午後8時)
に発表すると明らかにした。ノーベル賞6部門のうち、文学賞だけは、直前まで
発表日が確定しないのが慣例となっている。

引用元
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20081004k0000m040030000c.html

Nobelprize.org
http://nobelprize.org/
Der Nobelpreis
http://www.nobelpreis.org/
Svenska Akademien
http://www.svenskaakademien.se/

2 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:38:26 ID:vH2af2Fj0


3 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:38:41 ID:uIJCjZQz0
あるあるw

4 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:38:54 ID:ouGqkqrn0
やれやれ
毎年同じ内容でスレが立つな
まだまだ春樹の番は回ってこないよ

5 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:39:17 ID:a0MowKWZ0
あと10年くらい?

6 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:40:03 ID:nYqb7PZ2O
やれやれ

7 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:40:06 ID:Iz9Pdngs0
かつての遠藤周作・安倍公房状態だな

8 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:40:17 ID:kZPjxdoE0
朝鮮人がファビョるから獲らないでいいよ。

9 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:40:38 ID:W8EfUw7M0
日本で春樹以外っていないよね?

10 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:41:25 ID:PS6InZXg0
おいキスギ、ここは酷いノーベル賞だよ

11 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:42:33 ID:Z3FIfHgv0
つーか春樹の作品
5、6冊よんでるけど、何故こんな評価高いの?
どれ読んでも普通って感じで、凄いとか感動はしないんだが・・・

12 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:42:38 ID:/aOJU2tw0
彼は在日


13 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:42:49 ID:bQwTLRFJO
将来、直木賞芥川賞みたくラノベ出身がノーベル賞とったら面白いんだけどなw

14 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:42:51 ID:kWs2r60qO
乙一とるかもな

15 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:43:01 ID:Dx3wQZvk0
毎年、マスゴミの空騒ぎがうざいノーベル賞。
毎年毎年、空想と願望の妄想記事ばかり書きやがって、
たまにはまともに取材して受賞者を当ててみやがれってんだ。

16 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:44:07 ID:qGHIkUgaO
村上春樹は好きで大体読んでるけど、ノーベル賞にふさわしいかと言うとなんか違う気もする。

17 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:44:15 ID:Iz9Pdngs0
山田悠介もいい線いってるかもな

18 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:46:13 ID:SxubfDN/0
言いにくいが、正直、春樹より龍のほうが好き

19 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:46:18 ID:cIfLOCFp0
「ノルウェーの森」のやつか?

「スェーデンの森」ってタイトルだったら可能性あがったな

20 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:46:28 ID:7EfVE0yF0
川端康成あたりを読んだことある人、可能性があるか予想してみて下さい。

21 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:46:39 ID:dwSXrp8MO
坊垣内泰

22 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:47:00 ID:rDyIz2sN0
芥川・直木賞は作品に対する賞なんだよな
ノーベル賞って作者に対する賞なん?
どの作品でノーベル賞をとったか分かるの?

村上春樹って年齢によって作風がガラリと変わるから
どの年代の春樹が受章するんだか知りたい。

23 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:47:02 ID:Mkayj9k/0
各国持ち回りだから当分ないんじゃまいか

24 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:47:42 ID:MWqlPRRv0



賞欲しくて反日発言始めた人。wwwwwwwww

25 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:48:06 ID:VGhsJF2dO
日本より海外のが評価高いらしいね

26 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:48:09 ID:9LyzxgF30
村上の小説は好きなんで全部読んでるけど、大層な賞とは無縁でいて欲しいな。
「ノルウェイの森」の時みたいな騒動は、もう勘弁。

27 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:48:10 ID:/49B9Vm1O
ディランはどうしたディラン

28 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:48:10 ID:ck4QMYlS0
日本は謝罪と賠償するニダ

29 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:48:37 ID:uKJ8r23s0
古井由吉が獲るよ

30 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:49:08 ID:LTbVLYoe0
>>26
ごめんなさい
映画化で騒ぎまくりますW

31 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:49:37 ID:yWF11y8+0
ないないw

32 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:50:37 ID:sgZ7LHPY0
学問の部類ならわかるけど、文学賞だの平和賞だのわけわからん

33 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:51:25 ID:a/BcnQ2MO
1番有名な作品が中学生と日本最高のジョカトーレが読むような小説でしょ?

34 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:51:41 ID:0kEBcslM0
川端康成、大江健三郎に次いで3人目なるか?

35 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:51:45 ID:QTOdvA050
>>17
まあ、翻訳で評価されるんだから日本より評価されるかもな

36 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:52:26 ID:mhsn1Zdg0
じゃ俺もお約束の「やれやれ」w

37 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:52:55 ID:z2GM8hVT0
小説読んで、
小沢健二みたいなルックスなんだろうなって
勝手に想像してたんで、
顔写真を初めて見たときの衝撃たるや…

38 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:53:35 ID:zL6IYRvW0
ねーよwwww

39 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:53:46 ID:85ivQm3B0

>>33
わかりやすい釣りだな



40 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:54:02 ID:XzIGKpql0
若い頃初めて読んだ時はそれなりに面白いと思ったけど
今読み返すとどれも主人公がこいつの気障な性格そのまんまで
なんかイライラしてくる

41 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:54:15 ID:rDyIz2sN0
>>37
山下達郎もショックがでかい

42 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:54:35 ID:ObVL+J2G0
やれやれ

43 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:54:38 ID:2x+/bXce0
のりりんも受賞?

44 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:54:43 ID:AZM0rv0k0
ノーベル文学賞と平和賞は名誉ノーベル賞だよな?

45 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:55:18 ID:HiGzf8NFO
>>33
もう一人のカンブリアと勘違いしてないか?

46 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:55:31 ID:PN5h/K970
ノーベル賞が発表されるたんびにダイオードの教授のところまで行くやつなんなの?

47 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:57:09 ID:oRB/JBo/0
文学賞と平和賞はいらねーだろ
化学とか物理の方がよっぽど役に立つわ

48 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:57:19 ID:ub5BIOWA0
文学に限らず、もうずいぶん日本からノーベル賞出てないな

49 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:57:42 ID:Seleq9Xw0
短編だと、「中国行きのスローボート」「納屋を焼く」「ある晴れた朝に100%のおにゃのこ」「最後の午後の芝生」

長編だと、「ダンス×3」「ねじまき鳥」


50 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:58:31 ID:yZjUyj9W0
>>37
鶴太郎だもんなwww

51 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:58:50 ID:bryWz5JJ0
村上春樹公式ソング
http://jp.youtube.com/watch?v=-mkjRkI5p6Y

52 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:59:09 ID:t2HrH2hP0
文学賞って政治のカホリが強くてどうも・・・

53 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:59:12 ID:v1tGwXv60
大江は貰うのにかなり工作したらしいな
恥ずかしいわ

54 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 21:59:53 ID:AvdQvF8P0
ここまでやれやれなし

やれやれ…

55 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:00:27 ID:ViBzs5Ds0
>>41
まあ山下の場合は自身でそれネタにしてるというかなんというか、
潔さがあるよな。

56 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:00:32 ID:n2qfKvpK0
こいつより片岡義夫の方が好き

57 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:01:12 ID:cK06+ILA0
村上春樹はテレビの某CMにランナー役で出てたことあるよねマジで。

58 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:02:17 ID:gqdJ9T+vO
風物詩

59 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:02:54 ID:MGIhcHKc0
>>48
白川英樹 2000年 化学賞 導電性高分子の発見と発展。
野依良治 2001年 化学賞 キラル触媒による不斉合成反応の研究。
小柴昌俊 2002年 物理学賞 天体物理学とくに宇宙ニュートリノの検出に対するパイオニア的貢献。
田中耕一 2002年 化学賞 生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発。


そこそこ最近じゃないか?

60 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:03:23 ID:L78MuqpX0
開高健にとって欲しかった。

61 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:04:11 ID:BVKHy4mv0
大江のノーベル文学賞は汚点

62 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:04:19 ID:9LyzxgF30
>>30
ゲッ、知らなかった。

63 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:04:45 ID:ViBzs5Ds0
村上春樹がニーベル賞なんかとったらロッシーニを聴きながら
肛門からスパゲティー食ってやるよwwwww
とか毎年言ってるんだけど、内心、結構ビビッています。

64 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:05:41 ID:mhsn1Zdg0
>>62
本屋に行くと「映画化決定!」の腰巻つけた文庫版が平積みw

65 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:06:50 ID:AZM0rv0k0
だれが出るの?

66 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:07:03 ID:44xdtjsq0
恋空の美嘉がノーベル賞もらえる可能性はないの?

67 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:08:58 ID:YLzNmKmOO
なんちゃら細胞作った京大の教授は確実なんじゃない?

68 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:09:54 ID:P9/xWs+A0
もうそろそろくれてもいいんじゃないの? ずいぶん金も使ってるのだろうし?
春樹程度ではまだまだって感じもしないでもないけど、そんなことはどうでも
いいじゃん。ノーベル賞って冠がつけば、当座はばかすか売れるんだから。大
江さんのほど春樹は思想もないから深くないし、いっそうみんなに呼んでもら
えるだろうし。そろそろ取れるよね。でももう少しいい作家がいるといいね。

69 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:12:44 ID:EBv2IJF70
海外で受けがいいのは原文が翻訳調だからじゃないの?

70 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:12:51 ID:WyUe4HKr0
中国の反体制作家とか、北朝鮮の反体制作家がでてくれば間違いなんだけどな。

71 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:12:54 ID:A4FA/id70
国際的には村上春樹はいつノーベル賞をとってもおかしくない。
逆にいうと来年でもいいから今年受賞する必然性はない。
今年というタイムリーさでいうなら、中国の反体制作家が一番可能性が高い。

72 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:13:01 ID:zHWj0KwdO
山中教授に注目な 村上春樹よりはるかに可能性あるよ今年

73 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:14:16 ID:WS0ezIUy0
村上の小説は海外でも受けてるんだよな

74 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:15:08 ID:h3BIosv30
村上龍でいいよ。

75 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:16:32 ID:KgoGDH770
今年はとれるかな



みたいな。

76 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:18:11 ID:4PuMTzR50
井上靖は、まだ受賞しないのか

77 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:21:03 ID:gqdJ9T+vO
ここはひとつパープルさんで…

78 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:21:35 ID:6Oebdu6+0
飴玉

79 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:23:15 ID:kfnYUB8bO
おい!安部公房はどうした!

80 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:24:03 ID:2ufCgdFq0
官能小説が取れるのか

81 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:24:20 ID:wPdQ7e4u0
ノルウェーの森ってエロイよな?

82 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:25:33 ID:ObVL+J2G0
>>37
三宅裕司そっくりで笑ったなー
この顔がこれ書くかみたいな

83 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:25:44 ID:EMcrT8RV0
日本からは何十人もノーベル受賞が出ているが、
韓国も10人くらいはいるの?

84 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:25:50 ID:tUY0G/yW0
まあ、世界文学ってことだったら日本では村上春樹くらいしかいないだろうな。
劇団ひとりとかアントニオ猪木でもいいけど。

85 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:26:00 ID:2/uU2uUKO
ホームレス中学生じゃダメなの?

86 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:26:45 ID:zM8Ztc1W0
この賞は政治的なことさえしてればカスみたいな作家にもやったりするからしょうもない

87 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:26:56 ID:7Tw5sBct0
>>79
死んでる人は受賞できません><

88 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:26:57 ID:wYe0GDuF0
ノーベル賞欲しさに急にオウム事件のインタビューとか始めちゃって、
資質に合わない社会派を無理やり気取りだしてウンザリだわ。

89 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:27:24 ID:KbNgYvf+0
>>82
槙原敬之もショッキングだった、オレは

90 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:29:02 ID:7wLon3Gb0
最後の決め手はやっぱり肌の色だろうな。

91 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:29:20 ID:XhZH2RKq0
村上には興味ないけど
面白いから取って欲しい


92 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:29:29 ID:qzrV+u060
     //;;/≠≡  大麻 ‐‐      ミミ
     ノ/;;;/   ~ヽ    ≠≡=× :::::::::::
      i;;;/ /f二!ヽi    r  __    ::::::::
      i;;| ´ヽ--‐´|    ∠`ー´ゝヾ::: ::::::
      i;;|   /  |    ヽ ̄~´    :::
      Y     /       ̄´   :::::
       |   //   ヘ        ::::::::  ジャニーズといえば大麻乱交wwww
       |    (  ,- )\       ::    
       ∧   ____二____         __ノ   
       ∧  \i__i__i__i__i フ        /
        ∧   ヽ||||||||||||/       /;;;
        ∧   (二二ノ||      /;;;;;;
         ∧       ||    /"\
          ∧      | |  /;;;    \
      ,.. -──-  ̄ ̄ ̄ ̄´        \
    ,/        `''-、             \
   ., '            ``ヽ;‐‐-, _         |
  /                   ゙i'ヾ、|         | ドピュッ ドク…
  ,!                、 i  |     /    |
  l               ┬-,.、, ヽ !. |    / /    |
  | ,            |/ ヾ、|'  |   |  |      |
  | | !  ,、 、      l     ! l |  |  |     |
  | |/ト, / ヽ lヽ l、i.   !    !  _|   |   |     |
  |  | `lヽ/////!|   l     |二_l  ,.゙r-‐'! |     . |
  !  | `''=ニ三ヨ'"|   |三二三l | (((___|  !|      |
  ゙、  !   |  |  ,!   !"T'''''T" |.    !  ! |     |
  ヽ、l.   |  |  |  /  |   ! l.      ',.  |     /

93 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:29:37 ID:QTOdqc5X0
>>86
映画にもいえる

94 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:29:46 ID:Iu5LFE8HO
おれは谷山浩子がショッキングだった

95 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:30:14 ID:ZcJwhQy3O
やだよ村上春樹

96 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:30:15 ID:UzWy3eRrO
ケータイ小説

97 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:30:16 ID:VsC3cO000
このソフィーとオマンコしたいです。。。。

98 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:30:42 ID:rmuqnL1lO
村上春の何がいいのかわからん。

99 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:31:23 ID:TVf8CrPd0
ていうか村上春樹って、ノーベル文学賞貰えるような作家か?
知名度じゃなくて、作品それ自体が。

100 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:31:31 ID:Iu5LFE8HO
三島は政治的な事、一生懸命やってたのに取れなかったな

101 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:31:40 ID:x5PCrSejO
村上春樹がノーベル賞とかマジうけるんですけど


102 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:31:48 ID:KbNgYvf+0
>>94
層化だしね

103 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:32:22 ID:YMl7DbAV0
ノーベルライトノベル賞ぐらいなら取れるだろう

104 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:33:15 ID:MOvRnaGZO
受賞したら在日認定間違い無し!

105 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:33:27 ID:yZjUyj9W0
日本の小説で英訳されてるのが、どれほどあるのか、という問題があるよな。
あっても、日本特有の問題を扱っていると、理解されないことが多いし。

106 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:33:38 ID:Iu5LFE8HO
谷山が創価というのは知らなかった
どっちかっていうと統一っぽくね?

107 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:34:13 ID:VW+nefT40
小説よりお気楽なエッセイが好きだったが、最近出さなくなったね。
てか、今長編書いてんの?

108 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:35:10 ID:C4RV0Kjn0
村山春樹うざい

109 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:38:17 ID:ulpNvMeB0
おれは羽田孜に似てると思った

110 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:41:06 ID:1g8Q8PoYO
ノーベル賞?

レイモンドカーヴァーがとってない、あのノーベル賞?

カートヴォネガットがとってない、あのノーベル賞?
サリンジャーがとってない、あのノーベル賞?

そのノーベル賞を村上春がとるの?
とるとおもってるの?
馬鹿なの?

111 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:42:27 ID:Qt1eWk6c0
村上春樹は日本の宝だよな。
あんな日本人作家は過去にいなかった。
ほんと、天才だよ。

112 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:43:36 ID:uqZpIVJH0
村上春樹とかw
受賞したら明らかに八百長

113 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:46:27 ID:YmS3cLd1O
もう貰えること決まっていて順番待ちらしいじゃん。

114 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:46:37 ID:godCnC4FO
やれやれとか英訳だとどうなるんだろ

115 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:47:51 ID:KbNgYvf+0
>>114
great

116 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:51:09 ID:Wn8Rkv3LO
>>110
アジア枠。
15年に一人はアジアから出る。大江からそろそろ15年経つ

117 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:52:21 ID:X9pf/uEP0
ノーベル賞受賞するとしたら

ほとんど英訳したヒトの手柄。

118 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:52:26 ID:Wn8Rkv3LO
>>114
Oh,shit.Jesus Christ.

119 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:53:05 ID:E5UZTJEcO
毎年候補と言われているな

120 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:53:17 ID:zgxKHgnU0
村上龍と村上春樹の違いはなにかね

121 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:53:18 ID:fMrl2e/XO
村上がすごいのかノーベル文学賞が堕ちたのか、どっち?

122 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:53:25 ID:ziJVorgl0
もはや秋の風物詩だな

そのうち季語になるぜ

123 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:53:57 ID:Ugze4kKGi
色々読んできた俺に言わせれば、、小説なんて糞の役にもたたん。読むだけ無駄。
こんなの、なんか頭良さそうな振りしてるだけ。女子供を騙してるだけ。
太宰も村上も同じ。青少年に悪影響なだけ。よって、伊具ノーペル賞でいい。

124 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:54:01 ID:rcNyaOeP0
1冊読んでその作家の評価くだすとかいうマネはアレなので
何冊か読んだけど世間の評価がさっぱりわからない

125 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:54:03 ID:UWvE67a90
発表すればわかることだろ。ほっとけよ。
まるで韓国みたいなニュースだな。

126 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:54:11 ID:godCnC4FO
>>115
やれやれ。
全然文の雰囲気が変わっちゃうな。文学作品を忠実に他言語化するには無理があるね。
特に村上春樹は言葉回しが独特だし。

127 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:54:21 ID:34PdqoPd0
>>99
他の国の質が分からんからあれだけど、日本人としては三島由紀夫以来の文豪だと思う。

128 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:54:39 ID:9LVdFGgcO

僕も最初は理解できなかったけど

風の歌を訊け

1973年のピンボール
羊をめぐる冒険

ダンス・ダンス・ダンス

のシリーズは読んどいた方がいい。
どっぷりはまれる。

129 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:56:50 ID:5pChJUfCi
>>120
普遍性の有無かと

龍もいい作品あるけどな
愛と幻想のファシズムとか

ただ、海外で受けにくいよな


取りあえずいま、北方謙三と林真理子が
春樹の落選を心から祈願してることは間違いない

130 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:56:55 ID:qHDJi+Kf0
>>114
wellwellとかちゃうんか知らんけども( ・ω・)

131 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:57:23 ID:A4FA/id70
>110の文章はどっちの意味?
どっちにもとれるよね。

1)カーバーたちが取っていないから、
同じようにレベルが高い村上春樹はとれない。
2)カーバーたちがとっていないから
彼らよりレベルが低い村上春樹はとれない。

正直、日本人でノーベル賞にふさわしかったといえるのは
谷崎と安部公房くらい。
どちらもタイミングを失してもらいそこねた(上げそこねた)んだけどね。
川端は実際谷崎が死んじゃったんであわてて次のクラスの日本人作家を探して
川端に受賞することになったとかいわれてるよ。

132 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:57:25 ID:4wIusGBT0
なんだかんだ言っても、ラノベ的小説の走りっていうのが一番大きいと思う。
出版社的にも。

133 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:58:21 ID:7oFA82Gf0
なんで大江賢三郎さんは獲れたの?

134 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:58:46 ID:/Kx73IYs0

村上春樹は言葉回しが粘着質で受付けないんだよね。

みんなは気になんないの?

135 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:59:03 ID:zgxKHgnU0
3時間
村上春樹の本読むのと
新聞読むのと
どっちが人生に役にたつかね?

136 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:59:07 ID:Qt1eWk6c0
>>126
そうか?
greatで「やれやれ」のニュアンスをうまく伝えてると思うけど。
great!じゃなくてgreat.だからな。
忠実に再現するのは無理でも雰囲気は伝わってる。

137 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:59:23 ID:XcZW45+B0
完璧な村上春樹なんてものは存在しない

138 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:59:39 ID:9jFl1sAz0
>>131
馬鹿だな、おまえw

139 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 22:59:53 ID:Wn8Rkv3LO
>>133
三島と安部工房のお陰。

140 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:00:47 ID:B+na7Jru0
川端康成が取って大江健三郎が取って
次が村上春樹だと…

なんだかなあ…日本も変わったね…


141 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:02:14 ID:Wn8Rkv3LO
投票権を持つ日本人推薦者がいるんだよね。大御所のあの人‥

142 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:05:04 ID:godCnC4FO
>>136
やれやれはやれやれ以外の表現じゃ伝わらない独特のニュアンスがある気がするw
どっちにしろ比喩表現満載の初期作品を雰囲気まんまに他言語するのは無理だろうなあ。
海外だと海辺のカフカとかが人気みたいだし。

143 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:05:12 ID:HUSR1irt0
大江が取った時点で
権威失ってるようなもの

144 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:05:59 ID:5pChJUfCi
ちなみにこの夏ヨーロッパ何ヶ国かまわったが
どの国のでかい本屋にも春樹棚があったな

スペインのバルセロナじゃ、春樹大特集の平積み
思わず読めないのに、風の歌のスペイン語文庫を買っちまった

でもあんなに大特集してるってことは
今年その機運が高まってるのかもしれんね

145 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:06:52 ID:wCSfeaxE0
あれ、村上春樹は、ザ・団塊左翼だと思ってけど、
そういった書き込みがないな。


146 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:07:49 ID:rgCDtThB0
おれはまだむらかみはるきのほんはいっさつもよんでないけど
もしのーべるちょうとったら
5さつくらいいっきによもうとおもうよ
つむだけになるきけんもたかいんだけどね
でもこういうのはいきおいがなによりもかんじんだ


147 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:10:21 ID:TPlQGmCN0
そもそもビートルズの楽曲の邦題からパクってるような作家に
ノーベル賞はどうかと思う。
作品も雰囲気だけで中身そんなにないし。

148 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:10:33 ID:EBv2IJF70
ところでノーベル取った大江の本って売れてんのか?
全然話聞かないが

149 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:11:27 ID:LNwO8/Nm0
ラノベラノベ言ってる奴は何なんだ?
ラノベがそんなに偉いのか?w

150 :地球bonbon化ガス ◆V7h4PwK6j6 :2008/10/03(金) 23:11:27 ID:fmDE8UjR0
俺も近々ノーベル文学賞をもらおうと思うんだけど、
村上春樹がドストエフスキーやカフカに影響を受けたとか言うんで、
対抗上、ブルガーコフとグリンメルスハウゼンに影響を受けたとか言っておく。

151 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:11:39 ID:Qt1eWk6c0
初期作品も全部英訳読んだけど
これがなかなかうまく訳されてるんだよ。
村上春樹の文体は英語で読んでも雰囲気が伝わる。
まあ、「風の歌を聴け」は講談社英語文庫で翻訳者も微妙なんだけど
Jay Rubinが訳したものは全部うまく訳されてる。

152 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:12:34 ID:OPPsCThz0
春樹のルックス、30代くらいの時みたが結構イメージに合っていると思った。


153 :トムソン予想:2008/10/03(金) 23:12:52 ID:G0iNHiiA0
■化学
CHARLES M. LIEBER
ナノワイヤー、ナノマテリアル

KRZYSZTOF (KRIS) MATYJASZEWSKI
原子移動ラジカル重合法

ROGER Y. TSIEN
蛍光タンパクプローブ

■物理
ANDRE K. GEIM & KOSTYA NOVOSELOV
グラフェン

VERA C. RUBIN
ダークマター

SIR ROGER PENROSE & DAN SHECHTMAN
ペンローズタイル、準結晶

■医学生理学
SHIZUO AKIRA, BRUCE A. BEUTLER & JULES A. HOFFMANN
Toll様受容体、先天性免疫

VICTOR R. AMBROS & GARY RUVKUN
遺伝子制御におけるマイクロRNAの役割

RORY COLLINS & SIR RICHARD PETO
メタ分析による臨床医学・疫学への貢献
ttp://scientific.thomsonreuters.com/nobel/nominees/

154 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:13:17 ID:ygaMzzJ40
ここでまさかのリリーフランキーがノーベル賞を・・・

155 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:14:52 ID:mhsn1Zdg0
ついでで良いから池上永一に直木賞あげてくれ

156 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:15:18 ID:lJcHMYLp0
よーし、キョン、ノーベル賞とるわよー!!

157 :2008年イグノーベル賞:2008/10/03(金) 23:15:23 ID:G0iNHiiA0
アメーバのような動きをする 単細胞生物「真正粘菌」が
迷路の最短距離を導き出すことを発見した研究で、
北海道大の 中垣俊之准教授ら6人が認識科学賞を共同受賞した。

「日本の辞書で単細胞は頭が悪いと書かれて いるが、
単細胞はわれわれが考えてきたよりずっと賢い」と話すと、数百人の観客から 拍手と歓声を浴びた。

158 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:15:53 ID:4PuMTzR50
>>153

おお、日本人受賞か!!!

159 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:16:29 ID:FxVmFF0+0
いや、町田康に

160 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:17:35 ID:ZaiNvODi0
中学時代、同じ図書委員の女の子と『ノルウェイの森』の話で盛り上がって、
話の流れでその子に手コキしてもらったオレが来ましたよ(神に誓って実話)。
今思えばセックスしなかったのは運命だったのかなァ……

161 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:20:21 ID:mxIDCoDR0
>>147
ノルウェイの森がベストセラーになった理由のひとつは
タイトルがビートルズのパクリだったからだよな

162 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:20:50 ID:G0iNHiiA0
>>158
いや、あくまでも予想

イグノーベル賞は二年連続受賞
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1223002439/l50

163 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:24:54 ID:r7nmQ/LEO
村上春樹より筒井康隆だろ

164 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:24:58 ID:h7EOIN4S0
>>147
さすがにこういう場合はパクリとは言わないのでは・・・・

って村上春樹読んだことないけど。

165 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:25:44 ID:kchkyrSnO
激しく射精した。

166 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:28:34 ID:Vc411IZKO
>>147>>161
劇中にもビートルズの歌が登場するから
パクったんじゃなくそのまま使用してるだけなのよw
バカなの?ゆとりなの?

167 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:31:01 ID:MGIhcHKc0
>>160
ちょっとそのシチュエーションで抜いてくる。

168 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:39:02 ID:Dx5pLL5w0
俺は「あなた」歌ってたデブが子供心に放心状態だった。

169 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:42:01 ID:wnBO/uKiO
宮本輝だろ普通

170 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:42:07 ID:eIQh/HhS0
ノーベル賞は物理学賞と化学賞、医学・生理学賞以外は何ら価値を見いだせない。
特に平和賞なんて、クソ。

171 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:44:48 ID:5pChJUfCi
>169
創価学会員乙

172 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:45:42 ID:B5b7XU6qO
文学賞って何の意味があるんだ?

173 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:45:59 ID:rcNyaOeP0
>>169
別荘地でみんな死ぬ話はおもしろかったわ

174 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:46:36 ID:Pwd6lqm+0
>>14
彼女にすすめられて呼んでみたら
息子がたちっぱだった

175 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:48:20 ID:VgApwdhO0
見田海工作員が必死なスレ

176 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:50:57 ID:CfDw3Q/r0
ノーベル数学賞作って、文学賞は取りやめたほうがいいよ。
選考基準も滅茶苦茶だし、村上(笑)なんてエンターテイナーだろw
こいつに文学を見てる奴は洩れなく池沼

177 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:52:24 ID:D2VpyQBR0
大江は今春樹のことどう思ってるんだろ
この賞貰ったら春樹より早稲田のお偉いさんが大喜びするんだろうな

178 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:52:32 ID:lh/H+KFs0
名著の誉れ高いガルシア・マルケスの「百年の孤独」って
どうしても最初の辺りで挫折しちゃうんだが
読み込んで大好きな人に聞きたいけど
どういうアプローチで読めばいいのかな?




179 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:59:09 ID:34PdqoPd0
>>178
最初の一文の

「長い歳月がすぎて銃殺隊の前に立つはめになったとき、
おそらくアウレリャーノ・ブエンディーア大佐は、父親に連れられて初めて氷を見にいった、
遠い昔のあの午後を思い出したにちがいない。」

という一文の感動を余韻として残し続けて読むしかない。
萎えそうになったらもっかい冒頭に戻ってそこだけ読んで元に戻る。

あとは叙事詩の読み方の基本として、行間にどういったことがあったのかを想像しながら読む。

180 :名無しさん@恐縮です:2008/10/03(金) 23:59:53 ID:39+YwdeT0
春樹は、日本よりも海外の方が評価が高いよな
バナナや春樹のような文章が軽いのが好まれるのかね

>>178
スペイン語で読め
じいちゃんの昔話を正座しながら聴かされていて、
トイレにいきたいともいえない状態、
そんな感じの勢いで書かれてる小説

181 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:00:54 ID:Lg3uX9L30
奥泉光といとうせいこうに聞きなさい

182 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:01:29 ID:XNnwfcdV0
>>145
春樹は日本に興味がなくて、
日本を攻撃する気もないだろ

183 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:02:00 ID:8Lzf6wI70
もうノーベル賞の季節かね

184 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:02:33 ID:jC1yeIbM0
春樹は今も電車の切符をなくさないように耳に入れたりしているのだろうか?

185 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:04:51 ID:1syWMPbi0
新作早く読みたい

186 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:09:15 ID:BMRC0j2XO
>>160
その娘のパンツはかぶせてもらったのか?

187 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:10:12 ID:ORKmDTKjO
審査員の母国語で訳されたもので判断すんの?

個人的にドイツ語の邦訳が恥ずかしくなってきて読めないのよ

そういうのってあると思うんだけどどうよ?

188 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:11:24 ID:EeBlUQ/G0
村上が、ノーベル賞を受賞すれば、
早稲田大学卒業者初の(=日本の私大卒業者初の)ノーベル賞受賞者

これ豆知識な

189 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:11:52 ID:SFJwlsEP0
おれさ、作家を目指しているんだけど
ノーベル賞ってどこに応募すればいいの?
一度挑戦しようと思っているんだけど

190 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:12:32 ID:Q8aRbTWt0
子供のころにノルウェイの森を読んでめっちゃ興奮した記憶がある

191 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:16:11 ID:1O0EmRYcO
村上春樹はエンタメ小説であって文学じゃない

192 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:16:26 ID:Fd3FqV1VO
はじめて村上春樹の小説読んだ時、凄い衝撃的だったなぁ

こんな小説書く人間がいるんだと感心したの覚えてる

193 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:16:34 ID:H8zP6eta0
>>179-180

トンクス。参考にさせていただきます
なんとか読破したいでつw

194 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:17:44 ID:rBNdxC4t0
>>189
毎年6月までにノーベル出版に400枚程度の原稿送ればおk

195 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:19:31 ID:Js1cI0P30
安部公房も長生きしてたらもらえたのかな

196 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:19:40 ID:SFJwlsEP0
>>194
ノーベル出版って本当に存在してるしw

197 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:20:47 ID:nXBbICLa0
>>189
とりあえずファウスト賞に応募してコメント貰ってみたら?

198 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:21:14 ID:CkdBat+c0
春樹さして好きではないがさすがにヒガミが見苦しい奴が多い
嫌いだろうがなんだろうが狭い国内以外で評価されてるんだから受け入れろよ


199 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:21:36 ID:S1CLwrF10
いよいよ早稲田の黄金時代の再来だな!!!!!!!!!!!

200 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:21:42 ID:py62ZeegO
ちなみに平和賞はペシャワール会だろう

201 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:23:26 ID:6nePDpK3O
アジアのノーベル賞(※自然科学分野)受賞者数

日本 …9人
中国 …3人
インド …3人
台湾 …1人
パキスタン…1人
韓国 …0人←w

(※同賞の中で最も権威のある物理学、化学、生理学・医学の三分野)

202 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:24:02 ID:NRD72cgV0
<丶`∀´>

203 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:24:08 ID:SFJwlsEP0
>>197
年齢制限あるしw

204 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:24:57 ID:HI0qO8kM0
>24
kwsk

205 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:25:08 ID:I17RfX7P0
文学賞ってのが、もう時代にあってないんだよ。
ノーベルの時代は、作家が大衆文化のスーパースターだった。


206 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:26:00 ID:HI0qO8kM0
結婚式をあげて深夜に戻つてきた、そしてテレビ装置をな
にげなく気にとめた、スウィッチをいれる、画像があらわれる。
             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /           :::::::::::::::\
  | |帰国事業./ /      \   :::::::::::::::|
  | |.J(;'Д`)し.| (●      (●    ::::::::::::::|
  | | (ヽロロ  | ∪      ∪   :::::::::::::|
  | |  ||   |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/
  | |マンセー  ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|

そして三十分後、ぼくは新婦をほうっておいて、感動のあまり
に涙を流していた。それは東山千栄子氏の主演する北鮮送還の
ものがたりだった、ある日ふいに老いた美しい朝鮮の婦人が白
い朝鮮服にみをかためてしまう、そして息子の家族に自分だけ
朝鮮にかえることを申し出る……。
    このときぼくは、ああ、なんと酷い話だ、と思ったり、自分
には帰るべき朝鮮がない、なぜなら日本人だから、というよう
なとりとめないことを考えるうちに感情の平衡をうしなったの
であった。
  ―「帰るべき朝鮮がない」―大江健三郎(ノーベル賞作家)

207 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:26:13 ID:cbCFcELA0
村上春樹がノーベル賞をとったら、ビギン・ザ・ビギンをエンドレスに流してお祝いだな

208 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:26:42 ID:suyxzzIz0
ていうかついこの前このスレ見た気がするんだが
もう1年経つのかよ・・・

209 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:26:42 ID:kjXayr6m0
ノーベル文学賞って平和賞と同様どうでもいい賞だけど、

ここで大江健三郎を批判しているやつって、実際に大江の作品を
読んでいないやつが多いんじゃないの?

政治的には電波サヨクでも、小説家としては優秀というか
オリジナリティーは日本の作家ではあるほうでしょう

決してwell madeのnovelを書く人ではないから、
春樹のように、一般に受けるというわけではないけどね

210 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:28:03 ID:mNp+LvFq0
きた?

211 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:28:11 ID:9qaLjBfT0
>>198
おまえはマジで気色悪いなw
受け入れるとかいう話ではない。
村上をしっかり読んだやつの批判をおまえこそ受け入れろw

ちなみに大江を全く評価していない人も多い。
ノーベル賞受賞者(候補含む)の小説が広く受け入れられているわけではないことを知れよ、馬鹿。




212 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:28:17 ID:753hU6Pr0
ノーベル文学賞は品川庄司の品川だ。

213 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:30:14 ID:hpMIlsps0
>>128
春樹は早熟の天才でも大器晩成型でもないけど
初期のこのシリーズこそ村上春樹そのものだよな

214 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:30:33 ID:k29ltUBv0
川端→大江→村上

この次がはたして誰になるかのほうが興味ある

215 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:30:58 ID:suyxzzIz0
川端はガチ
ちょっと次元が違う

216 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:31:17 ID:jsdcsecXO
村上の小説なんてあんなの文学じゃない

世界の中心で愛を叫ぶとかあんなんと同じレベルでしょ

217 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:31:18 ID:CkdBat+c0
>>211
いきなりなにいってのお前?
個人の好き嫌いじゃなくて評価を受けれろっていってるんだけど
売れいれるとか言う話じゃないとか批判を受け入れろとか突然なにいってるんですか
きちんとした文章かいてからレスしてよ

218 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:35:40 ID:TBaaPaPSO
>>128

まさにそこにこの人のルーツがある




ノルウェーから入るか

風の歌から入るかで

見方が変わるかも

219 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:36:32 ID:dmWhlnR/0
中国人初のノーベル文学賞は、
フランスに亡命している反体制作家。

中国ではこのニュースをまったく報じていない。

トルコ人初のノーベル文学賞は、
「トルコ政府はアルメニア人100万人虐殺を認めよ」
と主張する人物。

こないだ来日して、NHKで大江健三郎と対談。

「私がトルコ国民から売国奴のように非難されたとき
頭に大江さんのことが浮かびました」
と境遇が似ていることを語っていた。

ノーベル文学賞は、冷戦時代もソ連の反体制派に送られており
文学賞を辞退したサルトルは、
「ノーベル文学賞は、西側の文化を意図的に擁護し、東西対立を推し進めている。」
と批判している。

220 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:39:15 ID:suyxzzIz0
羊をめぐる冒険は認めざるをえない
山を降りてからラストまでのわずかなページ数だけでものすごい喪失感を感じられる
村上春樹はラストシーンが上手い作家だと思う

221 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:42:38 ID:9xj6s0Tl0
セックス+暴力+少々のジャズの知識

  サルでもわかる村上春樹の公式。



222 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:43:03 ID:qke1nj590
村上春樹は文学賞獲っていいと思うがな
今じゃ模倣者がいくらもいるけど出た当時は新鮮だったんだぞ
その反思想的な内容も含めてね
江藤淳や中上や大江はみんな揃ってボロクソに叩いてたけど
あれは内心で戦慄を感じてたからだろうね
叩き方がもの凄かったから

223 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:45:07 ID:WkcJ9k4b0
マルケスの小説は我慢して読んで読了すると、
グッと心に染み入る気がする。
物語が輪となって静かに閉じるような。


224 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:48:45 ID:p21NmWYWO
風の歌を聞け                  Z会の問題で出てたな・・・・

225 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:48:48 ID:IEDQ3HWa0
●海外誌「THE AGE」 村上春樹インタビュー

「私は自分の国を心配している。
小説家として何かしなければと感じている。」

村上は、特に人気のある東京都知事で、
小説家でもある石原慎太郎のことを心配している。

「石原はとても危険な男だ。彼はアジテーターだ。
彼は中国を憎んでいる」

村上は、石原に反対す公式声明を作るための計画を練っている。
そしてこの反ナショナリズムは、彼の次回作にも織り込まれる。

東京の知識人たちは村上のことを、
「政治的な問題に無関心なポップアーティストだ」
とバカにしてきたが、それを認めることは難しくなるだろう。

http://www.theage.com.au/news/books/the-lone-wolf/2006/06/21/1150845234882.html?page=fullpage


226 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:52:58 ID:9xj6s0Tl0
>>225
結局、「戦後」の檻から一歩も出ようとしないってのを晒してるだけなんだけどな。


227 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:54:25 ID:H8zP6eta0
作家塩野七生が「ローマ人の物語」執筆に大いに参考になった
テオドール・モムゼンの「ローマ史」は
歴史書なのに文学賞獲った唯一無二の書



228 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:54:40 ID:qke1nj590
思想がないだのエンターテイナーだのいまだに言う奴がいるんだよな
思想性を作品上からとことん排除するのがまさに村上春樹の思想だろ
凄く注意深くやってるじゃね?
唯一失敗したと思えたのがアンダーグラウンドって作品とノモンハン事件の描写くらいで
あとはことごとく思想性をうまいこと抜いてるだろ
エンターテイナーとは正反対のストイックさを感じるけどな

229 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:54:46 ID:paJE93PxO
コインロッカーベイビーズは名作だと思う

230 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:55:02 ID:A+H3272Z0
村上春樹の本は、なんだかとてもプライベートな感じがして
ノーベル賞って感じでは無いんだよな
もっと個人に訴えかけてくる感じ

231 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:57:49 ID:OepcxhlwO
>>220
だよね。
ねじまき鳥はラストがだめ

232 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:57:53 ID:luQr9jPA0
わざわざ小説買って読む奴ってなんなの?
馬鹿なの?死ぬの?
ケータイでタダでいくらでも読めるのに……
そこいらにいくらでもいる素人が書いてるから
小説家先生()笑よりも百万倍共感できるし

233 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 00:59:50 ID:m6NJvBiR0
井上靖>安部公房・開高健・大江健三郎>村上春樹

234 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:01:56 ID:BHe2HLg60
>>229
釣れる?

235 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:04:50 ID:2zndLRLpO
芸術家は最も政治と距離をおくべき存在だと思うんだがね
政治家は国境をつくるのが仕事だが
芸術に国境はないのだから

236 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:05:41 ID:YeRfQGqG0
村上春樹が純文学として扱われると違和感がある
かと思えば舞城みたいなのが文学として評価されたりするし
訳分からん

237 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:06:06 ID:QNCdneY70
初期の3つとか世界の終わりは良いと思うんだけど、ノルウェイだけは良さが分からない。
なんであれが世間的には一番人気あるんだろ

238 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:07:50 ID:votECF/80
村上春樹は、何冊かトライしてみてるんだが、どうにもダメなんだよなあ……
感性があわないってーのか?


239 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:08:11 ID:7ShMmB3PO
ノルウェイは純粋に良い恋愛小説だと思う
研究者によると三島とか漱石を巧妙に取り込んだ作品らしいが

240 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:08:56 ID:FgZ2gAix0
>>219
やっぱ、サルトルはさすがだな。
哲学者は別格。

241 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:10:07 ID:/SXM/Qkn0
>>209
>政治的には電波サヨクでも、小説家としては優秀というかオリジナリティーは日本の作家ではあるほうでしょう

そりゃあの三島由紀夫が「後は大江君に任せた・・・・」って逝ってたぐらいだからな

242 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:11:22 ID:KeEHFToH0
大江の政治的発言は馬鹿みたいだけど、小説はスゴイ。

243 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:12:14 ID:7ShMmB3PO
サルトルってチビだし顔も猿みたいなのに、ヤリチンだったらしいな
羨ましい

244 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:12:22 ID:qke1nj590
>>240
いやいや
サルトルはバリバリの共産党員だぞ
だからソ連擁護だし
ソルジェニーツィンとか反ソ連の作家がもらうような賞はもらいたくないって理由なんだよ
そんなに高尚な理由じゃないよ

245 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:12:57 ID:HC6oF15I0
サルトルは素晴らしいな。


246 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:13:58 ID:HC6oF15I0
>>243
人文系の切れるオトコが滅茶苦茶もてるのがフランスw

247 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:14:30 ID:KeEHFToH0
>>244
サルトルが共産党員だったことはない

248 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:14:52 ID:OWM8/B+T0
>>228
思想がないとかエンターテイナーとかをネガティブに捉えるなよ。

>エンターテイナーとは正反対のストイックさを感じるけどな

いやいや、それこそがエンターテイナー的なストイックさです。

249 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:15:15 ID:zsuNaTAU0
間違えて上村春樹にインタビューする東スポ

250 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:15:48 ID:7ShMmB3PO
>>246
ハイデッガーもルソーもヤりまくりだったらしいからなw
凄い国だ

251 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:16:10 ID:6zFIPX1B0
やれやれ。

252 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:16:35 ID:h2O20vOHO
俺、村上春樹はあんまり好きじゃない
だけど何やってもコイツの言う通りにしかならないのが
さらに腹立たしい

253 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:18:26 ID:luQr9jPA0
サルトルって言う程すごいかぁ?
嘔吐は読んだけどそんなにって感じだった
まぁ、実存主義としての読み物としてはまぁまぁ
脱自的存在の根幹としての存在と絶え間なく超克すべき存在を
ぐだぐだぐだぐだ書いてるだけだなーっと思った
まぁ、今で言う「人生ってままならねぇなぁ」小説じゃんwwwwww

254 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:19:09 ID:qke1nj590
>>247
厳密に言ったらそうだけど
広義ではサルトルのも共産主義団体だろ
死ぬ前までフランスの若いマルクス主義者とジタバタしてたんだよ
だから結局党派対立が理由で辞退したんだよ
俺はただそんな立派な理由で辞退したんじゃないってこと言いたいだけだから
どうでもいいんだけど

255 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:19:44 ID:7nLTFCtM0
村上春樹はテレビに出るのか?

256 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:21:00 ID:tJjlrxynO
俺はフィクションより遠い太鼓とか辺境近境みたいなノンフィクションものが好きだ
遠い太鼓のイタリア話は何度読んでも笑える
もっと旅行記書いてくれればいいのに

257 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:21:01 ID:luQr9jPA0
>>250
ルソーは只の変態露出狂だろwwwwww
やりまくりっつってもあの当時はそれが普通
ハイデッガーはドイツ人だろーがwww

258 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:21:52 ID:QOL/45TZ0
嘔吐や百年の孤独ってこの先も文庫にならないのかね?

259 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:22:22 ID:EjHX6zUcO
>>209
むかし大江のオナニー小説にひいたw

260 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:22:37 ID:KeEHFToH0
>>254
お前が一番どうでもいいよw

261 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:22:41 ID:qke1nj590
>>258
なっても売れんだろ

262 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:22:48 ID:HC6oF15I0
サルトルは共産党のビラ配ってたな。
まああれは時代の流れみたいなもんだろ。
日本だって戦後共産主義がはやってGHQが取り締まっただろ。
あれと一緒だ。


263 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:23:39 ID:MaeqHm0D0
20年後くらいまで書き続けたら獲れると思う

264 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:24:08 ID:HC6oF15I0
サルトルはまあ哲学者だからな。
低俗なものにはコミットしないだろう。
ノーベル賞受賞したのはさすがだよ。


265 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:24:13 ID:mlct2vUvO
三宅裕司かとおもた

266 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:24:36 ID:HC6oF15I0
ノーベル賞辞退したのはさすがだよ

267 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:26:24 ID:HC6oF15I0
>>250
ハイデッガーはやりまくってたがドイツだぞw


268 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:27:38 ID:ZonCLURPO
やれやれ

269 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:27:52 ID:U+AzJlZy0
なんで村上春樹がこれほど評価されてるのか理解できない。。
ねじまき鳥とノルウェイの森、風の歌を聴けは読んだけど、
いまいちなんだよな〜。

おれの中では
星新一のほうが断然すごいと思うんだけど。

270 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:28:20 ID:7nLTFCtM0
サルトルみたいにやりまくる哲学者もいれば
キルケゴールとか・・・

271 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:28:50 ID:UdvMVLI3O
次のノーベル文学賞は
一杯のかけそばか
ホームレス中学生を書いた人のどちらかですね

わかります

272 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:29:49 ID:HC6oF15I0
>>270
因みにカント、ニーチェ、ウィトゲンシュタインも独身。


273 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:29:53 ID:EjHX6zUcO
ノーベル賞は平和賞と文学賞がクソ
平和賞はしょせん政治的なものだし文学賞は各国(各地域)の持ち回り
あと経済学賞も胡散臭い。とっくに有効性のない理論がパカスカ受賞してる
現実に合わない経済理論なんてカスだよ。結局まともなのは理系だけ

274 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:31:41 ID:yzNx+ojc0
ノーベル賞なんて白人のオナニー

無視したらいいよ

275 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:32:38 ID:3HgDO+44O
春樹好きな人ってビールでいうとアサヒスーパードライ好きな人だね

276 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:33:56 ID:5oyccmPJ0
限りなくノーベル文学賞に近い村上

277 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:34:09 ID:EjHX6zUcO
ギネスとかハイネケンじゃないか

278 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:34:26 ID:I7eb7wPp0
>>274
適格な評論だね

279 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:36:04 ID:fzR42QWc0
ノーベル文学賞?
kikiさんが受賞するに決まってるだろう!


アタシ
アキ
歳?
23
まぁ今年で24
(中略)
なんか
アタシ彼氏いたんだけど
飽きた
みたいな
んで今の彼氏
まぁ
トモに
出会ってさ
乗り換えた
みたいな
前彼より
顔いいし
金持ってたし
なにより
セックス
相性いいし



280 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:38:08 ID:HC6oF15I0
ミランクンデラも10年くらい候補に名が挙がってるけど
いつとるんだよって話だよなw


281 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:39:07 ID:PCszgnGv0
>>205
>>文学賞ってのが、もう時代にあってないんだよ。
>>ノーベルの時代は、作家が大衆文化のスーパースターだった。

文学賞廃止して新しく賞をつくるとしたら、何賞が出来るんだろう?

282 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:39:29 ID:70B/JXDwO
>>237
あれは現代版の夏目漱石の「こころ」なんだよ。たぶん。

「こころ」は日本人にいちばん読まれてきた小説だからね。

春樹は日本人の作家では、夏目漱石に一番関心があるそうだし。



283 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:40:13 ID:7nLTFCtM0
もうマルケス兄弟でいいよ

284 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:40:38 ID:8rJbce8Y0
賞をあげるってのは、あげる方が格上になる仕組みなんだよ。

おれもアメリカ大統領に2ch平和賞と2ch経済省あげたいよ。

285 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:40:40 ID:CuQ9QZGxO
こいつの小説つまんないよ。コインロッカーベイビーズってのをすぐ読むのやめた

286 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:42:15 ID:h2O20vOHO
経済理論は現実にあわせるんじゃなくて
現実をあわせるんだ。学問なんだから当然だろ

287 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:42:17 ID:2LvgoNNr0
キーワード: やれやれ
抽出レス数:11





やれやれ

288 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:42:17 ID:UdvMVLI3O
大川隆法は?

289 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:42:22 ID:HC6oF15I0
全ての学問のうちで最も花形の数学賞がないのに
文学賞があるって時点でおかしいんだよな


290 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:42:50 ID:PCszgnGv0
>>284
>>アメリカ大統領に2ch平和賞と2ch経済省あげたいよ。

ノ・ムヒョンにも何賞かあげてやってくらさい。

291 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:43:06 ID:m6NJvBiR0
井上靖・川端康成 > 三島由紀夫・安部公房・開高健・大江健三郎 > 村上春樹

292 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:43:27 ID:dYw0Galf0
>>273
>平和賞はしょせん政治的なものだし文学賞は各国(各地域)の持ち回り
>あと経済学賞も胡散臭い。とっくに有効性のない理論がパカスカ受賞してる

この理屈なら理数も同じなんだが

293 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:44:14 ID:J1LVZAVFO
>>285
それは村上龍ね

294 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:44:16 ID:MFm9dOxU0
ノーベル賞の村上春樹と直木賞の北村薫はもうレギュラー化しそうだな 獲れるまでw

295 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:45:18 ID:jarM7TZRO
>>285
「五分後の世界」は面白いよ!!

296 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:45:22 ID:8rJbce8Y0
>>293
あーあw なんでスルーできない?

297 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:45:41 ID:PCszgnGv0
>>288
>>大川隆法は?

人間革命のD作が先。

298 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:46:39 ID:ETXerVAE0
ことしは小林修教授がノーベル化学賞とるよ。

299 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:47:26 ID:4Jyy9HqP0
>>279

アタシ
37歳
いま飛行機
てか
ハンブルグに着くところ
雨ふってるし
地面が黒い
みたいな

やれやれ
またドイツ
て感じ


300 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:47:54 ID:qBhkLr/r0
>>236
「純文学」の自明性はもう崩壊してかれこれ30年くらいになるんじゃないかな


301 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:48:10 ID:KAFfRN6P0
現代という時代の世界観、人生観を彼は「やれやれ」という一言でいいあらわした作家である

302 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:49:00 ID:HC6oF15I0
経済学賞はホントいらねえよな
政治学とか法学とか他にもいろんな分野に優れた学者がいるのに
なぜ経済だけなのか

303 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:49:48 ID:dpqhoK/Z0
村上春樹の小説で、
アメリカの売春宿で知り合いとばったり会ったとか、
イカ墨パスタを食ったらウンチも黒くなったって、
娼婦を抱いているときに息子から電話があったとかの描写があって引いた。
セックスだけしか描けないのかよ。

304 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:49:56 ID:yUqfIplI0
>>284
2ちゃん文学賞は誰に上げようか?

305 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:50:33 ID:/U4OnAUN0
村上春樹の独特な表現はちゃんと訳にも出てるんだろうか

306 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:50:41 ID:qBhkLr/r0
>>302
学問に〜賞とかは要らないと思うよ。


307 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:50:53 ID:gcEMsEsZO
いまアンダーグラウンド読んでるんだけど、失敗作なん?

308 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:51:00 ID:Aa6dzb/90
韓国人はウンコ(詩人)がとると信じているから、
ここはぜひとも村上春樹がとって、ウンコがウンコ扱いされるとこを見てみたい。

309 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:51:15 ID:UdvMVLI3O
経済学って会社経営に成功した人こそ
あげないとね

310 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:51:43 ID:Tuprqygq0
同じ村上でも春樹と龍ではずいぶん差がついてしまったなw

311 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:52:04 ID:UdvMVLI3O
電車男(笑)

312 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:52:12 ID:qBhkLr/r0
>>303
村上春樹の小説中でセックス描写の割合は1/500くらいのもんだろ。


313 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:52:21 ID:dYw0Galf0
>>309
そういう意味じゃ春樹の本は売れてるから
貰ってもいいよな

314 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:52:25 ID:HC6oF15I0
経済学ではなく社会科学の分野とか、文学ではなく人文学の分野とか
そういうわけ方のほうが正当でいいと思うけどな。
もう今の基準は時代にそぐわなくなってきている。



315 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:52:42 ID:CuQ9QZGxO
>>307
あれは海外生活が長く世捨て人な風をしてる人間が
ああいうのを取材してまとめた、というのに意義がある。つまらんが。

316 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:53:02 ID:om+fo4wE0
龍じゃない方の村上

317 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:53:55 ID:h2O20vOHO
>>302
学問てのは一応真理を追求するから
政治や法律は国によっても違うし、
理論を積み重ねていく体系とは明らかに異質
あれは単に学が付いてるだけでしょ

318 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:54:12 ID:/U4OnAUN0
>>312
セックスセックス言う奴はまともに読んでないんだろうね。

319 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:54:30 ID:8rJbce8Y0
>>304
まず電車男は無理だな

おれは青い鳥にやりたい

320 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:54:42 ID:qBhkLr/r0
>>314
昔は社会科学=経済学だったからね。


321 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:55:47 ID:UdvMVLI3O
>>313
幸福の科学って信者一人がが平均100冊ぐらい買っているのかな?

322 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:55:57 ID:PCszgnGv0
>>279
kikiはある意味、日本的私小説の正統派なんじゃないかな。
一人称の使い方としてもリアリティーあるし。

今後は、にちゃんねらー風私小説の誕生も待ち望まれる。

323 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:55:58 ID:8rJbce8Y0
ノーベル芸術賞、ノーベル脚本賞、主演女優賞とか出して、アカデミー賞とかカンヌ映画祭をぶっつぶせ

324 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:57:06 ID:qBhkLr/r0
>>317
君にはケルゼンやハートやロールズのやった仕事が学問じゃないように思えるのか


325 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:57:32 ID:pL8vKl6nO
太田光が批判してたなぁ。



326 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:57:33 ID:HC6oF15I0
>>317
お前が余り学問を知らないのはよく分かったw

327 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:58:36 ID:UdvMVLI3O
ノーベルAV賞新設するべき

328 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:59:10 ID:/U4OnAUN0
>>327
ノーベルが可哀想だ

329 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 01:59:28 ID:v/x7iSvY0
>>309
経営と経済は全く別物でしょう
経済学者は会社とか一切関係なく研究室で
黙々と仕事してるんジャマイカ

330 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:00:03 ID:qBhkLr/r0
>>317
もう一つ。
学問というのは真理の追究というよりは、真理を創造する行為に近い。




331 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:00:54 ID:h2O20vOHO
>>326
いや一応全部やったつもりだが

332 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:01:08 ID:FUyOP2ub0
安部公房ってそんなにすごかったの?
リアルタイム世代じゃないからよくすごさがわからんのだけど

333 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:01:29 ID:UdvMVLI3O
ビルゲイツとかノーベル経済賞もらってもいいのにね

334 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:02:33 ID:4yeg5b0AO
文学本なんか滅多に読まない理系人間だが、村上春樹の本はただのエロ本と意味不明な描写しか見えなかった。
これ海辺のカフカな

335 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:02:33 ID:qBhkLr/r0
>>331
多少なりともまともに齧った人間は、決して「全部やった」などとは口にしないよw


336 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:04:43 ID:EjHX6zUcO
>>332
『砂の女』はエロイ

337 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:04:49 ID:h2O20vOHO
>>324
法理論というのは他の真理追求とはちょっと違うって言ってるだけね
普遍性はないでしょ?

338 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:05:24 ID:HC6oF15I0
>>331
全部やって>>317ってどれだけ俄かなんだよw

339 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:05:42 ID:dpqhoK/Z0
普通に、マイケル・クライトン、ジェフリー・アーチャー、アーサー・C・クラークの方が、
よっぽどもノーベル文学賞だよ。
楽しませて、どきどきさせて、考えさせてくれた、という点で。
コイツの小説は、「悩んでる高校生」レベル。
自分の悩みを読者に背負わせるなっての。
セックス野郎が。

340 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:06:02 ID:wjuXz/IBO
ノルウェーの森は野外手コキが気持ち良さそうだなという印象しかない。

341 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:06:15 ID:Hg6ZVM2T0
>>327
日本独占するだろ

342 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:07:19 ID:qBhkLr/r0
>>341
アメリカのポルノを舐めちゃいかんよ。


343 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:07:46 ID:FUyOP2ub0
>>336
砂の女はエロかったけど
なんであの小説が各国で評価されて翻訳されてんの?

344 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:08:06 ID:a1urBi4f0
ノーベル賞w
北野のカス映画が評価されてるしな。

345 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:08:55 ID:8rJbce8Y0
>>341
なんでよ?モザイク入ってない海外勢の圧勝だよ なんのためにインターネッツがあると思ってんだ

346 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:08:57 ID:jarM7TZRO
>>304

2ちゃん経済学賞は植草教授に



347 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:09:42 ID:MNV/hBgfO
今回は韓国の詩人が一番有力みたいだな

348 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:09:45 ID:3eW6Mfii0
ノーベル賞を誰が取るのか興味ないのに、なんでこの季節になるとwktkするんだろうと思ったら、これのせいだった。

ttp://www.geocities.jp/a_flashgun/flash/iamzapanese.html
ttp://www.geocities.jp/a_flashgun/flash/NobelPrize.html


349 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:10:09 ID:qBhkLr/r0
>>337
どうせ大学の般教で民法だの法学概論だのを取っただけなのに、
全て分かったように口にするべきではない。


350 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:11:52 ID:iXMvsUZW0
世の中を平和にできる、そんな本があればノーベル賞は間違いないです

351 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:12:20 ID:/t/GRNW40
>>345
児童ポルノ分野なら、日本の圧勝。


352 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:13:16 ID:/t/GRNW40
盗撮系も日本の圧勝だろうな。
レイプ系も。


353 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:13:54 ID:UdvMVLI3O
>>345
モザイクを未だに開放しない日本はなにか理由でもあるのか?
暴力団の資金原を国が守っているしか思えないんだが
なにか裏があるの?

354 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:13:57 ID:SEFP5qq0O
やれやれ

355 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:14:33 ID:v/x7iSvY0
>>178
ジプシーが変な物売りにきて
それを親父が買って、基地外みたいにのめりこむ
これでかなり食いついたけどなぁ

常識の範囲を逸脱した生命力を楽しめれば、結構スイスイいけると思うが

356 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:14:56 ID:qBhkLr/r0
>>353
モザイクを解禁しようという議員や運動家がいない。


357 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:15:14 ID:/t/GRNW40
因みにアメリカのポルノ雑誌は挿入部分は絶対ないよな、あれは不思議だw


358 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:15:56 ID:h2O20vOHO
>>349
もともとノーベル賞が対象とする分野についてなので
法学や政治学は違いますよと言っただけです
国家単位の賞なら全然ありだと思うけども

359 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:16:03 ID:ym1pV16W0
大江が獲った時点でこの賞の価値って無いんだなって思った




やはり三島か安部が獲るべきだった

360 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:16:21 ID:/t/GRNW40
フィストファック部門ではアメリカ
潮吹き部門では日本
乱交部門では欧州

こんな感じかな、俺の印象では。


361 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:16:56 ID:/t/GRNW40
>>358
その基準が古いって話じゃないの?w

362 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:16:57 ID:JOTnrUgi0
作品に文化を感じない

363 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:17:15 ID:dpqhoK/Z0
三島(笑)
ゲイの告白(笑)

日本人は、セックス本を書くとノーベル賞受賞って持ち上げるのか??wwww

364 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:17:29 ID:iQcJlADl0
この賞とると
村上春樹>>夏目漱石、宮沢賢治になっちゃうの?

365 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:17:45 ID:IMYQ00aV0
安部公房・開高健・村上春樹  > 三島由紀夫・大江健三郎 > >川端康成 


366 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:18:38 ID:qBhkLr/r0
>>358
ずいぶんトーンダウンしてきたなw
法学や政治学は真理追究する学問にはあらずと息巻いた最初の勢いはどうした?


367 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:18:43 ID:aCt+YVHx0
西澤潤一は、もうもらえないの(´・ω・`)

368 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:19:35 ID:ZizlWRhFO
中学、高校の時に一度はハマるのが村上春樹

今思うと皮肉屋で何故かモテる主人公とか電波系で主人公振り回すヒロインとかちょっと最近のラノベっぽいんだな

369 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:20:18 ID:6b1AJAoOO
そもそも文学なんて客観的に評価できるもんじゃねーだろ

370 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:21:14 ID:qBhkLr/r0
>>364
小柴さんの名声がニュートンのそれを凌いだという話もないし。
そういう不等号には意味はない。


371 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:21:30 ID:UdvMVLI3O
そういえばアメリカで頑張っている日本人AV女優がいた
黒人の巨根はすごかった

372 :365:2008/10/04(土) 02:21:48 ID:IMYQ00aV0
つまり、村上はもらってもおかしくはない。

しかし、最近小説書いてるか?
翻訳ばっかやってる印象。

373 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:23:01 ID:qBhkLr/r0
ノーベル文学賞は、明確に評価対象となる作品を明示しないのが不思議。


374 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:23:09 ID:/t/GRNW40
>>371
黒人とやる系のものなら最近日本のAVでも流行でよくあるよ。
黒人が医者とか坊さんって設定でなw



375 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:23:34 ID:h2O20vOHO
>>361
ノーベル賞は一応どの人種民族時代においても
普遍性をもったものに与えられるから
法学や政治学のように国家依存や時代依存してるものには向いてない
日本の歴史研究者はノーベル賞対象にはならないでしょ?
まあそういうこと

376 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:24:34 ID:ZizlWRhFO
>>372
だいぶ前だけどライ麦はおもしろかった
翻訳として良いかは別にして

377 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:25:37 ID:qBhkLr/r0
>>375
経済学が国家や政治や時代に左右されると思ってないのが浅はかなんだよ。
「健全な市場」というイデオロギーだって、その外部が必要なんだぞ。


378 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:26:51 ID:09feKAEA0
偉大なる無冠の作家でいいじゃない。


379 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:27:38 ID:UdvMVLI3O
ノーベル独裁賞ならもちろんあの人だね

380 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:28:30 ID:J5yaPRj20
>法学や政治学のように国家依存や時代依存してるものには向いてない

経済学はめちゃ時代に依存してますよ。
あと、政治学って思想史的にもプラトン以来の伝統をもち
体系的で普遍的な学問です。
日本で認知されるのが遅かっただけでしょう。
法哲学も国際法の理論なども体系性を持っています。



381 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:28:50 ID:v/x7iSvY0
>>343
物語の完成度、現代の人間の生活、思想を描いたバックグラウンド
童貞でも女の肌を感じられるほどのエロさ
全てが優れている名作だと思う

名作はリアルタイムじゃなくてもほぼ完璧に堪能できると思う
というか、リアルタイムで体験できた偉大な作家なんていないなぁ

382 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:29:04 ID:qBhkLr/r0
>>378
無冠じゃないけどね。


383 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:29:18 ID:pL8vKl6nO
>>379
北朝鮮

384 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:30:19 ID:J5yaPRj20
砂の女は確か映画にもなったはず。
それで知ってる人も多いだろうな。


385 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:30:33 ID:FUyOP2ub0
>>381
童貞は余計なお世話だが
ありがとう、よくわかった

386 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:31:54 ID:UdvMVLI3O
池田○作先生がノーベル平和賞
とれる確率は?

387 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:32:01 ID:qBhkLr/r0
>>381
作家が時代の大スターだったのは大江くらいで終わったからね。


388 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:32:24 ID:mIrJ58J00
これって特定の作品に与えられるの?それとも作家になの?

389 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:33:30 ID:xbqGUNcpO
>>384
アカデミー賞外国部門で、草月流空手の館長が監督したアクションだっけ

390 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:34:33 ID:UdvMVLI3O
大江って天皇廃止論者だよね?

391 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:40:45 ID:ipOk9IyS0
カンブリア宮殿の人か

392 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:40:56 ID:PDncEjf50
そんな理由で

393 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:40:59 ID:LbokT8y10
春樹も好きでほとんど読んでるが、やはり筒井康隆のほうが凄いと思う。
筒井は海外で翻訳されて無いのか?


394 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:41:32 ID:/O3JK4vkO
村上春樹の本明日買おう
何が一番いいかな

395 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:42:21 ID:PDncEjf50
林真理子がとらなきゃw

396 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:46:20 ID:/O3JK4vkO
>>395
林は顔がちらついて
集中してよめない。

397 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:48:39 ID:jarM7TZRO
>>359
同感

398 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:51:44 ID:qBhkLr/r0
>>397
「万延元年のフットボール」辺りまでは、やはり化物的な凄い作家だよ。
有名な割には大江を読んでる人が少ないのが欠点w


399 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:51:51 ID:hXkH6DF30
自慢じゃないが村上春樹の小説
まったく読んだことがない

400 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:52:29 ID:+KeP/73vO
>>394
最初に読むならノルウェーの森か国境の南太陽の西がいいぞ
デビュー作の風の歌を聴けから読むのもあり

401 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 02:52:43 ID:Rf17kDbaO
大槻ケンヂなら行ける

402 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:02:58 ID:/O3JK4vkO
>>400
ありがとう。明日ブクオフ行ってみるよ。
おすすめだから売ってないかもしれないね。
「蛍・納屋を焼く」
「アフターダーク」(←知り合いに半ば強制的に読まされた)
なら読んだことあるんだけどね。
「海辺のカフカ」が面白いとか聞いたから買ってみたけどエンジンがかからなくて読むのやめた。

403 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:10:33 ID:ZonCLURPO
村上君、ノーベル文学賞好き?
嫌いじゃないよ。
どちらかと言えば好き?
どちらかと言えば好き。

404 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:16:15 ID:rVq0EBgWO
村上春樹をつまらんって言ってるやつは受動態のつまらない人間
物語から語られてないものを見抜く力がない
こういうやつらはギャツビーを読んでもつまらないというだろう

405 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:16:28 ID:rKL6DLrW0
>>398
今じゃ「またギー兄さんかよ・・・」状態だがな。

『同時代ゲーム』は素晴しかった。

406 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:20:57 ID:jTBW0CMn0
EGFマダー

407 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:22:38 ID:h2O20vOHO
>>380
法学や政治学は語学と一緒
いかに体系化されようと昔ながらく続いていようと
理論と呼べるようなものじゃない

後、経済が時代に依存するのはわかる
ただ経済理論が時代や国に依存するというのはちょっと違う

408 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:25:40 ID:bM5Gk8L4O
日本語訳のギャツビーを読んで無理して面白かったとか言うヤツより
正直につまらないって言うヤツの方が人間的には健全だと思うオレガイル

409 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:27:30 ID:E9PXFhzA0
ノーベル文学賞なんて欲しくないだろ?
副賞が欲しいだけなんだろう?

410 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:28:05 ID:EdXzAw360
>>407
じゃあ科学は時代に依存してないんですかそうですか
昔、トマス・クーンという人がいてね・・・(ry

411 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:28:15 ID:qBhkLr/r0
>>407
君の欠点は理論理論と息巻く割には、自分の意見を理論的に展開しない点だと思う。
例示さえもできないで個人的な印象だけを述べても誰も納得しない。


412 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:29:15 ID:CYarkvTQO
ふと思ったんだがノーベル賞辞退って出来んの?てかした人とかいないの?

授賞式に出たくなかったとかでさ

413 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:30:16 ID:EdXzAw360
>>412
理由は違うけど
サルトルも知らんの?

414 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:31:02 ID:qBhkLr/r0
>>410
クーンの「パラダイム」という概念は、学者間の相互交渉で培われる共通・暗黙の前提のことであって、
俗に言う、「時代に依存する」というのとはちょっと違う。


415 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:33:40 ID:EdXzAw360
>>414
ごめん間違えた
この場合はフーコーのエピステーメー論
で説明すべきだったな

416 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:34:01 ID:b2yc453qO
山中さんはどうなの?ダメ?

417 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:34:14 ID:37RF2xBh0
>>412
インドのガンジーとか、5回くらい選考されて全部辞退してるよ

418 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:35:31 ID:p5IW8LOj0
>>404
感性が合うか合わないか人それぞれ。


419 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:37:10 ID:1A43Z+gt0
村上春樹とか受賞したら最低だな・・・
世の中的には大江が獲っても別に何も変わらなかったから、
本屋と版元が若干潤う以外は全く何にも全然変化ないとは思うが

420 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:37:25 ID:7weXc8W30
ノーベルやんちゃDE賞

421 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:39:12 ID:h2O20vOHO
>>411
まぁ例示と言われましても・・
ただ経済理論の係数に国や時代が入ってたら引くだろ

422 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:39:39 ID:UodCWH1s0
まあ、確かにフーコーの言う通り、
総ての学問は時代に左右されるとは思うな
人間が言葉というものを使う限りはそこに文化的背景や
そこから生まれるボキャブラリーに制限がかかる

経済理論も実際の現象から逆算した結果論も多いし



423 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:39:48 ID:qBhkLr/r0
>>415
「学問的認識の展開は累積的なものではなくて、ある断絶を経て大きく変貌するものである」って
ことを大まかに言いたいなら、クーンが言ったパラダイムでも援用できなくはないけどね。


424 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:40:38 ID:ZonCLURPO
>>419
株仕込み済みなので村上が受賞したら最高

425 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:41:41 ID:v/x7iSvY0
芸スポでギャツビー勧められたが
なんだかフワフワした金持ちインテリ臭しかしなくて読み続けられなかった

主人公にはラスコーリニコフやツァラトゥストラのように
世界や思想にガッツリ噛付いて欲しい、という人には向いてないのかなぁ
この機会にもう一度チャレンジしてみよう

426 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:44:05 ID:qBhkLr/r0
>>425
ツァラトゥストラって、文学作品としては4流・5流の超駄作だろ

427 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:45:46 ID:qBhkLr/r0
>>421
素直に言えよ。「数式使ってない学問は学問って気がしないだけです」ってw


428 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:48:32 ID:ESPAKzQ50
>>423
何歳ですか?

429 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:50:05 ID:0L77EcU40
>>427
ワロスww

でも

>学問てのは一応真理を追求するから
>政治や法律は国によっても違うし、
>理論を積み重ねていく体系とは明らかに異質
>あれは単に学が付いてるだけでしょ

こういう発想は新鮮だったw
政治学科にいてたけど
政治学が “理論を積み重ねていく体系とは明らかに異質” なんて考えたこともなかったよw

430 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 03:57:58 ID:qBhkLr/r0
>>429
政治学は、永遠普遍の公理から演繹していくような性格は弱い学問なのは確かだけど、
それ言ったら、数学以外は半端な学問と言わねばならんよね。


431 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:07:17 ID:UodCWH1s0
経済理論も現象を各変数が矛盾しないバランスを設定して説明するだけのものは
異なる現象が立ち表れたときに使い物にならなくなったりする
数学は公理を導き出す機械も発明できるけど、ただ単に現象を説明するのにも使えるんだよな。
言語学でも哲学でも時代越えて引用されたり脱構築に使われる理論モデルもある。
どっちがより強固とは言えんよな。

432 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:10:41 ID:0L77EcU40
>>430
彼の主張は、明らかに政治学をごく表面的にしか捉えてないようにしか思えない。
>政治や法律は国によっても違うし、
この一文から、それがものすごく伝わってきてしまうな。
まぁ俺もそんなに一生懸命勉強した人間ではないので偉そうなこと言えないけど

433 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:11:23 ID:43+tAVHM0
こいつの小説ははっきり言ってあまり面白くない。
まあ、文章は独特なのはわかるけど、翻訳されたらどうなの?って感じかな。

434 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:12:58 ID:EjHX6zUcO
>>403
あなたって変わった話し方するのね


435 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:13:13 ID:43+tAVHM0
>>40
わかるわかるww


436 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:13:54 ID:8Oyf+RuIO
賞は獲ってほしいけど
あまり騒ぎにはなってほしくないという気持ち

この人短編も凄いと思う。
読んだのは若いときだけど天才だと思った記憶がある

437 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:14:19 ID:a+Y1t/xJ0
>>99
そんなこと言ったら大江はどうなるんだよ

438 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:16:35 ID:ZsPhVJGV0
孫春樹が受賞すれば、
大韓民国初のノーベル賞ニダ

439 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:21:04 ID:43+tAVHM0
>>404
本当に能動的な人間だったら、たかが人間が書いた物語を読んだりしないだろ。
自然科学やら物理学を研究するほうがよっぽど能動的。

とか、反感をかうようなコメを残してみる。
でも結局感性だと思うけどな。俺はフィクションにしても、ある程度は事実を基にした歴史物のほうが好き。
むしろ人間のルーツとか文明について解説した読み物のほうが好きだな。
特に歳を取るにつれて小説は読まなくなった。

440 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:22:19 ID:vlRWHdzw0
【レス抽出】
対象スレ:【文学】ノーベル文学賞、10/9午後1時(日本時間同8時)に発表!村上春樹氏の受賞なるか?
キーワード:射精



抽出レス数:1




やれやれ

441 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:24:41 ID:h2O20vOHO
>>432
多分そのうちわかると思う

442 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:27:49 ID:qBhkLr/r0
>>441
んじゃ、ロールズよりもフリードマンの仕事の方が学問と呼ぶにふさわしいことを
具体的に説明して。 「全部勉強した」君になら楽勝だろう?

443 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:30:09 ID:WCNrszeO0
ノーベル賞は確かにすごいけど、それは物理学賞や科学賞がすごいわけ
ノーベル文学賞は六大学の法政みたいなもの

444 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:31:42 ID:p5IW8LOj0
ノーベル文学賞は作家に権威を与えるのではなく
世界的に有名な作家の権威を利用して賞の権威を高めてるだけって
ある人が言ってたよ。

445 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:36:04 ID:oNlC6iknO
>>116
中国の作家が今回とると、アジア枠で15年後までとれないってことか。
15年前が大江なら日本以外の可能性たかくなるのかも
しかし、村上とったら中国の弾圧されてる少数民族とか
東南アジアの豊かじゃない国とか、どうおもうんだろ。

貧困とか弾圧を含めた視点からみれば
村上のエロとかなんて、東南アジアでロリ買ってる中年オヤジのエロとかわらんだろ。


>>131
『パクリ元がとってないのに、インスパイヤーがとれるの?』って意味

446 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:37:23 ID:h2O20vOHO
政治学や法学の根底にあるのは思想や価値観
つまりは「これが正しいはず」が出発点
それが共有化されてないと科学の定義を満たさない

一方、経済学も哲学も数学も普遍性があって
客観的真理を追求している学問
この違いはあると思います

447 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:37:57 ID:Yg2Ws/hG0
ロビー活動が異常だからいい加減止めろと、名指しで言明された韓国人作家は?www

448 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:42:27 ID:oNlC6iknO
>>170
経済なんて、勝手につくって派閥力学でもちまわりだもんな。
日本人には永遠に無縁

449 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:44:26 ID:qBhkLr/r0
>>446
経済学で言う「価値」の定義って全ての学者に共通で永遠普遍だったっけ?


450 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:45:45 ID:FsTs+Mhn0
ここまで毎年候補に上がるのって、もしかして翻訳がオリジナルを超えてるじゃねーの?

451 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:50:38 ID:LopPWy1cO
獲ったら島田発狂。

452 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:51:19 ID:DSgRuy/00
文学賞だゾ。文学の香り高い作品でないと。春樹のは、通俗小説。
芥川賞・直木賞もとってないんだゾ。どうしてノーベル賞?

453 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:56:12 ID:6R55d8/CO
>>452
前後が矛盾してる件

454 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 04:59:51 ID:LSsAvuE3O
大穴で「あたし彼女」

455 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:00:49 ID:/O3JK4vkO
>>454
文学じゃない

456 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:05:10 ID:0L77EcU40
>>446
政治学が前者で哲学が後者に分類されてるけど
両者は正直、そんな簡単に分類できるようなものではないと思うよ。
19cに近代哲学を代表するヘーゲル哲学が完成したわけだけど
あれは、その下にホッブズ、ルソー、ロックの民主主義思想と欲望の体系に関する
“政治学”があって初めて成立したわけだし

それに経済学の価値は普遍で万人が共有してるものか?
少し前には世界の学者を二分していたと思うんだが・・・

457 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:12:25 ID:h2O20vOHO
>>456
そこは政治学じゃなくて政治思想じゃないかな

価値=金額で評価されるもの
これで十分な気がする

458 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:15:49 ID:IGxC06bC0
そして受賞したのはジョン・バースだったとさ。

459 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:18:55 ID:qBhkLr/r0
>>457
>価値=金額で評価されるもの
>これで十分な気がする

おいおいw ど素人の知ったかぶりもいい加減にせいよ



460 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:20:47 ID:qBhkLr/r0
>>457
>そこは政治学じゃなくて政治思想じゃないかな

ヘーゲルの精神哲学から「欲望」を抜いたら全部瓦解するぞ


461 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:34:18 ID:Dxcl5U9pO
ケータイ小説を翻訳して海外で出版したらどんな反応が返ってくるか知りたい

462 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:34:35 ID:J5yaPRj20
ID:h2O20vOHO

ボロボロにやられてますな。
中学生か高校生か知らんが、半端な知識はご法度ですよ。


463 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:44:57 ID:MwhVOxYm0
村上春樹はおもしろいね。このスレでも罵倒が飛び交ってるが、なにもネットの
便所と揶揄される2ちゃんだからじゃなくて、文壇だってそうだもんな。
これだけ評価されてて芥川もらえなかったわけだし。海外でも評価が真っ二つ
だから、好意的な評価だけじゃなくて悪意的な過剰な反応まで国境を
こえてるんだろうな

464 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:52:20 ID:CuQ9QZGxO
ニコニコで「国境の南」について大激論してるドイツの文学番組があったな。
その動画見てから読み返したが年取るとやっぱ読めなくなってた。

465 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:53:41 ID:h2O20vOHO
>>460
君はその場しのぎで行き当たりばったりの議論しか出来ないみたいだな
自分のレス見返して見たら?
何も言ってないのと同じだ

466 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:55:08 ID:IGxC06bC0
このレヴェルで必死になる理由がわからん
きみの顔も名前も誰も知らないのに
きみはいくのかそんなにしてまで

467 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:56:21 ID:lQ1Bv/c80
>>160
それを目撃した突撃隊の話(ヒトラーに誓って実話)

「うん、ぼ、ぼくはトイレに入ったら個室に入ってさ、ち、ち、ちんちんさわるんだ」

468 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 05:59:11 ID:h2O20vOHO
>>459
もしかしたら「価値がある」について聞いたつもりなのか・・?

日本語くらいちゃんとしてくれよ・・

469 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:02:32 ID:J5yaPRj20
政治学ってアメリカではpolitical scienceのことね。
あと、scienceってのは知識って意味で
これはギリシア語のepistemeのラテン語の意味。
近代以降の自然科学と方法論は異なっていてもscienceには変わりないわけ。
ヘーゲルは普通に政治学でも研究してる人いるのかな?
政治哲学者として有名だよね。
リチャードテイラーとかマッキンタイアなんかもそう。
政治理論と、かぶる部分も多いと思うけど、あんな散文は
研究しだしたら大変だよね。
高山守は大論理学読むのに15年かけたらしいし。

470 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:04:43 ID:43+tAVHM0
>>454

あたし彼女?

村上とあまり変わらないっしょ

てか

文学なんてオナニーだし

471 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:07:06 ID:9ypVcEn+O
スレタイ見て開いたら、予想通りの流れになってて笑ったw

472 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:08:29 ID:h2O20vOHO
>>469
それで自然科学との共通点説明できる?

473 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:09:29 ID:Gbq5BiIOO
これで受賞したら日本人何人めになるの?

474 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:11:59 ID:MwhVOxYm0
川端と大江しか知らんなぁ。他にもらったひといたっけか?? 大江は最近に
なって村上を褒めてたよね。自分は才能をみきれなかった〜って
それにしてもアップダイクの海辺のカフカ評とかおもしろいね。やっぱ
批評家によるものより同業者の批評のほうが野次馬的に刺激されて
興味もっちゃうな

475 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:13:38 ID:J5yaPRj20
国際政治理論なんかも一応体系性はあるよな。
政治学は基本的に歴史研究の要素が強いけど、そういうことを言い出すと
生物学などもその要素は多分にあるからな。
自然科学が必ずしも演繹論理を基礎として成り立ってるわけではない。
まあ、これは科学哲学の問題だけど。

476 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:22:24 ID:MwhVOxYm0
そういや、過去最長の大長編っていつでるんだろう。ねじまき鳥クロニクル
より長いとなると、文庫で2000ページ超えるのかね。もともと学生時代は
大長編を繰り返しよんでたとエッセイでいっていたし、嗜好がより長く・・・と
そっちにむかうってのは自然なことなのかね

477 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:24:06 ID:IGxC06bC0
たぶん2000キロマラソンに出走するんだろう.

478 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:32:45 ID:Gbq5BiIOO
チュンが発狂して村上春樹を酷評し出しジャパンマネーだとか何とか意味分からん事言い出すに3000円

479 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:43:49 ID:J5yaPRj20
>>472
理論化でしょ。
理論化がどういうものかを一口で言うのは非常に難しいけど、基本的には
数学の公理系をモデルにした演繹体系、あるいはそれに準ずるような道具
だてを用いて、対象領域を限定し、それらについて説明、予測を与えること。
ホッブスやロックの政治思想のように一定の自明の前提から帰結を
擬似演繹的な仕方で導くような方法論は、明らかに自然科学をモデルにしたもの。
19世紀以降、社会科学系の人間は自然科学とは異なるようなアプローチの
理論化を色々試みているけど、それが「理論」といえるかどうかも
かなり難しいところ。
マルクス主義は理論なのか、フロイトの無意識理論は理論なのか?とか
科学哲学の視点から、色々、問うことはできる。


480 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:44:51 ID:Ep/E1jLm0
村上春樹は大衆芸能でしょ。
もちろん内容がそれなりに面白いことは確かだけど、文学として評するには値しない。
村上がとれるなら町田康や阿部和重なんかがとってもおかしくないレベルだよ。

481 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:45:26 ID:J5yaPRj20
マルクス主義ではなくて、マルクスの弁証法的唯物論は理論なのかに訂正。

482 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:47:35 ID:LKPDmbdQ0
バレンシアFCのマタは趣味が読書で愛読書は『ノルウェーの森』だそうだ

483 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:48:10 ID:MwhVOxYm0
>>478
それないんじゃないかな。ヨーロッパで、例えばフランスやなんかだと
もっとも売れてる外国人作家だそうだけど、評価だけでいうなら韓国が
いちばんじゃなかったっけ。あの国って映画のラブレターとか
ヒットしたし、韓国映画やドラマをみても、気質的に古典的な純愛が
好きなのわかるでしょ。あれよりすこし洗練された都会的恋愛として
受けてるんじゃなかったかなたぶん
カーウェイの恋する惑星なんかも評論家に村上の影響を指摘されてるし
だから、日本人より喜んでいるかもよ意外に

484 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:48:33 ID:M8qpURAc0
ディカプリオがアカデミー賞取るのが先か、村上がノーベル賞取るのが先か。
ヤキモキ賞。

485 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 06:54:32 ID:hO1Gfdnc0
アフターダークは欧米でも評価低いようだな
海辺のカフカがあれだけ売れたというのに
来年日本で出版されるであろう大長編が海外に翻訳されるのは2011年くらいか
その作品の出来次第だね

486 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:01:50 ID:MwhVOxYm0
中期以降の短編でけっこうスティーヴンキングの影響うけてそうなのあるんだけど
珍しいよね。ふつう文学者って通俗作品を鼻で笑いそうなイメージあるから
実際にエッセイなんかよむと推理小説好きがおおかったりするから、ポーズかも
しんないけど。三島にいたってはあしたのジョーが好きだったんだし
やっぱ力石が三島作品にでてくるマッチョ系の男臭のきついやつにみえて
たまらんのかな

487 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:02:37 ID:rbBdO9x2O
カフカ人気が高いのがわからん。春樹フリークの俺だが、アレだけは受け入れ難い。締めかたが納得いかないんだ。

488 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:09:15 ID:7ShMmB3PO
アフターダークの評価が低いのが謎だ
映像的な手法も、テーマもかなりのレベルだと

489 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:09:48 ID:MwhVOxYm0
読みやすいし個々のエピソードはおもしろいから全体としてのしまりがどうとか
いうんでなく愉しめちゃうんじゃないの。けっこうページ数あるから何日も
かけて読む人がほとんどで、間があくたびに理解がすすんであるていど
自分のなかで補完してる部分もあるんだろうし。短編だとそれがないから
異常に完成度がもとめらられるんだろうけど

490 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:18:57 ID:0L77EcU40
ID:h2O20vOHO氏

>学問てのは一応真理を追求するから
>政治や法律は国によっても違うし、
>理論を積み重ねていく体系とは明らかに異質

政治や法律が、真理を追求するものとは異質という考え方がそもそもおかしいと思う。
人間がいかにして人間らしく生きていくのか、を考えてきたことが「真理の追究」ではないと言い切れないし、
フランクフルト学派のように政治学(政治哲学・政治思想)を通じて人間の本質を追究してきたことが、
「真理」を追究してきたことにならないのか?
そもそも政治学は、政治機構や法律そのものの学問だけじゃないし

491 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:30:21 ID:BXMcLl7y0
その前にノミネートされてるの?

492 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:34:49 ID:aHQ8iM9g0
誰か文学の定義を俺にわかりやすく教えてくれ。

493 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:35:20 ID:4MKaDewS0

経済学賞に関しては日本人の受賞者がいないどころか候補にすら挙がったことがないってのは全く正しい
日本ほど官民問わず経済政策において経済学者が無視されてる国はないからな


494 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:36:33 ID:M4/1GVDbP
ノーベル文学賞と平和賞ってほんとにいらない賞だよな
なんのためあるんだこんなの

495 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:36:53 ID:J4MwxfeJ0
書かれた言語で読まなきゃ評価なんてできるか?
村上春樹なんて外人が翻訳しやすい文体だから
評価されてるだけじゃないの?

496 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:38:03 ID:MwhVOxYm0
ノーベルが女をとりあった相手が数学者だったからそいつが目立つのを防ぐために
数学賞をつくらなかったって話を藤原なんとかさんがいってたが本当なのかね

497 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:41:52 ID:MwhVOxYm0
>>495
でもロシア語でカラマーゾフ読んでる人間なんてすくないだろ。文学者のなか
にも稀じゃないの。英語ならべつだろうけど。そういや村上春樹が評価される
所以は翻訳されて磨り減ることのないという、日本語にしばられない部分だって
なんかで読んだことあるな。村上龍はじぶんの小説は日本語に守られてると
いってたけど、あれにしても翻訳されると磨り減ってしまうって意味じゃないかな
だから春樹の方は翻訳しやすいこと自体が評価されてるのでは

498 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:47:44 ID:M8qpURAc0
 金融情報通信大手トムソン・ロイターは1日、来週から発表される今年のノーベル賞の
自然科学系3賞と経済学賞の有力候補21人を発表した。日本人では生物の「自然免疫」の
仕組みを解明した審良(あきら)静男・大阪大教授(55)が医学生理学賞の候補にあがった。

 医学生理学賞(6日発表)の有力候補は計7人。米国で最も権威がある医学賞「ラスカー
賞」基礎医学部門を今年受賞した米国の分子生物学者ビクター・アンブロス博士も選ばれた。
同賞臨床医学部門を受けた遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(74)はあがらなかった。

 物理学賞(7日発表)候補は新素材カーボンナノチューブを構成する炭素の網「グラフェン」
の発見に貢献した欧米のナノテク研究者ら5人。カーボンナノチューブを発見した飯島澄男・
名城大教授(69)は昨年候補とされた。

 化学賞(8日発表)はやはりナノテク研究に貢献した米研究者ら3人を選んだ。

http://www.asahi.com/science/update/1002/TKY200810020045.html

ちゃんと本命の自然科学系でもノミネートされてるじゃん

499 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 07:55:41 ID:J5yaPRj20
「真理」ってのは哲学の概念だからまた難しいけど
「知識」(science)というのは、言い換えると真なる信念であるわけだから
学問一般が真理の探求を含意することは当たり前のこと。
方法論的な態度は異なるとはいえ、全ての学問が真理を希求しているのは
疑い得ない。また、理論化というのは一般化を含む。
つまり、特定の文化に於ける既存の事実を説明するだけではなく
時代背景、文化などを超越したより一般的な事象を説明、予測するために用いられる。
ホッブスの政治論なんかも単なる既存の統治形態の正当化にとどまらず
理想の統治形態のあり方がいかに規定されるかを、一社会にとどまらない
人類に共通する人間本性のあり方をベースに理論的に説明しているからこそ
学術的に意義のあるものと看做されえる。
そうでなければ、政治理論や近代哲学などは全て文化史研究の域を
出ないものとなってしまうだろう。


500 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:16:05 ID:/Nac2q/x0
>>495
英語に訳されている小説じたい、そんなに多くないしね。

501 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:18:52 ID:/Nac2q/x0
>>485
カフカも評価低いよ。
「ついていけなくなる」とか、
「途中で、つまんなくなる」とかいう評が多かった。

魚が降ってくるところとか、カーネルサンダースが出てくるところとか、
外人でも意味不明だったらしい。

502 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:44:32 ID:UdvMVLI3O
>>493
植草くんは単なるエロ親父にしか見えないけど
経済では天才なのか?

503 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:48:43 ID:EjHX6zUcO
>>500
ノーベル賞は英訳されてないと候補にすらならない
村上は昔から講談社インターなんかと仲良かったからな

504 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:54:31 ID:4MKaDewS0
>>498
>ちゃんと本命の自然科学系でもノミネートされてるじゃん

ノミネートだけなら実際の受賞者の10倍ぐらいいるらしいけどね
現在はシンタローの犬に成り下がった西沢潤一もかっては超有力候補で
この時期になると自宅にマスゴミ連中が押しかけていたらしいから

505 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:55:00 ID:zwCIJM9d0
最初の3作くらいで枯れたよねこの人
熱心な固定ファンがまだ読んでるのかな
ジブリ映画はとりあえず全部j観ますみたいなのりで

506 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 09:57:08 ID:63Wc33IG0
毎年毎年候補でニュースになるな。
もう受賞してからニュースにすりゃいいだろ・・・。

507 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 10:55:30 ID:mrgJ1+VV0

韓国が今年もアップはじめてますね。w

508 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 10:57:22 ID:esRzZWX3O
だいじょうぶマイフレンドしか読んだ事ないや

509 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:00:06 ID:2Gysrn+j0
海辺のカフカは最強に面白かった。
ねじまき鳥クロニクルみたいに、クロニクルを用いて、+
世界の終わりみたいに、二人の主人公で話が交互に進む。
カフカ賞去年とったし、今年はオッズで10位以内だからいくでしょう。

510 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:27:10 ID:hi3KMNuX0
        ___ モシャモシャ
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \  
   /    (●)  (●) \  ポルノ小説がノーベル賞なわけねーだろバカ
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |    B e n  Q  . |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

511 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:27:49 ID:/HfwANxp0
こいつの書いてる小説って童貞の妄想にしか思えない

512 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:31:22 ID:8SMOV5MCO
赤川次郎のほうが有力じゃね?

513 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:35:53 ID:lCcZwHT20
春樹のルックスも凄いが
奥さんの陽子さんの方がもっと凄いよ
春樹と違ってパンチがありすぎ


514 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:39:18 ID:XG1S1jah0

「日本人有名人への同胞認定」チョンがまたもや妄想を膨らましています



515 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:44:17 ID:eh+k/angO
イラネ

516 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:46:40 ID:u3VODPcS0
ラノベみたいでよみやすい

517 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 11:50:11 ID:zsZ4adO70
アジア枠は2年ぐらい前に回ってきたばかりじゃないか?

518 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:05:26 ID:dYw0Galf0
>>494
平和賞はともかく文学はノーベル賞なんかに評価されても
意味無いからな。まず売れないと。ムラカミは充分売れてはいるが。

519 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:13:31 ID:mAlYeYP30
>>508
コックサッカー・ブルースがかなり面白いから読みなさい

520 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:15:13 ID:+H2HJFJ6O
物理学や科学、経済学と違って
文学も含めた芸術の評価って所詮主観的だからな。
本人も貰えようが貰えまいがどっちでも良いんじゃないか?

521 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:18:03 ID:94izv1zI0
村上春樹小説の繁体字中国語版が原作より酷い件
まさに別作品

誰かがこれを日本語に還元してみて

522 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:19:29 ID:dYw0Galf0
>>520
伊坂も直木賞ことわったしなー

523 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:29:05 ID:0ZNRdoKB0
ノーベル文学賞は翻訳された量で決まる
しかも吉本ばななとかこいつとか欧米人にへつらっているような文章が目立つ
そういえば以前の大江もそうだった

524 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:38:05 ID:KFSOwnNy0
1960年代、日本のインテリにとってサルトルは神。当時日本の神は丸山真男。
この2人は日本で会っているはず。しかしサルトルも丸山もソ連の同伴者で、
大江も岩波も朝日も結局そう。戦前の軍国主義への反動とはいえ、当時の若者
がこんなものに踊らされたことは悲劇だ。村上はそういう事柄を全部知って、
あの種の小説書いているんじゃないか。

525 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:46:02 ID:aEgms+r70
×インテリ
○勘違い

526 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:48:52 ID:6nU3BgOH0
赤川次郎の可能性は何パーセント?

527 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:51:54 ID:Q0arye2xO
村上春樹くらいだもんな
生きてる日本人作家で通用してるの

528 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 12:58:51 ID:H5o8Nzx80
あれ?
村上春樹のノーベル賞落選って、秋の季語だっけ?

529 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:13:28 ID:suyxzzIz0
ところでカフカのカーネルサンダースは何を表象してて
カラスがぼこぼこにされるところは何を意味してるの?

530 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:21:27 ID:oNlC6iknO
経済学って土木工学とちがわないとおもうが、

数学的な面もあるが、土木の構造力学みたいなもんでしょ

531 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:23:06 ID:VPUB53g70
ウリナラの誇りニダ


532 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:25:45 ID:oNlC6iknO
『北壁のノーベル』とか書けばノーベル賞とれるかもね


>>509:名無しさん@恐縮です :2008/10/04(土) 11:00:06 ID:2Gysrn+j0 [sage]
海辺のカフカは最強に面白かった。

カフカ賞去年とったし、

533 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:25:55 ID:uVLADmwHO
ノーベル殺人賞は誰が受賞するのだ

534 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:26:15 ID:3OeqQcGD0
清水義範で決まりらしい

535 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 14:48:07 ID:8BN5vqNt0
>>533
だんとつでブッシュが有利だろ

536 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 15:48:39 ID:+YMU5D5u0
昔、10年位前かな、
噂の真相の広告に、村上はノーベル平和賞に野心、という見出しがあったな。
何を馬鹿なとそのときは思ったもんだが。

537 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 15:50:39 ID:KeEHFToH0
>>536
その頃に憂国呆談で田中康夫も同じことを言ってたな。

538 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 16:16:21 ID:zsZ4adO70
>>536
そのために「アンダーグラウンド」を書いたとか噂されてたな

539 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 16:22:01 ID:CqB+6MCy0
【ノーベル賞】 今年の文学賞は仏小説家ルクレジオと韓国の詩人・高銀(コウン)が有力・・・スウェーデン紙[10/03]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1223097944/


540 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 16:51:05 ID:zsZ4adO70
ル・クレジオがいたのか。

541 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 18:50:15 ID:P2qsFyl00
またこの季節がやってきましたねー
何か自分のことのようにドキドキする。


542 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 19:13:55 ID:p5bdSwVZ0
【ノーベル賞】 今年の文学賞は仏小説家ルクレジオと韓国の詩人・高銀(コウン)が有力・・・スウェーデン紙[10/03]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1223097944/1


543 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 19:14:50 ID:p5bdSwVZ0
26 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 14:32:25 ID:sVHAWgt7
ウンコさんの素晴らしい詩を貼らねばなるまい

● 「ぞうきん」
風が吹く日
風に洗濯物がはためく日
私はぞうきんになりたい
卑屈ではなく ぞうきんになりたい
我が国の汚辱と汚染
それがどれほどか問うまい
ひたすらぞうきんになって
ただ一ヶ所でも謙虚に磨きたい
ぞうきんになって 私が監房を磨いていた時
その時代を忘れまい

私はぞうきんになりたいね
ぞうきんになって
私の汚れた一生を磨きたい

磨いた後 汚れたぞうきん
何回でも
何回でも
耐えられなくなるまで濯がれたいね
新しい国 新しいぞうきんとして生まれ変わりたい



544 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 20:42:21 ID:E/17ItiR0
>>511
わかるわ、それ

545 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:17:50 ID:esRzZWX3O
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!

546 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:19:45 ID:3yj5+QJc0
今年こそ、ウンコ受賞で決まりニダ!

547 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:21:49 ID:W43q5QBsO
今年はボブ・ディラン

548 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:24:26 ID:uOHHCE0f0
オルハンパムクがトルコの今を描いたように
現在の東京の生活者を赤裸々に描く村上の評価は高い
それぞれの国の国民性が色濃く反映された小説を世界は求めてる訳だ

549 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:33:15 ID:24uZ+OvO0
文学賞の選考基準についてググってたらこんなのが

>選考方法は毎年同じ。
まず、数百通の推薦依頼を世界のペンクラブ、作家協会
、大学、受賞者などに送り、
推薦された200〜300人のリストを年初にまとめる。
事務局の手を借りて4月までには15人に減らす。
5月には5人の候補者に絞りアカデミーの春の最終会合に提出する。
アカデミーは独自の判断で名前を入れ替える権限もある。

夏の3カ月間、委員会のメンバーは5人の作品を読み、それぞれにリポートを作る。
「5人の候補者はいずれも賞に値する作家ばかり」。
会員全員が読めない言語の作家のときは、英独仏語訳で読み比べる。
場合によってはわざわざ翻訳してもらい、極秘に専門家に論文を求める。
9月に委員会のリポートをもとにアカデミー全体で決める。

「最後は会員の投票で決める。
1票差で受賞した人もいる。そして10月のある木曜日に発表する」


はあ最終選考まで残るプロセスがすごいですね
候補になっただけでも村上さんはすごいんだ・・・

550 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:34:43 ID:KrN/GhSj0
どの作品で候補になってるんだ?

551 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:35:12 ID:OSYvUbzc0
>>550
直木賞や芥川賞じゃないんだぞww

552 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:39:16 ID:75X0f8IT0
>>4
こういう書き方する奴って
どういう立場で見られたいんだろうか

553 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:40:06 ID:KrN/GhSj0
>>551
あ、そうなんだ。
>>549の方法だと、一作品を読ませて判断してもらうって感じかと思った

554 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:41:00 ID:34ax3mXY0
文学賞って、アジア枠のような何だか地域の持ちまわりっぽそうな感じを受けるな

韓国のウンコさんとやらも、地域枠の順番でそのうち獲れるんじゃないのか

アジアの作家なら、いっそのこと金庸に受賞させたら面白いんだけどw


555 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:42:23 ID:qpwF1MxL0
うんこさんに賞あげるなら草野心平にあげようぜ

556 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:42:26 ID:XOoGj+/A0
そもそも「候補」とか無いんだろ?
会社員の田中さんがノーベル賞もらったぐらいだから。
誰もマークしてなったわけで。

マスゴミが勝手に「候補」を作ってるだけ。
たとえば同じ日本人でも無名の作家が来るかもよ?




557 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:48:09 ID:ioUcpY7lO
大江健三郎なんぞが受賞してる時点で
たいした価値が無い賞だということが良く分かる

558 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:52:02 ID:XI7vZIec0
>>556
そこで山田悠介ですよ。

角川の文庫本ジャケ買いした時、こいつの本だった事に気付いて殺意がわいた

559 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:53:15 ID:mfjlpe3B0

小松左京のほうが可能性高い

560 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:54:00 ID:YClbjtzu0
村上だったら韓国のうんこがもらうと思うよ。
ウンコのほうが土着的でシリアスっぽいでしょ。
非西洋圏ではそういう奴がもらう賞でしょ。



561 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 21:57:39 ID:S1oLN/YD0
島田荘司にやりたい。
「占星術殺人事件」「数字錠」「ギリシャの犬」他の功績により。

562 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 22:02:09 ID:N+KNz6+W0
 
井上靖・川端康成 > 三島由紀夫・安部公房・開高健・大江健三郎 > 村上春樹
 

563 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 22:05:38 ID:WD8YVmMC0
出身国の体制批判しないともらえないからなw


丸くなった金庸先生も、もうもらえないだろうな

564 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 22:11:01 ID:N+KNz6+W0
>>560
川端の時代はそうかもしれないが、
大江の受賞からもわかるように、今はそんな時代じゃないよ。

565 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 22:37:32 ID:57wwcLvl0
村上って、なんか急に文体変わったよね?なんかあったの?
意味の無い数字とか、不必要な描写を繰り返すとこが好きだったのに
 

566 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 22:47:31 ID:YFhktsxD0
授賞式のラッパは何度見てもドラクエを思い出してしまう

567 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:09:45 ID:9hZaB5odO
海外で売れてる=授賞、って事にはならないんじゃないの

568 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:23:04 ID:uEn057WX0
つーか偉そうに語ってるお前等

シェイマス・ヒーニー、ヴィスワバ・シンボルスカ、ダリオ・フォ
ジョゼ・サラマーゴ、ギュンター・グラス、高行健、V・S・ナイポール
ケルテース・イムレ、ジョン・クッツェー、エルフリーデ・イェリネク
ハロルド・ピンター、オルハン・パムク、ドリス・レッシング

のうち一冊でも読んだことあんのか?

569 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:25:34 ID:YuIX0vu/O
どっかの国には縁がないはなしだな

570 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:28:36 ID:txfmaG1B0
>>564
大江は反体制文学だろ。一応。

571 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:36:17 ID:15+NdpQA0
>>568
サラマーゴの「白い闇」はよかったよなあ

572 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:44:46 ID:p+6VcyfjO
村上龍さんが涙目で↓

573 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:45:02 ID:AP5oYycc0
クッツェーって「夷狄を待ちながら」「恥辱」の?
読んだよ

574 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:45:51 ID:AP5oYycc0
>>572
正直、すまんかった

575 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:49:05 ID:mBBa90ua0
>>494
でも、文学賞と平和賞が最もノーベルの意向に沿った賞だけどね。
もともと平和へ貢献した人を表彰するための賞だからね。ノーベル賞は。
(文学賞は戦争を批判したり、人権を賛美したりする作品に送られることが多い。
川端や村上春樹のような純愛系作家はノーベル賞の中では亜流)。

576 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:57:23 ID:5fH57BjF0
ボブディランにもらってほしいんだが

577 :名無しさん@恐縮です:2008/10/04(土) 23:59:42 ID:+S+7Z/qS0
めんどくさいから赤川次郎でいいよ

578 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 00:01:07 ID:hTa/qFDGO
ノーベル賞を受賞した。僕は射精した。

579 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 00:06:29 ID:7k+0lNHWO
安部公房が生きていればなあ…

580 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 00:09:49 ID:8L4GCfYz0
>>579
それを言うなら、井上靖も三島も開高も・・・ついでに遠藤も。

581 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 00:11:57 ID:XOVkMgb7O
>>580
井上は候補に挙がったことあるの?

582 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 00:19:14 ID:8L4GCfYz0
>>581
谷崎潤一郎、井伏鱒二、井上靖 ・・・ あるよ。

583 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 00:20:45 ID:E3Rqn7lz0
井上靖が妥当って意見が多いけど、
当の井上靖は、もし文学オリンピックがあって日本代表を1人出すならば
太宰治しかないと言ってたんだよね

584 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 01:03:49 ID:sUsfctD50
ノーベル賞って前期量子論の連中を軒並み受賞させてから物理屋にとっては憧れの賞になったけど、
他は山極勝三郎無視してガンのウイルス説の人間にやったり、ロボトミーをやった人間にやったり正直微妙。
文学や経済、平和も微妙。


585 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 01:10:45 ID:QCCAKERF0
そろそろ、池田大作先生にノーベル賞を授与すべきだな
宗教を利用したビジネスモデルを開発した功績で、ノーベル経済学賞を

586 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 03:09:34 ID:k0gUFPCS0
>>585
むしろ、イグノーベル賞が妥当。

587 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 03:50:39 ID:fGcbqbWQ0
ノーベル賞文学賞は、SFやファンタジーに受賞しろよ。

H.G.ウェルズ(宇宙戦争、タイムマシン)
J.R.R.トールキン(指輪物語)
カール・セーガン(コンタクト)
アーサー・C・クラーク(2001年宇宙の旅)

あたりは、受賞してもおかしくなかったのに。

588 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:01:28 ID:LxU5q8nX0
>>587
バカかお前は

589 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:03:55 ID:AlJAOOMNO
>>578
ぜひ実現してほしいw

590 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:09:39 ID:+r1V2OYp0
村上春樹みてると、締め切り守ってコンスタントに書き続けることが大事なんだと思うわ
あと兼マネージャーな妻。あの奥さんの風格はすごい

591 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:12:40 ID:CR0WpFNx0
村上は確かに凄いし才能のある作家だと思う。
だけど、ノーベル賞とはまた別のタイプだよな・・・。

592 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:14:06 ID:p3ea5sIc0
ピンチョンにやれよ

593 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:17:05 ID:5i8EvVWt0
故人にはノーベル賞は授与されないからなぁ
ヴォネガットも結局取れないままトラルファマドール星に行っちゃったし

594 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:20:08 ID:p3ea5sIc0
ピンチョンにやれよ。
生きてる作家では最高だろ。
大物にやらないと(賞が)箔つかないよ。

595 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:24:27 ID:KjlUgspEO
出産の時、暇潰しに病院にねじまき鳥持っていったんだ。
丁度、陣痛の時に皮膚を剥がされる拷問のシーンを読んで、今も村上春樹っていうと陣痛と拷問のシーンがリンクして痛いイメージが…。

596 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 09:26:12 ID:p3ea5sIc0
>>595
俺の子も産まないか?

597 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 11:38:56 ID:EqaJqitN0
あんなことができたらどんなにいいだろう。
あの頃僕は思っていた。できたらどんなにいいだろうかと。
あんな夢やこんな夢があの頃僕には数え切れないほどあったのだ。

相棒は僕の夢を一つ残らず叶えてくれた。一つ残らず、だ。
彼は素敵なポケットを持っていた。とてもとても素敵なポケットだ。
自由?あの頃の僕らに自由なんてものがあっただろうか?
だけど僕らは自由に空を飛びたかった。これは欲求であり、渇望であり、
藤子不二男的に表現したとしたら、夢だった。

相棒は僕に言った。
「これがタケコプターさ」

オーケー認めよう。僕は今なら断言できる。
僕は相棒を120パーセント愛していた。


598 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 12:54:39 ID:/lIeNVSy0
ここ数年毎年立ってるなこのスレ

599 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 13:51:14 ID:LXZwsAZT0
>>587
ドリス・レッシングはSF出身だな。

600 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 17:22:20 ID:uGGoGo01O
最近の村上春樹は暴力的で好きじゃない

601 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:13:32 ID:l2ll6FY10
       〃   |                     |   
       ___  |                     |  事
  ち  ノ|ヽ  |         ___        |  故
  ま  、_   |       ,r‐':::::::::::::::::::::::`:丶、  | 
  っ  ].車   |     {:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ヽ. |  る
  た   ̄~    |       ゞ:::::::::::::::::::;..-‐┐:::::::::::i  |  奴
  ん 〃     |       |!`゙`'"´´    .!:::::::::::::|  |  は
  だ        | ヽ  l  | 、 ,、 ,.::   ゙i::::::::::::l  |   :
  よ   と    |  ) ノ r---.ハ,.――、_」:r=、:::|  |   :
   :    〃  |  (.(.  |::::::::::八:::::::::::::「 ̄ } }|::l  \
   :  lコ.マ   l   `ー-、゙ーrイ `ー‐‐′ ∵':::j     `ー―
     止用  |      )ハ`__     丿^゙Y
\    〃 っ ,.へ(     ((_ // ̄`    /   |
  `ー――‐'´           ‘゙ ヽ   _/     |、
                      `T´  _,--‐'´ ̄`ー‐、_
                   _r‐「| 「 ̄


602 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:14:53 ID:oNu6Gtsc0
日本人がノーベル賞取れると嬉しいです。

603 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:16:13 ID:us+CkpT40
「ノーベル賞」ってタイプの作家じゃないと思うけどな。


604 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:23:18 ID:7is472S30
北方謙三の間違いでしょ

605 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:30:30 ID:cLMq0Hgg0
>>568
雰囲気だけで羅列しているバカ(嘲笑)

606 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:33:07 ID:vyiu3H4R0
>>605
そんな釣り針に・・・・・・

ノーベル賞とった作家の本ほぼ読んだことないわぁ

607 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:39:58 ID:tK4Uk8hI0
村上龍だったらどうしよう

608 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:42:00 ID:2DhPFuuE0
有名日本人を標的に同胞認定するチョンたちがアップを始めました。


609 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:46:28 ID:BsrMFOap0
>>83
韓国のノーベル賞受賞者は、(推計)13人だよ

610 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:51:53 ID:xZSYHUcC0
Fateは文学

611 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:54:06 ID:u+yGq1Jo0
村上春樹ってノーベル賞にノミネートされるレベルなんだ
カフカまで全部読んでるけれどそんな権威ある賞を貰うような作品群とは思わなかった

612 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 18:58:34 ID:Yew8vxnIO
俺も月に三万円以上、本につかって読んでるほうだけど

ピンチョンって韓国人作家しらないな。

613 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 19:00:00 ID:tLJGGARk0
角川春樹と勘違いした

614 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 19:19:35 ID:7MvCIajW0
読みやすい大江健三郎の本ってある?
この間、ちらっと立ち読みしたけどなんか無理だった。

615 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 19:22:14 ID:5Wm2wVhq0
沖縄ノートw

616 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 19:32:00 ID:EHovlUn20
長編はノルウェイしか読んでないけどダンスも読んでみるかな。
ノルウェイは面白いとは思わなかったけど、雰囲気と読みやすさで
読破できた。
まぁ、あの文体の元祖かぁ〜。。て感想だったな。
ライトノベルの「キノの旅」の作者なんかモロ影響うけてるっぽいが、

617 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 19:41:41 ID:BP47HTVU0
>>170
金出せば半島人だって受賞できる
けっこう胡散臭い人も受賞しているし

618 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 20:00:45 ID:C6Si+VJ/0
奈須きのこだろ、fateは文学的に考えて。

619 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 20:05:35 ID:0TfvySYM0
なんでわざわざ金出して本買う人いるんだろう?
図書館で死ぬほど借りられるのに 意味がわからん
自分の書斎に飾って眺めているのだろうか?

620 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 20:10:01 ID:u7ZyShU/0
>>614
初期短編
文学にしてはわかりやすいオチもついてる

621 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 20:34:44 ID:Ih1hbAXK0
>>114
Go ahead! Do it!!

622 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 20:35:33 ID:VSwmWVW2O
>>499
ホッブズらの政治論は出発点が仮説となっていて
それ以上掘り下げて考えない、もしくは考えられない
つまり、すべては「観測者」に依存し体系化されている

「観測者が異なれば理論も変わるし、結論も異なる」


これは観測者が誰であれ、普遍性をもったものを
掘り下げて探求する他の学問過程とは明らかに異なり

行き着くところ政治学というのは見聞きし、
知りうることを網羅的に記述し
重ね塗りしていく過程のみで構築され
それを限定的に扱うことによってのみ、その役割を果たしていると言える

たとえ自然科学の方法論を真似て
結果的に似たような体系が出来上がり
傍目には違いがわからなくなっても
土台となる本質、出発点は全く異なっていて
それは観測者に依存しなければならない体系的宿命が
そうさせていると考えられる
したがって、学問と呼ぶには不完全と言えます

623 :名無しさん@恐縮です:2008/10/05(日) 22:08:15 ID:2sa2y/9b0
>>614
「らふたしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ」は読みやすかったよん

624 :名無しさん@恐縮です:2008/10/06(月) 00:10:12 ID:BGpeHMF+0
カフカは文庫本化してから読んだけど、構成が「世界の終わり〜」的
だと思ってしまって、どうも入り込めなかった。
多分、俺の中のベストが「世界の終わり〜」だからだろう。

625 :名無しさん@恐縮です:2008/10/06(月) 00:54:27 ID:Q4/Vrlok0
少なくともウンコとかいう韓国の詩人よりはふさわしい
ていうかやり損ねた人に名誉賞とかやるべきだよね
トルストイとかさ

626 :名無しさん@恐縮です:2008/10/06(月) 15:24:07 ID:7gTP56Gb0
なんかものスレ違いすごく小難しそうな議論してる奴と下らんレスしてる奴が同居してるなww

627 :名無しさん@恐縮です:2008/10/06(月) 21:59:55 ID:OMEjiU1m0
外国で売られている本の訳は、村上本人がやってるのか?

628 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:21:44 ID:79aEW8o2O
3人オメ!!

629 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:22:21 ID:g0xkiweCO
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

630 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:23:05 ID:mWv2uhXu0
え?物理学賞!?オメ!!!!

631 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:23:12 ID:mlqh/XHc0
文学賞の前に物理学賞一気に3人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

632 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:23:44 ID:8yeimn6HO
3人ってすげいな

633 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:23:45 ID:7WfgzKEYO
早く物理学賞のスレ立てろ

634 :へいぽー ◆r8/y26oRfw :2008/10/07(火) 19:23:48 ID:xDx0tXj9O
これがホントのノベル賞

635 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:24:15 ID:g0xkiweCO
8時からは文学ショー?

636 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:24:35 ID:7dtjiBTfO
日本人受賞6年ぶり、14人目

637 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:24:41 ID:mlqh/XHc0
また朝鮮人は認定すんのかwwwwwww

638 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:24:58 ID:5Km2H4IMO
誇らしいニダ(;_;)

639 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:25:54 ID:Z9keIc040
まさかの物理学3人キター

640 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:26:17 ID:4sqJ/3yf0
物理学賞3人の速報キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! >NHK

641 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:26:26 ID:73b2WYTf0
在日らしいな

642 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:26:31 ID:NWm7LeMp0
三人受賞、内二人が日本人!!!どうする韓国!www

643 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:26:55 ID:9BEc+Kxe0
3人つっても、3人で一人だろ
も、物理学はじまったな

644 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:27:29 ID:OKM63nU0O
二人の一組と一人ってこと?

645 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:28:09 ID:73b2WYTf0
>>641そうみたいね

646 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:28:29 ID:7dtjiBTfO
一気に三人くるとは思ってもなかったー!!!(・∀・)

647 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:28:32 ID:ijsngOrH0
そのイタリア人の作家さん、ぜんぜん知らないなぁ
もうさすがに村上さんに受賞して貰いたいもんだ

648 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:29:18 ID:9J+XUr3A0
641 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/10/07(火) 19:26:26 ID:73b2WYTf0
在日らしいな

645 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/10/07(火) 19:28:09 ID:73b2WYTf0
>>641そうみたいね

649 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:29:37 ID:k04wp9IHO
あれ 山中さんは?

650 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:29:49 ID:EnAczqY+O
おれにくれ(*‘‐^)-☆

651 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:30:07 ID:9BEc+Kxe0
ここで問題です
この人の名前と受賞した賞を述べよ
http://www.jam-union.or.jp/noubel/tanaka-1.jpg

652 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:30:26 ID:oYW4fRwgO
>>619
図書館で借りた本は汚いからベッドの上で読めません><

653 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:31:16 ID:7dtjiBTfO
村上春樹は在日です

654 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:32:31 ID:FlYu5sdr0
朝鮮人といえばなんかの間違いで
平和賞を受賞した金日成のスパイがいたな

655 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:32:39 ID:a1v5fO1u0
ノーベル賞ってこんな俗的なものでいいのか

656 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:32:47 ID:pVjqAjhI0
>>617
犬策先生も平和賞の有力候補だと、うぜい層化信者が言ってたw

大江でさえ受賞した文学賞もほんとうに要らないなあ

657 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:33:31 ID:pVjqAjhI0
>>625
死んだひとは受賞対象から外れるから無理

658 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:35:00 ID:ruTyZF650
もはや秋の季語だな村上春樹はw

659 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:38:26 ID:pVjqAjhI0
意表をついて浅田次郎とか受賞すれば面白いのにw

660 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:38:46 ID:6530DthC0
3人ktkr

661 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:41:46 ID:pcsuO1vyO
10年前は春樹がノーベル賞なんて冗談にしか聞こえなかったのに

662 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:44:10 ID:mlqh/XHc0
朝鮮人のウリ達もノーベル賞取るニダも季語だろww

663 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:45:09 ID:pVjqAjhI0
チョンはなぜノーベル文学賞にあそこまでの権威を見出しているのだろう?

664 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:46:00 ID:BxRQkuB40
こいつの小説は糞ツマラン
やけにナルシストなのも気持ち悪い

665 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:49:53 ID:QKI83vVQ0
コーデル・ハルのノーベル平和賞と、カーチス・ルメイの
勲一等の不快さに比べれば、庶民の王がノーベル賞をもらう
ほうがまだ許せる。

666 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:50:50 ID:D9NxsK1V0
他国語に訳した際、英語圏の方々が理解し易い文体で書かれているから?

667 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:50:52 ID:dF1LCdEl0
文学と平和はイラネ

668 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:51:03 ID:Nxdl3aQOO
>>664
まったく同意。
つまらん、こいつの小説はつまらん。
なぜ欧米人の気を引くのか?
翻訳がうまいんじゃないのか?
超訳とか。

だれか教えてくれ。

わかってる奴いるのかよ。

669 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:52:32 ID:4H8quBFvO
くるううううううううううううううううううううううううううううううう

670 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:52:47 ID:iMoU+FReO
物理学に3人すげー

671 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:53:20 ID:Bbi+0eaR0
こねーよw

672 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:55:14 ID:jAqDVirxO
やれやれ

673 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:56:15 ID:ciFhRHPZO
三点追加か。しかもまだ一点追加されるかもか。ノーベル賞やきう

日本対韓国

がまたワンサイドゲームになったな。


674 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:57:08 ID:/N8Y0coVO
やれやれ

675 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:57:08 ID:z3j0pMK3O
『世界の終わりと〜』は好きだが、
ノーベル文学賞って感じじゃないような
気がするな、村上春樹。

676 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:57:10 ID:W1ZIP9wH0
たしかにアメリカの小説を下敷きにしてるから、
会話文の組み立ては英語の小説といっしょだけど
非英語圏である韓国、中国などでも高い評価はうけている
文章のスタイルがいい、スタイリッシュだとよくいわれるね
内容もクールだと
どの言葉に翻訳してもそれが失われていない

日本でうけたのも実はそれがあって、春樹以降の文体なんていわれるくらい
影響はすごくあるんだよ

677 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:57:59 ID:ytFqVFJFO
文学賞と平和賞は全く価値なし
特に平和賞はゴミ中のゴミ

678 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:58:34 ID:Hl/ddyNj0
海辺のカフカは村上春樹的な総合小説だからぜひ読むべき。
(ねじまき鳥クロニクル+世界の終わり)×二分の一だな。

679 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:59:00 ID:dvWCyn64O
韓国の詩人コ・ウンが受賞して涙目になるお前らが見たい

680 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 19:59:18 ID:Cjv0/6RpO
あう

681 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:00:06 ID:XfgawJm9O
中国人だよ

682 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:00:14 ID:SsSioWeAO
おそらく無理だろう
そんな甘いもんじゃないんだよ

683 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:01:23 ID:v4DlhEU/0
最近普通のタレントみたいになってるよな。
テレ東でガイアもどきの番組の司会やってるし。

684 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:01:30 ID:Hl/ddyNj0
>>679 涙目というかウンコスレが立ちまくって違う意味の涙目になる予感w

685 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:02:21 ID:SsSioWeAO
ノーベル賞をなめたらあかん〜♪

686 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:03:33 ID:dF1LCdEl0
>>676
春樹がパイオニアなのかな、片岡義男は?

687 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:04:19 ID:+LySnFgW0
俺は西尾維新に上げても良いと思う

688 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:06:39 ID:ciFhRHPZO
>>677
名誉白人(笑)みたいな感じだな。

689 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:10:27 ID:g0xkiweCO
オリビアニュートンジョンのおじいさんはノーベル物理学賞を取った偉い人



これ豆知識な

690 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:12:31 ID:3K0VyROzO
村上おめ

691 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:14:52 ID:5NAPCXyTO
日本人が受賞と聞いて飛んできますた。おめでとうございます!

692 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:17:11 ID:VBB/d9wcO
村上春樹を読んでつまらないと思い始めたら大人になった証拠。

693 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:17:58 ID:2PtiImXY0
筒井康隆が受賞しないノーベル文学賞なんてゴミ

694 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:19:05 ID:8mCggQs30
ボクたち韓国人は劣等人種

695 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:33:37 ID:nB+XZEIeO
ガッツリ読むには物足りない
でも何も考えなくていいから
会社の行き帰りの時間潰しには良い
お手軽に本読んだ気にさせてくれるから好きだよ

696 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:35:00 ID:ZpxqcZWNO
村上春樹はルックスが悪いのが難点
ねじまき鳥とか好きだけど
町田康くらいのルックスだったらもっとすごいことになってたろうな

697 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:36:19 ID:BEadoD5b0
>>1
タキシードの準備でもするか

698 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:37:19 ID:Hwzofkx50
マジに取って欲しくないわ

699 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:37:51 ID:Unw4ANsg0
日本人で獲るなら、そろそろ詩人が受賞してほしい。
最有力候補は谷川俊太郎あたりだろう。

700 :越の八口 ◆8Mouth1arg :2008/10/07(火) 20:38:51 ID:DgWl435E0
>>1

こういう文学は俺は認めない。

ノーベル賞とろうが、世界中で人気になろうが
絶対一生読まんわ。

筒井とか京極とか中島らもとかハルヒとかの方が
よっぽどふさわしいわ

701 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:39:07 ID:vHHT/Uf2O
おめでとう(・∀・)

702 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:39:23 ID:U45GoI9mO
取るなら村上龍のエッセイだろ

703 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:40:30 ID:pVjqAjhI0
島津製作所の田中さんの受賞が一番夢があったなあ

704 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:40:59 ID:pVjqAjhI0
>>702
中村うさぎのエッセイのほうがましだw

705 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:41:05 ID:Nxdl3aQOO
先に言っておこう。

世界一は日本一ではない。
ミスユニバース日本人優勝者を見ろ。

もしノーベル文学賞が日本人でも、日本一の文学ではない。

それ以前に、文学に順位をつけるのも意味あるとは思えぬが。

706 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:41:57 ID:pVjqAjhI0
>>683
誰か突っ込んでやれ

707 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:43:11 ID:DFBHTQmX0
太宰治が獲れたらある意味認めてもいい>文学賞
欧米人は是対嫌いなタイプの話のはず

708 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:44:24 ID:vWGG390GO
角川春樹と区別がつかない

709 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:52:07 ID:dELqrbE/O
>>707
死んだ人間は、対象外だ!

710 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:52:24 ID:bQAAEb2MO
立教出身の馬鹿な先輩が最近になってノルウェーの森を読んでいるらしく、毎日感想を聞かされるよw
あんた何歳だよ・・・

711 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 20:54:34 ID:dF1LCdEl0
>>707
太宰を評価する欧米人もそれなりにいるけど。
多数派では無いが。

712 :越の八口 ◆8Mouth1arg :2008/10/07(火) 20:57:36 ID:DgWl435E0
確か、ビョークは三島ファンだよ

713 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:02:19 ID:xgNh4xVHO
村上春樹は普通に読んでからその作品の論文読んで、もう一回読むと他の人の作品より断然おもしろい。
エンターテイメント性なしで小難しく考えるのが好きな人はこういうのが好みかもしれない。
作品を時間軸で考えるのが好きなので春樹は好き。


714 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:04:12 ID:MPljF/qNO
ノーベル物理学賞おめ(゚∀゚)

715 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:08:02 ID:EmVOXu4G0
さて、このスレも村上受賞したら一気にスレ進むんだろうなw

716 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:18:23 ID:n4sZdmnV0
日本人は後化学賞だけでいいです

717 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:25:37 ID:Nxdl3aQOO
ノーベル賞受賞
→大増刷
→旧作新作売れまくる
→つまらなくてみんなびっくり
→大暴動

718 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:28:57 ID:CttKAxh20
ノーベル賞予想はたいてい当たらない。

719 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:30:23 ID:BgUpwWU+O
大西巨人も世界の終わりと〜は褒めてたけどそれ以降はダメって言ってたな

720 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:33:43 ID:U2UL/1qj0
事情通だけど
春樹と思わせて
じつは車谷長吉が獲るよ

721 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:33:58 ID:n4sZdmnV0
大西巨人がだめだけどな

722 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:35:46 ID:HeI02lKoO
流石に日本人4人は無いだろ

723 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:36:18 ID:TlNj0SCM0
うぜー

724 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:39:01 ID:wcnpapZI0
それは、今まで感じたことのない強い射精だった


725 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 21:52:24 ID:WebTlNMo0
僕が整形しないのはこれ以上モテルと困るからだ

726 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:03:17 ID:lO91xH+gO
物理

727 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:14:42 ID:z3j0pMK3O
>>700
筒井さんはともかく、京極さんは迷走してるし、
中島らもは亡くなってますが…。そろとハルヒって誰?

728 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:18:33 ID:dR7FoRJnO
こいつって、テレビとか出たことあんの?

729 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:27:18 ID:o4sjwfiT0
>>696
春樹は上京して都会的な精神を鍛え、シティーボーイ(笑)目指してたのにご存知のルックスだから
限界知って文学に走ったんだろ?あれで顔良かったら、文学なんかせず今でもジャズバーでパッとせずも
時々客と良い関係になってを繰り返す、悪くない人生送ってただろう。

730 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:29:04 ID:ePw4uiPNO
村上さん頑張れ!

731 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:30:49 ID:hfvjRERb0
>>727
崎谷 はるひ(さきや はるひ)は、日本の小説家。BLを主題とした作品を発表している。デビュー作は「楽園の雫」。

732 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:33:41 ID:S/2aQaW70
トンヘのカフカ、誇らしニダ。

733 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:34:30 ID:72g+8jfk0
いかにもオナニー好きそうだ

734 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:34:55 ID:S/2aQaW70
>>728
結構でてるって。

735 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:35:47 ID:Sf7EkxN00
物理学賞3人おめええええええええ

文学もいっとこうぜ

736 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:37:41 ID:KVSizeBS0

マジできた!




The Nobel Prize in Literature.
It was decided that the Nobel Prize for literature in the 2008 fiscal year would be Japanese Mr. Haruki Murakami.

http://haystack.cocolog-nifty.com/main/news/index.html






737 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:37:56 ID:+Y2kANPW0
文学なんか平和賞なみにどうでもいいわ
明日の化学でとってほしい

738 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:43:52 ID:hs4yJnVKO
ノーベル賞は似合わない

739 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:44:03 ID:wkXundSG0
ノーベル物理学賞取ったおっちゃん達見ててビックラ( д )  ゚ ゚
3人の中の1人は昔からのうちのご近所さん(の親類)やないかー!!
親の話では子供の頃はよく遊びに来ててその頃から賢かったと評判だったそうな…
しかし地味な地元でこんな有名人出るとは思わなんだw


740 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:47:40 ID:MPljF/qNO
>>731
BL作家は水戸泉しか知らん。

>>736
>ノーベル文学賞は9日午後1時(日本時間午後8時)

741 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:48:06 ID:G8rqF4HMO
村上の受賞で物理学賞三人組が霞む予感‥‥

742 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:49:51 ID:WROVsjwr0
よい冥土のみやげになったね

743 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 22:53:30 ID:eNmp15gl0
50年前&35年前の論文が、じゃ
いまいちピンとこないだろうな

744 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:06:57 ID:pGXVCIBrO
多分村上春樹は、無理でしょ。

745 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:08:25 ID:z3j0pMK3O
>>731
全然知らない作家だ。面白いの?
たぶん読まないけど。

746 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:09:40 ID:SXhlotSK0
村上がとったら本格的に芥川賞が赤っ恥

747 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:12:48 ID:arOVpDnA0
さすがに今年4人目はないだろう

748 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:13:47 ID:arOVpDnA0
昔のゼミ友が芥川賞をとったときはびっくりしたなあもう

749 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:20:20 ID:eP9T9gjO0
文学賞はピンだから価値が高い
過去の受賞者を見ても、すごいメンツ
科学オタは本を読まないからわかんないんだろうけど

750 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:21:27 ID:arOVpDnA0
文学賞って、ノーベル平和賞レベルの(笑)って感じだよな

751 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:24:26 ID:HRiTZt2c0
物理で取ったからもう日本人は無いな

752 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:27:43 ID:YTUs3hK30
ノーベル平和賞よりははるかにマシだろ。

753 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:27:50 ID:PnPslh4qO
俺の書いた「痔のお姉さん」はノミネートされないのか。

754 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:28:54 ID:YTUs3hK30
まず英訳しないとね〜。話はそれからだ。

755 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:31:34 ID:cVZdlsLQ0
>>753
ノーベル賞は作品に対して贈られるものではないんじゃない?

756 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:33:17 ID:eth8V9/ZO
もし、三島存命だったなら受賞確実だったのか?

757 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:34:07 ID:Sf7EkxN00
物理学すげええええ

どさくさにまぎれて貰えや

758 :名無しさん@恐縮です:2008/10/07(火) 23:47:10 ID:PGOF+sYp0
>>756
>もし、三島存命だったなら受賞確実だったのか?

三島は喉から手が出るほどノーベル賞を欲しがっていて、実際に候補にも挙げられていたけど
似たような芸風の川端康成が受賞してからは完全に諦めて『後は大江君に任せる・・・・』なんて逝ってた

759 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:02:38 ID:Azufk4K70
世界中で訳されてる日本人作家って村上春樹とよしもとばななと
あと誰がいるっけ。

760 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:05:45 ID:h2iBqIvX0
ノーベル賞取った大江健三郎

761 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:13:47 ID:PyRpcZHB0
ノルウェイの森しか読んだことないなぁ

762 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:15:07 ID:hWZ+q4SqO
>>759
あんたの真上のレスのボディービルダー

763 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:18:57 ID:cGEt+rJs0
中二ぐらいの時に必死に読みこんだなあ‥
まさに中二病だった

764 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:19:09 ID:Y6KbiJnG0
外人に日本語のよさがわかるの?

765 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:21:04 ID:ElKZMM4p0
>>763
中二病的な文学を広めたって功績は大きいなw

今のラノベとか携帯小説とか、こいつの影響が大きいしね。

766 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:21:57 ID:UJ10CKc/0
順番やタイミングもあるからね
80年代はいつも京都の井上靖のところに記者が集っていて
福井謙一はノーマークだったそうだ
井上は無闇と歴史ものが翻訳されて非常に読まれた
中国にもずいぶん売り込んだが残念!

767 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:28:58 ID:nWiSUxs4O
ノルウェイの森は過大評価
主人公の発言がいちいち中2臭くておもしろかったけど

768 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:35:27 ID:XoI6xkNLO
面白いか?って思う

769 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:39:21 ID:5DCNaSmBO
俺は普段お世話になってるんで、猪上春輝に賞をあげたい。
芸術とは素晴らしい。

770 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:43:40 ID:Of5nrkWg0
イケダ犬作先生には、イヌ・ノーベル賞を! ぜひ!染んでからw

771 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:46:19 ID:TA2IyRqL0
俺の中国のホームステイ先に海辺のカフカの中国語訳版が置いてあったんだけど、
それが日本だと上下巻なのに1冊にまとまってるの。なおかつ3/4くらいの厚さで。

漢字の表意文字としてのパワーを見たね。パワーだけだけど。


772 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:46:48 ID:3pd0J5elO
筒井ってたいした作家じゃないのにツツイスト(笑)の持ち上げ方が宗教じみていて気持ち悪い
Wikiのノーベル文学賞の項目に筒井の名前こっそり書き足してたりとかするし

773 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:53:41 ID:Of5nrkWg0
>>759
漫画家だったらなぁ...

774 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:54:15 ID:WTwzuWyQO
羊は面白い
読書嫌いなのに3冊一気に読めた

775 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:55:02 ID:EXHt18wJ0
俺たちだって、のど飴に関する優れた理論を発見し認められれば、ノーベル賞くらい貰える!!!


(ノーベル製菓株式会社)
http://www.nobel.co.jp/

776 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:55:15 ID:c67RsPj70
>>771
ハリポタもテレビで各国語版紹介してたが中国語版の薄さは驚異的だった。
それ見てハリポタ買う気なくした。
もともと日本語のは好きじゃなかったがさらに嫌いになったね。なんだこの分厚さは!と思った。

777 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:55:23 ID:8yC06qW8O
>>772
大したことあるだろ。
日本の三大SF作家に入るぞ。
影響力もフォロアーも凄い。


778 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:56:02 ID:QRHi7R1C0
物理学賞で日本人枠おしまいですw

ルサンチマン村上さん

残念でしたwww

779 : :2008/10/08(水) 00:56:05 ID:A2FHrOro0
ノーベル漫画賞があれば日本がたくさんとれるのに。

780 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:56:17 ID:eUHyLT060
>>775
どうでもいい話だがトドクロちゃんぬいぐるみ当たった。

781 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:56:33 ID:lQqn1972O
池田大作先生が選ばれないなんて不正な選考だ!

782 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:58:48 ID:gJ4t8o9C0
ああ、文学賞は9日か。でも候補はいっぱいいるんだよね。

783 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 00:59:08 ID:3pd0J5elO
>>777
筒井はすごいかもしれんが今は若者に媚びたり飛び道具だけで延命してる老害だし
ツツイスト(笑)があまりにこ気持ち悪いんだよな
筒井の作品を批判しようものなら「筒井にとっては批判も褒め言葉!」とか言い出すし

784 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:00:28 ID:Of5nrkWg0
なるほど....
フィツジェラルドの「バビロン再訪」ってペーバーバックで すごい薄い。
日本語訳、分量多くてビビるし  なるほどねぇ...

785 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:03:33 ID:UsmOnTAb0
ゲーム賞とアニメ賞の創設はまだか

786 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:03:52 ID:2OiZBOA60
開高健が生きてればなぁ
あっさり受賞してたのに

787 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:05:32 ID:W+rV0l1D0
>>779
日本だと漫画もかなり文学に近いような気がするけどね。
余所はどうでしょうかね。

788 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:11:00 ID:8yC06qW8O
>>783
信者がキモいってのはあるね。
段筆してそのまま引退してたら良かったのにな。


789 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:13:25 ID:cvb9e3DG0
文章がいちいち鼻に付くんで敬遠してたが
カーヴァーの訳はよかった

あれくらいシンプルに書けばいいのに

790 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:13:25 ID:c67RsPj70
トリビアだが日本のSF作家はなぜか大阪出身者が多い。
理系のノーベル賞受賞者に京大出身者が多いのと何か関係があったりして

791 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:17:04 ID:kIJVhq3X0
発売当時買って読んだけど、あまりにもサラサラとかんがえさせずもしないで、
読み終わって、「いったいなんなんだろう、この小説?」となんで売れてるのか
思いっきり考えた。考えさせる論点が違う、と思った。

792 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:18:12 ID:sS29w2AD0
>>790
京大出身が関西出身者って訳じゃないんで
お前の疑問は意味をなさないね

793 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:20:05 ID:t+tlc6kt0
大江叩き、やっぱり多いなあ・・・
もちろん、一通り読んだ上で、叩いてるならいいんだけど、
小説そのものを読まずに、政治的な部分のみで毛嫌いしているとしたら、
それはやっぱりもったいないと思うんだよ、おっさんは

大江ってのは、ある時期まで、日本文学史に現れた化け物だったと思うんだよ
読めば分かるけど、大江以前、というか、大江以後も、
誰も大江のような小説は書けなかったんだよ、本当にワン・アンド・オンリーなんだよ、日本では

というわけで、読んでない人には、とっても読みやすい、

・「芽むしり仔撃ち」
・「洪水は我が魂に及び」(最初はちょっと読みづらいけど、途中から、ほぼ、ラノベ)

をお勧めしときます・・・

794 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:22:04 ID:L0Ejj8oz0
遠藤周作がノーベル賞取れそうだったってマジ?

795 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:22:21 ID:8yC06qW8O
ねじまき鳥読んで、何故か気になってた、マルタ島クレタ島に行ったなぁ。
何もない寂れたヨーロッパで荒廃って言葉が頭によぎった。

796 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:33:50 ID:48wdlKZH0
昔のじゃダメなん?
源氏物語とか・・古典文学

797 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:37:37 ID:G6Km/74KO




村上春樹を叩いておけば

通ぶれるよな




798 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 01:41:57 ID:o9rgn1RH0
>>793
2ちゃん芸スポのスレでわざわざ大江の政治姿勢叩く奴が、彼の小説読めるわけないだろ。


799 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:20:44 ID:bqK+RqFJO
>>783
すごくないっつうの。春樹もアレだけどさ。

800 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:28:52 ID:2WXzZVJH0
>>793
大江さんの小説は表現が難しすぎて挫折した

801 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:41:59 ID:bqK+RqFJO
>>800
その程度じゃ海外のノーベル賞クラスの作家読めないぞ。

802 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:43:47 ID:ZawnBWJ80
高校の後輩に言わせると「変態」らしいから、是非、受賞してみて欲しいです^^

803 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:44:45 ID:I/9UI0Aa0
他の賞と比べ、オリンピックの開催地みたいに
地域間で順番に受賞者を決める文学賞って意味あるの?

804 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:50:23 ID:bqK+RqFJO
>>803
文学内部ではノーベル賞とろうが関係ない。
益川先生が言うように文学にとっても世俗的お祭りだよ。

805 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:51:17 ID:FiMWzZ2kO
>>794
それはマジ。
亡くなってなければ貰えてたはず。

806 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 02:57:42 ID:FiMWzZ2kO
>>767
中二臭くない文学なんて文学じゃない。

807 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:18:13 ID:vd7KSc0h0
三島がアホな政治活動せず生きてたら受賞できたのかね


808 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:26:23 ID:qQp324E20
日本人ノーベル賞受賞者15人の出身地
湯川秀樹…ノーベル物理学賞 京都府出身 京都大学卒
朝永振一郎…ノーベル物理学賞 東京都出身 京都大学卒
川端康成…ノーベル文学賞 大阪府出身 東京大学卒
江崎玲於奈…ノーベル物理学賞 大阪府出身 東京大学卒
佐藤栄作…ノーベル平和賞 山口県出身 東京大学卒
福井謙一…ノーベル化学賞 奈良県出身 京都大学卒
利根川進…ノーベル生理学・医学賞 愛知県出身 京都大学卒
大江健三郎…ノーベル文学賞 愛媛県出身 東京大学卒
白川英樹…ノーベル化学賞 東京都出身 東京工業大学卒
野依良治…ノーベル化学賞 兵庫県出身 京都大学卒
小柴昌俊…ノーベル物理学賞 愛知県出身 東京大学卒
田中耕一…ノーベル化学賞 富山県出身 東北大学卒
南部陽一郎…ノーベル物理学賞 福井県出身 東京大学卒 アメリカに帰化
小林誠…ノーベル物理学賞 愛知県出身 名古屋大学卒
益川敏英…ノーベル物理学賞 愛知県出身 名古屋大学卒

愛知県出身…4 東京都出身…2 大阪府出身…2 京都府・山口県・奈良県・愛媛県・兵庫県・富山県・福井県…1

809 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:29:49 ID:h2iBqIvX0
筒井康隆が世界で評価されないのはなぜ?

810 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:32:35 ID:3ShGF+TgO
筒井は50年後もよまれるとおもう。
村上はアラホーが死に絶えたらきえる。

811 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:33:27 ID:vH6OXIRc0
三島は取れないのか

812 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:37:51 ID:3ShGF+TgO
>>809
60年代の英米SF(ユーモアやスラップスティックもあり)からみると、
残念ながら、やはり、見劣りする(個人的感想だが)
漫画的ハチャメチャさはユニークだとは思うが

813 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:41:23 ID:xadAQuBT0
日本の文学を守りたい

814 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 03:57:54 ID:qQp324E20
韓国詩人、高銀(コウン)さん、ノーベル文学賞確実
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1223384200/

815 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 04:00:08 ID:KbdKekKa0
政治活動と思想が問題に→じゃあかわりにカワバタにしよう→ミシマ自殺→カワバタ自殺

816 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 04:08:01 ID:ohZk0svYO
村上春樹ファンがうざくて敬遠したまま、未だ読んでない

817 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 04:15:51 ID:h82eg2O90
無理

818 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 04:51:45 ID:86hHghutO
>>795
すごい!

スプートニク読んでギリシャにも憧れたなぁ・・

819 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 05:30:43 ID:3pd0J5elO
筒井がノーベル賞にふさわしいとかどんだけおこがましいんだよ
頭わいてんのかそれともネタか

820 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 05:34:34 ID:9GZQOhqhO
ネタだろうなw

821 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 05:42:15 ID:v8OFAvVH0
反日反靖国 関西テレビ やしきたかじん 竹島やってもええで
反日反靖国 関西テレビ やしきたかじん 竹島やってもええで

反日反靖国 吉本興業 島田紳助 朝鮮ヤクザとの交際を公言 by 溝口敦。

反日反靖国 関西テレビ やしきたかじん 竹島やってもええで
反日反靖国 関西テレビ やしきたかじん 竹島やってもええで


反日反靖国 吉本興業

08.10.07 たかじん 非常事態宣言 1/4 (そこまで言って委員会の深夜版)

http://jp.youtube.com/watch?v=Us0HleC4IBY&feature=related


ramono porunono miyaita zyunko koria


反日反靖国 吉本興業

822 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 05:56:28 ID:gzvlqpGn0
今回は無理だろうが、いずれ取るのは間違いない。

823 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:08:49 ID:5xmAvRgNO
何度も候補に入るのにね

824 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:14:22 ID:GYp7tE/4O
和製の誇り

825 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:15:08 ID:VUGpW4A80
文学賞と平和賞はイロモノ
あの大江のアホでも取れたんだしw

826 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:16:41 ID:TVpvkBz/O
>>825同意

827 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:21:08 ID:PJPqThaq0
たまには物理学賞やら医学生理学賞で空騒ぎしろよ

828 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:23:09 ID:bJd2+ddi0
>>700
読んでないのに何でわかるんだよw
アホか。

829 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:25:18 ID:/skiBp5o0
アホ。
文学賞は正統中の正統。
自然科学部門に文学を加えてこそノーベル賞は最高の賞となる。
ただ、サルトルに蹴られたりチャーチルが受賞したりとうまくいってない。
受賞者もいまいちなのは否めない。

>>825
馬鹿w
イロモノは経済学賞だよ、この知的障害がw

830 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:26:14 ID:3ShGF+TgO
早稲田ってだけで取れそうにないきがする。

831 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:36:29 ID:ehob2eVGO
めっちゃちっちゃいおじさん

832 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 06:40:25 ID:c67RsPj70
理系分野でノーベル賞受賞者を輩出するのは韓国の悲願
しかしその過剰な期待は、あのヒトES細胞捏造につながった。
一方日本ではスコップで土を掘り返して土器の破片を埋め(ry

833 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 07:13:59 ID:iKjSn1ZoO
志茂田景樹の‘戦場の長嶋巨人軍’は日本文学史上最高のエンターテイメント文学
とにかくこの作品を読んでない奴は文学は語るな

834 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 07:18:25 ID:MQElX9zfO
ノーベル財団の早稲田閥で受賞ケテーイ

835 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 07:24:41 ID:hphrdEouO
最近読んだ文学といえばヤンマガだ
ナニワ友あれとバレーボーイズしか読んでないがな

836 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 07:38:45 ID:KWEHtffU0
あれだけ欲しがっている朝鮮人にあげて欲しいが、
こればっかりはしょうがない。
頭が良くないとダメだから。

837 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 07:45:14 ID:c67RsPj70
頭の良さっていうよりそれらを育む環境の方が重要だよ。
アメリカ一強時代。

838 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 07:54:16 ID:vHq9ohp70
村上春樹の本読んだ事あるけど、数ページで
ギブアップした。文体からしてもう無理だったw
これがノーベル賞とか無理でしょw

839 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:01:44 ID:rddLGTqSO
>>838
まったく同意。
しかし、そのクソみたいにすかしたところが評価されているらしい。
日本で一番の田舎者小説だと思う。

840 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:04:58 ID:70y9lySrO
いっそ村上龍で

841 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:13:03 ID:ay2q08xsO
文学賞とか平和賞とか明らかにずれた賞はなくせよ

842 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:13:19 ID:HhURKwSYO
いっそ角川春樹で

843 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:19:33 ID:1vBfFNp50
>>771
>それが日本だと上下巻なのに1冊にまとまってるの。なおかつ3/4くらいの厚さで。漢字の表意文字としてのパワーを見たね。パワーだけだけど。

それって都合の悪い部分はカットしてるだけじゃね〜の?

844 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:23:00 ID:IofArsBl0
永沢さんも自殺したって知ってショックだったわ

845 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 08:47:56 ID:ubN62CNz0
ノルウェーの森はR18だろjk

846 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:03:36 ID:N0oa8Yay0
こういうのってやっぱロビー活動とか必要なのかね

847 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:06:51 ID:M+TICobR0
海辺のカフカちょっとだけ読んで
放置してある。もしもノーベル賞獲ったら
きっかけにまた続き読もうかな。

848 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:15:42 ID:bHCBYWnP0
>>836
ノーベル文学賞はウンコでいいよ(w。


849 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:18:17 ID:y6+Owvo90
興味ないなら無視すればいいのに。必死こいて叩いてるやつは
自分等が認めてないのに売れてるからヒステリックに中傷する
日本の文壇そっくりだな。世間のながれに逆行しちゃってるから
ビビって大騒ぎ

850 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:20:16 ID:AkFpvt8JO
村上春樹がノーベルとかねぇよ

あんなのただの三文官能小説だろ……



851 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:24:47 ID:u/Gdt1J80
>>841
文学とか平和はノーベルが元々遺言で指定した賞なのに何言ってるんだ?

852 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:25:29 ID:26jl69MW0
今度の新作が楽しみ。アフターダークはびっくりするぐらい糞だった。
オタは実験作とかいってるけどね

853 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:29:44 ID:AkFpvt8JO
>>841
何この恥ずかしい馬鹿

854 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:37:50 ID:OY1rLxhM0
ホームレス中学生を書いた麒麟の田村裕は受賞しないだろう

855 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:38:43 ID:8iQc8MMp0
春樹はアンチが多いよな

856 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:46:53 ID:PJPqThaq0
>>846
経済学賞(笑)しか基準を判断できる知識を持ってないが
経済学に限れば普通に業績で受賞してるイメージ

857 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:47:15 ID:9GZQOhqhO
アンチが多くても仕方がないよな。初期は新鮮だったんだろうが
自分も学生の一時期だけで、他を読み出したら興味が薄れてしまった

858 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:49:50 ID:mYN8WBC/0
質問だけど
なんで村上春樹だけが取りざたされるの?
文学賞って他の日本人が受賞する可能性ってないの?
ダークホースとか

文学賞受賞の基準がわからんが
今までの経緯から考えると受賞に当てはまる日本人って村上春樹だけなの?

859 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:50:59 ID:AQvEbinUO
文学は分からないが、売れてる事は間違いないだろう。世界でも売れてる方かんじゃないか?

860 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:52:28 ID:PFCi9Ydr0
>>858
翻訳後まで考えると村上(の文体)が可能性高いんでしょ

861 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:52:44 ID:tzAKd9Px0
大江健三郎の時は本人も言ってたように、前の10年くらいで候補がみんな死んでしまった
今も存命の作家で翻訳されてる量なんかは圧倒的なんだろう
しかしそれに続く世代で翻訳が多いのが小川洋子や桐野夏生だとか聞くと
なんとも言えない気分だが

862 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:56:10 ID:mYN8WBC/0
ノーベル賞ってやっぱ
人気とか売れてるとかどちらかと言えば内容よりも世俗的な事が基準?

そういう意味では哲学的な文体や難解な内容のもので
売れにくいものはあまり好まれない?

863 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:56:11 ID:PJPqThaq0
ノーベル賞に売上は関係ないだろう
ここ10年の受賞者の作品を読んだ事ある日本の一般人はいるのか?

単に現時点海外で最も有名な人間を煽ってるだけだと思うんだが。

864 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:56:29 ID:LwZPUQ7YO
>>841 オマケとしてはいい。
平和賞は金で貰った奴もいるがマジ平和に寄与された方もいる。
まあ物理学賞捕ったんだからなんでもいいや

865 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:57:21 ID:AQvEbinUO
>>860
しかし通訳がいいとしても英語圏だけじゃなく韓国、中国、ロシアなんかでも読まれてるみたいだから、各国で表現違うはずだから通訳だけのお蔭でも無いと思う

866 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:57:41 ID:y6+Owvo90
>>858
ヨーロッパのいくつかの国では一番売れてる外国の小説が
村上春樹なんだと。アジアでも売れていて韓国や中国では若手が
多大な影響をうけハルキストだかなんだかいわれてる。映画でも
恋する惑星なんかは影響を指摘されている。ロシアでももっとも
有名な日本人。アメリカのハーバードで公演を行った際に会場が
人であふれ、収容人数が倍以上の部屋を用意したMITでの講演も通路
まで人でごった返しパニックに。こんだけ海外で評価されてるのは他に
いないからだろ。いまは日本国内の売上より海外の売りあげのほうが多い

867 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 09:59:41 ID:PJPqThaq0
ドリス・メイ・レッシング 07
オルハン・パムク 06
ハロルド・ピンター 05
エルフリーデ・イェリネク 04
J・M・クッツェー 03
ケルテース・イムレ 02
V・S・ナイポール 01

この中で1人でも知ってる名前はあるか?

868 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:00:35 ID:PJPqThaq0
>>866
だがハリーポッターの作者が将来受賞すると考える人は少ないだろう。
S・キングにしても同じだ。

869 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:02:38 ID:PJPqThaq0
75年以降の受賞者では
マルケスやゴールディングが売れ筋という面では別格か?
大江やグラスレベルでも受賞者の中では十分売れてるといえそう

870 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:03:00 ID:tzAKd9Px0
>>867
受賞前にも同時代人として日本でよく読まれてたというとナイポールとクッツェーくらいかね
古い人はいるけど

871 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:04:00 ID:/7jl1kIn0
ギリギリ文学に属してて、超売れてるって他にいないよな

872 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:05:49 ID:PJPqThaq0
「〜の作者」という紹介すら不可能な作家が多いんだよな
ヒットが多いから1つに絞れないということではなくその逆。

873 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:07:41 ID:mYN8WBC/0
>>866、868
世界的に有名でも
スティーブンキングなどのミステリー系
トム・クランシーなどのSF系
ローリングなどの冒険活劇系
クリスティやクイーンなどの推理小説などは
そもそもはじめから除外されるだろう

それと同じで村上の文体や作風が過去の受賞者の作風と比べて
受賞ラインに乗ってるかって話

カフカもねじ巻きもノルウェイもダンスも羊も読んだけど
この作風で受賞できるのかは微妙

874 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:08:47 ID:ZoIwqDRw0
眉村卓が貰わないかな

875 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:12:33 ID:PJPqThaq0
文学というレベルでは乗ってるんじゃないのかと思う
フォークナーやスタインベックも受賞してるし
ただどっちの受賞ももう少し若い頃なんだよね

876 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:15:11 ID:y6+Owvo90
>>868
春樹が評価されてる理由はどこかのサイトでカズオ・イシグロが長々と
分析してたから探して読んでみればいいだおR。ちなみにアップダイクは海辺の
カフカにたいして称賛と批判が半々だったな。中心の空虚さは日本人じゃ
ないとわからん、みたいな。日本的じゃないのが春樹批判の焦点なのに
日本的だと批判されちゃった

877 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:16:45 ID:ko2xoSiE0
>>37
ブサイクのほうが作家に向いてるの

顔がいいやつは恋愛もセックスも若いうちに終えて
早くに現実知るから妄想の世界なんて行かない


878 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:17:13 ID:RYt7yUj80
>>873
キングがミステリーでクランシーがSFでローリングが冒険活劇て。
それぞれホラー、サスペンス、ファンタジイでしょ。

879 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:19:32 ID:gJ4t8o9C0
>>849
見苦しいよな。

880 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:21:44 ID:sp2LSaNwO
でも村上ってこんな顔して学生結婚してるんだよね
サッカーの岡田監督もそう

881 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:23:49 ID:PJPqThaq0
>>876
>日本的じゃないのが春樹批判の焦点なのに
>日本的だと批判されちゃった

その批判のレベルが低いと思う
日本人でないと分からん事の存在をどうやって知るのさ

でも村上作品はそういう意味では確かに微妙かも

>>880
ジャズ喫茶経営してたしリア充社会人ですよ

882 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:24:33 ID:cYVX2z7jO
中国人の残雪がとります。
フランスに帰化したんだっけかな…

883 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:27:37 ID:/psgMq710
なんかノーベル賞とったら、半島を出よがハングル化されて、それに触発されて若者が大挙してきそうな気がして怖い

884 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:28:02 ID:rnMAzijCO
羊をめぐる冒険と図書館ナントカが入ってる短編は面白かった

885 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:29:04 ID:ZClxapdRO
あるわけない

886 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:30:59 ID:tx99xfPk0
>>883
それはハルキじゃなくてドラゴンの方だろw

887 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:32:00 ID:cYVX2z7jO
田吾作が書いた結婚詐欺師の小説

888 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:34:05 ID:nR6DmscfO
>>420
静岡の小松伸郎さん?

889 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:35:21 ID:ko2xoSiE0
押井守もあんなブサイクな顔して早婚だったな

作家はみんなナルシシストだから顔と脳みそが釣り合わない
あんだけブサイクだと凡人ならひきこもるかイジけて性格歪む

890 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:37:22 ID:xg0x99X50
有名な小林・益川論文は二人が30前後で書いた論文なんだってな
ゆとり世代には逆立ちしたってムリな偉業

891 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:39:25 ID:y6+Owvo90
かえるくんは味わいぶかい名作。あれは絵本とか童話になりうる

>>889
押井は若い頃イケメンかつ学校でトップクラスの秀才でめちゃくちゃに
モテた

892 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:46:08 ID:RYt7yUj80
>>891
大学時代に出会った最初の奥さんが、ほぼ初めて付き合った女性だそうだぞ。
優等生だったのは中学までで、高校では学生運動にはまって落ちこぼれ。
全く受験勉強しないで学芸大に現役合格したのはラッキーだそうな。

893 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 10:55:43 ID:DJSHbY9i0
>>11
早稲田の工作犬が必死なんだろ

894 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:11:32 ID:Kc2pV4eN0
やれやれ
こんなエロ小説がノーベル賞か

895 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:31:55 ID:abNokNn90
村上春樹はないわ…
それなら筒井康隆の方がまだ希望がある。

896 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:33:04 ID:hWZ+q4SqO
龍はどうなのよっ!?
バイ ヒデ

897 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:46:24 ID:xg0x99X50
文学って何なんだろうとよく考えるよ
だって村上なんかより司馬遼太郎のほうが50倍頭がいいだろう

898 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:48:41 ID:hWZ+q4SqO
>>897
意味不明な対比だな。


899 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:51:04 ID:Ed2LZaVH0
佐藤大輔が受賞してレッドサンの続きを書いてホスイ

900 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:51:50 ID:bqK+RqFJO
春樹よりは大西巨人か古井由吉だろと思うけど全く翻訳されてないんだろうな。
あとピンチョンはなんで有力候補に挙がらないの?

901 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 11:55:37 ID:xg0x99X50
>>900
ノーベル文学賞を受賞するためには他力本願じゃダメらしい
言葉は数式と違うから、訳さない限り誰も読めない
積極的に英訳本を出してくれるむこうの出版社探したりしないとね

902 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:05:24 ID:/7jl1kIn0
大西巨人なんか実体験から日本軍のこと書いてるし
ノーベル賞もらってもおかしくない感じだね
漫画から海外で知られて小説翻訳されないかな

903 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:09:48 ID:36ktxNSd0
4人も同時に日本人が受賞するわけがない

904 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:11:34 ID:cYVX2z7jO
だな

905 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:26:26 ID:3ShGF+TgO
>>900
ピンチョンは本人がまったくマスコミや文壇にすがたあらわさないんじゃなかったかな

906 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:30:45 ID:rddLGTqSO
海外で評価が高いのはわかったが、なにがいいのかはさっぱりわからない。

907 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:31:01 ID:+O4xlHCfO
>>903
まず3人まとめてってのが奇跡
どうでもいいけど中国人と韓国人のノーベル賞受賞した人数知らない?

908 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:32:01 ID:Qk640NPsO
ノーベル賞というと、歴史に残る人物という印象だったが、こうもポンポン出るとなぁ。

909 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:32:39 ID:mipq+cOLO
>>907
韓国

910 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:32:43 ID:y6+Owvo90
アーヴィングとかアメリカでしか評価されてないのけ?

911 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:33:52 ID:mipq+cOLO
>>907
途中で送信しちまった
韓国は0じゃなかったか

912 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:34:27 ID:3ShGF+TgO
>>908
アメリカなんて200人以上いる

913 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:34:52 ID:x7kyAkf10
韓国人で受賞したのは金大中だけでしょ。
韓国系でくくってもいないんじゃないか。

914 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:35:54 ID:xnFRuKFh0
韓国人は1人 金大中がノーベル平和賞を取ってるね
でも後で南北会談で金正日に莫大な金を渡したのがバレた
中国は居ない(中国系アメリカ人は居る)

915 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:36:06 ID:x7kyAkf10
どうでもいいが、きんだいちゅう だと変換できないのに、
きむでじゅん だと一発でできるんだな。

916 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:36:53 ID:YA3l76LYO
人間革命が受賞しない理由が理解でない。
村上や大江なんぞよりよっぽど世界レベルだ

917 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:37:12 ID:suRNEv9cO
鳥山明は?

918 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:39:16 ID:dJ6X343x0
日本人ノーベル賞受賞者15人の出身地
湯川秀樹…ノーベル物理学賞 京都府出身 京都大学卒
朝永振一郎…ノーベル物理学賞 京都府出身 京都大学卒
川端康成…ノーベル文学賞 大阪府出身 東京大学卒
江崎玲於奈…ノーベル物理学賞 大阪府出身 東京大学卒
佐藤栄作…ノーベル平和賞 山口県出身 東京大学卒
福井謙一…ノーベル化学賞 奈良県出身 京都大学卒
利根川進…ノーベル生理学・医学賞 愛知県出身 京都大学卒
大江健三郎…ノーベル文学賞 愛媛県出身 東京大学卒
白川英樹…ノーベル化学賞 岐阜県出身 東京工業大学卒
野依良治…ノーベル化学賞 兵庫県出身 京都大学卒
小柴昌俊…ノーベル物理学賞 愛知県出身 東京大学卒
田中耕一…ノーベル化学賞 富山県出身 東北大学卒
南部陽一郎…ノーベル物理学賞 福井県出身 東京大学卒 アメリカに帰化
小林誠…ノーベル物理学賞 愛知県出身 名古屋大学卒
益川敏英…ノーベル物理学賞 愛知県出身 名古屋大学卒

愛知県出身…4 京都府出身…2 大阪府出身…2 山口県・奈良県・愛媛県・兵庫県・富山県・福井県・岐阜県…1


関東人がいない件wwwwwwwwww

919 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:39:35 ID:iTvdwKAHO
>>913
平和賞だっけ?
この賞ってノーベル賞の中では一番価値があるんだよね。たしか日本人はゼロのはず。

920 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:40:17 ID:KWEHtffU0
手塚治虫先生も関西だよな。
関東は終わりかも知れん。

921 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:40:45 ID:YA3l76LYO
>>919
佐藤栄作

922 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:42:11 ID:+O4xlHCfO
>>911-914 d

こういうの見るとやっぱり日本人ってスゴいんだな、って思うわ
15人って少なく感じたんだけど

923 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:43:21 ID:f5batBgE0
鳥山にやるくらいなら駿だろ

924 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:43:56 ID:+O4xlHCfO
>>919
俺は韓国人の意見を聞きたいわけじゃないんだ

925 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:44:50 ID:jdZpcMlB0
平和賞なんて貰わないで済むに越したことねぇよ


926 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:45:34 ID:m/aWkjSZ0
>>916
誰も釣られてないようだな・・・
部数なら大川隆法なみに売れてるんだろ?

927 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:50:07 ID:mMOkSDkw0
ノーベル文学賞取った作家で読んだのは、蝿の王の人のだけだわ。これは面白かった。
大江のはごちゃごちゃして5ページで放棄した。

928 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:51:19 ID:3iLGl1xf0
>>739
物理とほとんど縁のない俺でも3人とも名前だけは知ってる有名人だよ
過去に科学関連のいろんな受賞してるし

つーか失礼だが南部先生はまだご健在だったのか
よかったw

929 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 12:52:17 ID:Ed2LZaVH0
>>919
ノーベル平和賞はチェンバレンが貰ってるぐらいだから価値はない

930 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:04:02 ID:iKjSn1ZoO
そもそも文学なんて悲惨なくらい衰退してるから、ノーベル文学賞なんかもう必要ないだろ
最近は受賞者の名前なんか聞いた事の無い三文文学者ばっかりだしな
ブリキの太鼓は別だけどね

931 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:05:38 ID:Z/tLFdO9O
スレ伸びてる!

932 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:08:15 ID:UMVv0M4D0
なんで韓国人と比べるの?

933 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:12:56 ID:O4BY7EgUO
別に日本人が偉いわけでもないのにお前ら馬鹿じゃない

934 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:13:35 ID:dxrMx30n0
>>929
ウイットモアは?

935 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:24:37 ID:YA3l76LYO
何故日本人は経済学賞を取れないのか?

936 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:36:26 ID:cC9MFwKY0
ホント早稲田のごり押しって感じだよな

俺は学閥による能力差ってのはあまり信用して無いんだが
唯一、文学だけは、経済や政治よりも
出身大学の差が顕著に出てしまうと思う

何が言いたいかというと早稲田の作家はつまらなく陳腐で安っぽく商業主義で
東大・旧帝大作家は読みやすさ、語彙、構成力、普遍的テーマ、商業的なクオリティ全て揃っている

937 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:36:30 ID:xg0x99X50
>>935
学閥

938 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:38:06 ID:3K2670DP0
ノーベル文学賞って、必要なのですか?




939 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:41:21 ID:IHmuu4qT0
漫画賞もつくてほしいな

940 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:45:07 ID:UQnreDIw0
ノーベル文学賞って科学の平和利用方みたいなので役にたってるんじゃない

941 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:46:19 ID:Ed2LZaVH0
>>934
あまり打たなかったから一年で解雇だっけ?

942 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:48:06 ID:xg0x99X50
ノーベル映像文化賞が創設されないのはどうしてなんだろう?
遅くとも1970年代くらいにはあってよかった
DVD業界の人にとってはいい販促になると喜ぶだろうにw

943 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 13:58:59 ID:stpXvwl50
>>942
そんな事言い出したら、きりがなくなる

944 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 14:30:00 ID:1adoWRqn0
第一回東アジア文学フォーラムでの感想

昨日は韓国の印象を書いたので今日はもう少しフォーラム
と鼎談などで私が聞いた限りでの中身の話。
フォーラム初日午前の基調講演は
韓国が評論家の柳宗鎬氏。論客です。少し迷ったのですが
と前置きしつつも、かなり辛辣な村上春樹批判を。
間もなく発表になるノーベル文学賞の有力候補と目されて
いることを念頭に置いての発表か。
私も『ノルウェーの森』以降の村上春樹作品は全然評価して
いないので、ほぼ同感。
日本から来ていた若い記者さんは、そんなに村上作品を
読んでないのでは?と疑問を表していたけど。

945 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 14:54:56 ID:/n6GBveW0
3人の受賞者の奥さんもフィーチャーされてますね。
村上春樹さんが受賞したら、奥さんもテレビに出るのかなー。

946 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 15:04:50 ID:1vBfFNp50

向こうじゃ何年も前から‘ウン・コ‘って詩人が最有力候補って騒がれているらしいが
これで村上が受賞って事になったら民族集団自決でもやらかしちゃウンじゃまいかw

947 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 15:11:34 ID:x7kyAkf10
村上春樹は韓国や中国にもファンは多いだろ。
普通に喜ぶと思うがね。

948 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 16:16:16 ID:GDCuK8/x0
文学賞は細かい日本語のニュアンスなんかが訳されても外人に伝わりにくいから不利だよな
それだけに文学賞を日本人が取るのは難しく価値がある

949 :名無しさん@恐縮です:2008/10/08(水) 16:20:24 ID:ynjrvsci0
>>935
ろくな学者がいないだけ

188 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)