2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【轟天】 惑星大戦争 THE WAR IN SPACE 【大魔艦】

1 :宇宙獣人:2010/04/18(日) 07:02:08 ID:9zGPDpop
 
なぜかどこにもスレがないので立ててみましたよ。
「スター・ウォーズ」便乗作品として評判はイマイチですが、
けっこう面白いよな。

スタッフ

監督: 福田純
製作: 田中友幸 田中文雄
原案: 神宮寺八郎
脚本: 中西隆三 永原秀一
音楽: 津島利章
特技監督: 中野昭慶

キャスト

森田 健作:三好孝次(轟天パイロット)
浅野ゆう子:滝川ジュン(轟天通信員)
沖 雅也 :室井礼介(宇宙戦闘機パイロット)
池部 良 :滝川正人(轟天艦長)
新 克利 :三笠忠
宮内 洋 :冬木和夫(宇宙戦闘機パイロット)
大滝秀治 :松沢博士
平田昭彦 :大石(国防軍司令)
睦 五郎 :ヘル
中山昭二 :国防軍幕僚
宇宙獣人 :マンモス鈴木

公開日 1977年(昭和52年)12月17日(同時上映「霧の旗」)

上映時間:91分
 

2 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/18(日) 07:18:48 ID:+FY8Svec
後半まで
「全然ドリル使いこなせてねー!轟天の意味ないじゃん」
と思わせおいて、あのラストは泣かせすぎだろ。

宇宙からのメッセージと共に、短期間でよくあそこまで
戦闘シーンをスターウォーズっぽく作れたもんだと関心する。

3 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/18(日) 11:46:38 ID:9zGPDpop
>>2
あのラストは今DVDで観ても感動する。
単に轟天だからドリルつけたのかと思ったら、あんな結末とは…。
艦長の娘への愛が感じられるから余計に。

音楽も良いし、轟天VS大魔艦の一騎打ちの砲撃戦も結構燃える。
あと浅野ゆう子のフトモモ。

4 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/18(日) 13:13:08 ID:fitj1syz
アクティブレーザーミサイル発射!

5 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/18(日) 15:12:02 ID:0HaMuUe7
松竹から森田健作、東映から宮内洋を借りてつくった。

6 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/19(月) 01:15:52 ID:zrfqpocl
轟天と大魔艦の一騎打ちの砲撃戦では、轟天の各種ビームが発射され、
大魔艦にビシバシと着弾しているのを見ると、あたかも実際に質量のあるビームが
放たれているように見える。

操縦士の抜群の操艦技術で轟天を飛ばし、その船体で大魔艦のオール状ビーム発射管をなぎ払い、
また、艦上構造物を破壊するシーンも爽快。

とにかく勝たなきゃいけないので、全ビーム兵器を惜しげもなく一斉発射するシーンも良い。

7 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/19(月) 05:00:23 ID:cOrEt3V7
「娘を想う父」という構図は、意識して海底軍艦から引き継いでるのかな?

浅野ゆう子のエロいピッチリスーツが森雪風でヤマトも入ってるw

8 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/19(月) 11:21:58 ID:cuFGqyK1
>>6
爆発と光学合成のシンクロは凄いよな。サンガイ以来のお家芸というか。
それミサイルじゃねえだろ!って突っ込んだが。

室井がヘルファイターを洞窟内に誘い込み、先に抜けたところで旋回して
洞窟から出てくるヘルファイターを狙い撃ちするのには素直に感心してしまった。


9 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/20(火) 01:47:58 ID:FYaHpRzC
浅野ゆう子はタイトルで一番最初に出てくるように事実上の主役でしょう。
彼女を思う父と恋人たちという話だし。
もとは、よくSFにセクシーな役で出てた歌手で所有のキャロライン・マンロー
みたいに、日本でSFに出たら似合う芸能人は誰かとアンケートをとったら
一位が当時はアイドル歌手だった浅野ゆう子だったということで起用と。
それで、私服あり宇宙服あり、なぜどこで着替えたのかエロい衣装ありと。


10 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/20(火) 01:51:41 ID:FYaHpRzC
所有ではなく女優です。濁点忘れた訂正。

ついでに、海外公開の吹き替え版で池辺良艦長が
「リボルバービーム、ファイヤー」
と言うので、リボルバービームは和製英語ではなく通用するのかと関心した。



11 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/20(火) 02:00:06 ID:FYaHpRzC
また間違えた。関心ではなく感心でした。

またついでに、
すれ違いざまに魔艦が奇襲攻撃で光線砲の連射を浴びせてきて、
爆発で轟天が揺らぎ森田健作が大袈裟なリアクションしてみせるけど、
そこへすかさず砲術師が命令を待たず素早い操作で正確に標準を合わせ
ビーム砲で反撃すると、一撃離脱したつもりで遠ざかる魔艦に見事命中!
この場面が一番良い。

12 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/20(火) 21:22:51 ID:6NUeuQxE
それぞれのシーンにバッチリ合い、
メロディラインが印象的で覚えやすいBGMも秀逸。

13 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/20(火) 23:46:58 ID:Cq3znYMo
音楽の津島利章は、「仁義なき闘い」が有名。
例の“チャリラ〜”はヤクザというとこれという定番。
あと円谷プロの「猿の軍団」と「アイゼンボーグ」か。
アイゼン号はドリル付き轟天みたいで、この映画の直前の放送だったかな。
そのあとは「地震列島」か。
小学生の時にみて、憶えてしまい学校で
「じゃーん、じゃーんじゃ、じゃじゃーん」と唱っていて、
教師に「なんの音楽」と聞かれた。

14 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/21(水) 09:07:38 ID:yuO7Ybtr
中古屋で買ったアナログ盤のLPとEP持ってるよ。
手頃な値段の轟天のおもちゃでないものか

15 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/21(水) 17:47:38 ID:ooNQ+3q6
>>14
EP盤なら公開当時に買ったけど、レコード用に録音したものだったのでガッカリした記憶が。しかもポワーンとかいった効果音が多過ぎて…。

16 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/21(水) 18:18:21 ID:m4+Wuds+
・SF特撮映画音楽全集 第9集

・ノストラダムスの大予言/惑星大戦争

今手に入るCDってこの二種類か。
尼でもオクでもなかなかいい値段するな・・・

轟天のトイって海底軍艦の方ばっかりなんだよな。
一応プラモがあるけど、潜水艦にドリルつけただけのパチモノだし。
あとは個人製作のガレージキットがあるぐらいで。


17 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/21(水) 20:51:19 ID:bd2ctly5
俺の新卒で入った会社には系列のレコード会社があって、
通常の社員向け販売以外に、1年に1回地方工場を巡回して
在庫品を格安で放出していた。

全ジャンル対象なのでアニメ・特撮関連もあり、
ノストラと惑星大戦争のBGM集を発見し購入した。
他には「トップをねらえ!」の企画もののカセットとか
「タイムボカン名曲大全」などを買った。

18 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/21(水) 22:21:04 ID:M/1da4B5
あとで意識してDVDを見れば「ああ」と思うけど、
これはスターウルフのデビュー作なんだよな。
無名の乗組員の役だがはっきり写り活躍してる。
ただ彼は今で言うイケメンではあったが演技は下手。
「スターウルフ」のあと刑事ドラマとか出てたが、
いっこうに上手にならない。
だからそのあと売れなくなったのもわかる。

19 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/21(水) 22:40:04 ID:XUZvEwBS
スターウルフの村嶋修なら'81年頃にひし美ゆり子との共演で
東映の成人映画に出演していたのが最後かな?

20 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 00:36:13 ID:bHIWShdo
俺も小学生の頃、EP盤を買った。
A面は惑星大戦争のOP曲なんだけど、アレンジの強い新録音だった。
B面は映画には無い、レコードオリジナルの曲が入っていたんだけど、
盛り上がりに欠ける長ったらしいだけの曲でガッカリした。

「SF特撮映画音楽全集 第9集」のCDは数年前、Amazon自体が在庫を持っていたので適価で買えた。
自分が聴きたかった、惑星大戦争OP曲(映画版)、轟天が秘密基地から発進する時の曲、
轟天対大魔艦の一騎討ちの曲、大魔艦が重力砲で反撃の曲、が入っていたので満足した。

21 :20:2010/04/22(木) 00:37:36 ID:bHIWShdo
轟天の立体物で手に入り易かったのは、2005年に出た「東宝マシンクロニクル2」かな。
差し替えでリボルバーの展開・収納状態が再現できた。
全体的に良い出来だったけど、艦底部の赤いラインが塗装されていなかったのが残念。
http://www.1999.co.jp/image/10039359a/20/1

今年のワンフェス限定で売られた、この轟天の完成品が欲しかったな。
http://www.chikyu-boueigun.jp/newpage84.html

上記のメーカーの「今後のラインナップ 2010上半期 予定」に、
少し前まで”宇宙防衛艦 轟天”があったんだけど、なぜか今は消えている。
開発は続いているみたいなので、発売が下半期にずれ込んだだけと思いたい。

22 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 00:54:40 ID:nyH/Hx94
>>21
「東宝マシンクロニクル2」のは、なんで地球防衛艦なんだろう?

23 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 04:11:27 ID:07OwP2XM
>>19 アンヌとスターウルフ・ケンが共演する成人映画があったのか。

今思い出したが、映画公開当時「惑星大戦争ガム」が発売されてて、
買ったことがある。カードとシールが付いているという定番。


24 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 05:33:53 ID:VLU0Qo77
77年の春頃の「マンガくん」で巻頭でSW特集をやっていて
「惑星大戦争」とか書かれていた。

25 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 05:55:09 ID:FE9jbWGz
浅野ゆう子のあのエロい衣装は自前だそうだ。

26 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 12:04:22 ID:onHoogMg
>>25
ホントかよw

しかしあのぽてっとした唇とかムチムチ具合、脚線美は今観ても実にすばらしい。
キャリー・フィッシャーには圧勝しているな。

27 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 13:33:23 ID:o3/voien
「スターウォーズ」は邦題を「惑星大戦争」にしようかと思ってたら、
ルーカス側の意向で「スターウォーズ」に統一することに。
それで没になった邦題を頂いちゃったわけだ。

「スターウォーズ」のポスターや原作文庫表紙の最初のイメージ画では、
主人公は胸板をはだけているし、姫は足が太ももまで見えている。
昔のアメリカのSFと同じでマッチョとかセクシーにしてた。
しかし映画では全年齢向けということで、そうしたイメージは廃した。
ということだったから、「惑星大戦争」は「スターウォーズ」のヒット
に触発されたけど、それ以前のSFのイメージを追ってしまってた。
そこが失敗というべきか、商業的に冒険できなかったというべきか。
まあ、浅野ゆう子は子供の付き添いのお父さんたちにサービスはしたね。

28 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 17:20:04 ID:nyH/Hx94
あの大魔艦って敵の偵察部隊にすぎないんだよな。
たかが偵察部隊やっつけただけであんなメデタシ、メデタシの
エンディングって・・・

29 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 21:09:03 ID:FK1pDQqf
米国でジミーの一家が襲われる場面は、そこら辺で撮ってると思われる。

30 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 22:45:29 ID:V8kvUZbS
>>23
あったあった ロッテのガム
当時 近所のスーパーで買いまくったけど カードがダブりばっかりでガッカりした


"また 大魔艦にへんな宇宙服のカードかよ!"


31 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/22(木) 23:10:12 ID:+Oxo4X/M
近所の映画館で見たけど、おれ以外の客は一人だけ。
もう少しで貸切だったのに。

32 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 01:18:59 ID:Ffx/eWin
>>28
ヘルの先遣隊はやっつけれたけど、メシエ13の母星はまだ残ってるから、
「いつかまた地球侵略に来るかも」ということは、地球側も予想してるんじゃないかな。
轟天型防衛艦を量産するのか、別の新型宇宙防衛艦を造るのかは分からないけど、
何かしらの防衛準備はすると思う。
滝川博士も生前にそれを見越して「こんなこともあろうかと」と、エーテル爆弾の製造法を
どこかに隠してあるかも知れない。
(複数の轟天型防衛艦の両側リボルバーから連射で小型エーテルミサイルが撃ち出され、
 敵の大艦隊を派手に粉砕!とか見てみたい)
あの世界の地球は科学力が相当進んでいるので、波動砲っぽい殲滅光線兵器も作れそうだ。


そういや「宇宙大戦争」も先遣隊を撃退しただけだから、再侵略がありそうだし、
「地球防衛軍」も女が欲しいエロパワーで、またミステリアンが襲って来そうだな。

33 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 02:42:47 ID:SE97UKsz
東宝特撮版「宇宙戦艦ヤマト」だよね。

映画「宇宙戦艦ヤマト」公開が、この映画の製作直前の1977年8月6日。

宇宙からの侵略者による地球滅亡の危機に単艦で出撃する宇宙戦艦。
寡黙で年長の艦長と若いカップル。
艦首から発射される必殺兵器。




34 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 03:01:19 ID:zU1xPQO/
そして「さらばヤマト」はSWなんだよね

35 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 10:28:08 ID:id0u9e5r
不覚にも轟天が好きだった。話題にしづらい映画では遭ったけど。

36 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 11:32:44 ID:ztvwAvIk
当時、月刊チャンピオンに公開直前の映画を劇画化するという企画があって、「惑星大戦争」も取り上げられた

漫画では捕らえられたヒロインは全裸で吊されていたのでものすごく期待して見に行ったのだが、当然浅野ゆう子は脱いでいなかった

当時12歳だった自分にとってのこの映画最大のがっかりポイントはそこにつきる。

37 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 11:54:48 ID:SE97UKsz
>>34
いやすげー好きなんだよ>惑星大戦争
DVD買っちゃったもん。

あと浅野ゆう子の黒革ホットパンツにムズムズしたのもいい思い出。

38 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/23(金) 16:09:33 ID:ByHfnHC6
「スターウォーズ」のヒットに触発され、「宇宙戦艦ヤマト」の直後だから
「海底軍艦」が宇宙へ行き、「宇宙大戦争」の要素が混ざったが、
博士の最後は「ゴジラ」一作目が入ってる。
でもドリルで敵艦を撃墜させたんだから、エーテル爆弾(トンデモ発想で
エドウッドの「プラン9」の太陽爆弾並)で金星まで木っ端みじんにする
ことはなかった。
だからご指摘があったとおりあれは的の偵察前衛部隊なんだから、
敵の星を吹っ飛ばすのでないと意味がない。
でもそこまでやると話が複雑になって、ただでさえ切迫していた時間が
とうてい足りなくなるということだったと思う。

39 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/24(土) 02:08:01 ID:oVs2LV3j
轟天の最大速度は光速の90%でワープ不可能だから、
メシエ13の敵母星まで乗り込んで攻撃を仕掛けることは出来ない。

ヘル・ファイターはワープ可能なので、地球で撃墜した残骸を研究すれば、
いつかはワープ機関が作れるかもしれないけど。

この戦いのその後を考えるに、
敵側からすると、
「惑星一つを木っ端微塵に破壊出来るエーテル爆弾を、地球側はまだ持っているだろう」
「轟天よりも高性能な防衛艦を建造して、われわれを迎え撃つだろう」
との結論を出して、二度と地球侵略には来ないかもしれない。

40 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/24(土) 03:38:45 ID:OFruxFYc
敵の親玉「地球侵略計画は中止する」

その副官「お言葉ですがあの爆弾の威力なら、我々の技術をもってすればいずれは対応可能かと」

敵の親玉「そうではない。己の命を賭けたあの見事な散り際・・・
武人の魂に敬意を表して撤退だ」

41 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/24(土) 04:59:34 ID:DuORfRaS
魔艦ではなくヘルファイターがワープできるの?
それにしても、なんで金星なんて遠いところにいるのか。
冒頭では宇宙空間で魔艦から艦載機が飛び立っていたが。
そのあと金星へ行ったのかな。

42 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/24(土) 17:50:16 ID:8Cc3Tj+5
>>40
誰も平和=悪だなんて言ってないよ
平和=嘘だって言ってるだけ
お前だって生きてんだろ
ただ単に「生きる」という言い方をするのがサヨクの卑怯な所で
生存競争に参戦する、という言い方が正しい
生きることすなわち争いなわけで、そこから意図的に目を逸らすから嘘つきだって言ってるんだよ

43 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/24(土) 23:24:18 ID:4IRfdM2o
>>42 スレ間違えるなよ。

44 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/25(日) 05:14:38 ID:Vyeywqz2
ニュー速にでも迷い込んだかと思ったw

45 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/25(日) 16:31:57 ID:Shn4cpbp
リアベの実がなんだ!…と言いたい

46 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/26(月) 02:34:03 ID:02s1G36L
>>45
えー。
あれはあれで十分面白かったじゃん。

野田昌宏さんが参加していただけあって「宇宙からのメッセージ」は
お姫様や王子が出てくる、スペースオペラの王道を狙った映画だったが、
さらに深作監督が参加して、ヤクザ映画やアクション映画まで入った
東映らしいアクション大活劇(怪作)になった。

対する東宝は「地球防衛軍」や「宇宙大戦争」に「宇宙戦艦ヤマト」を
加えて、得意の侵略宇宙人VS地球防衛軍の特撮映画を撮った。

どっちも「スター・ウォーズ」あてこんだ映画だけど、今観ても結構面白いし、
なんか東映・東宝の思想の違いとバイタリティを感じる。

47 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/26(月) 10:27:28 ID:JGOvtuVu
劇場パンフに載ってる轟天の透視図を見てたら…
エレベーターは1基も無く、やたらハシゴばかり設けてあるわ。
これぢゃ艦内移動がシンドイよね。

48 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/26(月) 11:56:48 ID:orjvCyQg
今見ると、キャストは割と豪華だし
話も案外面白いんだけど、轟天のデザインだけは許せん。

49 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/26(月) 16:31:08 ID:DPHsoNKQ
「惑星」も「メッセージ」も当時、母親に連れて行ってもらい観た。
母は昔から映画はよく観ていたほう。その母が言うには、
宇宙船などメカは「メッセージ」のほうが美術的に優れてるけれど、
全体の美術や衣装は「惑星」のほうが洗練されていて、
ここは都会的な東宝らしく、東映は昔から時代劇でも衣装やセットが
安っぽいのが難点だったけど、それが「メッセージ」にも出てた、
と言っていた。

50 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/26(月) 20:23:36 ID:ZjqVxC/f
昔の日本映画を見ていて良いと思える点は、
「終」の文字が出てキリのいい音楽で映画が終わるところ。

この映画では「終」の文字が出てから、画面いっぱいに
「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の文字が出て終わるんだっけ?

このパターンだと実際に映画館で見た場合、「あぁ終わった〜」とスッキリした気分で劇場を出られる。

ところで、もう今ではスタンダードになってしまった、
「映画本編が終わった後にダラダラと、実に何分間もスタッフロールが流れる」
というパターンは「スターウォーズ」からだった?それ以前の洋画からあったかな?
この文字だけを延々と見ているのは辛い。
スタッフロールが終わった後にもう1シーンが流れることがあるから、途中で帰りたくないし。

51 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/26(月) 21:55:32 ID:02s1G36L
>>49
あーわかるわ。
エメラリーダ号は本当にいいデザインだった。
いかにも悪の巨大戦艦です、というガバナス戦艦やリアベ号とかもよかったな。
ガキのころの一番のお気に入りは三隻編隊で飛ぶ地球側の戦艦だったが。

衣装なんかも良い意味でチープだし、深作監督の演出もあってアクションシーン
なんかが雑然・騒然という感じなんだよな。やたら人が動き回ってて。
俺は逆にそのあたりにパワーというかエネルギーを感じて、「メッセージ」大好き。

「惑星」はいかにも東宝らしいセンスなんだよな。轟天のデザインは海底軍艦を
下敷きにしていることもあって、スピップ号やα号やムーンライトSY3の流れを
きちんと汲んでいると思う。
衣装やセットも、東宝らしくモダンでシンプルな、現代的な感じ。

・・・大魔艦やヘルがどうしてああいうデザインだったのは、いまだに謎だが。



52 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/27(火) 02:04:49 ID:R2Fj9Lpo
プログラムにも書いてあったし、インタビューで中野特撮監督も言ったとおり
「海賊映画」みたいにするということで、敵を「ベンハー」に出てくるガレー船
みたいにしたうえ古代ローマふうの敵方衣装にしたんだうけど、そのものすぎ。

「THE END」「終」などジャンとならなくなったのはスターウォーズ以前からあった。
七十年代からだと思う。アカデミー賞など候補になるためにはタイトルに載らないと
駄目だということでみんな載せろと言い出したらしいのと、
ニューシネマあたりから、ハッピーエンドが少なくなってジャンとは終われなく
なってしまったとも言われてるよ。

53 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/27(火) 23:54:07 ID:KmY70r5b
アメリカでは組合がうるさくなって、下っ端の名前まで全部載せないといけなくなったんだな。

54 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 01:57:29 ID:tJy8mH8n
年齢のせいか小便が近くなって・・・
2時間以上の映画とか見るとかなり限界なのだよ・・・
本編が終わったら早く席を立ってトイレに行きたいのに、
通路側の人がエンドロールを最後まで見る人だったりすると
5分ぐらい限界状態でずーっと待たされる・・・。
轟天じゃなくて拷問に近いのだよ・・・。

55 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 02:34:34 ID:GjqOpeMB
黒澤明監督が、描かれる場面の当時は出版されていない本がセットの本棚に
あるのを見てそんなの置いたら駄目だと言ったとか、
手紙が枕元にある場面で、読むわけじゃないからと任侠映画用の果たし状の
小道具を置いていたら、それをやった助監督に激怒して「お前いらない首」
厳しいようだけど、そんないいかげんなことしては当然だと言われたものだ。

そこで>>29なんだけど、あの一家の場面はアメリカのはずだけど
日本で撮影したらしいのは仕方ないとして、置いてあるお菓子が日本製。
アメリカに輸出してるとは思えないもの。
福田純監督はよく助監督を怒らなかったな。
本多猪四郎監督だったら、どうだったか。
細かいことに気づくからと晩年は黒澤作品で演出補佐してた人。



56 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 06:29:26 ID:aW79Komr
東宝特撮DVDコレマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

57 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 06:43:57 ID:pG/jVGDX
>手紙が枕元にある場面で、読むわけじゃないからと任侠映画用の果たし状の
>小道具を置いていたら、それをやった助監督に激怒して「お前いらない首」

黒澤明が「トラ・トラ・トラ」の撮影中に、東映京都のスタッフと大喧嘩した一件ですね。
ちなみに、その時のチーフ助監督は後に「新幹線大爆破」を撮る佐藤純彌だったと聞いた
ことがありますが…。

福田純はもともと「若大将」シリーズみたいな、早撮りのプログラムピクチャーを得意
とする監督でもあったので、そういうアバウトな演出も仕方なかったんじゃないですか?
撮影時に「軽快な宇宙活劇」と「低予算の早撮り」を要求されていた時点で、「惑星
大戦争」は本多監督が撮るべき映画ではなかったと思いますよ。

58 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 06:59:32 ID:pG/jVGDX
更に付け加えると、「トラ・トラ・トラ」では黒澤明の完璧主義が
東映京都のスタッフどころか、20世紀フォックスのプロデューサー
にも理解されないまま、解任同然の降板へと追い込まれてしまった
…というオチもあったりするわけですが。

59 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 12:53:57 ID:tJy8mH8n
この映画、ブーム当て込んで1ヶ月で作ったんじゃなかったっけ?
特撮シーンの流用の多さから見ても、良くも悪くも「やっつけ」で
作った映画だと思うんだが。
この映画は好きだけど、そんな映画に重鎮の本多監督とかないでしょ。

60 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 18:49:50 ID:jy3s8mm1
あのチューバッカみたいな怪物ののったらのったらした動きって
今から見るとギャグだよな。
「宇宙大戦争」のナタール人とか、昔はああいうのったらした動きが
怖い時代だったのかね。

61 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 19:01:18 ID:S0SVxUh4
大林信彦監督の記録映画で、黒澤作品の演出補佐している本多監督が、
敷いてあるクッションや茣蓙に、さっきまで人が座っていたのだからと
自ら座り尻の跡つけていた。そういう気が付く人だったね。
でも脚本が出来てクランクインしたのが公開のちょうど二ヶ月前の
「惑星大戦争」には起用できないな。

62 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 19:16:14 ID:S0SVxUh4
ただ、映らないからと果たし状はないけど、映ってないんだよ。
ところがニューヨークにいるジミーの家族のテーブルにあるお菓子が
SBのチップスターなのは映っていたんだよ。



63 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/28(水) 21:28:21 ID:Ntg7AIIS
むしろそんなとこに拘るのは日本人だけでは? いやホント

64 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/29(木) 03:35:47 ID:Qr9ZbYFp
いや、外国でもやるよ。
細かい演出とか考証はそれなりに大作とか真面目とかシリアスなものにやるし、
B級とかキワモノの場合は、手抜きや下手さに突っ込みを入れる。
エドウッドのC級SFなんて、真面目に見ると頭に来るけど、
突っ込みどころ満載を楽しむなら面白いって言われてる。

65 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/30(金) 00:59:20 ID:hsgWl8A3
まあそうかもしれんけど、パワーレンジャーなんか戦闘場面は日本の風景になるけど、
アメリカの視聴者は全然気にしないっていうからな。普通は気になると思うけど

66 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/30(金) 03:51:07 ID:baAvKtxs
子供向けでしょう。

67 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/30(金) 05:16:56 ID:MmSxbFVE
海外でも「ここのカットだけボタン1個掛け忘れた」とかチェック入れてるだろ

68 :どこの誰かは知らないけれど:2010/04/30(金) 19:29:05 ID:AjRlXnTW
5月の日本映画専門チャンネル
◆特撮王国スペシャル 〜第4弾 轟天号(ごうてんごう)編〜

・海底軍艦 1963
・惑星大戦争 1977
・新 海底軍艦 滅亡へのゼロアワー 1995
・新 海底軍艦 メモリー・オブ・オーシャン 1996
・ゴジラ FINAL WARS 2004
・惑星大怪獣 ネガドン 2005
・轟天号を徹底解剖!〜なぜ轟天号は時代を超えて愛され続けるのか〜 2010

「轟天号を徹底解剖!〜なぜ轟天号は時代を超えて愛され続けるのか〜」

特撮映画好きで知られ、いくつかの特撮作品に出演も果たしているフジテレビの
笠井信輔アナウンサーと、特撮映画から多くの影響を受け「惑星大怪獣ネガドン」を
一人で製作し最新作「プランゼット」の全国公開が2010年5月に迫る粟津順監督、
さらに原口智生監督、宮元拓監督の総勢4人の特撮に熱い想いを寄せる男たちが
「轟天号」そして特撮映画について熱く語る特別番組。
http://www.nihon-eiga.com/prog/002968_000.html

69 :やまだ:2010/05/02(日) 12:40:33 ID:9QIYkiws
DVDでどうして浅野ゆう子の気絶、お姫様抱っこシーンがなくなったのだ。

70 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/02(日) 19:19:26 ID:1dLh4Z/d
気絶したっけ?

71 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/02(日) 21:43:16 ID:aW4ymTeg
LDはもってる。DVDはデアゴスの定期購読組なので、その日まで待つ。

72 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/02(日) 23:36:22 ID:w/ZaVpgA
>◆特撮王国スペシャル 〜第4弾 轟天号(ごうてんごう)編〜

一見、凄そうなプログラムだけど
海底軍艦はBDで発売済みだし
新海底軍艦はアプコンだし
GFWは何度も放送してるし
ネガドンはよそ者だし
目玉は惑星大戦争かよ・・・・


73 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/03(月) 19:50:22 ID:3w7k/WZG
特撮王国たのしみ!

74 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/04(火) 01:21:13 ID:/TUi4O/w
「惑星大戦争」は、小学生の頃に劇場で見て、
VHSソフトが出たら買って、LDが出たら買って、DVDが出たら見る用と保存用に2枚買った。
デアゴ版DVDも買うつもり。いつの日か、ブルーレイが出たらその時はもちろん買う。
CSでも出来る限り何回も見る予定。

75 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/04(火) 12:30:36 ID:m6l3v32z
↓と同じことを言ってるな

「惑星大戦争」について語るスレ
http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1036/10366/1036695917.html

76 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/04(火) 15:30:55 ID:dPgsJTqO
この映画の感想が雑誌やらネットで紹介されるときは、
「駄作映画」「つまらない」「くだらない」「かっこ悪い」「パクリ」
と書いてなきゃいけない決まりがあるようだね。

77 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/04(火) 17:07:16 ID:Sy9ssQ4i
>>76

なんだ知らなかったのか。

78 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/05(水) 08:25:10 ID:DEXK6iEn
最初に映画館で観ると、それなりに面白いけど手抜きばっかり拙速と思う。
そしてその話題で盛り上がる。
でも、しばらくして見直すと、いちおう面白かったし、手抜きも怠慢による
ものではなく時間がないためで、よく工夫したと変な感心してしまう。
それが「惑星大戦争」の大方の評価だろう。

79 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/05(水) 10:16:34 ID:bh74MC3V
デザイン的には大和と合体してるOVA版がいいんだけど、これも捨てがたい。

80 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/07(金) 14:36:13 ID:QkXG9e+J
「博士、あなたは一体いつから左利きになったんですか?」

あまりにもベタすぎる展開に失笑した。

81 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/08(土) 13:08:01 ID:MVQpgqqD
池部良さんが真顔でそれ言うのがいいんじゃないか。
ああいうベテランの俳優さんが、真面目に演技をされているのが
この映画を面白くしていると思う。いやマジで。


82 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/08(土) 14:00:50 ID:rMkmXTsd
そのとき乗ってくる自動車がフェラーリーか何かだった。
「スーパーカーブーム」の影響が。

83 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/08(土) 21:47:56 ID:nuYkjFMl
公開当時は、中高生も大学生も堂々とこの映画を観ることが出来たんじゃない?。
併営が、山口百恵主演の「霧の旗」だったんだから。

84 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/08(土) 21:56:13 ID:ssRueUMB
>>82
1977年はスーパーカーブームだったなぁ。
自分は直撃世代だから思い出深い。

東宝映画では夏頃に「HOUSE」「泥だらけの純情」を見に行き、
冬にこの「惑星大戦争」「霧の旗」を見に行った。
小学生の自分にとっては百恵・友和の恋愛映画はつまらないだけだったけど、
母と姉と見に行った手前、おとなしく我慢してなきゃいけなかった。

85 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/09(日) 05:07:53 ID:hKtojRX5
「惑星大戦争」目当てに映画館に行き、「霧の旗」を初めて知った。
前の、白黒の、松竹の、山田洋次監督で、倍賞智恵子主演の映画化があり、
後で知ってビデオで見た。こちらはほぼ松本清張の原作とおり。
山口百恵の相手役の三浦友和の役のため、記者の出番を増やす脚色してた、
ということは、もっと後で知った。
その後も何度もテレビドラマなってるが、新進女優とベテラン男優の組み合わせ
ということで話題づくりしやすい題材なんだろう。
自分としては、ガキだったけど冤罪とか弁護士と費用の問題とか、
社会派に目がいくきっかけだったから、見て良かったと思う。


86 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/09(日) 12:31:51 ID:NGVo/lo2
「エスパイ」は、百恵&友和映画の第一作「伊豆の踊り子」との二本立て。
SF・ファンタジー路線と百友映画の二本立てが多いのは、やっぱり
興行がコケないための保険だったんだろうな。

87 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/09(日) 14:03:22 ID:LZqN3nZb
「惑星大戦争」の公開直前に、映画撮影の裏側(いわゆるメイキング)の
30分程度の特番をテレビで放送していた。
DVD化の際に、この特番も収録されるかと思ったら、入ってなくて残念だった。

映画公開中には、「宇宙は誰のもの? 惑星大戦争!」と小林清志っぽい声で
ナレーションが入ったCMがテレビで流れていたはずだが、このCMもDVDには入ってなかった。

88 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/09(日) 17:27:58 ID:qchmZTqb
>>87 正確には「行け、轟天!宇宙は誰のもの・・・惑星大戦争」
映像はリボルバーから艦載機が発進する場面。
つづいて「同時上映、霧の旗」

逆バージョンは
山口百恵が三浦友和に「私のことはほっといて!」
「松本清張原作、霧の旗。同時上映、惑星大戦争」



89 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/09(日) 20:14:58 ID:p5+ZS+3t
公開直前の新聞広告では、
メインが「霧」になってたなあ。

90 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/09(日) 20:48:07 ID:sjRQs3R7
少年マガジンとかの巻頭カラーでこの映画の特集みて
すげー楽しみにして観にいったな。
なんかネットがないころの方が、情報が少ない分ワクワク
しながら映画を見に行っていた気がするよ。

91 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/10(月) 00:41:11 ID:HMM/mIKU
お姫様だっこ&気絶は スチール写真のみの特写だからな。あ、あと あの
漫画版が掲載されたのは「月刊少年マガジン」だから。

92 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/10(月) 06:02:03 ID:xD+C7gRD
俺は小学生だったが、新宿コマ東宝で観た。
二本とも面白かったが、それでSFとアイドル映画だけど松本清張。
「宇宙の夢と地上の現実」というやつだと思った。
宇宙人が攻撃してくることは心配しなくてよい(だから楽しめるけど)
身に覚えのないことで逮捕されて家族が弁護士を探すけどお金がなくて
引き受けてもらえない、これは切実で明日起きてもおかしくないこと。


93 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/10(月) 21:59:24 ID:WKkgWLl+
70年代に福田純が手がけた東宝特撮映画は、予算もスケジュールも最悪の状況下で
それでも懸命に撮ってると思う。
ただし、BAZIL(映画秘宝の若手ライター)みたいに、「惑星大戦争」を
絶賛して「地球防衛軍」をコキおろすとか、「ゴジラ対ガイガン」を褒めまくって
「怪獣大戦争」を貶すような真似はしたくないね。

94 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/10(月) 22:21:14 ID:Td05Pny2
特撮ヲタって偏屈なのが多いよね(´・ω・`)

95 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/10(月) 23:44:31 ID:pmSIWFr0
ヤマト実写版に対抗して、リメイク版作ってくれないかな

テーマ曲がメチャ好きなんだけど

96 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/11(火) 00:21:29 ID:AaftfvQt
今ならCGてんこ盛りのクソラブロマンスだろうねw

97 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/11(火) 00:25:42 ID:JoaQYK/1
ジャニタレ主演になりそうで嫌だなw

98 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/11(火) 01:57:23 ID:0jL6U40R
>>95
ネームバリューにメリットが無さ過ぎる

99 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/11(火) 09:11:18 ID:Snh8jnJk
ヤマトの実写版は東宝配給じゃないの?

100 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 00:12:17 ID:4RIdTswY
それにしても
森田知事と古代進
沖雅也と島大介
浅野ゆう子と森雪は、クリ卒だ


101 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 03:02:26 ID:Q+zJ2YTN
さっきケーブルでこれやってたからちょっと見てたけど、
チープだけどけっこうおもしろいな。
公開当初、新宿のコマ劇場の近辺で見たんだけど懐かしい。
浅野ゆう子のボンテージだけはっきり覚えてた。
あの衣装は敵の親玉がブルセラか、アダルトショップで買って
コレクションしてた物なのか?
それとも戦闘服の下に夜のプレイに備えて、ボンテージ着てたのか?

102 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 13:01:31 ID:uj3PXZ7K
なんか「バーバレラ」とか、海外のSFアートとか参考にしたんじゃないのかな。

まあ重要なのは、フトモモがムッチムチですばらしかったということなわけだが。


103 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 15:24:34 ID:y8K1hrJ7
惑星大戦争 エピソード2
さらば轟天号 愛の戦士たち

104 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 15:37:10 ID:noE0sTaT
つまんない

105 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 18:35:28 ID:rErwfnJa
惑星大戦争U ヘルの逆襲

惑星大戦争V 滝川博士を探せ

惑星大戦争W 金星から地球への長い旅

惑星大戦争X 新たなる未知へ

惑星大戦争Y 未知の世界






106 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 18:43:10 ID:noE0sTaT
はいはい、つまんない

107 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 19:38:21 ID:F7iAA6vs
恋する惑星大戦争


108 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 20:02:38 ID:noE0sTaT
あー、おもしろい

109 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 20:19:14 ID:YI7ZnA3b
猿の惑星大戦争

110 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/12(水) 20:22:18 ID:4RIdTswY
惑星大戦争を知らない子供たち さぁ〜


111 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/13(木) 06:06:08 ID:MvRvKA+K
エーテル爆弾の副作用で、滝川博士が復活という続編できそうだな。

112 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/13(木) 10:10:49 ID:62Yh+OaM
>>62
そもそもジミーの家族のエピソード自体、必要だったのかどうか?

113 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/13(木) 14:05:17 ID:SGBGDP3A
ジミーは、まずF4ファントム戦闘機でやって来て、敵に攻撃されながら海に飛び込み逃げる。
必死で基地に辿り着き乗り組むと、その敵どもを轟天が航空爆雷でバンバンやっつけるからガッツポーズ。
しかし家族の訃報が届き、思い出を噛みしめながら敵討ちを誓う。
それで金星ではスペースファイターに乗り組むとややムキになって戦う。
そして大魔艦を攻撃するのに夢中になりすぎてヘルファイターの接近に気づかず撃墜されてしまう。
という流れなんだけど、作りが雑だから、どうしてそうなるのか考えないとわからない。



114 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/13(木) 14:24:41 ID:BvpKm7Xf
轟天が飛んでくとこ焼き芋に見えた

115 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/13(木) 20:28:41 ID:Fki+He1A
>>105 すごく面白い!!最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

116 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 00:38:29 ID:RpkdPhRx
>>113
セリフで説明とかもしないしなー。
撃墜されたジミー機が激突、爆発したおかげで大魔艦の真上の岩棚を崩して
大ダメージを与えられたのは子供心にガッツポーズだったが。

117 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 09:40:40 ID:tI0na6zT
ジミーの家族の回想場面は、彼が空中戦してるときにもう一度、
彼の怒りに燃える顔とともに一瞬とかオーバーラップで挿入したら
良かったとおもうけど。


118 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 11:45:59 ID:IuaoD/V7
「惑星大戦争」サントラ完全版ほすぃ〜
「SF特撮映画音楽全集9」だけだと物足りなくなってきた〜

119 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 16:08:25 ID:USSXMjb9
ていうか、ジミーいらなくね?

120 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 18:49:58 ID:+sxlL1Za
ジミーは外国輸出のため。
「ママ、ガメラはこどものみかたなんだよ」という外人のガキと同じ。



121 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 22:52:21 ID:rylhwxwS
だいたい、ジミーの中の人は何者なんだよ?

122 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 23:33:41 ID:1p9M/LZ4
http://www.imdb.com/name/nm0673788/

なんか俳優ですらなかったんじゃね?>中の人

123 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/14(金) 23:34:56 ID:VG12GNgV
室井(沖雅也)がスペースファイターで轟天に帰艦中、
大魔艦に後ろから撃たれてしまったのは、ジュンが無事に轟天に帰ったという
連絡を聞いて、室井が安堵していた隙を突かれたからか。

124 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 00:19:35 ID:QuYYnb+z
沖雅也って男前だったよね、惜しい人を亡くした。

125 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 00:24:34 ID:4fVl87iG
主人公とヒロイン以外の乗組員は全員玉砕とか
いかにも日本人好みのストーリーだよな。

126 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 03:32:18 ID:i9bZocr9
大魔艦への潜入組とスペースファイターのパイロット数名と滝川艦長が死んだ程度で、
三好とジュン、操舵手と砲撃手、その他轟天乗組員など生存している者はかなり多いはず。
(敵の重力砲を受けた時に若干の死傷者は出たかもしれないが)

127 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 15:48:42 ID:gnkzgqDw
だよな。
三好とジュンだけでなく、生き残った他の乗組員達も守るために
滝川艦長は特攻したんでしょ。

128 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 20:45:53 ID:XvKKNHY5
あと「エーテル爆弾」を葬りたかったんだろう。
オキシジェンデストロイヤーを封印したかった芹沢博士みたいに。

129 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 21:03:50 ID:gnkzgqDw
>>128
それはいエーテル


130 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/15(土) 21:27:12 ID:eZBpbHM8
スターウルフの人がちらっと出てたよね。

131 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/16(日) 07:09:50 ID:PoiUnKXg

>>130 >>18を参照。

132 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/18(火) 05:23:56 ID:viKuO/FY
しかしラストで金星を吹っ飛ばすとは思わなかったw

133 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/18(火) 08:26:44 ID:LH7qSAHl
7年後に木星を吹っ飛ばすための前哨だったのです。

134 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/18(火) 19:39:07 ID:oCmN3kdY
ジミーがどうしてアメリカからファントムに乗って轟天に来るのかも不明だな。
彼が特に乗組員となる意味が、例えば技能とか、そういうのが劇中にない。

135 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/18(火) 19:40:51 ID:oCmN3kdY
>>121 >>122

それを言ったら「グッドニュース」のコンウェイさんも本職ではない。

136 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/18(火) 22:11:11 ID:LH7qSAHl
童顔のくせに日本語吹替えの声がやたら渋い。

137 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/19(水) 22:50:32 ID:JNab4/8W
「ローマ船だ。凄く大きい。ぶつかる」
そしてバラバラになったら、空気抵抗も重力もない宇宙空間では
もとの位置に破片が残っているわけないんだが、
それが轟天の軌道上にあったら変なので、罠ではないかと気づかないといけない。

138 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/20(木) 14:45:18 ID:okU+OlEh
今度の放送で何十年ぶりに見たが、ジミーというキャラいたのを完全に忘れていたw
家族を殺されたというおいしい設定あるのに影薄すぎだな

139 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/20(木) 22:46:12 ID:35SKkbOQ
確か小2の冬休みに親にこの映画観に連れてってもらったんだけど、行きのバスですっかり
酔ってしまい、「霧の旗」の途中で限界来て、劇場のトイレで滝ゲロ吐いたんだよなぁ。
で、スッキリしてから何食わぬ顔で席に戻り、お目当ての「惑星大戦争」観てたわ。

140 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 04:24:02 ID:D84lC/e3
>>137
変だと思っても、つい調査してしまうのが人間の性分であり、
そこに三笠隊員の遺体を見つけてしまったら、「罠かもしれない」と思いつつ
轟天に連れて帰ってしまうのもまた、人間の性分なのです。


>>138
地味ー

141 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 10:18:37 ID:yyrQADQ3
ああ、地味な役柄だからジミーというネーミングだったのか。

142 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 17:34:36 ID:qTEOBqNW
この映画がなかったら、スターウオーズに惑星大戦争という邦題がつけられていた
らしい。そうなっていたらシリーズのヒットがあったかどうか。

143 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 17:46:00 ID:qTEOBqNW
最初、小松左京氏が原作を依されたが、便乗企画でない本格的SFを作りたい
とことわった。そして後に作られたのがあの「さよならジュピター」。今考え
ると、小松左京氏の経歴を語るにおいてどっちがよかったか。

144 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 21:08:33 ID:VWSDN5uk
>>143
「さよならジュピター」はお世辞にも面白いとは言えない内容だからな。
当時、劇場で見たけど、消化不良な感じだった。

もし小松左京が「惑星大戦争」の原作に関わっていたとしたら、
こんなにテンポがよく明快で、爽快な砲撃戦が展開される対侵略者戦争モノの
ストーリーにならなかったと思う。

145 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 21:24:35 ID:mNBSdtaT
>>142 微妙に違う。
「スターウォーズ」の邦題を「惑星大戦争」にしようと考えていたが、
アメリカ側が、可能な限り何処の国でも同じ題名にしたいと言ったから
没になって、ではもらっちゃおうと東宝が。

146 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 22:02:24 ID:i5BR4JYo
そして「アニメの世界では戦艦大和が宇宙船に改造されて宇宙戦艦ヤマトとなって人気を博している。
ならば、我が東宝にも海底軍艦があるじゃないか!」と田中友幸が言い出して
轟天が宇宙船になって宇宙を飛ぶことに相成った。

147 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 22:11:48 ID:NPWrSTbx
ムーンライトSY-3のほうがかっこいいのに

148 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/21(金) 22:15:30 ID:x/5t6n7B
日本映画チャンネルで轟天号特集やってんの? 見られないんだけど

149 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 13:31:16 ID:UF9xTD7z
轟天より、アルファ号かマイティジャックのほうがかっこいいし、
艦載機はSY-3みたいなのが良いとおもったこともあったが、
よく考えると、
海底軍艦がリボルバーから弾丸のようなスペースファイターを射出する、
そんな野暮ったいユニークさが、この映画の魅力。
だから敵役もガレー船だし、その司令官はローマ帝国兵だし、
ゴリラとも熊ともつかない巨体の怪物を飼っているし、
シンドバッドシリーズやバロウズ原作の外国怪獣映画みたいな雰囲気で、
そこにキャロライン・マンローみたいにエロイ格好で浅野ゆう子が。
拙速で特撮フィルム使い回しが多い分、面白くするため何でも有り、
みたいなのが良かったね。

150 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 14:08:09 ID:B2UQKY9J
ゴジラファイナルウオーズの監督は、この映画のファンであの新轟天号はこの惑星
轟天がモデルとか。リボルバーからの射出も構想にあったらしい。

151 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 14:28:06 ID:X8LwLO1l
この映画、キャラがあっけなく死ぬよな
戦争の無情さを表現したのかもしれんが、沖 雅也とか後方不注意だろw
後、>>1にもいないジミーの最後も「えっ死んだの?」というくらい驚く

152 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 14:41:11 ID:H+k0XObJ
>>150
新・轟天号でもリボルバー展開が見たかった。
X星人の母船との戦いの時にチマチマとメーサー砲を撃ってたけど、
せっかく「轟天」の名を受け継いでるんだから、
ボディからガバッとリボルバーがせり出して、
艦長が「リボルバー・メーサー 発射!」と指示し、
回転リボルバーからビシバシとメーサー撃てばよかったのに。
そしたら新・轟天号も、もう少しは人気が出たかも知れない。

153 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 19:56:33 ID:lgZahJfz
スペースファイターはどこに着艦したらいいんだ?
シリンダーの中に戻るわけじゃないよな。


154 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 21:17:42 ID:eOm7J8MO
ランドローバー(これって前年公開の「世界が燃え尽きる日」のランドマスターの影響か)
と同じように底部のハッチからでしょう。
リボルバーは空母のカタパルトと同じで加速するためでしょう。


155 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 21:18:38 ID:b9jBef4k
そのくらい特撮メカのパイロットなら余裕でできるだろ。
ウルトラホークだってあの狭い発射口に戻るんだし。
少なくとも2号はまっすぐ降りて戻ってきていた。

156 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 21:54:24 ID:lgZahJfz
>>154
それが無難だと思うけど、地上に着陸してる轟天の底部ハッチに
着艦するのは至難の業だと思う。
後方にも底部ハッチがあって、空中だったら楽かな。
>>155
シリンダーに戻るんだったらスピード殺して、上下左右に姿勢制御しなきゃならないし
これこそ至難の業。この着艦シーン見たかったかも。

それとも、はなから片道兵器だったのかも。実際一機も戻ってこなかったし…

157 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 21:56:22 ID:+jpw7WB1
スペースファイターはフィルムの逆回転でリボルバーに戻るのだw

158 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 22:34:08 ID:WrDcuxTt
日本の金星探査機「あかつき」が打ち上げ成功して、金星に向けて飛行を開始したけど、
到着まで半年ぐらいかかるんだな。
轟天なら10日弱で行けるのに。

そして「あかつき」が金星に到着して観測を始め、
送られてきた画像に写っていた物は、大きなローマ船だった!

159 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 22:38:39 ID:i43pEm3B
そして送られてきた音声は

「ヘルだ!」

160 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 23:17:25 ID:/OjwOkOZ
わくわくするね

161 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 23:39:27 ID:QpYkESA5
>>147
ドリルがない。これ、重要だろ

162 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/22(土) 23:59:39 ID:x5FuCfhB
あれはサンダーバード3号のパクリでしょ

163 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/23(日) 05:17:26 ID:bWG1MS7v
>>162
どれがだよw

164 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/23(日) 06:25:42 ID:5BrAuFCM
>>163
ウルトラホーク2号かな?

165 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/23(日) 16:34:20 ID:XcHqVGxy
ウルトラホーク二号が、あんな小さい穴から出て行くのはできても入るのは難しい。
でも縦穴だから垂直離着陸機は不可能とまでは言えない。
しかし轟天の回転弾倉に水平飛行しかできないスペースファイターは戻れない。
やはり戻るのは他のハッチで、回転弾倉は発射するときだけ加速するためと、
そう解釈したほうが自然だけど、それなら空母が蒸気で射出するから
白い湯気が出るように、轟天のリボルバーから射出のときもそう描写して欲しかった。
視覚的にリアリティと迫力が出るでしょう。


166 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/23(日) 19:55:14 ID:mEtBOGlN
LDは持ってるんだけど、さて、どこにあるのか。
引っ張り出すのが面倒なのでデアゴス版まで待つよ。
ちなみに定期購読組です。

167 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/23(日) 23:56:35 ID:NT9QtVAT
君達、こんな科学考証が無茶苦茶な映画に出て来る
スペースファイターの着艦方法なんかになんでそこまでこだわるの?

168 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 06:03:16 ID:bYZBZw7C
「地下鉄漫才」のような笑い話でもあるだろうが、
着艦そのものが問題ではなく、回転弾倉の役割がほんとうのテーマでしょう。
そこに戻ることは無理だから、乗り捨てか底部ハッチから帰還で、
リボルバーは射出のカタパルトだろうと。
宇宙版轟天最大の特徴だから、その役割については語る意味がある。


169 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 16:06:14 ID:wP2AvmJt
スペースファイターは使い捨て
あるいは近くに不時着してクレーンで吊って回収

170 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 17:01:59 ID:VY/CTxG5
中野監督がインタビューで言うには、
スペースファイターはリボルバーから飛び出すので弾丸のイメージで
あんなデザインになったそうだし、
宇宙船は切り離して使い捨てが多いから、燃料が尽きたら乗り捨てる
という設定だったんじゃないのかな。

171 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 17:44:56 ID:qGH2uaHM
乗り捨てたってあんた、金星の地表温度って460℃以上あるんだぞ。

172 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 20:58:00 ID:9XTjfpMe
>スペースファイターは使い捨て
>あるいは近くに不時着してクレーンで吊って回収

日本軍の航空戦艦ですね。わかります。

173 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 22:19:40 ID:hY5dnvag
460℃でも宇宙服着て歩いてた。
だからファイターにも服が搭載してあるんでしょ。

174 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/24(月) 22:25:54 ID:wP2AvmJt
>>172
なぜ伊勢or日向だと

そうだけど

175 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/25(火) 01:16:43 ID:WqmKjX4u
ミッドウェー海戦後の空母不足を補うために航空戦艦へと改造された伊勢&日向は、
飛行甲板の長さが不足していたので、カタパルトで水上爆撃機を射出後、近くに
不時着(着水)した機体をクレーンで吊って回収する予定だったが…海底軍艦の設計
に影響を与えた潜水空母(伊400型)も、同様の回収方法が使われていたねw

176 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/25(火) 06:51:15 ID:hPCb78qT
実は信濃に着艦させる予定であった。艦載機は消耗することを前提にしている
ソースは学研。

177 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/25(火) 10:34:40 ID:TKMYISMJ
結局、艦載機を積むことなく、レイテ海戦に囮の空母艦隊の護衛に戦艦として
出撃。帰国後は燃料不足で浮き砲台に。航空戦艦として働くことなく、空襲に
より大破着底。

178 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/25(火) 23:13:14 ID:WqmKjX4u
「惑星大戦争」の轟天号は、宇宙戦艦ヤマトだけでなく、
後の「連合艦隊」にも登場しなかった航空戦艦もヒント
にしていたんじゃね?

179 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/26(水) 00:39:23 ID:hAoPfmt0
>空襲により大破着底。

そうならないように神宮寺閣下は轟天号にドリルと飛行機能を
付けたわけだな。
しかも海底軍艦だから沈んでも大丈夫だ!

180 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/26(水) 15:45:11 ID:1MyFcrAx
いや、デザインから明らかに轟天のドリルは体当たり用の設定だ。
先端にデルタ爪が付いているのは金属に穴を空けるため。
ノーチラス号と同じように敵艦に突撃する。
金属用ネジのドリルビスと同じ。地面に潜るのは副次的機能。
だから宇宙轟天のドリルの先端は爪がないのでデザイン的におかしい。


181 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/26(水) 18:59:29 ID:ZykKOP51
>>179
海軍大佐を「閣下」なんて呼ぶな 馬糞か

182 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/26(水) 22:56:26 ID:GKyN6bBf
>>181
馬糞なんて下品だな、せめて陸式と読んでやれよ。

183 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/26(水) 23:30:52 ID:sEf+xg3t
ここ年齢層高い? ちょっとわからん・・・

184 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 00:15:30 ID:7ba435OA
>>183
子どもは寝る時間だ。

185 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 00:35:01 ID:8tDOBEQ1
海底軍艦 轟天号は地中潜行が前提で建造。
先端の三枚爪で岩石を破砕、ドリルで掘削、船体後部より岩石を廃棄、
ドリル後部の三枚の歯車を回転させて推進。
地中で邪魔にならないよう、甲板上の構造物は船体に収容可、フィンは引き込み式。

宇宙防衛艦 轟天はドリルこそ付いているものの、地中潜行は不可能。
(艦橋、砲塔、エンジンが収容出来ないし、掘った岩石が廃棄出来ない構造)
轟天秘密基地から地上に出た時は、艦首レーザー砲で岩石を破砕、
大気圏内用エンジンで推進しながら出たと思われる。
轟天のダイヤモンドファイバー製ドリルの用途は、その硬さを生かした、
体当たり用の衝角だろう。劇中でも実際に大魔艦の艦上構造物を破壊してるし。

186 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 09:45:46 ID:H5tQ9BnQ
ココが「惑星」の話題で盛り上がってたよー

特撮サントラ盤について語るスレ Track9
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1252557486/

187 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 12:55:04 ID:l3VyuaB8
>>185 たしかに三枚爪が無いので艦首レーザービームを使ったのだろうね。
では海底の轟天が岩盤に突入する前にドリルの先端から発射したのは何かな。
冷線砲のようだけど、岩を砕くには焼いてもろくするのは工事でやるから逆では?

188 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 18:20:34 ID:/S+FCkcz
なんかの本で冷線砲で岩盤を凍結させてもろくさせてから
ドリルで掘削すると書いてあったが。

189 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 19:02:46 ID:H5tQ9BnQ
「なんかの本」がなんでもあてになるなら楽でいいなあ

190 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 19:34:20 ID:U+epg1Fr
>>189
厭世的なんですね

191 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/27(木) 21:06:22 ID:GXyftApY
>>118
10年位前にバップから出た10枚組CDボックス「東宝特撮チャンピオンまつり」に、
「惑星大戦争」のオリジナル劇伴が全曲収録されてるよ。
俺は本作と「血を吸う」シリーズ、「東京湾炎上」のBGM目当てで買った。
(結局、上記の作品の単品CDがリリースされる事は無かった)

192 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/28(金) 00:44:30 ID:XnbHhXNW
MOGERAの地底戦車ランドモゲラーも、積極的にドリルで掘削するのではなく、
両腕先端からのレーザー光線で岩盤を破砕しながら進むんだったっけ。
確かに、螺旋溝の切ってないあのバスタードリルでは掘り進めないよなぁ。


TDFのマグマライザーも螺旋溝の無いドリルだけど、どんな仕組みで掘ってたんだろう?

193 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/28(金) 01:07:13 ID:IykEUKvZ
マグマライザーも岩盤はレーザーで破壊してたと思うが

194 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/28(金) 07:45:59 ID:/5IwzDvi
85年頃のホビージャパンの別冊に連載されていたウルトラメカの
考証記事では「超高周波振動による削岩システム」と解釈していた
(レーザーも併用している)。

195 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/28(金) 09:05:04 ID:jRi2e1Cs
>>191

>>186

196 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/28(金) 12:15:37 ID:fSTxafAs
やっぱり、サンダーバードのジェットモグラが最強だな。

197 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/29(土) 02:18:26 ID:1i0kR4CG
公開当時、絵本が出てたよね。
こども向けではなく、緻密な絵。
ただ登場人物は無く、特撮の部分だけ。

198 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/30(日) 12:37:02 ID:S9VbB6qj
衝角ってアルカディア号の先っぽから出るやつか

199 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/30(日) 13:44:27 ID:ZptiENj4
>>197
小松崎茂先生の画だったら燃えるなぁ〜

200 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/30(日) 18:15:37 ID:HgyRhCy8
生瀬範義もすごい迫力だったろう。
けど、どちらでもなかったはず。タッチが違ったから。
誰が書いてたのかな。

201 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/30(日) 18:33:34 ID:ZptiENj4
有名なこのポスターアートは誰の手によるものなのでしょう?
http://imgk-a.dena.ne.jp/exk5/20090124/78/133137633_1.jpg

202 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/30(日) 22:04:23 ID:br0ummtQ
>>197
覚えてる、覚えてる。
さんざっぱら立ち読みしてかわなんだ

203 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/31(月) 00:23:34 ID:76NOo1tC
もしスターウォーズが無かったら轟天は宇宙を火を噴いて飛んでたんだろうな
(そもそもスターウォーズが無ければこの映画自体作られなかったかもしれんが)

204 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/31(月) 02:35:07 ID:tz6iHVB0
でも、蒸気みたいなのを吹きながらというのは
「スペース1999」で既に描写されてる。

205 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/31(月) 02:36:13 ID:tz6iHVB0
>>202 俺も、本屋に行くたびに立ち読みしてたが、買わなかった。

206 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/31(月) 03:04:29 ID:o09p/IaJ
>>197
ググってみたけど、これのこと?
http://www.garitto.com/product/index/8222307

207 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/31(月) 17:42:44 ID:8sxjYY2l
これかなあ。絵のタッチは似てるね。

208 :どこの誰かは知らないけれど:2010/05/31(月) 19:45:35 ID:gSSabNMU
今更だけど

>>1
>宇宙獣人 :マンモス鈴木
ここだけ順序が逆じゃない?<他は「森田 健作:三好孝次(轟天パイロット)」のように記述。
宇宙獣人がマンモス鈴木を演じた事になってしまう。

209 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/02(水) 11:34:42 ID:IcpuR4ri
>>204
確かにね。
でも、これやスターウルフまで宇宙でガス噴射で飛ぶ描写が日本特撮で無かったということは
スペース1999の影響はあまりなかったんだろうなあ。

210 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 05:46:25 ID:x8rMA171
火薬を仕込んで噴射だと、煙が出て舞い上がり、宇宙としては変な絵になる。
しかしガス噴射だと勢いが良い上にすぐ消滅するから宇宙らしくなる。


211 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 06:35:55 ID:Kj9IN696
この映画観て宮内は主役じゃないとカッコわるいという事がわかった。
あのコスチュームで沖雅也と並んだ時の差といったらもう。

212 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 21:25:21 ID:xIBSBWyV
沖雅也と並んだら柴田恭兵ですら見劣りする。
そりゃ酷だ。

213 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 21:35:43 ID:1tLMS2y8
沖雅也は顔が良いし身長は180センチだし。
森田健作は、婚約者と交際段階のとき、取られるのを心配して
親しい京本雅樹には会わせなかったそうだ。
京本の手癖が悪いというより、森田は自分のイケメンさに自信がなかったらしい。
青春ドラマで熱血漢やってるには良いが、大人になってから二枚目ぶりはいまいち。
学園ドラマでも、実は女性に人気があったのはライバル役の志垣太郎のほう。
たしかに二枚目ぶりは誰が観ても。

宮内はアクションスターだと自意識過剰でわざと派手な動きをしてたね。



214 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 21:36:49 ID:+I9J2WpE
>>213
俺、千葉県民なんだ。
森田には投票していません。

215 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 22:37:41 ID:VFoAb0VG
森健は最初から知事なら「ハンサム過ぎる知事」としてブームになったかも知れんものを。

216 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 23:18:32 ID:BJvOY4fb
変身しない宮内洋に一体なんの価値があろうか?

217 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/04(金) 23:45:24 ID:O751h8FQ
例えば、宇宙大魔艦が地球の大気圏内にやって来て、
海底軍艦 轟天号が迎え撃つことになった場合、
轟天号は大魔艦に勝つことは出来るのだろうか?

「海底軍艦」の映画では轟天号は冷線砲しか使ってなかったけど、
他の飛び道具としては、甲板上に電子砲塔も装備していたよね。

218 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 01:33:06 ID:licfcvTH
>>217 飛び回りながら砲撃で挑発し、逃げるとみせかけ水中に飛び込み、
潜水して魔艦の深追いを誘い水圧で押しつぶされるようし向ける。

219 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 05:30:20 ID:aEIVBmsd
この映画、必殺シリーズに出てた人が異様に多いよな。

220 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 06:39:36 ID:OS2THGBk
必殺がこの映画からキャスティングしてんだよ

221 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 07:42:52 ID:O7NRJu4N
でも、最も肝心な藤田まことは出てない。

222 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 07:53:06 ID:aEIVBmsd
>>220
いや、この時点で沖、森田、宮内、新、大滝、睦なんかは既に必殺シリーズに出演歴があるよ。
逆にこの映画が必殺キャストを参考にしたのかも。

>>221
藤田まことって特撮作品に出ないよね。
カブタックに出たくらいか?

223 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 08:44:38 ID:A7PzQvsw
藤田まことが出たのは「燃えろ!!ロボコン」だよ
安浦刑事に化けたサンタクロースという設定だったw

224 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 10:28:07 ID:VLH3l1AZ
カブタックな時点で、宮内以外のどのキャストよりも特撮濃度は濃いがなw

225 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 11:10:15 ID:aEIVBmsd
>>224
いやいや>>223さんによるとカブタックではなくロボコンだったみたいです。
すみません。
それでも十分濃いですがw

>>210
ちなみにそのガスってフロンガスだから今じゃ使えない。

226 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 15:32:22 ID:g392CMFL
この作品は「悲劇の名作」というか、ある意味で気の毒な映画だよな。
おそらく元々は「宇宙軍艦」(あるいは「宇宙軍艦 轟天」)のような、「海底軍艦」の発展的リメイクとして企画されたのだと思う。
幸い企画は通ったものの、(折からのヤマトブーム、SWブームで)会社から「『ヤマト』のようなストーリーにしろ」「タイトルを『惑星大戦争』にしろ」などと要求されたんだろうな。
(没になるよりいいから)仕方なくそれを受け入れたものの、そのせいで「B級モノ」的なイメージで捉えられる事が多いよね。

227 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 20:14:39 ID:XOr1Ubc+
>>221>>222
藤田まこと出演「クレージーの大爆発」は、れっきとした東宝特撮映画の一本。
中野昭慶の特技監督デビュー作ね。

228 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/05(土) 20:24:04 ID:X7C7APbd
>>227
>>れっきとした東宝特撮映画の一本

誰が決めたの?そんな定義
「本に書いてあったから」?

229 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 01:34:04 ID:QlD6JEpJ
>>228
「日本特撮・幻想映画全集」で紹介されているから、「れっきとした東宝特撮映画の一本」なんじゃない?

230 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 02:20:16 ID:ka9tH6p+
>>226 DVDで中野昭慶が言うには、逆みたいだった。
『スターウォーズ』の試写をみた田中友幸が、こんな宇宙SFをやりたい
と言い出して、急遽企画が立てられた。『ヤマト』の影響で、轟天を宇宙へ
と発案したのも田中。

231 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 02:24:52 ID:ka9tH6p+
>>221 >>222 藤田まことは昔から公明党支持者で、創価学会委員でもあったかも。
映画製作者は興業で組織的にチケットをさばくため宗教とコネを持ちたがる。
田中友幸は創価学会とコネをもち、池田大作著の特撮映画化『人間革命』を製作。
ということでこじつけっぽいが、藤田まことと東宝特撮は縁がある。

232 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 02:59:45 ID:0pyh8Hot
東映が幸福の科学のアニメを作ってるのと同じ?

233 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 03:21:26 ID:PtlMrN9y
東映の岡田茂は、東宝の「人間革命」を真似て組織的にチケットをさばくために、
日本共産党や部落解放同盟とのタイアップ映画を、過去に企画したほどの商売人ですw
(これらの企画は支持者がチケットを買ってくれなかったので、ボツになったがw)

234 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 05:37:05 ID:ka9tH6p+
そういえば、この当時ヒットして轟天を宇宙へ行かせる影響した
「宇宙戦艦ヤマト」も、テレビ放映が視聴率不信で商業的に失敗し、
西崎義展プロデューサーはアニメ製作から引退するつもりだったけど、
そのしめくくりとして映画化を企画したらヒットしたのだが、
費用の捻出や配給網確保のため組織的チケット売りの協力を創価学会に
依頼してとりつけたそうだ。

田中友幸は、創価学会とのタイアップで成功したことから調子に乗りすぎ、
「仁川」という朝鮮戦争の映画制作に手を出したが、映画の内容から
提携先が統一協会となったので、さすがに猛反発をうけてしまった。
黒澤明や山田洋二らが、いくら映画会社が不景気でもカルト団体が
霊感商法で集めた金に頼るなんて情け無さ過ぎると批判した。

235 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 05:41:06 ID:ka9tH6p+
そんな時代背景があり、金のかかる特撮映画はなかなか作れなかったのだが、
「スターウォーズ」の大ヒットに田中友幸も刺激され、
出来はともかく、とりあえず新作を作りたい、ということで「惑星大戦争」
が作られたということだろうね。

236 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 08:09:24 ID:PtlMrN9y
>>234
「仁川」の特撮に高野宏一が関わっていたのはあまり知られてないけど、
それって田中友幸経由で、円谷プロに仕事の依頼が来たんですかね?

237 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 09:56:23 ID:ka9tH6p+
高野だったかな?佐川和夫では?

238 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 10:12:22 ID:PtlMrN9y
1979年に朝日ソノラマから発売された「素晴らしき特撮映像の世界」という本の座談会で、
高野宏一が「仁川上陸作戦という映画を撮っていた」と近況報告をしていたよ。
ちなみに座談会の出席者は高野宏一・佐川和夫・中野昭慶・矢島信男・平山亨といった面々
で、矢島信男が「復活の日」の南極ロケハンに参加する予定であったことも証言されている。

239 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 15:27:17 ID:LExlLh+t
高野なら、田中が製作したテレビシリーズの「日本沈没」やってたから、
>>236みたいな経緯かもね。

240 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/06(日) 17:44:37 ID:xS4Q9SJb
えーがってのは奇麗事じゃうれないんだなー、としみじみ思うスレ。

241 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/07(月) 03:16:05 ID:mbmymoKM
七十年代の末は、映画界が大変な時期で、社会情勢もあって暗い映画が多かった。
日本では大島渚らの松竹ヌーベルバーグなんかがあったし、
ハリウッドではアメリカンニューシネマがあった。
SFだって「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」と暗いネタ。
そんなところへ「スターウォーズ」と「未知との遭遇」が登場。
田中友幸が、とりあえず無邪気な宇宙SFをまたやりたい、と
言い出した気持ちはわかる。
それで出来たのが、もともと高い技術をもっていたのは判るけど、
しかしアメリカみたいに金や新技術が足りなすぎも歴然。
それが、愛着と批判と同情がない交ぜになった「惑星大戦争」への評価の原因では?

242 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/07(月) 04:15:46 ID:QUHl0wku
釣りか?

>日本では大島渚らの松竹ヌーベルバーグなんかがあったし、
>ハリウッドではアメリカンニューシネマがあった。

まずこれは70年代末じゃなくて60年代末だろ。

243 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/07(月) 18:02:31 ID:zg9pbv4s
多分、
「六十年代末から映画が暗かったけど七十年代末には変わってきた」
ということだろう。

244 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/07(月) 18:33:32 ID:No83csy8
あれ?
「スターウォーズ」を「惑星大戦争」って邦題で公開しようとしたら
スピルバーグが全世界で「スターウォーズ」のタイトルのまま公開するよう指示したので、
余った「惑星大戦争」をタイトルとする映画を突貫で撮影したとかいうのはガセ?


245 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/07(月) 19:27:02 ID:JmOd5km5
>>244
それが真相だろ。
田中友幸が「うちには轟天がある。あれを飛ばそう」と言ったという記事を読んだ記憶がある。
当時は便乗企画だからけっこう貶されてたと思うし、
公開直前には二本立ての「霧の旗」のほうがメイン扱いになるし。

246 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/07(月) 21:47:39 ID:Ttc9/9vi
この「惑星大戦争」は小学生の頃に見に行って、轟天の活躍にワクワクし、
軽快な音楽も一発で覚えて、大変満足した。数日後にはシングルレコードも買った。

年が明けて1978年、春休みの東宝チャンピオンに行って「地球防衛軍」を見た。
しかしワクワクもせず、面白いとは思えなかった。
この違いは何だろうか。

あぁ、でも、これが「地球防衛軍」ではなく「宇宙大戦争」が上映されていたなら、
満足したような気がする。

247 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 03:55:55 ID:X1zDAGNs
>>244 スターウォーズはルーカスでしょう。
   スピルバーグは未知との遭遇。

>>246 チャンピオン祭りの「地球防衛軍」は大幅カットされてた。
重厚さが損なわれていたし、白川由美の入浴場面などが無く、
本多猪四朗監督の上品で艶っぽい演出の冴えが観られない。


248 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 03:59:11 ID:X1zDAGNs
>>244 >>425
「スターウォーズ」を観た田中友幸が、宇宙SFをやろうと言いだし、
「惑星大戦争」という「スターウォーズ」の邦題がアメリカ側の意向で
没になったものだから、では頂いてしまおうということでした。


249 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 04:05:37 ID:rJg3rDz3
惑星大戦争とプレ・グレンダイザーの円盤大戦争が
時々頭の中でどっちがどっちだったかわからなくなる。

250 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 15:23:42 ID:32gcg845
だよな。
俺も宇宙からのメッセージとスターウォーズがごっちゃになるよ。

251 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 17:03:26 ID:dqZtn3mS
>>248
その辺の経緯については、昔のスターログで石上三登志が連載コラムで書いてたね。
田中友幸が「うちには轟天があるから、それを宇宙に飛ばそう!」って言い出した時には
さすがの中野昭慶も頭を抱えたとか。

252 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 17:50:49 ID:VvXGuIcw
>>247
「地球防衛軍」短縮版はむちゃくちゃテンポよくておもしろいと思うんだがな。
オリジナルではブチブチ切れるマーチも終始流れっぱなしでカコイイ。
短いったって10数分しか切ってないしな。

253 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 18:07:22 ID:dqZtn3mS
>>252
いや、オリジナル上映時間88分のうちの10数分というのは
結構な切られようだと思うが。

254 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/08(火) 23:21:45 ID:HFEAnWY9
>>246
「地球防衛軍」短縮版が、生まれて初めて映画館で観た作品だった俺に謝れ!

255 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/09(水) 04:43:25 ID:eGj3AwnA
中野監督が困ってしまったのは、時間が無さすぎることだったようだ。
DVDのインタビューで言ってたが、田中プロから話が出たとき、
正月映画にするというけど今はもう秋で「バカじゃない」と内心思った、と。
結局、この映画の思い出は「忙しかったーっ」という一言に尽きると。
たしかに、そんな短い制作期間では、ホームドラマみたいなのでも
やっとなのに、それが手間のかかる特撮では無茶すぎる。
分業して同時進行でも、合成画面とかいろいろと一緒でないと
できないことがあって調整が要るし。


256 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/12(土) 01:04:49 ID:1vXwW53L
金星での決戦に集約したストーリーなんだな。地球を攻めるのが御釜円盤だけだけど、
別の攻撃戦艦とか出してたらまとまらなくなるからこれでよかったのか

257 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/12(土) 05:46:12 ID:p7W7/iNu
だね。
それで「攻撃されている都市はもうありません」で
平田昭彦が「地球にいるすべての敵が轟天に向かったんだ」
そして集まってきたお釜ヘルを轟天が航空爆雷で一気に片づけてしまい、
そのままさっさと金星へ向かう。
強引だが、まどろっこしくなくて良かったよ。

258 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/13(日) 08:05:08 ID:GV6JyXn/
ヘルファイターたちが、轟天に終結せず都市の攻撃をし続けたらどうしたらいいのかね。

259 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/13(日) 23:49:54 ID:5d4sK3nx
やっぱそのまま金星へGOでしょ。本陣を叩くのは兵法の初歩だし

260 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/14(月) 05:36:59 ID:2K9m6MLU
妨害電波のため迎撃ミサイルが使えないと言ってたけど、どこから発信されてたのかね。


261 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/14(月) 18:22:06 ID:ohu7+ztM
会社の先輩OLさんが妙に「惑星大戦争」に詳しかった。
こんな映画、カタギの人(?)は知らないはずだ。
聞いてみたら沖雅也の大ファンだった(笑)。

ついでに書くと「宇宙大戦争」の主人公の青年とこの映画の博士が同じ俳優さん
だと全く気がつかなかった。
池部良がかなり著名な大スターであるということも随分後で知った。

262 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/15(火) 12:02:39 ID:J+UeLgQh
まあ、
「ウインスペクター」の指令が「V3」だったと気づかない人もいるし。

263 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/15(火) 19:19:24 ID:R+NKBllt
この映画を観て気づいた事
「宮内はじっとしていられない。止まると死ぬ。」

264 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/16(水) 09:36:12 ID:Wb3VULia
「ビッグワン」「ズバット」の直後でしょう。
だからなのか、俺はアクションスターだとことさら強調するような演技だった。

265 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/16(水) 20:37:40 ID:qsF+PJC1
宮内の場合、足が短くて腹が出てるから、
「アクション」というより「バタバタしてるオッサン」なんだよね

266 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/16(水) 21:41:02 ID:0b1voqAh
宮内年代的に、島帰りの竜はどこに位置しますか?

267 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/16(水) 22:37:43 ID:p3Q+Mpke
>>266
ブイスリャーの終了直後に、宮内は「助け人走る」のレギュラーに抜擢され、
裏番組の「白い牙」(主演:藤岡弘)と熾烈な闘いを繰り広げていましたw

268 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/16(水) 23:38:54 ID:fLisi3+V
そして島帰りの竜が途中参加してからほぼ10回で、
助け人はめでたく番組終了に追い込まれました。(w

269 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/17(木) 08:25:01 ID:xNEXxCRM
宮内の体型の悪口は、2chではよくみかけるけれど、他では言われてない。
スーパーワンの高杉も、スレッドで悪口と擁護と自演とかいう非難の応酬。
引退したアマゾンも色々と。
ライダー役者たちって、なんでこうなるのかね。

270 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/17(木) 09:29:34 ID:y+iKlSyl
>>269
2ちゃんの特ヲタ住人は、世が世なら俺がヒーロー役者を演れると
なぜか信じ込んでいるので
ほかのヒーロー役者に対する妬みややっかみが
ことさら酷いのです

271 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/17(木) 19:52:00 ID:DFNQw+Or
宮内のだらしない体型の批判はV3当時から各誌で散見されたよ。
特に言われるようになったのは、宇宙刑事アラン役やった頃かな。

272 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/17(木) 22:07:52 ID:1ssuefmM
でも中学校の女子の先輩で、
宮内ファンの人が必死にカルビーのV3スナック買ってたよ。
怪人やライダーが出ると「あー、もう」だったよ。

273 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/17(木) 22:13:19 ID:1Zcx6eET
宮内が短足ならオダギリジョーだって身長と足の比率は同じくらいだよ。

274 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/17(木) 22:22:30 ID:OJeKlqY4
>>272
宮内洋の人気はキイハンターでブレイクしたから、その
女性視聴者も、仮面ライダーV3を観ていたんですね。
(スレつながりでいえば、沖雅也もキイハンターで共演
していた)

275 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/18(金) 00:59:30 ID:daFIRPlG
>>268
それは違うぞ。
助け人は元々2クール終了の予定だったのが後番組がなかなか決まらず
放映延長になったため強化作として新キャラの竜が加わったんだよ。
決して打ち切り終了ではない。

276 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/18(金) 09:59:32 ID:B8R9Ktsx
沖雅也は大魔艦に殴り込んでブーメランで戦ってほしかったね。

277 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/18(金) 18:10:37 ID:nsFTbspf
そして大魔艦の艦橋から派手にダイブするのだ。
「涅槃で待つ…」

278 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/18(金) 19:43:30 ID:SoXb3AZv
そういえばV3スナックも生産打ち切りになりましたね


279 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/18(金) 20:48:30 ID:MQZg3vHC
滝川艦長は娘婿の死に号泣しながら「いいじゃないですか」

280 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/18(金) 23:17:09 ID:c+oD/uM+


281 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/19(土) 10:27:23 ID:ke+NEypH
沖雅也は次のブルークリスマスでも戦闘機パイロットだったような
載ってるシーン無かったけど

282 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/19(土) 21:29:27 ID:IPizDwxv
特撮が無い怪異なSFだったから。


283 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/19(土) 21:57:57 ID:p6EFoPwA
クレジットされていないが、ブルークリスマスの企画者も田中友幸だったりする。

284 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/19(土) 22:46:23 ID:GAdecodH
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10815216

音声を消してお楽しみください

285 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/19(土) 23:42:47 ID:1j+TuZL/
轟天って海底軍艦の使い回しじゃなかったのか

286 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/20(日) 20:52:04 ID:nvWgSs58
轟天が太ったと思った。
宇宙では水や空気の抵抗がないからだろうけど。

287 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/21(月) 08:25:12 ID:9hhq2yU8
沖雅也もこの後に太っちゃったもんな…

288 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/21(月) 11:55:14 ID:wRLpzZlO
沖雅也は少し太ったら気にしてダイエット食ばかり食べていたそうだね。
もともと美形の長身でモデルやっていた人だった。
でも俳優になってアクションスターっぽくなってきた。
だから太らない程度にちゃんと食べて身体は鍛えてないといけなかった。
なのにダイエット食ばかりで体力が落ちてアクション場面でフラフラと。
どっちつかずやって俳優としての方向性が定まらず悩んでいたそうだ。
それが精神を病み自殺に至る一因とも。
宮内みたいにアクション一辺倒やってればよかった人はそんな悩みは無いか。
シュワチャンみたいに、アクションやって歳取る前に政治家という手も。
だから森田もか。


289 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/21(月) 18:14:55 ID:Ww+OXpxc
沖雅也はルソーの子孫だよね?

290 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/21(月) 19:04:49 ID:gxC9Lpav
宮内はその後シャレにならない程肥ってしまったね

291 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/21(月) 19:52:26 ID:N0ilCbwp
>>289 楠木政茂の子孫でしょう

292 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/22(火) 00:54:47 ID:kt3oUajp
ずっと前に森健の芸能生活回想録がどこかに載ってて、
自分と、沖雅也と、ピンクレディがセットで地方の営業に行ったら、
会場の客はピンクレディ一色で(当たり前だ)、森健は、
ジャンルも違うし女子だしで、何も意識せず普通に「すげーなー」と舞台裏から見てたが、
横で沖が「何なんだよ、俺たちはピンクレディのおまけじゃない」と憤っていたらしい。
森健は「こいつのプライド、ハンパじゃねえ・・・」と感銘を受けたそうだ。


293 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/22(火) 14:09:25 ID:FDFoE8VM
森健は、前にテレビで、お笑いタレントから議員になった野末陳平と対談したとき、
選挙で「宜しくおねがいします」なんて卑屈なことよく出来るよ、と言ってた。
なのに後に自分もやってるw
プライドの無さはハンパじゃないのかも。

294 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/22(火) 15:56:32 ID:p+r1rWz6
千葉テレビのゴールデンタイムに「おれは男だ」が放送されてるって誰か芸人が言ってた

295 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/22(火) 20:44:00 ID:E9YkdTUI
パチンコの台にもなってる

296 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/22(火) 21:05:52 ID:V2y8EDFR
おれは男だにも沖雅也出てたけど当時は明らかに森田より格下だった。
この映画でも主役は森田になってるけど、
この頃は既に格や人気共に沖雅也の方が上だったような気がする。

297 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/22(火) 21:30:43 ID:phnhZI0e
森健か熱血高校生からうまく脱皮できなかったんだな。
井上純一と同じ。
沖は逆に、「チッチとサリー」とか、すでに高校生に見えないからw
スコッチ刑事って当たり役もあったし、20代後半からさらに人気を上げた。

298 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/23(水) 10:39:43 ID:iuDmLnm5
沖雅也は長身などから外見が大人びてて、中学の時に家出したけど働くことが出来たらしいね。
逆に近藤正臣や石橋正次は20代で高校生の役やってた。よくみると不自然だが。
森田健作はダサイけどひたむきな熱血漢という主役でしょう。
だから沖雅也に志垣太郎らライバル役が格好良くて、劣等感とも戦う主人公。
それが共感を生むドラマだけど、演じる俳優としてはその後に困るよね。
そして一時はリバイバルブームで青春ドラマの復権とはなったけど、
役は恵まれなくて、だからインチキ政治家になっちゃったんでしょう。

299 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/23(水) 19:43:09 ID:dt3pRQpy
沖は「俺たちは天使だ!」や「太陽にほえろ!」で共演した神田正輝よりも学年で二つも下。
しかも、どちらも神田の先輩役。
それから沖に関しては最近出た『沖雅也と「大追跡」』という本が面白い。
「大追跡」というアクションテレビドラマ出演時の沖雅也のことが中心だけど
どんどん良い役を得たり、作品そのものがヒットしていくテレビドラマ出演のなかで
テレビほど役も作品にも恵まれないのに映画出演に拘っていた姿勢が興味を惹いた。

300 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/24(木) 12:01:53 ID:BlMq80Uy
沖雅也は「惑星大戦争」でも若いのに貫禄ある役。
颯爽とした格好いい優等生という感じ。
そんな彼のほうが、美人で育ちの良い博士の娘の浅野ゆう子に相応しい。
だから森田健作は身を退いて渡米していた。
その間に沖と浅野は婚約した。
しかし、森田のほうをより好きである浅野の心を知る沖は、
優秀な自分が極限まで通用するかどうかで、ほんとうに結婚して良いかと
試す決意をしていた。だから
「俺は賭けてみるつもりだ。金星での闘いで生き残れるかどうか」
「しかし、生き残れるとは限らん」
「だから、そのときはジュンを頼むぞ」
という会話が出てくる。
そんな内容をちゃんと理解してキャスティングもなされていた。
でも、ドラマ展開があまりにサラッと流れてしまうので、盛り上がらない。
時間が足りなくて拙速ということなんだろうけど。

301 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/24(木) 13:04:28 ID:ynzc8emx
しかしそれだと、新克利の救助のとき、

森田「もうムダだ、それよりもお前が危ない」
沖「助かってなくても、せめて遺体だけでも手厚く葬ってやるんだ!」

っていうやり取りは二人のキャラと真逆な気がする。




市松と印玄の仲だから…? そうですかw

302 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/24(木) 17:50:54 ID:YQDcryJb
逆にしたほうが良かったかもね。
そして、森田が責任を感じて救助に行こうとする。
で、救出成功して、沖は森田を見直す。
だが沖は戦死する。

303 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/28(月) 23:43:20 ID:Zglzs3gt
イメージ画と実際とでは、リボルバーの射出が違うけど、なぜかな。

304 :どこの誰かは知らないけれど:2010/06/29(火) 21:49:52 ID:fuf66SMR
千葉県民だが、来月からbayfmで知事の番組が復活する。

305 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/01(木) 12:35:22 ID:q06S9WyK
「宇宙からのメッセージ」でピック=モローらが出るというのに比べて
ジミーはショボすぎるよな。

306 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/01(木) 12:50:12 ID:q06S9WyK
訂正 「ピ」ではなく「ビ」

307 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/01(木) 14:48:16 ID:qZ1e1X9A
ピック=モローワロタwww

308 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/01(木) 19:38:02 ID:qt49NsvD
だいたい外国人の名前をカタカナ表記するときは、
ファーストネームの次は・だろ。

309 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/01(木) 22:30:52 ID:LF/RPbxM
>>308 文部科学省では、外国人の姓名の間は「=」(ダブルハイフン)と規定している。
「・」(中点)は並列を表すもの。
ビック=モロー・フィリップ=カズノフ・ペギー=リー=ブレナンが出演した
「宇宙からのメッセージ」というように。
「・」は俗に使用されているが、正式ではないんだよ。
一つ物知りになったでしょ?

>>308 ピックだとつまみ食いとかスリや万引きみたいだな。

310 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/02(金) 13:30:59 ID:OeHQIC7F
>>309
はーい。利口になりました。

311 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/02(金) 15:42:39 ID:zivLrpdJ
「コンバット」や「ルーツ」、日本では「宇宙からのメッセージ」、
「トワイライトゾーン」撮影事故での衝撃の死で知られる俳優で思い出したが、
「ビッグトゥモロー」という雑誌、まだ売ってるか?
なんか俗物な、成功して金と女が欲しいという誌面だが。

312 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/02(金) 19:57:31 ID:NYjYGBN/
ある。
それがその311の言うとおりの俗物雑誌なんだが・・・
アレ信じてホントに企業して成功しちゃって幸福な家庭も築いた
人も知人にいたりするんでレアケースとは言っても全否定はちょっとできん(笑)

313 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/02(金) 23:28:08 ID:hIw9+oH5
俺は、「ヤマト」もそうだが、「惑星大戦争」や「宇宙からのメッセージ」の
主人公のように、どこかで理想を持ち続け、かつ女も幸せにしたいというのが
男だと、子供のころから憧れて、大人になった今も(甘いが)理想はもちたい
と思いつづけてきた。ビッグ=モローのゼネラルガルダが、勲章なんて広い宇宙
からするとちっぽけ過ぎるという通りだと思う。
ところがビッグトゥモローのほうは、語呂が似てるけどなんて志が低いのかと、
大学生のお兄さんが買って読んでいるのをみて呆れてしまった。
大人になっても特撮だのアニメだのSFだのといってるオタクは嫌いだが、
精神面でドラマのテーマになっている部分は大事にしたいと思ってるんだが・・

314 :ジロリアン:2010/07/03(土) 08:36:22 ID:e5T/Pqr/
ピッグトゥモロー

315 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 09:31:37 ID:Y73eDQ94
>313
あんたいい事言うねぇ。
昔の番組はオタク物でもバランス感覚取れた人が作ってたから
ちゃんとそう言うメッセージを導き出せたけど、
今は上っ面のカッコ良さとか知識の量で満腹になった人が作ってたりするから
余計にそう言うメッセージ性も希薄になったりステレオタイプになったりするんだよな。
ヤマトなんか結構いいとこ突いてたりするんだけどもうバカにされるだけなんだよな。(一作目に限るw

316 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 10:35:36 ID:IiA6tpIr
>>315
いまはオタクがもの作ってるからな

317 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 10:46:09 ID:fyxv6A6S
>>313
ビッグじゃないよ、ビックだよ。
あと家電量販店もビックな。

318 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 14:42:27 ID:wYYkbao6
かっぱらいにされたり巨人にされたり、モローの中の人も大変だなw

声当ててたのは若山玄蔵だっけ?

319 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 17:11:19 ID:dLOv/0Vu
本名Victor Morrow、省略した形の愛称を使い芸名Vic Morrow。
だからカタカナ表記ならVicはビックだな。

320 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 17:13:31 ID:dLOv/0Vu
「宇宙からのメッセージ」ではセリフ吹き替えアテレコは若山玄蔵だな。

321 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 17:31:14 ID:bOqaYjYU
そう言や宇宙メって読売の試写会の時はリアべ号がガバナス戦艦に特攻かまして
チュドーンてなった後、3人がススだらけで「あ〜死ぬかと思った」とかガレキの下から出て来て場内大爆笑だったな。
ガバナスのやつらは全滅こいて3人は「リアベの実の奇跡なのです」とか
会場は感動的な音楽掛かってんのに爆笑の渦。

その後TVで流れたバージョンと明らかにラストが違ってる!
なんと言う超銀河伝説。

322 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/03(土) 19:56:07 ID:IiA6tpIr
なんというドリフ

323 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/04(日) 01:39:48 ID:nlp9HdB+
惑戦も宇宙メみたいに「死ぬかと思った」オチで最後はみんなガレキの山からヒョコヒョコ出て来りゃ良かったのにな。
オマケに宇宙獣人も復活したりしてw

最後はムツゴロウまでヒョコッと口からメリケン粉吹きながら出て来て
「バカヤローッ!殺す気かーッ」

324 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/04(日) 08:13:37 ID:pIuF80H4
正しくはムツミだけどな。

325 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/04(日) 20:53:01 ID:JKLOVs8V
>>324
科学警備隊の?

326 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/06(火) 01:14:10 ID:OtFg3rBH
ドラマとくにSFのように、理想の女性が実在するかは別だが。
しかしビッグトゥモロー誌はえげつなさ過ぎ。
女性は欲望の対象だから金を得て成功して得られるモノと言ってる。
読んでいる男が「惑星大戦争」で轟天に乗っていたら
自分はうまく生き延びて手柄も自分のものにして恋敵には死んで貰って
艦長の娘は手に入れるってな考えをするだろうな。

327 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/06(火) 08:57:57 ID:7ff84YMi
>>326
それってどんな日本一の無責任男

328 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/07(水) 01:48:32 ID:oVZQ1h+O
森田健作が、金星で闘い地球を救ったと言って選挙に立候補する。
という続編はどうよ。

329 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/07(水) 04:58:20 ID:r8CFekQD
日本国大統領に?

330 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/07(水) 11:01:33 ID:0iBqJvPd
>>329
それってどんな日本一の裏切り男

331 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/13(火) 00:06:17 ID:wFt0tEsc
大魔艦に捕われたジュンを救い出すべく乗り込んだ挺身隊。
そのメンバーを見ると、
「あ、この人は生きて帰れないな」
と分かっちゃうね。
宮内洋までやられたのは意外だったけど。

332 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/13(火) 01:19:19 ID:zu/ilkrb
わしゃ〜これが劇場で生まれて初めてみた映画なんじゃ。

誇って良いのか悪いのか・・・。


333 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/13(火) 18:15:24 ID:5yl/Us0K
小学生の頃観て鮮明に記憶に残ってるわ
「恐竜怪鳥の伝説」やら「獄門島」やらと同じく。
楽しかったなー
http://www.youtube.com/watch?v=30XcSV-CrkI


334 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/13(火) 22:49:01 ID:RfnQoYKc
1977年(当時9〜10才)に観に行った映画

・春休み 東宝チャンピオンまつり「キングコング対ゴジラ」他
・ゴールデンウィーク 「恐竜・怪鳥の伝説」&「ドカベン」
・初夏 「テンタクルズ」&「ザ・スーパーカー」
・夏休み 「HOUSE」&「泥だらけの純情」
・冬休み 「惑星大戦争」&「霧の旗」
・季節不明 「ザ・ディープ」&「エアポート’77」


こうしてみると、この年は結構たくさん行ったなぁ。

335 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/14(水) 05:38:38 ID:b7wO8BbQ
>>334 劇場版「宇宙戦艦ヤマト」が抜けてるぞ。

あと円谷プロがアメリカの会社と合作した「極低探検船ポーラーボーラー」があった。

東映は「恐竜怪鳥」に続いて怪獣映画を作るつもりだったけど、
宇宙SFに企画変更して「メッセージ」になったらしい。

とにかく「ヤマト」と「スターウォーズ」の影響大だね。

336 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/14(水) 13:09:15 ID:shAhdsGB
「こち亀」の実写版もあったよね。
両さんがせんだみつおのやつ。
クラスで話題になったので記憶にある。

337 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/14(水) 13:18:41 ID:ca10qW1C
「惑星」観に行った頃?
確か劇場のロビーに文字だけのスピードポスターっていうのか、
「ネッシー」やら「化石」やら貼られていて子供心に期待してたけど。
東映系の劇場で見た「犬神のたたり」のポスターもよく憶えてる。

338 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/14(水) 16:00:24 ID:a5t/kUC2
>>335
>>「極低探検船ポーラーボーラー」

なんと的確な誤字ww

339 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/14(水) 21:22:39 ID:mzadFWeO
>>338 「極底」だった気が。丸い地球に底は無いから低い部分が正確かも。
>>337 当時、たまたま漁船の網にプレシオサウルスかエラスモサウルス
みたいた腐乱死体がかかって、生き残りかと騒がれた。
結局、明らかにサメの死骸だと判明したが、偶然、大騒ぎの最中と
「恐竜怪鳥の伝説」の公開が重なる東映の幸運だったらしい。
>>336 せんだみつおの両さんは主題歌が話題だったけど、映画見た人は少ないかも。
「亀有公園前派出所、異常なし」という唄だった。

340 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/14(水) 21:26:46 ID:mzadFWeO
「ポーラーボーラー」は轟天を半分に切ったみたいだった。
当時はバロウズの地底世界ペルシダーを映画化した「地底王国」
の直後だった。ピーター=カッシングとかキャロライン=マンローが
出てた。轟天みたいな「アイアン・モール=鉄モグラ」で地底に。
そのあと「続 恐竜の島」も公開。ジョン=ウエインの息子パトリックが主演。

けっこういい時代だった気がする。

341 :334:2010/07/14(水) 23:27:31 ID:Mp76J7o7
>>335
そうそう、
・夏休み 「宇宙戦艦ヤマト」
を忘れてた。
早朝に行ったのに既に映画館は超満員。
イスカンダルでスターシャ死亡編だった。

次の1978年は、東宝チャンピオンまつり「地球防衛軍」、「宇宙からのメッセージ」、
「さらば宇宙戦艦ヤマト」、「コンボイ」など、これまた何度も映画館に行ったなぁ。

342 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/15(木) 01:31:28 ID:Em3yeQq+
俺、当時は小学生だったが、あとから知った。
「ヤマト」はスターシャ死亡編、「さらば」は0号フィルムだったと。
あとで、内容を人と話していて食い違うんで、バージョンの違いに気づいた。

「コンボイ」は「カモーン・ジョイン・アス・コンボイ」という
主題歌が話題だったな。

あと「八つ墓村」の野村芳太朗監督の映画も公開されてた。
「たたりじゃー」というCM、恐かった。
志村けんがギャグにしてたな。

343 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/15(木) 01:37:25 ID:Em3yeQq+
あと、当時は「エクソシスト2」「オーメン2」と恐い映画の続編も立て続け。
「007」は「私を愛したスパイ」。当時、このシリーズを初めて見た。
ストイックなSFの主人公とは大違いのボンドのモテぶりエロぶりは、
小学生にはショックだった。
このころから007はスペクタクルは派手になって続く「ムーンレイカー」
はすっかりSFに。
「スターウォーズ」に「未知との遭遇」、さらに「スーパーマン」
「スタートレック」「エイリアン」とSF目白押しになる。
すると、見たときは面白かった「惑星大戦争」は、技術や発想が
昔の円谷作品から変わっていなくて、日本映画はダメになったんじゃ
ないか、と思ったものだ。

344 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/15(木) 01:40:33 ID:ELGU5wpI
田中友幸って70年代以降は老害だよな

345 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/15(木) 12:37:58 ID:1ERxaget
「さらば」の公開にあわせゴールデン洋画劇場で
「ヤマト」を放送したときに西崎pが「さらば」の宣伝をしたんだが
ゴールデンでは同様に何かの放送回のラストで「ポーラーボーラ」の
宣伝も長めにやったの。
その時出てた日本人がプロデューサーだか特技監督だったか思い出せない。

346 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/15(木) 22:04:59 ID:a3n16nY3
>>345 特撮なら佐川和夫のはず。Mark sagawa という名義だった。

347 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/15(木) 22:06:33 ID:a3n16nY3
そういえば、ティラノサウルスに女性が追いかけられている場面を、
合成とはこうやるんだと言って解説していたのを思い出した。
やっぱ佐川さんでは?

348 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 01:13:56 ID:wP5rfn5t
>>343
外国のSF映画は確かに全体の特撮技術はスゴいと思うんだけど、
直線のパルス状レーザーの撃ち合いなんかの戦闘シーンは何だか物足りない。

一方、東宝特撮に見られる、シャワー状に放出されたり、稲妻のような軌跡を描いて着弾し
物体を破壊する光線や、この轟天や大魔艦によって乱舞するビームの破壊力の描き方は、
外国製映画よりも優れている(センスが良い)と思うよ。

349 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 11:54:39 ID:I4R9mDLf
「惑星大戦争」のビームはずさん。
発射するさい、あれだけのエネルギーなら周囲に照らしたり反射したりするはず。
なのにビームだけ合成されているから、いかにもあとから書き加えたみたいで不自然。
「スターウォーズ」は反射までちゃんと合成して、ビームの動きに連動している。


350 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 13:28:50 ID:CXZl4OB6
当時、何かの番組で「惑星」の特撮シーンのメイキングを見た記憶。
「お正月映画ぜんぶ見せます」だったかなー

351 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 20:31:07 ID:fsdvOS4x
「宇宙からのメッセージ」は、どっかのロケのシーンで平然と鉄塔が映ってるんだよなあ。
あと、公開当時、とある評論家が書いてたけど、ジャックが乗ってくるのが普通のサンドバギーだしなあ。
この辺の志の低さがいただけない。

352 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 21:03:03 ID:9/a8wPyR
そのうち、「未来のテレビなのに4:3のブラウン管なのか」と突っ込まれそうだな。

353 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 21:18:01 ID:sXCUqt5k
>>351
俺は丹羽さんが乗ってくるのが普通のロールスロイスだったところに
未来感ゼロだなあと思って絶望した。
確か、メッセージって西暦2600年頃が舞台なんだよな。

354 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 21:19:42 ID:bvpkqtNB
ばかいえ。エリザベス女王が馬車に乗ってきちゃ悪いってのか!

355 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/16(金) 21:57:12 ID:Qc2NmD6h
>>347円谷ノボル社長

356 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 00:32:18 ID:QU+dc762
一瞬、円谷ポルノにみえた
どんなポルノ映画だと想像してしまった

357 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 00:39:02 ID:MnHHCmfy
「ポルノ映画」も死語に近いな・・・

358 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 01:04:43 ID:bmPmu1QA
>>353 終わりの字幕に「ロールスロイス提供 誰々」という記述があった。
だから、あれは値打ち物のクラシックカーという設定なのだろうと思った。

359 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 01:09:29 ID:9UZqE9in
JJ版スタートレックでも、20世紀の年代物のスポーツカーをカーク少年が乗り回すシーンがあったからな。
それと同じ様なものか。

360 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 01:15:17 ID:bmPmu1QA
>>355 円谷皐と書くのでは?

とにかく社長だったなら、プロデューサーが出演していたということだな。
円谷皐は出たがりだった。

361 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 01:29:02 ID:bmPmu1QA
円谷皐は「ポーラーボーラー」とかハヌマーンとか海外提携に積極的だった。
「メッセージ」でも「コンバット」のモローとか海外スターを招来した。
角川も当時アメリカロケして「人間の証明」名優ジョージ=ケネディ、
「野生の証明」ではゴールドマン局長ことリチャード=アンダーソン、
当時の円高になった経済情勢が影響している。
なのに「惑星大戦争」はドシロウトのジミー。
田中友幸が「グッドニュース」のコンウエイの発想から抜けてなかった?

362 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 01:32:09 ID:bmPmu1QA
「メッセージ」でも
訂正
東映は「メッセージ」で

東宝特撮で海外スター出演ってあるか?


363 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 01:34:26 ID:QU+dc762
ジミーがどんな人間かの描写もろくに無いのに
死んだ家族の回想を長々とやったりと意図が良く解らん演出だったな。ジミー

364 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 02:06:23 ID:JR6aqa8D
>>362
緯度0

365 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 03:06:45 ID:HbycEtxQ
「緯度0」のジョセフ=コットンは有名ですよね。
ただ、合作映画だった。
「フランケン」「大戦争」に出てた人はコットンみたいなスターではないし。
「ジュピター」も変な外人ばっか。

ジミーのような役では、スターが出るわけないと思う。
シナリオを読んで断るだろうね。
ギャラがそれなりでも、キャリアに傷がついてしまい、
次の出演依頼が来なくなる。

366 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 14:04:52 ID:4Z49T5sA
今でもカード&シール付ガムの味を覚えてるわ。
狂ったように買い食いして、親から禁止令出された。

367 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 23:38:58 ID:aZO472uG
>>365 で、今頃になってファンイベントの講演に引っ張りだこ

368 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 23:50:24 ID:lqNby1fI
>>366
狂ったように買えるような小遣いを貰ってなかったから、
カードの裏面の写真が全然揃わなかったよ。

そういや、惑星大戦争ガムみたいな感じで、同じように
東宝特撮映画のカードが入ったガムがあった気がする。

369 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/17(土) 23:52:37 ID:aZO472uG
>>368 あった。森永ゴジラ怪獣カードガム。いまでも何枚か残ってるわ。
フィルム焼の写真が多くて当時は感動したもんだ

370 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/18(日) 02:35:51 ID:syyUAXE1
ガムの話題は、このスレの前の方で既に出ているが、
味については、色と香料がどぎつかったのを記憶している。
オマケ以上に記憶に残っている。

371 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/18(日) 02:39:55 ID:syyUAXE1
>>369 フィルム焼の写真が多くて当時は感動したもんだ

やはりスチールと迫力が違いますね。

「合成処理が入ってこそ特撮の場面。スチールではなくフィルム直焼きをふんだんに」
って「東宝特撮映画全史」という豪華本の宣伝みたいだが。

372 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/18(日) 06:23:34 ID:iQGkg6d0
ヤマト復活篇では
6連波動砲としてリボルバーが「逆輸入」されたんだな

373 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/18(日) 13:26:45 ID:hG0YboXa
これを劇場で観て、その後の「スターウォーズ」「エイリアン」公開、
スターログも創刊から買い始めたけど「特撮ファン」として自覚するのは
「宇宙船」の創刊から。
@日劇ゴジライベント
A東宝レコード「ゴジラ」発売
B朝日ソノラマ、小学館起因のウルトラブーム
これらの小さな出来事が(Bは小さくないか)あったけど
時系列でどこに位置するかは記憶がおぼろです



374 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/20(火) 14:48:14 ID:KoT9D761
NHKアニメ「ナディア」の最終回に、リボルバー艦載機射出が出てきたな。

375 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/20(火) 19:23:54 ID:Ski/WpRe
>374
あれはれっきとしたオマージュですから。

376 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/20(火) 19:27:43 ID:U7mvWXuB
今度こそ緯度0買って来たぞ〜!!
2部しかなかった。
ゴジラ系以外は本当にどんどん入荷が減っているみたいだな。

377 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/22(木) 04:28:24 ID:tFKjDprt
「惑星大戦争」は「緯度0大作戦」の延長線上にある映画だね。
「緯度」は外国で勝手に「海底軍艦」の続編「ATLAGON2」にされたし。


378 :376:2010/07/22(木) 08:49:35 ID:LjJLe50w
ごめん。デアゴスレに投下するのを誤爆してました。orz

379 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/22(木) 08:56:26 ID:qh6jqizW
>>378
しかし、言われなければそうとは気付かない誤爆であった。

380 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/22(木) 20:48:50 ID:6q4ALdN4
なぜ惑戦の後に宇宙メがあったのにそれをシカトかましますか。
次スレはこれらをカップリングにせよとのロクセイア皇帝の命じゃ。

381 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/22(木) 22:55:48 ID:w371zv76
何で宇宙メと略すの?
宇メじゃ駄目なんですか?

382 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/22(木) 23:31:39 ID:0VM5MsDZ
ペッ!(惑戦ガムを吐く音
じゃーそれでいいよ!>宇メ
皇帝ロクセイアは案外弱気です。

ロッテのガムの方はほぼコンプリしてました。あと1〜2枚で裏の轟天は完成、大魔艦の雄姿は2つ分コンプリしてます。
今でも大切に保管してるはず。
森永のゴジラガムの方も手を出したんだけどこちらは販売終了間際だったのでたったひとつしかゲットできず。
悔しいです!

383 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/22(木) 23:35:06 ID:0VM5MsDZ
惑戦ガムは青りんご味、
ゴジラガムは甘ったるいミルク味
だったような。
シールはバラゴンが青タンみたいな火球を力なくポトッポト吐いて(垂らして?)いる雄姿が
初めて見る写真で嬉しかった。

384 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 00:05:59 ID:FvRaNnTR
宇宙からのメッセージの劇伴は森岡賢一郎という人が起用されてるけど
惑星大戦争ではそれまで仁義なき戦いで深作と組んでた津島利章が劇伴を担当してるのが興味深い

津島はその後地震列島も担当してるけど

385 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 05:54:38 ID:5MmMVC3k
「宇宙からのメッセージ」の森岡賢一郎はもともとポピュラー音楽の人。
「スターウォーズ」の真似や「2001年」の真似でクラシックをとショスタコーヴッチ。

「惑星大戦争」に逆にというか深作と組んでた津島利章は面白いが、
円谷プロの「アイゼンボーグ」の直後だからドリルで共通している。

386 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 07:31:21 ID:lTyVqrka
>>384
森岡賢一郎は1960年代から'70年代にかけて、カレッジポップス(J-POPの祖先)の
作曲家として活躍していた。過去には「ザ・タイガース 世界はボクらを待っている」
(1968年・東宝)の音楽を、すぎやまこういちと共同で担当していたこともある。
森岡氏の起用は、日本コロムビアの木村英俊(「宇宙からのメッセージ」音楽プロデューサー)
の推薦によるものと思われ、同時期の木村氏は「交響組曲 宇宙からのメッセージ」の直後に
「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」を大ヒットさせていましたね。
なお、森岡氏と同時期に活躍していたカレッジポップス作曲家といえば「さよなら銀河鉄道999」
の東海林修も、木村氏の推薦で起用されたっぽいですね。

387 : [―{}@{}@{}-] どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 12:25:24 ID:4HqjbXyt
宇メと言えば
子供の頃スターウルフあたりのスタッフロールに出る武田うめと言う名前に夢中でした
今で言うところの蒼樹うめさんみたいに可愛らしい女性なのでしょうね

388 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 13:32:38 ID:FvRaNnTR
いまスター武田うめは〜
燃えている〜

389 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 16:55:54 ID:x0Wi6isu
>>387 その人の名は「ウルトラマンレオ」でも見かけたな。

ところで津島音楽は、テーマ曲がノリノリな一方で、
宇宙人側が何かするたびにショッキングな感じが「仁義なき」など
と同じ作曲家だなと思わせるね。

「地震列島」で、ついに揺れ始めたというときの音楽も、そう。

390 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 16:57:31 ID:tQGy9ZXi
武田うめさんはジャンボーグAにも出ているな

391 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 19:16:14 ID:awbBsYZr
つトリプルファイター

392 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/23(金) 23:26:44 ID:cPWInEAI
「宇宙からのメッセージ」の森岡賢一郎氏の曲といえば、
劇中曲の「リアベの勇士」が、ショスタコーヴィチの交響曲第5番”革命”第4楽章のパクリと
言われたりしているけど、実際に聴き比べとしてみると評価は全く逆になるね。

「リアベの勇士」はスピード感にあふれ、小気味良いメロディで進行する、
勇壮でよくまとまった曲である。
一方の「革命 第4楽章」はといえば、テンポが遅くちぐはぐでまとまりの無いメロディ。
こちらの方がパクリ、劣化コピーの曲に思えてしまうのが不思議なところ。

393 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 01:12:41 ID:D6sNWeav
>>392
そこはアレンジの妙味ってやつですね。
森岡氏と同時期にデビューした筒美京平も一時期、洋楽のパクリ常習犯と
揶揄されていたことがあったけど、原曲を巧みに料理してしまう独特な
センス(才能)が、現在では評価されていますしね。

394 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 01:27:54 ID:cjil2NfU
>>389
恒星ヨミの第三惑星人って異星人というよりヤクザだしね。
森田健作がヘルの念力で飛ばされるようなシーンがあったけどあれはSWのフォースを意識してるのかな。

395 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 08:20:39 ID:R6S8Nu5T
せっかくのガレー船なのにドラをボワ〜ンと鳴らして宇宙獣人たちが
エイホ、エイホとオールを漕がないのが減点。

ま、ミナトンみたいに一匹で漕いでても良かったけど。

396 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 08:31:05 ID:0BI3jeKq
>>395
金のかかることは避けたんでしょうなあ

397 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 10:46:41 ID:H4SvIJZz
>>392
「宇宙からのメッセージ」を公開時に見たのだが、プログラムを買って読んだら、
「『2001年宇宙の旅』が『ツアラトウストラはかく語りき』などクラシックを
使用しているのに倣って、ショスタコーヴィッチの交響曲第五番に基づいて
リアベの勇士のテーマを作った」
と書いてあった。堂々と言っているのだからパクリとはやや不適切な表現。

もとの曲は交響曲の終楽章として形式に沿っているから、導入、展開、再現、
など変遷するので、そういうふうに音楽がドラマのような進行をしていると
意識して当たり前という聞き慣れたファン以外だと、なんかもったいつけた
感じがすると思う。これはどんな交響曲もそうでしょう。

筒美京平は、商業的要請にあわせて時の流行に沿った曲を作っているから、
自己主張はしないし、自分で作った曲で愛着がある曲は一つもないと断言
していて、作曲家の筒美京平として公の場に出たがらない。
そのため実在しない集団ペンネーム(八手三郎みたいな)かと一時は言われた。
それでパクリではないかとも。それを言ったら師匠のすぎやまこういちのほうが
悪質なんだけど。


398 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 10:53:40 ID:H4SvIJZz
>>394
いっそローマ帝国ではなくヤクザで統一したら良かったかも。
ただ東宝はヤクザ映画は不得手だろう。
それなら「メッセージ」は東映だし深作だし成田だし。


399 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 11:09:03 ID:hGjVyKwj
日活がSF作ったら、悪役の金子信雄が「の〜お」とか
言うんだろうな

400 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 14:46:33 ID:wV76Yh5w
>>398
メッセージなんてどこからどう見ても
ヤクザ @ Space じゃん

401 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/24(土) 19:12:48 ID:KF0EbDEV
うっそー、時代劇@スペースでしょ

402 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/25(日) 22:05:05 ID:bkWNa+7Y
成田三樹夫は、ヤクザの親分も時代劇の悪代官もこなしてた。
千葉新一とチャンバラなんて「服部半蔵影の軍団」の先駆け。
ただ。彼はインテリの役も得意だった。「氷点」「海と毒薬」の悪い医師とか。
彼自身もインテリで、東大に現役合格した秀才だったが、
アカデミズムに馴染めず退学していている。
ロクセイアの「母上」の天本英世と同じ。
ところが、SFに出ても平田昭彦みたいな科学者ではなく独裁者。
そこが東映。

403 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/25(日) 22:47:24 ID:oxBlXTDX
ファミ劇のウルトラマン80見てて思い出したんだけど新宿副都心の高層ビル群の上空を
轟天が飛んでるみたいなスチールを何かで見たことあるような気がするんだけど
誰か憶えてる人いない?

404 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/26(月) 22:46:58 ID:R+cvNURU
これって話の舞台が1982年なんだよな


405 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/26(月) 23:04:04 ID:2Qa7STBT
>>404
うんにゃ1988年。

406 :どこの誰かは知らないけれど:2010/07/26(月) 23:58:40 ID:ITm++3hF
この世界ではやっぱり東西対立はあったんだろうか?

111 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)