2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】乳がん 遺伝子検査で薬選び 再発防止効果に個人差

1 :白夜φ ★:2010/07/26(月) 22:48:55 ID:???
◇乳がん 遺伝子検査で薬選び…再発防止効果に個人差

乳がん患者の遺伝子を調べることで、再発予防に効果があり、価格も低い薬を選ぶ手法を、
中村祐輔・東京大教授らが開発した。
四国がんセンター(松山市)など四国の5医療機関で実際の治療に応用して有効性を検証する。
乳がん手術後の再発予防には、タモキシフェンとアロマターゼ阻害剤という2タイプの薬が使われる。
従来の研究では、タモキシフェンを使う患者の20〜30%が5年以内に再発し阻害剤より
効果がやや劣る。

研究チームは、タモキシフェンの効果に患者で差があることに着目。
徳島県で1986〜2007年に乳がん手術を受け、タモキシフェンだけを投与された282人を調べた。
タモキシフェンは体内で分解され、がんに効く成分ができる。
遺伝子の違いによって分解酵素の働きが弱い患者は働きが「正常」「やや弱い」患者に比べ、
再発の危険性が2・2〜9・5倍高かった。

酵素の働きが弱いのは患者の2割。
研究チームは「残りの8割にタモキシフェンを投与すれば、再発率が10%未満に抑えられ、
阻害剤よりも効果が高い」と予測。タモキシフェンは後発医薬品が発売され、
価格が阻害剤の10分の1程度のものもあり、この手法を使えば年間110億円を
節約できると試算している。

(2010年7月26日 読売新聞)

---------------
▽記事引用元
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20100726-OYO8T00229.htm
YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/index.htm)配信記事

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)