2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ9【クラシック】

355 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2009/01/15(木) 23:28:29 ID:hYqDO/f/
新年初パイプということで、ちょっと無理してFinepipesで購入した、
1930年Dunhill Shell シェイプO の未使用品が届きました。
1970年代、アイルランドはダブリンのタバコニストで売れ残っていたものが、
あるコレクターによって保護されて、つい最近まで彼の手元にあったものだそうです。

一緒に購入したParagon Waxの5ozが、おもいっくそジャムの瓶に入ってきて噴いたのは置いておいて。

シェルのUnsmoked、それもこんなに初期の品を手にとって見るのはこれが初めてなのですが、
うーん、素晴らしいテクスチャですなあ。タマランチ。
サンドブラストのディティール(テクスチャの細密さ)、クラッギネス(テクスチャの深さ)、
リングパターン、ランダム性、そしてステインの色の深さ、
どれも世界最高レベルにあると個人的に考えているモダン作家Michael Lindnerが
パテント・ダンヒルのデッドコピーを目指して製作した"Anitique Shell"フィニッシュのパイプと
一緒に並べて見ているんですが、正直甲乙付けがたいです。

それよりも、ワークスマンシップの面でかつてない追求が行われている現代北米作家の作品と、
もう70年も前に作られたパイプを並べてみて、精度や細部への意識といった点で、このshellが
全く見劣りしていないことに少々衝撃を受けました。生まれたときからワンアンドオンリー。

一説には、サンドブラストという工程に魅了されたアルフレッドは、職人たちに混じって
自らもサンドブラストの作業を楽しんだ、ということですが、
Shellbriarとは技法ではなく表現なのだ、
そして表現であるがゆえ、凡百の技法のみ模倣したサンドブラストではshellに匹敵することは不可能なのだ、
ということが未使用品を見てよくわかりました。

OBスレの初期に、Shell-Freakさんの手ほどきで
サンドブラスト・パイプに興味を持った自分ですが、
病膏盲に入るというか、年を経るごとに、
この素晴らしいフィニッシュに魅了されてきてしまっています。

501 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)