2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【植物】炭疽病菌の新たな感染経路判明/植物の傷感知し侵入--京都大学など

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφ ★:2010/07/07(水) 14:02:11 ID:???
 植物に感染する病原性カビの一種「炭疽(たんそ)病菌」が、
葉の傷口の周辺から葉の内部に侵入することを、
京都大大学院農学研究科の高野義孝准教授(植物病理学)らの
研究チームが突きとめ、7日付(日本時間)の
米科学誌「プラントセル」(電子版)に掲載された。

 病原性カビによる世界の農業生産被害は、
全生産に対して年間約10〜15%といい、
約8億人分の食料に相当するという。
新たなカビの感染システムを明らかにしたことで、
より効果的な防除技術の開発が期待される。

 これまで明らかになっていた炭疽病菌の感染の仕組みは、
胞子が植物の葉の上で発芽してドーム状の細胞に成長し、
この細胞が葉の表面を破って菌糸が侵入するシステムしか分かっていなかった。

 研究チームは今回、傷のある葉に感染するケースでは、
菌がドーム状の細胞を形成せず、傷の周囲に胞子が付着し、
弱った葉の組織を菌糸が直接破ることを発見。
従来の農薬は、このケースを防げないという。

 高野准教授は、菌が葉の傷口から出る糖分を敏感に察知し、
より効率的な侵入方法を選択しているのではないかと指摘。
「研究を進め、菌の侵入を防ぐ薬剤の開発に努めたい」としている。

産経関西
http://www.sankei-kansai.com/2010/07/07/20100707-041041.php
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/images/100707_1/01.jpg
京都大学>お知らせ
「植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100707_1.htm
Plant Cell
「Entry Mode-Dependent Function of an Indole
Glucosinolate Pathway in Arabidopsis for Nonhost
Resistance against Anthracnose Pathogens」
http://www.plantcell.org/cgi/content/abstract/tpc.110.074344v1

2 :名無しのひみつ:2010/07/07(水) 14:18:26 ID:GK2JCgWG
朝鮮人が?

3 :名無しのひみつ:2010/07/07(水) 14:22:10 ID:+OjRB5U5
テロのほうのアレかと

4 :名無しのひみつ:2010/07/07(水) 14:29:19 ID:KKwW9TNt
こいつら植物に寄生するの?
初耳だな

5 :名無しのひみつ:2010/07/07(水) 14:54:11 ID:0tAMVu3y
動物の病気の「炭疽病菌」とは別だよ。
紛らわしいけど、こちらはカビの親類。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)