2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ロプロ】会社更生手続開始の申立てに関し、関係者の皆様に心よりお詫び[11/02]

1 :依頼あり ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2009/11/04(水) 00:57:52
会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ

 当社は、平成21年11月2日開催の取締役会において、会社更生手続開始の申立てを行うことを
決議し、東京地方裁判所にその申立てを行いました。同申立ては、同日受理され、直ちに、
同裁判所より弁済禁止等の保全処分、強制執行等に係る包括的禁止命令、並びに監督命令及び
調査命令が発令されましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 本件申立てによって、債権者の皆様をはじめ、これまでご支援ご協力を頂きました関係者の皆様に
多大なるご迷惑をお掛けする事態となりましたことにつき、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

 今後は、東京地方裁判所及び同裁判所から監督委員兼調査委員に選任された内田実弁護士の
監督の下、役職員一丸となって会社の事業の再建に尽力して参る所存ですので、何卒ご理解と
ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

                                             記

1. 申立ての理由
 当社は、昭和45年3月に株式会社日栄として設立され、中小零細企業事業者に対する手形貸付、証書貸付、
商業手形割引などを主たる事業として業績を拡大いたしましたが、平成12年3月期に入り、当社及び当時の
連結子会社(日本信用保証株式会社)による債権取立行為にかかる不祥事件等の影響を受け、
その融資残高を大幅に減少させる結果となりました。

 その後、当社は、平成14年11月に商号を株式会社ロプロ(現商号)に変更し、業績改善のために様々な
合理化施策に取り組んで参りましたが、貸金業法43条のみなし弁済の要件を厳格に解釈した平成18年1月の
最高裁判決を契機とする、いわゆる過払金返還請求の急激な増加、及び過払金返還請求に対する引当金の
大幅な積増し等により、資金収支及び収益が大きく圧迫され、財務内容は著しく悪化いたしました。

 また、平成18 年12 月に成立した「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」によって、
貸金業に対する一層の規制強化が図られることとなり、その結果、当社を含む商工ローン業者及び
消費者金融会社等に対する金融機関の与信が著しく低下し、新たな資金調達を行うことが困難な事態となりました。
さらに、いわゆるサブプライム・ローン問題の余波等によって、顧客である中小零細企業者に対する貸付金の
貸倒れが増加すると同時に、貸倒引当金の大幅な積み増しが必要となり、その結果、当社の財務内容は一段と悪化し、
資金調達手段がより制限されるという悪循環に陥りました。

 当社は、これらの事業環境の急激な変化に対応するため、店舗の統廃合や希望退職者の募集による
人員削減等のリストラ策を推し進め、創業者一族の退陣により経営体制を刷新して再建に努めて参りましたが、
融資額の減少に伴う利息収入等の収益の減少は如何ともし難く、また、新たな資金調達も望めない状況の中、
過払金返還による資金流出は高止まりした状況のまま推移したため、資金収支は悪化の一途を辿りました。

 以上のような経過により、当社がこのまま自力で事業継続した場合、早晩、その資金繰りが破綻することは
必至な状況にあり、そのような事態に至った場合、当社の企業価値は著しく毀損することになります。
当社といたしましては、このまま現状を放置して当社の企業価値が著しく毀損した場合、スポンサーによる
資金提供等の途も事実上絶たれ、結果、債権者の皆様を始めとする関係者の皆様方に対してより多大な
ご迷惑をお掛けすることが避けられないと判断し、やむを得ず、会社更生法に基づく手続に従って会社再建を
目指すこととし、本日申立てを行うに至りました。

>>2以降へ続く)

■ソース:株式会社ロプロ 平成21年11月2日
http://www.lopro.co.jp/ir/news/news_pdf/t162.pdf
http://www.lopro.co.jp/ir/news/index.html

2 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2009/11/04(水) 00:58:49
>>1の続き)

2. 負債総額(平成 21 年6 月30 日現在 貸借対照表)
 21,881 百万円(※なお、会社更生手続において、今後増加する可能性があります。)

3. 今後の見通し
 今後につきましては、東京地方裁判所及び監督委員兼調査委員である内田実弁護士の指導監督の下、
スポンサーの選定及びその支援も視野に入れて事業の再建を目指し、債権者の皆様に対して少しでも
多くの弁済額を確保できるよう、全社一丸となって取り組んで参る所存でございます。

4. 有価証券上場規程第 605 条第1 項に規定する再建計画等の審査に係る申請の有無有価証券上場
規程に規定された再建計画等の審査に係る申請は行わない予定です。

5. 平成 22 年3 月期第2 四半期報告書提出遅延等について
 (1) 提出遅延等の理由
  当社は、表題部に記載のとおり、平成21 年11 月2 日に会社更生手続開始の申立てを行ったことにより、
  決算業務に大幅な遅れが生じることが見込まれます。そのため、以下のとおり、平成22年3月期第2四半期
  決算短信の開示延期、及び平成22年3月期第2四半期報告書の提出遅延が見込まれます。
 (2) 当該第 2 四半期決算短信の開示時期について
  当初開示予定日は、平成21 年11 月13 日ですが、同日までに開示できる見通しは立っておりません。
  また、現時点において、その後の開示についての具体的見通しも立っておりません。
 (3) 当該第 2 四半期報告書の提出時期について法定提出期限は平成21年11月16日ですが、同日までに
  提出できる見通しは立っておりません。また、現時点において、その後の提出についての具体的見通しも立っておりません。

■参考
代表取締役の異動に関するお知らせ
http://www.lopro.co.jp/ir/news/news_pdf/t161.pdf
強制執行等にかかる包括的禁止命令に関するお知らせ
http://www.lopro.co.jp/ir/news/news_pdf/t163.pdf
(訂正)「会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ」の一部訂正について
http://www.lopro.co.jp/ir/news/news_pdf/t164.pdf

3 :名前を出せずごめんなさい:2009/11/04(水) 01:00:53
そ〜らを〜飛べ〜♪

4 :aee:2009/11/04(水) 09:57:05
uoooo

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)